USメイドのタフなヤツ。キャンバーのTシャツが今、選ばれている理由

USメイドのタフなヤツ。キャンバーのTシャツが今、選ばれている理由

Tシャツはシンプルなアイテムゆえに、素材や縫製にしっかりこだわって選びたいもの。今人気の『キャンバー』の1枚には、大人が見逃せない質実剛健な魅力が詰まっています。

那珂川廣太

2019.05.04

キャンバー(CAMBER)
トップス
Tシャツ

現在もなおMADE IN USAを貫く『キャンバー』のTシャツ

1948年にニッティングミルとして誕生し、カレッジ向けのTシャツボディを生産してきた『キャンバー』。タフさで知られるアメリカンブランドのなかでも学生向けに作られてきたとあって、質実剛健な作りが魅力です。多くのアメリカブランドが海外生産へと舵を切るなか、今なおMADE IN USAを貫く稀有なブランドでもある『キャンバー』のプロダクトに込められたこだわりと魅力を解説します。

今、『キャンバー』のTシャツが選ばれている3つの理由

ここ数年のファッションシーンは、“シンプルさ”と“素材感”が重要キーワード。USメイドならではの質実剛健な『キャンバー』のTシャツは、時代の空気感ともフィットしているのです。

理由11枚でも十分な存在感を放つヘビーオンス生地

『キャンバー』のなかでも最大の厚さを誇り、ブランドの代名詞といえるマックスヘビーウェイトコットンは、8オンスの天竺編みボディを使用。『ヘインズ』のなかで厚手Tシャツの定番ともいえる「ビーフィー」ですら6.1オンスの生地であることからも、そのヘビーウェイトぶりがうかがえます。

理由2今っぽく着られる昔ながらのフィット感

襟ぐりは程良くタイトでありながら、シルエットはアメリカらしいリラックスフィットのボックス型、というのも特徴の1つ。あえてドロップショルダー気味になるようオーバーサイズで着用すれば、トレンドであるビッグシルエットのコーディネートがいとも簡単に構築できます。

理由3チョイスの幅が広がる豊富なカラバリ

Tシャツのカラバリとしておよそ想像し得るすべての色が揃うと言っても過言ではないほど豊富なラインアップもうれしいところ。通常ラインのカラーに加え、ショップ別注のカラーや後染めを施したアイテムもリリースされているため、スタイリングに合わせたカラーコーディネートが可能です。

『キャンバー』の代名詞。8オンスで超肉厚な「マックスウェイト」シリーズ

「最大の厚み」という名前通り、『キャンバー』のTシャツラインアップのなかでもっともヘビーウェイトの生地を使用しているのが「マックスウェイト」シリーズです。クラシックな太めのバインダーネックにボックスシルエットを採用。頑丈なのは言うまでもなく、ゆったりめのサイズ感で着用したときのドレープ感も魅力です。以下では、本シリーズの商品ラインアップを着こなしサンプルとともにご紹介します。

▼モデル1:マックスウェイト半袖Tシャツ #301

解説肉厚8オンス生地の魅力を存分に味わえるシンプルT

肩から裾までストンと落ちる素直なシルエットにクルーネックを採用した#301は、もっともプレーンなデザインとあって『キャンバー』らしい素材感を楽しむのに最適な1枚。各部の縫製は被せ縫いやテーピング補強が施されており、着込んだときにもヘタりにくいのが魅力です。

着こなしサンプル柄パンツにも負けないTシャツの重厚な素材感

ブラックの#301に黒ベースのチェックパンツを組み合わせることで、統一感を出しつつ旬なインパクトをプラス。さりげなく裾からブルーのインナーを覗かせることで、さらなるアクセントを上乗せしています。主張強めの柄パンツに合わせても負けないのは、ヘビーウェイトの生地を使用した『キャンバー』のTシャツだからこそ。

▼モデル2:マックスウェイト半袖ポケットTシャツ #302

解説ヘビーウェイトのポケTは『キャンバー』を象徴するアイテム

#301と同様に8オンスのマックスヘビーウェイトコットンを使用しつつ、ポケットTシャツに仕上げたのが#302。洗い込んだときにはポケット周りにパッカリングが生まれ、ニュアンスが強くなるのが特徴です。そのアクセント効果により、1枚で着用してもしゃれっ気が生まれます。

着こなしサンプルシンプルな“Tイチ”コーデも胸ポケ付きならスタイリッシュ

部屋着っぽくなりがちな白T&ジーンズのシンプルなコーディネートも、肉厚な素材でポケット付きの#302なら心配ご無用。ベルトの端を垂らしたり、ハットやバングル、サンダルなどの小物でコーディネートに動きをつけたりすることで、よりファッショナブルに着こなすことが可能です。

▼モデル3:マックスウェイト長袖Tシャツ #305

解説Tシャツとスウェットのいいとこ取りな1枚

リブ袖を採用したロングスリーブTシャツが#305。こちらも厚手の8オンス生地を使用しているため、ロンTとスウェットシャツの中間的なイメージで着こなせます。タフな天竺編みボディで袖ぐりがゆったりめのため、ロンTにありがちな“ひじヌケ”の心配もありません。

着こなしサンプルラフなロンTを大人っぽくシックに着こなす

#305をベースに、レザーシューズやハイゲージニットの肩掛けで大人っぽい着こなしに。『キャンバー』の1枚は着丈が長めに設定されているため、タックインしたときのバランスも秀逸です。トレンドのワイドデニムと組み合わせれば、重厚感がありつつ程良くカジュアルな印象に仕上がります。

▼モデル4:マックスウェイト長袖モックタートル #306

解説ちょっとやそっとでヘタらない、最強のモックネック

襟が高めに設定されたことで、モックネックとタートルネックの中間的なニュアンスで着られる長袖カットソー。袖リブはもちろん襟のリブもしっかりと目の詰まったヘビーウェイトコットンを使用しているため着込んだときにもへタりにくく、ロングタームで愛用できます。

着こなしサンプルロンTをハイネックニット感覚で着用

ハイゲージニットのような感覚で『キャンバー』の#306を着用。高めの襟を採用したモックネックTはどこか大人っぽいシックなムードを放出。褪せた色みのスエードジャケットと相まって、カジュアルだけど大人っぽい印象のコーディネートに仕上がっています。

購入前に知っておきたい、マックスウェイトTシャツのサイズ感と縮みのこと

昔ながらのアメリカブランドである『キャンバー』は、多くの日本ブランドのTシャツのよりもやや大きめのサイズ感。そのままちょっとオーバーサイズ気味を選ぶのが今の気分ですが、ジャストフィットで着るのであれば、いつもより1サイズ小さいものを目安にチョイスするのがベターです。ただし作りとして、身幅に対して着丈が若干長めの設定となっているので、購入時はサイズ表をチェックすることをお忘れなく。

また『キャンバー』のマックスウェイトTシャツは、ノンウォッシュのコットンで仕立てられており、購入後にユーザーが洗濯して生地を縮ませることでさらに締まって頑丈なボディに仕上がるよう設計されています。洗濯後は着丈が2〜3cm、身幅が1cm程度縮むため、縮みを見越したサイズを選択することが肝要です。

肉厚だけど肌触りGOOD。6オンスの「ファイネスト」シリーズもチェックしておこう

「マックスウェイト」シリーズと合わせて押さえておきたいのが、アメリカ製ならではのドライタッチなコットンの質感を残しつつしなやかさを加えた、6オンスの「ファイネスト」シリーズ。生地はもちろん、段差をつけずにフラットロックされた裾や袖先の縫製など、細部に至るまで肌触りの良さが追求されています。

アイテム1ファイネスト半袖クルーTシャツ #701

通常であれば6オンスの天竺生地はヘビーウェイトに分類されるところですが、『キャンバー』にとってはこれが比較的軽めのファブリック。太めのアームホールや高めのネック設定など、アメリカンなシルエットは健在です。

アイテム2ファイネスト半袖ポケットTシャツ #702

上記と同様に6オンスの天竺生地を使用したポケットT。1枚でもインナーとしても着用する予定であれば、インナーとして着たときにモコモコせずに軽快な着心地が得られる「ファイネスト」シリーズがおすすめです。

アイテム3ファイネスト長袖Tシャツ #705

6オンスの天竺編みコットンボディを使用したロングスリーブのカットソー。リブ袖やボックスシルエット、バインダーネックなどの仕様は「マックスウェイト」シリーズと共通です。柔らかさを感じさせるタッチのため、素肌に着るレイヤードアイテムとしても重宝します。

Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

    無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

    無地のTシャツをメインに展開する国内ブランド、『ユナイテッドアスレ』。長い歴史に裏打ちされた品質とバリューな価格が両立されたアイテムを紹介していきます。

    平 格彦

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK