ロンTブランド傑作選。1枚で着てもサマになる10のおすすめ

冬はインナーに、春と秋はトップスの主役にと、3シーズン役立つのがロンTの持ち味。大人向けの定番や旬のブランド、さらには着こなし方など、ロンT攻略のヒントを集めた。

TOMMY

TOMMY

SHARE
記事をお気に入り
2020.09.01

実は重宝する。大人がロンTを選ぶならこんな1枚を

実は重宝する。大人がロンTを選ぶならこんな1枚を

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

残暑は厳しくとも、秋が近づいている。昼間は問題なく過ごせるが、日が落ちれば半袖のTシャツ1枚では心許ない。そんなときこそロンTの出番だ。春や秋はトップスの主役として、冬は重ね着のベースアイテムとして。着こなし全体がボリュームアップするこれからの時期は、特にマストハブ。上手に着回せば3シーズン活躍するので、ワードローブに持っていて損はない。最優先のターゲットとして、スウェットやフーディに先駆けてまずは1枚持っておきたいところ。ただし、選ぶ際には大人の装いにハマる1枚を選ぶことが必要だ。

実は重宝する。大人がロンTを選ぶならこんな1枚を 2枚目の画像

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

お気に入り追加

では、大人にうってつけのロンTとは何か? 重要なのがシルエットである。身頃はもちろん腕周りも、オーバーサイズすぎず程良いバランスを狙いたい。言い換えるなら、リラックス感のあるサイジング。体を鍛えているというなら話は別だが、TASCLAP世代特有の中肉中背という体型をカバーしてくれるサイズ感を狙いたい。デザインは、派手な柄物や大きめのプリントが入っていると子供っぽい印象を与えてしまう。ここは無地か、あってもワンポイント程度に収めるのがベター。「一見普通だけど、実はおしゃれ」という塩梅を意識したい。要はシンプル・イズ・ザ・ベスト、これに尽きる。

人気ブランドから探すロンT。大人が手に取るべき10枚

先に挙げた“大人のロンT”の選び方を踏まえたうえで、まずは定番として押さえておきたい無地Tの人気5ブランド、そして筆者おすすめの5ブランドをピックアップ。“1枚で着てもサマになるかどうか”を基準にした10枚は、どれも汎用性の高いスタンダードなデザインながら、着回し力の高さはお墨付き。さらに着心地を左右する素材にもこだわったので、手に入れた瞬間からヘビロテ必至である。

▼まず押さえたいのは、無地Tの人気ブランドが手掛けるロンT

ブランド1

『ヘインズ』

『ヘインズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

100年以上の歴史を持つ米国の老舗ブランドで、ご存じパックTの元祖。この「ビーフィー」シリーズは、コットン100%の肉厚な生地で仕立てられているのがポイントで、丈夫かつ長持ちするのがメリットだ。また脇に縫い目のない丸胴ボディなので、肌馴染みも良く実に快適な着用感が得られる。

ブランド2

『チャンピオン』

『チャンピオン』

Champion_Hanes 【オフィシャル】

Champion_Hanes 【オフィシャル】

お気に入り追加

素材調達、糸の選定、縫製などの工程をアメリカンメイドにこだわった定番「T1011」。そのポケット付きロンTとくれば、誰もが納得のハイクオリティ。ボックスシルエットの武骨な表情はアメカジとの相性が抜群。ロゴマークが袖口のみというシンプルさも汎用性高し。

ブランド3

『グッドウェア』

『グッドウェア』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ラフでドライな肌触りを味わえる、USAコットンのオープンエンド糸を使用した厚手の生地と、ゆとりのあるボックスシルエットが大人のリラックス感を演出。いたってシンプルながら、スクエア型の胸ポケットにはピスネームが主張。これ1枚で着てもちゃんとサマになる。

ブランド4

『ロサンゼルス アパレル』

『ロサンゼルス アパレル』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アメリカンアパレル』の創業者が手掛ける通称“ロスアパ”。アメリカ製にこだわり、豊富なカラバリを展開する。丈夫で吸汗性にも優れた6.5オンスのコットンボディは格別のタフさ。このザックリした大きめのシルエットもまた今の雰囲気に馴染む。

ブランド5

『コンフォートカラーズ』

『コンフォートカラーズ』

ビッグサイズ ストア

ビッグサイズ ストア

お気に入り追加

顔料を使い、縫製してから染めるガーメントダイ(後染め)の手法を採用。さらに50回ものウォッシュ加工を施すことにより、鮮やかな色合いとヴィンテージのような独特の風合いが楽しめる1枚に。リングスパンコットン&6.1オンスのソフトな質感は、1度着たらもうやみつき。

▼ライターがおすすめする注目ブランドのロンT

ブランド6

『アンティカ』

『アンティカ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

遊び心あるシルエットを得意とするブランドから、人気のバスク生地TシャツにロンTが登場。裾のサイドにスリットが入っているため運動性が高く、たっぷりと身幅を取ったシルエットから生み出される自然な落ち感も相まって、ストレスフリーな着心地が実感できる。

ブランド7

『スラッシャー』

『スラッシャー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカを代表するスケートボード専門誌『スラッシャーマガジン』のマーチャンダイズ。稀代のアーティストとしても知られる、プロスケーターのマーク・ゴンザレス氏が描き起こしたグラフィックをプリント。味のあるタッチが大人の着こなしにもハマること請け合い。

ブランド8

『アダム エ ロペ』

『アダム エ ロペ』

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

通常よりも目を詰めて打ち込んだ天竺素材をボディに用いることで、いくら洗濯を重ねてもヘタらない優れた耐久性を獲得。丸みを帯びたフォルム&リラックス感のあるドロップショルダーながら、インナーで着た際にも着膨れせずに合わせやすい点も高ポイント。

ブランド9

『ニューエラ』

『ニューエラ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヘッドウェアで有名な同ブランドは、アパレルにおいても人気だ。吸汗速乾性、抗菌機能を備えたオリジナル機能素材“クールエラ”を採用。生地裏面がメッシュになっているため肌との接触面が少なく、多様なアクティビティで活躍するコンフォータブルな着心地を実現。

ブランド10

『ループウィラー』×『ロウワーケース』

『ループウィラー』×『ロウワーケース』

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

日本が誇るメイドイン・ジャパンのスウェットウェアブランドに、クリエイティブディレクター 梶原由景氏が代表を務めるクリエイティブファームが別注。しっかりとしたリブに首元のガゼットなど、“らしい”ディテールを備えつつも着心地はロンTというのが面白い。

ロンTを着こなすなら。こんなコーデを参考に

どれも同じようで、実は個性溢れるロンTたち。そのバリエーションの豊富さを再確認したところで、続いては“どう着こなすべきか”をコーデサンプルから読み解いていこう。無地&シンプルが基本のアイテムだけに、ちょっとしたテクニック1つで差が付くと知るべし。

コーデ1

ボトムスには、あえてテイストが異なるものを選ぶ

ボトムスには、あえてテイストが異なるものを選ぶ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

まずはスタンダード+αの好例から。ロンTはストリートウェアとしても人気の『カーハート』。タフなブランドイメージもあって通常ならデニムパンツなどを合わせがち。だが彼が選んだのは、ダークブラウンのロンTと同系色のチェック柄スラックス。若干、野暮ったさのあるボトムスも、スケートシューズとサンドすることによって、こなれた雰囲気へと早変わり。

コーデ2

秋にこそ、黒ロンTをショーツスタイルで着こなす

秋にこそ、黒ロンTをショーツスタイルで着こなす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

実はロンTとフルレングスのボトムスの合わせは案外難しい。それはバランスに気をつけないと平面的で面白みのない格好になってしまうから。だが解決法はいたって簡単、ボトムスをひざ丈のショートパンツに変えるだけ。写真のように上下とも黒という重厚感のある着こなしも、肌の露出が抜け感をもたらし、大人のストリートスタイルと相なる。その際、白を挿し色として足せばより効果的だ。

コーデ3

タックインして着こなす際のコツは、色の統一感

タックインして着こなす際のコツは、色の統一感

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロンT×ショートパンツの組み合わせは上のコーデと同様だが、こちらはゆったりしたサイジングの白ロンTをタックイン。ラフな着こなしにきっちり感が加わるので、ショートパンツスタイルの不安要素である子供っぽさを回避するのにも好手。その上、トップスとハットを同色の白で、ボトムスと足元をミリタリーカラーのカーキ&カモ柄でそれぞれ合わせることで、統一感を生み出した。

コーデ4

Tシャツレイヤードでプリント入りロンTが復活

Tシャツレイヤードでプリント入りロンTが復活

WEAR

WEAR

お気に入り追加

数年前に買ったロンTを引っ張り出したら、ボディや袖に大きなプリントが施されているため着づらかった。そんな苦い経験をお持ちの人に挑戦してもらいたいのが、Tシャツとのレイヤード術。Tシャツを1枚重ねるだけでプリントが絶妙なスパイスとなり、漂う'90sノリが懐かしくも新鮮な面持ちに。TシャツはロンTよりもやや大きめで無地のものを選ぶのがベター。

コーデ5

派手色のロンTはベストとのレイヤリングで中和

派手色のロンTはベストとのレイヤリングで中和

WEAR

WEAR

お気に入り追加

最後は、もう一歩進んで中級者向けレイヤードテクを紹介。単体着用ではインパクトが強すぎる鮮やかなイエローのロンTが、柔らかな色合いのフリースベストを重ねることで程良く中和されている。袖部分に入ったプリントもアメカジ然とした雰囲気にマッチし、アクセント効果を発揮。着膨れすることもないので動きやすいうえ、この着こなしは真冬まで重宝する。

TOMMY

カラダはアラフォー・ココロは永遠の15歳

TOMMY
紙のメンズファッション誌、ファッションWEBメディアを中心に、ファッションやアイドル、ホビーなどの記事を執筆するライター/編集者。プライベートにおいては漫画、アニメ、特撮、オカルト、ストリート&駄カルチャー全般を愛するアラフォー39歳。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND