カルバンクラインは腕時計も高感度。大人に似合う理由とおすすめ10選

カルバンクラインは腕時計も高感度。大人に似合う理由とおすすめ10選

米国を代表するブランド『カルバン・クライン』は、ウォッチラインも評判です。感度の高いデザインと、信頼性抜群の機構を持つ傑作群にフォーカスして魅力を紹介します。

夏目 文寛

2019.05.04

カルバン・クライン(Calvin Klein)
腕時計

クリーンでミニマル。大人も魅了する『カルバン・クライン ウォッチ』

デザイナーであるカルバン・クライン氏が、自らの名前を冠してブランドを立ち上げたのが1968年のこと。1970年代には高級なアパレルラインに加え、スポーツウェア・化粧品・香水・デニム・アンダーウェアをスタート。一躍アメリカを代表する総合ファッションブランドへと成長しました。ファッション界のアカデミー賞と呼ばれる「コティ賞」を1975年から3年連続で獲得するなど、当時から話題に事欠かないシーン最注目のブランドとして認知されていました。

また、1992年にはカジュアルなセカンドライン『CK カルバン・クライン』が世界的に大ブレイク。ここ日本では『CK カルバン・クライン』が1990年代から2000年代初頭にかけて大流行したこともあり、『カルバン・クライン』は高級なコレクションブランドというより手の届くハイセンスなブランドとして人気を博しています。

そんな『カルバン・クライン』ですが、評価が高いアイテムの1つに腕時計が挙げられます。2016年からはチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任したモード界の大物デザイナー、ラフ・シモンズ氏(2018年12月をもって退任)が『カルバン・クライン ウォッチ』のデザインに携わっていたこともあり、話題性は十分。また、スイスを代表する時計のコングロマリット(複合企業体)である「スウォッチ グループ」が製造しているため、中身の信頼性には目を見張るものがあるんです。ミニマルなファッション時計としてだけではなく、作りそのものも上質な『カルバン・クライン ウォッチ』について、これから深掘りしていきましょう。

スーツからカジュアルまで使えるミニマルなルックスが最大の武器

“ミニマル”という言葉は、『カルバン・クライン ウォッチ』を語るうえで大事なキーワード。これみよがしな主張はせず、さりげないセンスが光るデザインのため、その汎用性は抜群なんです。スーツスタイルはもちろん、オフのカジュアルスタイルの格上げにも活躍します。

オンスタイルにも洗練された顔立ちは、ビジネススタイルにも適任

相手ありきのビジネスシーンにこそ、どんな人に対しても悪印象を与えづらいシンプルな腕時計を選ぶべき。その点で『カルバン・クライン ウォッチ』は最適なばかりか、「色気」というモアバリューまで感じさせてくれます。『カルバン・クライン ウォッチ』の時計はポリッシュとサテンの磨き分けや、見る角度によって表情が変わるサンレイ加工など、光で魅せるちょっぴりセクシーなディテール加工が抜群にうまいのです。そう、腕元から密かにキラリと輝く仕上げこそが、着用者を色気ある大人に見せてくれる秘訣なのです。

オフスタイルにもラフなカジュアルコーデに合わせれば、着こなしが品良く昇華

文字盤要素をできるだけ減らしたミニマルなルックスで、NYブランドらしい洗練されたデザインの『カルバン・クライン ウォッチ』は、例えばスウェットシャツや春ニットを主役にした気軽なコーデや、テーラードジャケットを取り入れたきれいめカジュアルとも抜群の相性を発揮します。とはいえ、『カルバン・クライン ウォッチ』はただのシンプルウォッチに収まらないところが評判を呼ぶ所以。さりげなくラインで遊んだ文字盤や、立体的でユニークな文字盤のモデルを選べば、カジュアルコーデのなかでも程良いアクセントとして機能してくれます。

「スウォッチ グループ」の恩恵。ムーブメントも抜かりなしのスイス製

世界の時計業界の本拠地たるスイスで、最大のグループといえば「スウォッチ グループ」です。グループ内には『オメガ』『ブレゲ』『ハミルトン』『ティソ』といった有名ブランドが顔を揃えています。

『カルバン・クライン ウォッチ』もこの「スウォッチ グループ」が製造しているのですから、当然中身も信頼のスイス製。高級時計のムーブメントも手掛けることで有名なETAというグループ企業が製造しています。多くのノウハウを持つ「スウォッチ グループ」が作り上げることを考えれば、お値段以上の外装や機構の仕上げの良さも納得です。ETAの機械式ムーブメントを搭載したモデルをラインアップしているのも、うれしいポイント。『カルバン・クライン ウォッチ』は外も中もちゃんとしている優等生なんです。

『カルバン・クライン ウォッチ』から、大人好みの10本をピックアップ

基本的にシンプルなデザインが軸とはいえ、選べる楽しさを感じられる振り幅を併せ持つことも『カルバン・クライン ウォッチ』の魅力。定番から遊びの効いた1本まで、良作10本をピックアップ!

アイテム1シティ

『カルバン・クライン ウォッチ』を代表するモデルが「シティ」です。シンプルな3針という潔い構成ですが、長めのバーインデックスとブラッシュ加工がこの腕時計の個性を巧みに主張しています。そして、ブレスレットの中ゴマに配した、文字盤色と合わせたシリコンによるデコレートがさりげないアクセントに。より都会的なテイストを楽しみたいならグレーのカラーリングがおすすめです。

アイテム2シティ クロノグラフ

文字盤がごちゃつきがちなクロノグラフ。しかし「シティ クロノグラフ」はすっきりとシンプルな印象です。これはインデックスをすべてバーで構成し、視認性を落とさないよう太さも絶妙にバランスをとっているから。センターにセットされた3つのインダイヤルは、それぞれにサンレイ加工が施されることで異なるきらめきを見せ、なんとも言えない美しさを放ちます。レザーストラップはマットなラバータッチ加工が表面に施されているため、ゴールドケースでも重々しくならないのが魅力です。

アイテム3シティ エクステンション

スーツに合わせることができ、オフのカジュアルコーデでも個性を発揮できる腕時計、それが「シティ エクステンション」です。文字盤の下半分にボーダー柄をあしらい、インデックスのバーは、文字盤上部から下部に向かって長くなるという、アート性の強いルックスが特徴的です。デザイン要素は多いものの、すべてが直線で構成されているためうるさくならず、ビジネスシーンにも違和感なく落とし込めます。

アイテム4ハイヌーン

2019年のニューモデルが「ハイヌーン」です。アールで構成されたベゼルやドーム型になったミネラルクリスタルガラスは、古き良きヴィンテージウォッチをイメージ。持ち前のシンプルさはそのままに、歴史的な意匠を古臭く見せずモダンに解釈した、センス溢れる1本に仕上がっています。

アイテム5インフィニート トゥー

スイス最大のムーブメントメーカー、ETA社の自動巻きムーブメントを搭載した「インフィニート トゥー」。ケースバックはスケルトンになっているため、裏蓋からムーブメントが動く様子を楽しめます。貫禄ある精悍な文字盤にクロコダイル型押しのレザーストラップをオンすることで、ビジネスの場でも誠実さを印象付けられる大人な顔立ちに仕上がっています。

アイテム6イーブン エクステンション

秒針を省略した、ミニマリズムを極めた2針ウォッチ。十字を描いたようなバーインデックスのデザインは、自然界にインスパイアされたものだとか。可動域の大きなラグと腕にフィットするミラネーゼブレスレットは、その薄さも相まってクセになる着け心地を提供してくれます。

アイテム7タイム

3針ウォッチのスタンダードピースがこの「タイム」。バーインデックスと極細の時分針で構成された文字盤はシンプルでスキがなく、人を選ばずどんな装いにもマッチする汎用性が魅力です。また、5連のブレスレットは腕馴染みが良くフィット感は抜群。40mmというケースサイズは、スーツに合わせる際にも主張しすぎない絶妙なサイズといえます。

アイテム8ミニマル

アンティークを思わせる丸みを帯びたフォルムのケースながら、インデックスやストラップをシンプルな要素でまとめることで今っぽいルックスに仕上げられた「ミニマル」。上品でフラットな印象のレザーベルトが、アーバンな雰囲気を盛り上げています。40mmというケースサイズ、厚さ約6mmという比較的小ぶりな大きさも、日本人の腕元に収まりやすいサイズ感を実現しています。

アイテム9アチーブ

2018年12月まで『カルバン・クライン』のチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めていた、ラフ・シモンズ氏肝入りの1本。個性的なクッションケースの採用と、これまでの『カルバン・クライン ウォッチ』にはなかったレトロモダンな配色は、ラフ・シモンズ氏らしい“アメリカ”に対するクリエイティブな解釈から生まれたもの。ケースはポリッシュとサテンで磨き分けられるなど、ディテールへのこだわりも満載です。

アイテム10フューチャー

『カルバン・クライン ウォッチ』は、デジタル時計もミニマル! スクエア型のステンレスケースはPVD加工、ポリッシュと表面加工を切り替え、ディテールへのこだわりも十分です。ストラップはラバーで、スポーティかつクールなムードを醸成。アクティブなカジュアルスタイルにぴったりなのはもちろん、オールブラックなのでビジカジスタイルに合わせても違和感はありません。

アクセ感覚で取り入れたい。高感度なファッション時計

アクセ感覚で取り入れたい。高感度なファッション時計

名門のブランド腕時計を普段使いしている人は多いと思うが、“時計=アクセ”といわれる今、ファッション時計があればよりコーディネートが楽しくなるはず。

菊地 亮

90'sムードが気分。カルバン・クラインのロゴTシャツが大人にちょうどいい

90'sムードが気分。カルバン・クラインのロゴTシャツが大人にちょうどいい

旬なストリート調を主張できるロゴTシャツは今季の必需品。中でも、大人なムードを兼備している『カルバン・クライン』の1枚がイチ押しです。魅力とおすすめ品をご紹介!

平 格彦

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

    それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

    半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

    Tシャツのように気軽に取り入れられ、それでいて着こなしが上品かつ大人っぽく仕上がる。そんな半袖サマーニットの魅力からおすすめ、着こなし方までをご紹介します。

    近間 恭子

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

    編集ムタガミ

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    TASCLAP編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    シンプルで自然体なデザインを得意とする『アー・ペー・セー』。上質なジーンズが人気ですが、財布も隠れた売れ筋品。どれも毎日持ち歩くに相応しいスマートな顔立ちです。

    山崎 サトシ

    BACK