バブアーの次なる1着。コート丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

バブアーの次なる1着。コート丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

「ビデイル」を筆頭に、名作揃いの『バブアー』。その中でも今の気分を反映するなら、ロング丈の「ボーダー」か、ショート丈の「スペイ」が狙い目です!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2019.10.07

今『バブアー』で旬を狙うなら、ロング丈かショート丈の二者択一!

今『バブアー』で旬を狙うなら、ロング丈かショート丈の二者択一!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『バブアー』は英国王室御用達の証しであるロイヤルワラントの栄誉を獲得しているアウトドア・ライフスタイルブランド。創業者のジョン・バブアーが1894年にタイン川河口付近の港町に防水衣料の店舗をオープンしたところから数えると、実に1世紀をゆうに超える歴史を持つ老舗中の老舗です。代表作は、1980年に誕生した乗馬用ジャケットをベースにした写真の「ビデイル」。現在では防水といえばゴアテックスなどハイテク素材が目白押しですが、オイルをじっくりと染み込ませたオイルドクロスで仕立てられた『バブアー』のアウター類は、当時における高機能素材でした。あまりにも人気が高いので、すでに持っているという人も多いのではないでしょうか。

今『バブアー』で旬を狙うなら、ロング丈かショート丈の二者択一! 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

『バブアー』ボーダー

お気に入り追加

今『バブアー』で旬を狙うなら、ロング丈かショート丈の二者択一! 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

『バブアー』スペイ

お気に入り追加

『バブアー』は好きだけど、「ビデイル」や「ビデイルSL」に手を出して皆と被るのは少し気になる……。そんな人が次なる1着として狙うなら、趣向の異なるロング丈かショート丈のモデルを狙うのも手です。なかでもロング丈は「ボーダー」、ショート丈は「スペイ」がイチ押し。「ビデイル」の持つ『バブアー』らしいカントリーテイストは残しつつ、新鮮な顔立ちに生まれ変わっています。今回は、この2着についてその魅力を深掘りしていきましょう。

『バブアー』のロング丈代表は、Aラインのコート型「ボーダー」

『バブアー』のロング丈代表は、Aラインのコート型「ボーダー」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『バブアー』で、着丈の長いフィールドジャケットの代表作といえるのが「ボーダー」。ブランドを象徴するオイルドクロスを使用したモデルは水に強く、英国ではレインコートとしても愛用されています。ここ日本ではスリムなシルエットにアレンジした「ボーダー SL」が主流。「ビデイル」同様に、素材もナイロン地やウールなどさまざまなものがラインアップされています。

ボーダーの特徴1

美しいAラインを描くシルエット

美しいAラインを描くシルエット

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「ボーダー」の最大の魅力は、裾に向かって緩やかに広がる美しいAラインのシルエットです。しっかりと上品さが漂う一方で、裾周りに適度なゆとりが生まれるので今っぽい抜け感を自然に演出することが出来ます。それだけで十分に主張の強いアイテムなので、ニットやスウェットなどの上からサラッと羽織るだけでスタイリッシュなコーディネートが簡単に築けます。

ボーダーの特徴2

ベンチレーションなどの機能的ディテールも充実

ベンチレーションなどの機能的ディテールも充実

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

水に強い素材を使ったロングコートは湿気がこもりがち。ですが「ボーダー」はその他の『バブアー』のアウター同様、脇下にベンチレーション(換気装置)を装備。湿気を逃がし、快適な着心地が持続します。さらに、襟は立てて固定できるうえ、袖口は二重で内側は開閉になっており保温性も抜群。また、前立ての内側には隠しポケットも装備するなど、フィールドコートの名に恥じない多機能さも「ボーダー」の売りなのです。

『バブアー』のショート丈代表は、フィッシングジャケットがベースの「スペイ」

『バブアー』のショート丈代表は、フィッシングジャケットがベースの「スペイ」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フライフィッシング用のジャケットとして生み出された「スペイジャケット」。右胸にあしらわれた小道具をつるすためのD環などに、その名残が見て取れます。一時は日本で未展開となっていましたが、近年「スペイ」として再登場しました。アーカイブを忠実に再現しながら、タウンユースを考慮して着丈が少しだけ長くアレンジされています。

スペイの特徴1

重ね着が楽しめて、スタイルが良く映る短丈デザイン

重ね着が楽しめて、スタイルが良く映る短丈デザイン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アウターとしてはかなり短めのレングスが「スペイ」最大の特徴。インナーの裾を覗かせるレイヤードスタイルが自然と完成します。上半身がコンパクトに見えるため、トレンドのワイドパンツ、ワイドテーパードパンツと合わせても全身がバランス良く見える効果があるのもうれしいポイント。身幅は広めに設定されていて今どきなルックスです。

スペイの特徴2

ポケットが充実していて安心の収納力

ポケットが充実していて安心の収納力

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フロントポケットに加え、大きめサイズの内ポケットも搭載。荷物をあまり持たない外出なら、すべてをポケット内に収納して手ぶらでアクティブに活動することができます。ちなみに、裏地が他のモデル同様エンシェントタータンになっているのは現行モデルの特徴なんだとか。

「ボーダー」と「スペイ」。丈が特徴的な2モデルは、どう着こなすべきか

プロダクト単体の魅力がわかったところで、参考になるコーディネートの好例を取り上げて解説していきましょう。 気軽に羽織れて今っぽく決まる優秀なアウターであることが、それぞれの着こなしからわかるはずです。

▼ロング丈:「ボーダー」のコーディネート実例

ボーダーのコーデ1

いつものスタイリングにサラッと羽織るだけで大人な印象に

いつものスタイリングにサラッと羽織るだけで大人な印象に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロング丈の「ボーダー」は大人なムード。カットソーにジーンズを合わせたシンプルなコーディネートにプラスすれば、「ビデイル」よりも幾分落ち着いたムードに導いてくれます。そのうえで『バブアー』らしいトラッドなムードも健在なので、クラシカルな革靴などともてきめんにマッチします。

ボーダーのコーデ2

ネイビーを選べば今っぽいスポーツMIXのコーディネートとも好相性

ネイビーを選べば今っぽいスポーツMIXのコーディネートとも好相性

WEAR

WEAR

お気に入り追加

落ち着きのあるコート型だからこそ、スポーティなアイテムを組み合わせたコーディネートも大人っぽくまとまります。カーキやオリーブだとシックな印象が強まりますが、写真のコーデのようにネイビーをセレクトすれば一気にアクティブな空気に。スニーカーやスウェットパンツを合わせても好バランスです。

ボーダーのコーデ3

スタイリッシュなロング丈はオンビジネスでも活用可能!

スタイリッシュなロング丈はオンビジネスでも活用可能!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

丈が長くてシルエットはスタイリッシュ。ということで、「ビデイル」同様にビジネスシーンでも着用できます。ネクタイを締めたスーツスタイルに重ねると襟元のコーデュロイもアクセントとなり、こなれたムードが醸し出せるんです。

▼ショート丈:「スペイ」のコーディネート実例

スペイのコーデ1

裾からシャツを覗かせたベーシックな着こなしサンプル

裾からシャツを覗かせたベーシックな着こなしサンプル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ショート丈の「スペイ」はインナーとのレイヤードを楽しむのが基本。いつもの丈のシャツでも、サッと羽織るだけで洒脱な重ね着が完成します。さらに、写真のコーデのようにアーシー名カラーシングで統一することで大人っぽさも担保。「スペイ」を浮かさず、上手く馴染ませた好例です。

スペイのコーデ2

カットソーでシンプルに着こなしても新鮮

カットソーでシンプルに着こなしても新鮮

WEAR

WEAR

お気に入り追加

大ぶりなポケットの形状も印象的な「スペイ」。それだけで十分着こなしを成立させる存在感を持っているので、シンプルなインナーを合わせてスッキリした印象にまとめるのもおすすめです。この着こなしは、ワイドテーパードパンツによってコンパクトな上半身が際立っています。

スペイのコーデ3

クリーンなムードのトップスと合わせても、バランス良く収まる

クリーンなムードのトップスと合わせても、バランス良く収まる

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ここまでは同系色、同じトーンでまとめた「スペイ」の着こなしが続きましたが、必ずしもトップスの色味を近づける必要はありません。例えば、スタイリングに清廉さを生み出すブルーノギンガムチェックを差した場合でも、パンツのトーンを近づけることでメリハリのアルレイヤードスタイルが完成。「スペイ」のカントリー感を、巧みにいなしています。

選択肢いろいろ。「ボーダー」と「スペイ」の素材&色バリエーション

最後はアイテムをピックアップ。今すぐ買える「ボーダー」と「スペイ」を何種類かピックアップしたので、気になる素材や色が見つかったら完売前に確保しましょう。

▼「ボーダー」のアイテムバリエーション

ボーダーのバリエーション1

ワックスドコットンを使ったスタンダードなタイプ

ワックスドコットンを使ったスタンダードなタイプ

ココチヤ

ココチヤ

お気に入り追加

『バブアー』を象徴する素材である、ワックスドコットンを起用したオーセンティックな1着。水に強いのはもちろん、着込むことによって生まれる適度なツヤ感が男らしいムードを放ちます。ブラック、ネイビー、セージが定番カラー。

ボーダーのバリエーション2

シワがついてもすぐに取れるシェイプメモリー素材

シワがついてもすぐに取れるシェイプメモリー素材

Golden State

Golden State

お気に入り追加

ポリエステル100%のシェイプメモリー素材は、シワがついてもサッと撫でればすぐに元通りになる機能素材。ナイロンのように強い光沢がなく上品な生地感なので、ビジネスシーンでも使いやすい仕上がりです。見た目より軽い着心地なのも大きな魅力。

ボーダーのバリエーション3

柔らかな風合いが楽しめるオーバーダイドコットン素材

柔らかな風合いが楽しめるオーバーダイドコットン素材

WOODY COMPANY

WOODY COMPANY

お気に入り追加

こちらは後染めを施してナチュラルな風合いを表現したコットン素材製。程良く薄手な生地なので、軽快に羽織ることができます。いつものコート感覚で着こなしやすい1着。

▼「スペイ」のアイテムバリエーション

スペイのバリエーション1

ワックスドコットンが男っぽいムードを強調

ワックスドコットンが男っぽいムードを強調

GMMSTORE

GMMSTORE

お気に入り追加

フィッシング用に開発された「スペイ」も、耐水性の高いワックスドコットンを用いたタイプがスタンダード。カラーは着回しやすいインディゴとセージをラインアップしています。

スペイのバリエーション2

春や秋には軽量なシェイプメモリーを使ったタイプがイチ押し

春や秋には軽量なシェイプメモリーを使ったタイプがイチ押し

ALL DAY DAY LIGHT

ALL DAY DAY LIGHT

お気に入り追加

丈が短い「スペイ」は軽快な着心地。その魅力をさらに後押ししてくれるのが、前述の「ボーダー」同様軽やかなシェイプメモリー素材を起用したタイプです。シワが入ってもすぐに取れるので、外出先で脱いでもそのままバッグに入れて携帯できます。

スペイのバリエーション3

ネイビーのシェイプメモリー版なら軽快で爽快

ネイビーのシェイプメモリー版なら軽快で爽快

ALL DAY DAY LIGHT

ALL DAY DAY LIGHT

お気に入り追加

シェイプメモリーを使ったモデルはセージだけでなくネイビーも展開。爽やかかつ落ち着きもある印象で、合わせるアイテムを選びません。ちなみに「スペイ」や「ボーダー」は襟を立ててスタンドカラーとして固定できるので、着こなしのアレンジを効かせたり首周りの防風性を高めたりすることができます。

“大人バブアー”に適役。ビューフォートは紳士のためのミドル丈

ウェア・コーデ

“大人バブアー”に適役。ビューフォートは紳士のためのミドル丈

英国の雄『バブアー』といえば「ビデイル」が大定番。しかしビジネスシーンにおける使用を考慮するなら、やや着丈の長い「ビューフォート」も知っておくべき存在でしょう。

山崎 サトシ

2020.11.19

英国ブランド・バブアーの顔、ビデイルを持っているか

ウェア・コーデ

英国ブランド・バブアーの顔、ビデイルを持っているか

一生モノに出会う30代。人生の節目に手に入れる1着として、英国のロイヤルワラントブランド『バブアー』のビデイルを候補に入れておきたい。

牟田神 佑介

2020.11.13

人気4定番を攻略。バブアーのコーデ術をファッショニスタに学びたい

ウェア・コーデ

人気4定番を攻略。バブアーのコーデ術をファッショニスタに学びたい

毎年冬の街を席巻している『バブアー』ですが、周囲とコーデがカブるとおしゃれの楽しさが半減することも。そうならないよう自分なりの装いを楽しむヒントをご紹介します。

遠藤 匠

2020.11.30

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今こそ、グランドセイコー。男の背中を押す実用時計の最高峰を手に入れる

腕元で確かな価値を表現する普遍的な腕時計が1本あれば何かと心強く感じるもの。まず検討するなら、国産時計を代表する『グランドセイコー』を目にしておくべきでしょう。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

頼りにしたいダイバーズ。セイコー プロスペックスを、人気スタイリストはどう見るのか

国産時計の雄『セイコー プロスペックス』。今回は計器としての信頼性に加え、高い評価を得ている“ファッション性”について、2名の人気スタイリストに話を伺います。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

手回り品にこだわりを。新時代のビジネスライフをおしゃれに楽しむ4つのおすすめグッズ

働き方が劇的に変化した現代社会。だからこそ、ビジネス小物も時流に合わせたアップデートが必要です。今のビジネスマンが手にすべき逸品を、ここに集めました。

SPONSORED by オロビアンコ

続きを読む

今の時代にマッチするフレキシブルな1着。7DAYSコートを着回せ、着倒せ!

日によっては肌寒さが残る春先。しかも働き方やライフスタイルの変化も著しい今、重宝するのはあらゆる意味で万能なアウター。『ナノ・ユニバース』の新作はその理想型だ。

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

バッグと共存するという発想。マスターピースが提案する、まったく新しい服の話

『マスターピース』が満を持して発表した新作は、バッグではなくウェア!? 専業ブランドだからこその気づきを形にした、バッグライフをサポートするための服とは。

SPONSORED by マスターピース

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND