ディーゼルのジーンズ傑作選。定番のジョグジーンズから新作ジョグツイルまで

『ディーゼル』のジーンズはアメリカに心酔してきた大人たちの信頼を勝ち取ってきた。目利きである彼らの心をつかんで離さない魅力と、ブランドが誇る名作を掘り下げる。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2019.06.06

『ディーゼル』のジーンズ、その特徴とは?

『ディーゼル』のジーンズ、その特徴とは?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

かつては、ジーンズと聞けば大半の人はアメリカのそれを思い浮かべていたに違いない。ただ、今はそこにヨーロッパという選択肢が加わった。その一翼を担ったのはイタリア発の『ディーゼル』といっても差し支えないだろう。1978年に創設者のレンツォ・ロッソにより誕生したプレミアムカジュアルブランド。現在は、ライフスタイルをトータルでサポートする世界的ブランドに成長している。その中軸を担うのは、紛れもなくジーンズであり、イタリアらしい質実な作りとスタイリッシュな雰囲気をジーンズにもたらした『ディーゼル』の功績は大きい。

『ディーゼル』のジーンズ、その特徴とは? 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワークウェアに端を発するアイテムだけに、男臭さやラフに纏える気軽さ、独特な色落ちは魅力的に映る。そこへ『ディーゼル』は、卓越した加工技術を駆使してデザイン性を落とし込んだ。ファッションと密接な関係を築く現状を踏まえると、固定概念に縛られない『ディーゼル』のアプローチがいかに理に叶っていたかがわかる。

『ディーゼル』のジーンズ、その特徴とは? 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ファッションとしての価値を高めることは、ジーンズが備えていたポテンシャルを引き出すことにもつながった。その1つにシルエットが挙げられる。より脚を美しく見せるには、体型をフォローするには、個性を主張するには――。そうした多面的アプローチにより、シルエットの自由が生まれた。『ディーゼル』は、その旗頭として今も存在感を示している。

『ディーゼル』のジーンズといえばジョグジーンズ。押さえておきたい3銘柄

強度を実感するハリのある質感はジーンズの特徴だが、『ディーゼル』の人気アイテムであるジョグジーンズはその常識を覆した。ソフトな綿糸をデニム織りで仕上げた逸品は、見た目は本格派ジーンズだが、はいたときの感触はまさにスウェットパンツ。だからこそ細身ながらもリラックスしながらはける。リアルな加工デザインもまた大人のツボを絶妙につくのだ。では、何が大人にとってベターなのか。プッシュしたい3アイテムを抜粋した。

アイテム1

THOMMER

THOMMER

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スウェットシャツなどで使われる柔らかなコットンをデニムのように織り上げたジョグジーンズ。そのスリムフィットがこの「THOMMER」である。程良く効いたテーパードがスマートな見た目を描き、何年もはき続けたようなナチュラルなヒゲやアタリ、膝やモモ付近に入れられたダメージが豊かな表情を演出。パッチ部分のステッチやバックポケットの3Dイーグルに見る芸の細かさも楽しい。

アイテム2

KROOLEY

KROOLEY

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

腰回りに適度なゆとりを持たせ、ワタリ下から緩やかにテーパードさせたスリムキャロットシルエットの「KROOLEY」。抜群の伸縮性も手伝い、はきやすさはシリーズ随一と言っていいほど。サンドペーパーで色落ちさせた生地へ、さらにストーンウォッシュ加工を加えて清々しい青を表現。ヒゲの部分に適度な汚れを加えてリアル感をあおるオールドエフェクト加工も含め、それらがすべて手作業で行われているというのだから、もはや脱帽である。

アイテム3

D-Vider 0077S

D-Vider 0077S

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2019年の新デザイン「D-Vider」は、膝下から細くなるキャロットレッグシルエットがベース。ロークロッチのサルエル風なデザインが新鮮さを運び、脚の美しさを伝えるサイドのロングステッチがカジュアルシーンに多くの恩恵をもたらしてくれる。男らしく万能なブラックがまた、アナザージーンズとして心強い。

ジョグジーンズが進化。『ディーゼル』の新作・ジョグツイルも見逃せない

ジョグジーンズが進化。『ディーゼル』の新作・ジョグツイルも見逃せない

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ジョグジーンズの完成度も相当なものだが、さらにプロトタイプを製作しながら幾度となく試行錯誤を繰り返した末に生み出された“楽デニ”の完成系こそ、ジョグジーンズ ツイルだ。正確には、デニム“風”であるが、本格的な縫製の数々や美しいリアルな色の縦落ち、はいていくほどに浮き上がる立体的なシワ感やアタリはまさしくジーンズ。それでいて抜群の伸縮性を誇り、もっちりとした履き心地はクセになる。ジーンズを気持ちよくはきたい大人たちに福音をもたらす、格好のアイテムといえそうだ。

ファッションライターが選ぶ『ディーゼル』のジーンズ。手にしたいのは、この5本

ファッションとしてのジーンズが浸透したことでさまざまなスタイルが誕生。それにより、アイテム選びのバリエーションが格段に増えた。その俊作を現場で目の当たりにしてきたファッションライターが選ぶ、『ディーゼル』のこれぞ、な1本を厳選してお届けしよう。

アイテム1

BELTHER

BELTHER

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

脚をより長く、美しく見せる最短ルートとして、ナローテーパードの「BELTHER」は適任である。その洗練された趣はモダンでどこかモードな佇まい。適度に伸縮性があり、バックヨーク上から360度にカーブさせながら切り替えたパッチデザインにより、窮屈さも感じさせない。

アイテム2

MHARKY

MHARKY

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スリムフィットシルエットの「MHARKY」は、タイト過ぎない細身ゆえにもっとも好バンラスで万能な1本といえるかもしれない。また、トリートメントを加えたマイルドな色味の生地には、1970年代のニューヨークのパンクカルチャーからインスピレーションを受けたグラフィックが落とし込まれている。

アイテム3

SLEENKER

SLEENKER

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

「SLEENKER」は『ディーゼル』史上もっとも細いモデル。バックポケットの幅を従来のスキニージーンズのそれよりもすっきりさせることでシャープなシルエットをより強調。タイトな仕上げでも柔軟な生地によりストレスを感じることなくはける。アイスウォッシュの色味が夏にぴったりだ。

アイテム4

BUSTER

BUSTER

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ディーゼル』を象徴するモデルの1つに数えられるのがこちら。股上の深さを適度にとり、ワタリにゆとりを持たせたシルエットは、あらゆる体型をカバーしてくれる。ヴィンテージジーンズを意識したバックヨーク位置や裾のステッチ幅、さらにはフロントのアブレーション加工やウィスカー加工など、『ディーゼル』らしいテクニカルな意匠も秀逸。

アイテム5

LARKEE-BEEX

LARKEE-BEEX

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『ディーゼル』の王道モデルで知られる「LARKEE」をベースに、より現代的に仕上げたのが「LARKEE-BEEX」。股上やフィッティングはそのままに、膝下からテーパードをかけたことでさまざまな足元との相性を格段にアップ。爽快な色味と軽快な履き心地から今夏の主役に推したい。

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

ウェア・コーデ

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

2020.03.02

挑戦し続ける腕時計。ディーゼルウォッチのデザインに酔う

腕時計・ウォッチ

挑戦し続ける腕時計。ディーゼルウォッチのデザインに酔う

イタリアのプレミアムカジュアルブランド『ディーゼル』。その魅力を余すことなく投入した時計ラインに『ディーゼル ウォッチ』があります。大人に似合う一品を、厳選!

夏目 文寛

2019.06.16

これなら手が届く。ディーゼルの人気財布を種類別にレコメンド

バッグ・ファッション小物

これなら手が届く。ディーゼルの人気財布を種類別にレコメンド

革新的かつプレミアムなデザインで人気を博す『ディーゼル』。その入門アイテムとして推奨したいのが財布です。比較的お手頃な価格で、ブランドの世界観を堪能できます!

山崎 サトシ

2020.02.04

一度はいたらもう虜。スウェットデニムはジーンズの見た目ではき心地抜群

ウェア・コーデ

一度はいたらもう虜。スウェットデニムはジーンズの見た目ではき心地抜群

ジーンズとスウェットパンツのいいとこ取りをしたスウェットデニムが人気です。オールマイティに着回せて、はき心地抜群の優れモノ。おすすめ品を厳選してご紹介します!

平 格彦

2020.09.04

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND