注目度上昇中。サムソナイトレッドのバッグが都市生活には必要だ

注目度上昇中。サムソナイトレッドのバッグが都市生活には必要だ

老舗ブランドのDNAを継承しつつ、よりデイリーに昇華したデザインで人気の『サムソナイトレッド』。スペックも見た目も理に叶ったバッグは、大人の日常によく馴染みます。

山崎 サトシ

2019.05.14

サムソナイトレッド(Samsonite RED)
サムソナイト(Samsonite)
バッグ

大人の都市生活に寄り添うバッグブランド『サムソナイトレッド』とは?

『サムソナイトレッド』は、2014年にカジュアルバッグブランドとしてデビュー。トラベルケースの名門『サムソナイト』から派生しました。日々のあらゆる移動も1つの旅と捉え、名門のDNAをベースに日常使いしたくなるようなバッグを提案。機能と見た目、いずれにもこだわる30~40代の大人から高い支持を得ています。

トラベルケースの名門『サムソナイト』はブランドを語るうえで欠かせない存在

『サムソナイトレッド』のルーツである『サムソナイト』は、米国で100年以上の歴史を紡いできたトラベルケースの名門。軽量スーツケースやキャスター付きスーツケースなど、現在では当たり前となったアイテムを他社に先駆けて導入してきたリーディングカンパニーとしても有名です。旅行者やビジネスマンのニーズに応える機能的かつ洗練されたプロダクトは、世界中で支持を獲得。そんな、妥協のない丁寧なモノ作りやユーザー目線に立ったデザインは、『サムソナイトレッド』にもしっかりと受け継がれています。

だからサムソナイトのスーツケースは支持される。その理由とおすすめ10型

だからサムソナイトのスーツケースは支持される。その理由とおすすめ10型

類まれな機能性の高さとデザイン性を両立させ、世界シェアNo.1といわれる『サムソナイト』のスーツケース。支持されている理由や狙うべきモデルを一挙お届けします。

近間 恭子

ブランドのアイコン。「バイアスジャック」シリーズに見る革新性

機能とデザインにおいて、常にネクストレベルを追い求めている『サムソナイトレッド』。ブランド屈指の人気銘柄である「バイアスジャック」シリーズを例に、その革新性を解説します。

ポイント1実用的な意匠を、デザインに

『サムソナイトレッド』といえば、実用的なディテールをデザインとして落とし込む手腕がとにかく秀逸。例えば「バイアスジャック」シリーズでは、フロントに配されたジップがその象徴。横か縦に配置されるのが一般的なジップをあえてバイアス状(斜め)に配置することにより、フロントポケットをデザインアクセントとして作用させています。さらに、斜めに配したジップは底部に入ったアイテムが取り出しやすいという利点も! 機能性をデザインに昇華する巧みさは、他のバッグブランドと一線を画すポイントです。

ポイント2街中での酷使に耐えうるヘビーデューティな素材使い

デザインと機能の融合に加えて、タフな素材使いも同ブランドのこだわり。「バイアスジャック」シリーズでは主に風合いと強度を兼備する高密度なナイロンを表地に使い、裏地には破れにくいリップストップ素材を採用しています。つまり、ヘビロテを苦にしない堅牢なアイテムであるということ。もちろん、タフな作りは「バイアスジャック」に限らず全シリーズの共通項です。収納性に優れた内装や使いやすいダブルジップ仕様など、かゆい所に手が届くディテールも見逃せない特徴です。

スーツにだって似合う、スタイリッシュなルックスもウリ

上質な素材感と機能性に富んだすっきりとしたフォルムが持ち味の「バイアスジャック」シリーズは、ご覧の通りスーツやジャケパンとの相性も申し分なし! 都市生活にフィットする洗練された面持ちで、平日のビズコーデを一段とスタイリッシュに彩ってくれます。仕事用バッグに必要な機能もほぼ網羅しており、ストレスを感じることなく使えるはずです。

どんなコーデにもフル対応。『サムソナイトレッド』のバッグ8選

「バイアスジャック」シリーズを筆頭に、大人の着こなしとマッチする『サムソナイトレッド』のバッグをピックアップ。どれもシンプルかつモダンなデザインで、さまざまなコーデに落とし込めます。

アイテム1バイアスジャック2 デイパック

「バイアスジャック」シリーズの最新作にあたる「バイアスジャック2」より、タウンユースしやすい小ぶりなサイズ感のデイパックをご紹介。バックパネルとショルダーストラップには通気性の良いメッシュ素材が使われており、暑さが増すこれからの時期にも快適です。スーツケースのキャリーハンドルに連結できるデザインなので、トラベルシーンにもぴったり!

サイズ:W29×H47×D12cm

アイテム2バイアスジャック2 3WAYバッグ

リュック・ショルダー・ブリーフと自在に着用アレンジが可能な3WAYデザイン。縦横どちらでも使いやすい内部構造となっているのも便利です。さらに、光反射糸入りのナイロンテープを取り入れることにより、サイクルシーンでの安全性も確保しました。充実したポケット数を誇り、収納性も文句なし!

サイズ:W43×H28×D12cm

アイテム3バイアスメタル2 ショルダーバッグ

マットなボディに主張ある大ぶりのメタルファスナーが映える人気シリーズ。素材に使われているのはPVCコーティングを施したキャンバス生地で、撥水性と強度に優れています。A4書類がすっぽりと入るサイズ感や仕分けしやすい2層構造も魅力的で、使い勝手は抜群! あらゆるシチュエーションで活躍してくれます。

サイズ:W34×H27×D10cm

アイテム4バイアスメタル2 ボックスパック

スクエア型で構築的なシルエットが印象深いボックスパック。凛々しいルックスに加えて快適な着用感も特徴で、体に沿った構造のショルダーベルトが肩への負担を大きく軽減してくれます。外側に2つ、内側に5つという多ポケット仕様も高評価。表地は撥水力の高いコーティングキャンバス、内布は破れにくいリップストップと、耐久性もハイレベルです。

サイズ:W30×H45×D14cm

アイテム5バイアススタイル トートバッグ

「バイアススタイル」はスポーツテイストをMIXさせたコレクション。脱着式のショルダーベルトが付属するトートバッグは、ジムバッグとしても活用できるほど大容量。ハンドルは肩掛けしやすいよう、やや長めに設定されています。表地にはPVCコーティングの撥水ポリエステルをセレクト。

サイズ:W36×H33×D14cm

アイテム6バイアススタイル 3ルームパック

ミニマルな流線シルエットでスタイリッシュに着用できる一品。メインルームに加えて、背面ポケット・サイドオープンポケット・フロントのバイアスジップポケットなど多彩なポケットを完備し、ボトム部分にシューズ用の収納スペースも装備します。マテリアルには、雨も気にならない撥水加工のポリエステルを採用。

サイズ:W29×H51×D13cm

アイテム7『アヴィレックス』別注 トートバッグ

実力派ミリタリーブランドとのコラボレーションアイテムは、カモフラージュ柄を全面に纏った男らしさ溢れるデザイン。また、コラボオリジナル仕様のワッペンやラバータグ、そしてカーキカラーに変更された内装パーツ(コイルファスナー・メッシュ・パイピング)も見どころです。内部にはPCの独立ポケットを備え、利便性もハイレベル。

サイズ:W34×H42×D18cm

MA-1が代名詞。米国空軍も認めたアヴィレックスの魅力とおすすめ17選

MA-1が代名詞。米国空軍も認めたアヴィレックスの魅力とおすすめ17選

米空軍が正式採用する『アヴィレックス』のフライトジャケット。高度1万メートルを超える極寒の空中で過酷な任務を全うするための機能とディテールは街着としても人気。

那珂川廣太

アイテム8『ザ・スーツカンパニー』別注 2WAYバックパック

丸みのあるフォルムのバックパックは、サイドのハンドルで持ち運ぶこともできる2WAY仕立て。表地はポリウレタンコーティングで仕上げられた撥水素材で、本体を覆うレインカバーも底部に収納されているため、激しい雨に降られても安心です。フロントに施されたラインはリフレクター素材になっていて、夜間時の視認性にも長けています。

サイズ:W29.5×H49×D11cm

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

ミルスペックに準拠した屈強性とタウンユースを考慮した収納性、適度に男っぽさが薫るデザイン性を兼ね備えた『ブリーフィング』のバッグは大人の定番品。徹底解説します!

平 格彦

ビジネスマンの大好物。トゥミのバッグが人気の理由とは?

ビジネスマンの大好物。トゥミのバッグが人気の理由とは?

日本のみならず、世界中のビジネスマンから愛されている『トゥミ』。バッグの魅力や特徴、人気シリーズを通じて、愛される理由を読み解いていきます。

近間 恭子

傑作だらけ。マスターピースのバッグが日本人に愛され続けるワケ

傑作だらけ。マスターピースのバッグが日本人に愛され続けるワケ

誕生から25年が経つ今でも、衰え知らずの人気を見せるジャパンバッグブランド『マスターピース』。なぜ多くの人々に愛され続けるのか、その理由を解説していきます。

山崎 サトシ

バッグの人気ブランド15選。3つのニーズ別にメンズバッグの王道をお届け

バッグの人気ブランド15選。3つのニーズ別にメンズバッグの王道をお届け

バッグは日々の相棒たる存在ですから、信頼の置ける王道ブランドを押さえたいもの。そこで、選んでおいて間違いナシなブランドを、カテゴリ別にナビゲートします。

山崎 サトシ

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    エコバッグ15選。人気ブランドから探すおしゃれなマストハブ

    エコバッグ15選。人気ブランドから探すおしゃれなマストハブ

    7月からレジ袋が有料化。これに伴い、買い物袋として代用できるエコバッグのニーズが急増しています。選び方のポイントと、今買えるおすすめエコバッグをご紹介!

    山崎 サトシ

    雨の日が楽しくなる。ザ・ノース・フェイスのレインウェアおすすめ18選

    雨の日が楽しくなる。ザ・ノース・フェイスのレインウェアおすすめ18選

    雨なら濡れて当然? 蒸れて当然? いやいや、『ザ・ノース・フェイス』のレインウェアなら濡れも蒸れもバッチリ防げます。アイテム選びのポイントからおすすめ品まで解説!

    平 格彦

    アイテムリスト

    BACK