ラコステのTシャツで初夏の用意。まずは鹿の子素材の1枚を!

ラコステのTシャツで初夏の用意。まずは鹿の子素材の1枚を!

夏を乗り切るために、Tシャツに快適性を求める方は多いはず。そこで重宝するのが、ブランドの代名詞である鹿の子素材を使った『ラコステ』のTシャツです。

近間 恭子

2019.05.17

ラコステ(LACOSTE)
トップス
Tシャツ

『ラコステ』といえばポロシャツが有名ですが、Tシャツだって名品揃いです

『ラコステ』といえばポロシャツが有名ですが、Tシャツだって名品揃いです

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ラコステ』といえば、ポロシャツの生みの親として有名。TASCLAP読者にも愛用している方が多いと思いますが、それに負けず劣らず人気を集め、名品揃いなのがTシャツです。シンプルなモノから存在感のあるモノまでデザインはさまざまですが、ポロシャツ同様、胸元にブランドアイコンのワニマークが施されているのが特徴。代名詞である鹿の子を使ったモデルも揃っており、夏にヘビロテで活躍すること請け合いです。

『ラコステ』のTシャツは、快適な着心地と汎用性の高さが魅力

ポロシャツと同様に、快適な着心地や汎用性の高さで大人を虜にする『ラコステ』のTシャツ。なかでも代名詞である鹿の子素材のアイテムに注目です。

魅力1『ラコステ』の代名詞と言える、快適な鹿の子素材

『ラコステ』の代名詞と言える、快適な鹿の子素材

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ラコステ』を代表する素材といえば、鹿の子。そもそも鹿の子は、軽くてしなやかで吸湿性の高い万能素材ですが、同ブランドの鹿の子は他とはひと味違います。繊維の長いスーピマコットンを採用し、独自の44番手という細い番手で編み上げられているため、ソフトでやさしい肌触りが楽しめるんです。さらには型崩れしにくく、洗濯しても生地が硬くなりにくいというのも魅力です。

魅力2シンプルなデザインが多く、汎用性が抜群

シンプルなデザインが多く、汎用性が抜群

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ラコステ』のTシャツは、シンプルなデザインが多いのも特徴。なかでも鹿の子製は、おなじみのワニマークワッペンを施しただけのモデルが大半。そのため、着心地と汎用性を重視する人には、まさにうってつけです。また、クルーネックからヘンリーネックまで、ネックデザインの種類が豊富なのもうれしいポイント。

『ラコステ』で1枚目に狙うべきは、やっぱり鹿の子Tシャツ

鹿の子素材のTシャツであれば、快適な着心地に加え、使い勝手の良いデザインで、幅広いコーディネートに活躍すること必至です。夏を乗り切るために複数枚備えておきたくなるはず!

アイテム1クルーネックTシャツ

クルーネックTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

胸にワニマークをあしらったシンプルなデザイン。クルーネックのつまり具合も絶妙で、スマートに着こなすことが可能です。ジーンズと合わせてネイビー系のワントーンに仕上げるも良し、クリース入りのパンツできれいめに仕上げるも良し。着こなしを選ばないのでとても頼りになります。

アイテム2ボーダーTシャツ

ボーダーTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

夏のワードローブに取り入れたいボーターTシャツも『ラコステ』で! ピッチ幅の細いボーダーは、子供っぽく見えることなく大人らしく取り入れやすいデザインです。涼しい素材に加え、清涼感のある配色もポイントで、着心地も見た目も爽やかなコーディネートが可能です。

アイテム3ヘンリーネックTシャツ

ヘンリーネックTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ヘンリーネックということに加え、注目すべきはワニマーク。グリーンが定番ですが、本モデルはボディと同色で仕上げられています。1枚で着るのはもちろん、快適な着心地を備えているのでジャケットのインナーとしても活躍します。

アイテム4ポケットTシャツ

ポケットTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

胸元にポケットがあしらわれたデザインは、ワニマークだけでは物足りない方におすすめ。肉厚なコットンを採用した1枚はガシガシ着られてヘビロテ必至です。鹿の子編みによるサラリとした肌触りも見逃せません。

アイテム5『シップス』別注 ヘンリーネック Tシャツ

『シップス』別注 ヘンリーネック Tシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

定番のワニマークを爽やかな青ワニにアレンジして『シップス』が別注。ベースは白×ネイビーで構成されたボーダー柄ですが、青ワニが絶妙なアクセントになっています。ヘンリーネックのデザインや青ワニ付きの商品タグも別注ならでは。ボディはもちろん鹿の子素材なのでドライタッチの着心地が味わえます。

人と差をつけるなら、こんなデザインもおすすめ!

鹿の子素材以外にも、同ブランドらしい遊び心あるプリントデザインや、ニットやパイルなどの素材モノも豊富に揃います。なかでも人と差が付く4点をピックアップしました。

アイテム13DロゴプリントTシャツ

3DロゴプリントTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドアイコンのワニマークを3Dグラフィックで大胆に配置。シンプルなクルーネックデザインに、絶大な存在感とユーモアを演出しています。このTシャツを着こなしの主役に据えるすべく、ベーシックなボトムスでコーディネートするのがベターな選択。

アイテム22パターンボーダーTシャツ

2パターンボーダーTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ソフトな風合いとドライな肌触りを併せ持つピマコットンジャージー素材を使用しているため、汗ばむ季節でも快適な着用感。異なる色で構成された2パターンのトリプルカラーのボーダー柄が、どこかレトロな雰囲気を醸し出します。

アイテム3ニットTシャツ

ニットTシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ドライタッチなサマーニット素材で大人顔にアレンジした1枚。大胆な配色で構成されたパネルボーダーも印象的で、上品な風合いながらもコーディネートに絶大なインパクトを与えてくれます。適度なリラックス感あるフィットも特徴的。

アイテム4『ビーミング by ビームス』別注 パイル ビッグ Tシャツ

『ビーミング by ビームス』別注 パイル ビッグ Tシャツ

Rakuten BRAND AVENUE MenRakuten BRAND AVENUE Men

お気に入り追加

毎シーズン人気のワニワッペン付きのTシャツを、『ビーミング by ビームス』がリラックス感あるパイル素材にアレンジ。肉厚なパイル地は伸縮性があって着心地抜群です。ゆったりとした身幅でストリートライクな雰囲気に仕上げている点もポイント。

大人も愛用。『ラコステ』のTシャツを取り入れたコーデ例

『ラコステ』のTシャツは、着回し力に優れ、使い勝手が良いところも支持されている要因。それを証明するべく、おしゃれな大人たちの着こなし例を紹介します。

コーデ1白×ネイビーで構成した爽やかな夏コーデ

白×ネイビーで構成した爽やかな夏コーデ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルな鹿の子のクルーネックTにネイビーのきれいめパンツをスタイリング。着こなし自体はシンプルですが、爽やかな色合わせによって洗練された雰囲気を放ちます。ニットキャップもスニーカーも、コーデと色をリンクさせているのがGOOD。

コーデ2鹿の子の表情ある風合いが決め手のネイビーワントーン

鹿の子の表情ある風合いが決め手のネイビーワントーン

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ネイビーのワントーンコーデは大人の定番ですが、凹凸感ある鹿の子のTシャツをセレクトすることで着こなしに奥行きが生まれます。スニーカーとソックスは白をセレクトし、爽やかさを倍増させているのも見逃せないポイント。

コーデ3コントラストある配色でレイヤード感を強調

コントラストある配色でレイヤード感を強調

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

昼間と夜の寒暖差があるときにおすすめしたいのが、Tシャツとカラーコントラストあるパーカーとのレイヤードスタイル。ジーンズではなく、あえてスラックスタイプのきれいめパンツを合わせ、大人っぽいカジュアルコーデに仕上げているのもお見事です。

コーデ4オンにもオフにも使えるセットアップコーデ

オンにもオフにも使えるセットアップコーデ

WEARWEAR

お気に入り追加

シンプルなクルーネックTをセットアップのインナーにセレクトし、オンにもオフにも対応する着こなしに。シンプルに徹しているのもポイントで、爽やかなカラーリングが引き立っています。足元は白スニーカーが好相性。

ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ポロシャツの定番ブランド『ラコステ』。誰でも着られるシンプルさとデザインの豊富さが魅力です。なかでも支持率が高い「L1212」、その特徴とスタイリングを解説します。

モチヅキ アヤノ

ラコステのメンズスニーカー、おすすめとコーデを紹介

ラコステのメンズスニーカー、おすすめとコーデを紹介

『ラコステ』といえばポロシャツですが、メンズスニーカーもおすすめ。シンプルで汎用性が高く、履きやすい。そんな『ラコステ』のスニーカーをコーデとともに紹介します。

TASCLAP編集部

雑誌やカタログ、webなどを中心に活動中。ファッション・旅・酒をこよなく愛し、年に2回はすべての欲求を満たすために海外へ。ストレス発散のため週一のヨガは欠かせない。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    スウェットシャツは秋の王道ウェア。とはいえ、シーズンごとにおしゃれな着こなし方は変化します。2019年はスウェットシャツをどう着こなすべきか、探ってみました。

    平 格彦

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

    TASCLAP編集部

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    人気継続のMA-1や、ここにきて注目度が上昇しているN-3Bやムートンジャケットなど、何かと盛り上がりを見せるボンバージャケット。その魅力を改めて押さえておきましょう。

    那珂川廣太

    インナーダウン専業ブランド、タイオンが気になる!その魅力とアイテム一覧

    インナーダウン専業ブランド、タイオンが気になる!その魅力とアイテム一覧

    ダウンの新定番ブランドとして注目されている『タイオン(TAION)』。多くのセレクトショップで取り扱われる人気モノですが、そこには知って納得の理由があるんです。

    山崎 サトシ

    今、狙い目。オーバーサイズのニットでコーデの幅が一気に広がる

    今、狙い目。オーバーサイズのニットでコーデの幅が一気に広がる

    今っぽいリラックス感と大人らしい品格を備えたコーディネートが簡単に構築できるオーバーサイズのニット。選び方から着こなしテク、おすすめアイテムまで徹底解説します!

    平 格彦

    BACK