1年を通して活躍する、ソフトシェルをゲットせよ!

1年を通して活躍する、ソフトシェルをゲットせよ!

登山やアウトドアウェアのアウターを「シェル」と呼びますが、中でも、1年を通して快適に着られるソフトシェルが、街でも着られると人気を呼んでいます。

CANADA

2015.06.23

アウトドアファッション

そもそも、ソフトシェルとは?

ゴアテックスなどの防水透湿性素材を用いたアウターをハードシェルと呼ぶのに対して、完全防水や完全防風ではないが、透湿性やストレッチ性などの快適性に重きを置いたアウターをソフトシェルと呼びます。

街着として着るポイントは?

ビビッドカラーのアウターが多いアウトドアウェアの中で、大人の男性が街で着るならブラックやグレー、ネイビーなどの落ち着いたカラーリングのものがおすすめ。街でも悪目立ちせず、スタイリッシュに着こなせます。

厳選! 街着にも最適なソフトシェル

Item1『ザ・ノース・フェイス』のシャープエンドブレザー

ハイベントR3層構造素材を使用した防水透湿シェルジャケット。タウンスタイルを取り入れたデザインに高い機能を持たせることで、日常的な使い方はもちろん、旅を楽しむロングトレイルなどのシーンに適した1着。

Item2『ザ・ノース・フェイス』のノベルティーグローブトレッカージャケット

落ち着いた雰囲気を基調に、防風性や軽さなど、行動を快適にするスペックを搭載したジャケット。ヴィンテージ調のシワ感のある素材を用いているため、ラフな着こなしでもコーディネートしやすい仕上がりになっています。収納式のフード付き。

Item3『ザ・ノース・フェイス』のグローブトレッカーベスト

上で紹介したジャケットのベストver.。ジャケットと同様に、付属のスタッフサックに入れて旅行などに容易に携行できます。収納式のフード付き。

Item4『ヘリーハンセン』のウィンドコーチジャケット

撥水加工を施した1枚仕立てのコーチジャケット。フロントは白い金属ドットボタンを使い、マリンテイストな表情を作っています。季節や場所を問わず軽く羽織れるベーシックなアイテムで、きれいめなコーデとも相性バツグンです。

Item5『ヘリーハンセン』のヴァーレベスト

冷たい風から体温を守りながらアクティブに動く状況下でも快適さが続く軽量なシェルベスト。日常のコーディネートにも使いやすい落ち着いた色合いのカラーバリエーションがあり、コットンライクな風合いに仕上がっています。

Item6『ホグロフス』のGECKO LITE HOOD

撥水性があり磨耗に強い4方向ストレッチ素材を使用し、やわらかなニットの裏地がさらさら感をキープ。生地は一見ゴワゴワしそうに見えるが、ストレッチが利いているため、とてもやわらかな着心地です。

Item7『アークテリクス』のEPSILON LT HOODY

耐摩耗性に優れた『アークテリクス』のソフトシェルジャケット。ポリステルグリッドフリースを採用しており、軽量で保温性に優れ、悪天候時に高いプロテクションを発揮します。ミッドレイヤーとしての使用用途にも適しているので、3シーズン活躍することができます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    手も空いて機能的な反面少し子供っぽさもあるリュックですが、レザー製を選べば大人の日常着ともマッチ。TASCLAP世代に似合う上質な革リュックをレコメンドします。

    山崎 サトシ

    スノーボードウェアだけにあらず。街で着るバートン

    スノーボードウェアだけにあらず。街で着るバートン

    スノーボード業界で人気を誇る『バートン』。ギアからアパレルまで展開する同ブランドですが、今アウターやリュックなどタウン使いできるアイテムも注目されています。

    近間 恭子

    七つの海を渡るがごとく。逸品が集う名店ナナミカに行こう

    七つの海を渡るがごとく。逸品が集う名店ナナミカに行こう

    目の肥えた高感度な大人たちが多く集まる、代官山の人気ショップ「ナナミカ」。アウトドアでも街でも使えるアイテムを多く展開する同店は、今のトレンドにも似合います。

    山崎 サトシ

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    BACK