大人のかぶりものに新提案。ローキャップを上手に取り入れるために

大人のかぶりものに新提案。ローキャップを上手に取り入れるために

敏感な大人たちがこぞって取り入れているローキャップ。そもそも何かという疑問に答えつつ、取り入れ方やチェックしておきたい新作まで全方位的にナビゲートします。

山崎 サトシ

2019.04.20

帽子
キャップ

着こなしのさりげないアクセントに。ローキャップが“使える”

ローキャップとは、ロー(=低い)という名の通りクラウンと呼ばれる頭を覆う部分が低い浅かぶりのキャップのこと。耳馴染みがないという方もいるかもしれませんが、実はスポーツトレンドのあおりを受けて今季非常に人気が高まっているアイテムなんです。すっきりとしたフォルムで子供っぽく見えにくいことから、若者だけではなく30代以上の大人たちにも浸透中。旬なスポーティさを出しつつ大人感もちゃんとキープできる “いいとこ取り”の小物なだけに、活用しない手はないはずです。

いわゆる「ベースボールキャップ」とローキャップは違うの?

よくローキャップと混同されがちなアイテムがベースボールキャップ。実際のところローキャップには厳密な定義がないので、写真のモデルのように浅かぶりのベースボールキャップであればローキャップの1種としてカテゴライズされます。つまり、ローキャップはベースボールキャップの中の1つのジャンル、ということです。

なお、浅いシルエットであってもツバが直線的な「フラットバイザー」と呼ばれるタイプはファッションにおいてローキャップと区別される傾向にあります。こちらのほうがストリート感が色濃く、かぶった際も若々しい印象が強まります。“浅かぶりでツバが曲がっているもの”が基本的なローキャップだと覚えておくと良いでしょう。

大人はどんなデザインのローキャップを選ぶのが正解?

流行アイテムであるローキャップですが、もちろんどんなデザインでもOKというわけではありません。大人がかぶるなら、やんちゃなニュアンスが出てしまうデカデカとしたロゴものは避けたいところです。やり過ぎない小ぶりなロゴ、あるいは潔いロゴなしタイプであればクリーンに着用できます。また、生地にウォッシュが入った程良くクッタリ感あるモデルなら、こなれた雰囲気も簡単に演出可能です。これらの要素を意識しつつ、自分のワードローブにハマる一品を探してみてください。

前髪はどうするべき? ローキャップのおしゃれなかぶり方

いざローキャップを手に入れたら直面するのが、前髪をどのように処理すべきかという問題です。結論から言うと前髪は出しても入れてもどちらでもOK。ですが、着用した際のイメージはガラッと変化します。前髪を出した場合は若々しさが強調されて爽やかな雰囲気になり、反対に帽子の中に入れると写真のようにさっぱりと大人っぽいイメージに。アピールしたい印象に合わせて、かぶり方を変えてみましょう。

まずは体験すべし。こなれ顔ローキャップのおすすめ10選

帽子専門ブランドからファッションブランドに至るまで、幅広くリリースされているローキャップ。その中から大人カジュアルと相性の良い10点にフォーカスしてご紹介。かぶりものビギナーでも取り入れやすいデザインばかりです。

アイテム1『ポール・スミス』

ブランドの人気キャラクターであるマルチゼブラの刺しゅうがフロントサイドに鎮座。プレーンな無地ローキャップに、ほんのりと彩りを添えています。密に織られた上質感あるコットンツイル生地や重厚なロゴ入りメタルアジャスターのおかげで、大人感も十分。バリエーションではブラック&ネイビーが揃います。

アイテム2『ラコステ』

ブランドイニシャルを球団ロゴのようにレタードした『ラコステ』のローキャップは、遊び心も満点。バイザーのカーブもキツくなく、季節を問わずかぶれるコットン素材の採用もあり長く愛用できるアイテムに仕上がっています。ユニセックスで使用できるので、シェアも可。

アイテム3『ポロ ラルフローレン』

ブランドを象徴するポニーロゴの刺しゅうがあしらわれた浅かぶりのベースボールキャップ。風合いの良いコットンを使っており、かぶるほどに生地に深みが増していきます。バックには“POLO”のレタード刺しゅうとともにスライダーバックルをセッティング。フィット感の細かなコントロールが可能です。

アイテム4『‘47』

アメリカの4大プロスポーツリーグであるMLB・NFL・ NBA・NHLと提携している老舗キャップブランドより、定番モデルの「クリーンナップ」。ウォッシュド加工の生地&大きくカーブしたツバを特徴とする、クラシックなローキャップです。NYヤンキースのロゴは主張し過ぎない“ミニロゴ”で、大人っぽいコーデとも難なく順応。

アイテム5『カシラ』

高密度に織り上げたキャンバス生地に製品洗いを掛けて、ヴィンテージのような味わいを演出。前面にさりげなく入ったキリンの刺しゅうがアイキャッチとなっています。背面のアジャスターベルトにレザー素材を使うなど、ディテールにも徹底注力するあたりはさすが帽子専門ブランドといったところ。

アイテム6『フリークスストア』

着こなしにブリティッシュな雰囲気を加味してくれる、タータンチェック柄の逸品。あっさりとしがちな春夏スタイルの良きアクセントとなってくれるはずです。また、テーラードジャケットやスプリングコートといったきれいめトップスとも相性が良いため、都会的なシチュエーションでも活躍してくれることは確実。ジャパンメイドで品質も上々です。

アイテム7『チャンピオン』

十八番のスクリプトロゴを配した6パネルキャップは、ボディのデニム使いが印象的。ジーンズと同様にじっくりと時間を掛けて経年変化を楽しめるので、自分だけの一品に育ててみたくなります。横には“C”マークのロゴワッペンが配されており、サイドビューでもアピール可。老舗らしく、作りもしっかりしています。

アイテム8『リー』

小ぶりのボックスロゴをフロントパネルにオン。シンプルなルックスでコーディネートを選ばないうえ、アジャスター機能付きなのでフィット感の調整も容易に行えます。ファブリックには適度な光沢感を備えたポリエステル×コットンのツイル素材を採用。程良い肉感の生地なので、1年を通じてストレスなくかぶれます。

アイテム9『ニューハッタン』

2005年にニューヨークで生まれたヘッドウェアブランド。ローキャップはブランドを代表する大ヒットアイテムとなっています。今作はプレーンなロゴなし仕様であらゆるスタイルに合わせることができ、なおかつウォッシュ加工のおかげでアカ抜け感もたっぷり。リーズナブルでカラバリも豊富なので、いくつかセット買いするのも良いでしょう。

アイテム10『430』

BMXチーム「430(フォーサーティー)」が手掛けるアパレルライン。こちらのモデルは『ニューハッタン』の定番ローキャップをボディにピックアップしています。フロントに入っている小ぶりのオリジナル刺しゅうは、BMXに乗って野球に向かうキャラクター“BB BOY”。どことなくお茶目なムードが漂うアイテムです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    TASCLAP編集部

    大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

    大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

    キャップはシーズンを問わずおしゃれに活用できる優れモノ。そこで、大人ならではのかぶり方や選び方、そしてコーデへの取り入れ方を徹底的に紹介します。

    TASCLAP編集部

    大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

    大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

    キャップはカジュアルコーデに好相性な小物として、きれいめな着こなしのハズし役として重宝するマストハブ。より大人に馴染むブランドと各アイテムを厳選しました。

    編集フカザワ

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    TASCLAP編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    スポーツ観戦に行こう。気分のアガる、特別なキャップとリュックで

    スポーツ観戦に行こう。気分のアガる、特別なキャップとリュックで

    2月から10月の長期にわたり熱戦を繰り広げるJリーグやNPB(日本プロ野球)も、ようやく折り返しの時期を迎えた。9月からは日本でラグビーワールドカップも開催される。…

    TASCLAP編集部

    BACK