履き心地抜群の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

履き心地抜群の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

山崎 サトシ

2019.06.11

キーン(KEEN)
スニーカー

「ユニーク」だけじゃない。『キーン』が誇る名作「ジャスパー」

「ユニーク」だけじゃない。『キーン』が誇る名作「ジャスパー」

mischiefmischief

お気に入り追加

米国発シューズブランド『キーン』といえば、2本のコードでアッパーを構成する革新的デザインで大ヒットとなったスポーツサンダル「ユニーク」の生みの親。TASCLAPでも度々取り上げてきた定番だけに、『キーン』=「ユニーク」という印象が強い方も多いかもしれません。しかし、名作はそれだけにあらず。2008年に誕生したロングセラーのアウトドアスニーカー「ジャスパー」も見逃せない名品です。クライミングシューズとコンフォートシューズ(足の健康や履きやすさに配慮した靴のこと)を融合した無二のデザインを特徴とし、高い機能性&個性的なルックスを兼備。街でも野遊びでも快適かつしゃれた足元を叶えてくれる優秀なモデルなんです!

魅力もサイズ感も解説。キーンのサンダル&シューズ完全ガイド

魅力もサイズ感も解説。キーンのサンダル&シューズ完全ガイド

『キーン』のサンダルやシューズの人気作を厳選。その魅力や着こなし方、気になるサイズ感など『キーン』について整理してご紹介する。

TASCLAP編集部

まさにユニーク。キーンのユニークシリーズから人気9モデルを厳選

まさにユニーク。キーンのユニークシリーズから人気9モデルを厳選

今や足元の定番として市民権を獲得した『キーン』の「ユニーク」。改めてその魅力を解剖するとともに、今すぐコーデに取り入れたい人気モデルをレコメンド!

山崎 サトシ

フィールドでも街でも「ジャスパー」。快適な着用感を叶える3つの理由

アウトドア用シューズとして誕生した「ジャスパー」ですが、街でも愛用者を多く見かけます。その理由はなんといっても履き心地が“雲上級”に快適だから。ここからは、極上の履き心地を実現する具体的なポイントを解説していきましょう。

ポイント1つま先までしっかりフィットする、クライミングシューズに根差した着用感

つま先までしっかりフィットする、クライミングシューズに根差した着用感

スニーカーでは珍しく、つま先ギリギリにまでシューレースが及んでいる「ジャスパー」。このレースシステムはクライミングシューズからヒントを得たモノで、足元にしっかりとしたホールド感を生み出してくれます。さらに、カラーリングの異なる替えひもが付属し、シーンやコーディネートに応じて変化をつけられるという点も見逃せません。

ポイント2“ノンマーキングラバー”のソールにより、悪路でも足取りは軽快

“ノンマーキングラバー”のソールにより、悪路でも足取りは軽快

耐摩耗性&グリップ性に優れたノンマーキングラバーを使ったアウトソールのおかげで、悪路でも足運びは実にスムーズ。ソールがやや柔らかく、かつ足首がホールドされていないローカット型なので本格的トレッキングなどには不向きですが、ちょっとしたアウトドアや日常使いにおいては十分な性能といえるでしょう。しかも、つま先までアウトソールが回り込む仕様で、ダメージを受けやすいトゥをがっちりガード。

ポイント3コンフォートシューズならでは。長く歩いても疲れにくく、蒸れにくい

コンフォートシューズならでは。長く歩いても疲れにくく、蒸れにくい

リサイクルポリウレタンにコルクを混ぜ込んだ取り外し式のフットベッドは、肉厚な作りでクッション性良好。だから、長時間歩き続けても疲れにくいんです。また、吸湿性に秀でたメッシュライニングも魅力の1つで、夏場に多い不快な汗蒸れを防止してくれます、この辺りからはコンフォートシューズの要素を色濃く感じさせます。

「ジャスパー」のサイズ感は、“少し大きめ”を選ぶのがポイント

「ジャスパー」のサイズ感は、“少し大きめ”を選ぶのがポイント

mischiefmischief

お気に入り追加

そして気になるのがサイズ感。「ジャスパー」はサイズ表記に対して着用感がややきつめで、公式サイトでは05.cmサイズアップすることを推奨しています。さらに余裕を持って1cmアップで選んでおけば、厚手のソックスを着用したときでも窮屈に感じることはないでしょう。とはいえ、足の形状は個人差が大きいので、きちんと試着をしてジャストなサイズ感を把握しておくのがベスト。

『キーン』の「ジャスパー」で押さえておくのはこの2種類

「ジャスパー」はバリエーションモデルの「ジャスパーロックスSP」も展開していて、どちらも負けず劣らずの人気っぷり。それぞれの特徴をここで紹介していくので、好みのタイプをチョイスしてみてください。もちろん、街でも山でも活躍してくれるのは2型共通です。

モデル1ジャスパー

ジャスパー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

今作のようなシンプルカラーから色鮮やかなモデルまで、幅広いカラーリングでラインアップされているのがうれしい「ジャスパー」。前述した通りの優秀機能に加えて、滑らかで質感の良いスエードアッパーも美点の1つです。履き込むほどに足の形に馴染んでいくことに加え、エイジングの表情も抜群です。

モデル2ジャスパー ロックスSP

ジャスパー ロックスSP

mischiefmischief

お気に入り追加

「ジャスパー」の次世代モデルとして誕生した「ジャスパーロックス」の、さらなる進化版に当たるのがこの「ジャスパー ロックスSP」。「ジャスパーロックス」で採用されたグリップ力抜群の新設計ソールユニットを引き継ぎつつ、シューレースをフィット感調節の容易なバンジーコードにチェンジすることで機能性向上を図っています。コーデのスパイスとなる大胆なカラーパレットも印象的!

武骨に見えて、コーデにハマる。「ジャスパー」の履きこなし方

ボリューム感のある風貌ゆえに、難度の高そうなイメージもある「ジャスパー」。しかし実際のところは、多彩なスタイルとすんなりマッチしてくれる頼れるオールラウンダーなんです。街行くファッショニスタたちも巧みにコーデの足元に落とし込んでいます。

着こなし1男らしい装いに「ジャスパー」のボリューム感がハマる!

男らしい装いに「ジャスパー」のボリューム感がハマる!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

トップスは褪せたデニムシャツ、ボトムスはミリタリーショーツと男らしさの香るアイテムでコーデをメイク。程良くボリュームのある「ジャスパー」は、こういった骨太感あるスタイリングにベストマッチします。ライン入りソックスとのコンビネーションで、ストリートテイストな足元に仕上げているのもカギです。

着こなし2アウトドアな雰囲気のコーデとは文句なしの好相性

アウトドアな雰囲気のコーデとは文句なしの好相性

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

フェスコーデを意識したアクティブなスタイルと機能的な「ジャスパー」は、まさに相思相愛の仲。コーデがシンプルだからこそ、その量感あるデザインが良いアイキャッチになってくれます。シューレースとバックパックのストラップを同じブルーで連動させるなど、こなれて見せる小ワザも参考にしたいところ。

着こなし3クリーンな着こなしのさりげないスパイスとして投入!

クリーンな着こなしのさりげないスパイスとして投入!

WEARWEAR

お気に入り追加

『セントジェームス』のボーダーバスクシャツを主役とした、クリーンなマリンスタイルがベース。その足元に「ジャスパー」を持ってきて、清々しい着こなしにアウトドアテイストを上手くMIXしています。存在感ある面持ちのスニーカーだからこそ、このコーデのようにハズし的に使うのもおすすめです。

着こなし4軽やかさの中に大人っぽさも内包するショートパンツコーデ

軽やかさの中に大人っぽさも内包するショートパンツコーデ

WEARWEAR

お気に入り追加

軽快さを簡単に打ち出せる一方で、着こなし次第では“少年”のように見えてしまう懸念もあるショートパンツスタイル。しかし、このコーデのように足元をブラックでピリッと引き締めればバランス良く仕上げることが可能です。アウトドア顔の「ジャスパー」ならラフなショートパンツとも親和性良好なので、サラッと合わせられます。

着こなし5街にもフィールドにも溶け込む夏のリラックスカジュアル

街にもフィールドにも溶け込む夏のリラックスカジュアル

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

無地のポケTに膝上丈のカモフラショーツ、そしてシューズは「ジャスパー」と、フットワーク軽く動き回れるアイテムを多用。街中でも外遊びでも違和感のないスタイルに帰結させました。足元のスニーカーとともに、『ザ・ノース・フェイス』のロゴトートも軽やかな印象を盛り上げるのに一役買っています。帽子と靴は青でリンクさせ、一体感も抜かりなく演出。

メンズファッション誌を中心に活動するライターで趣味はスタジャン&チェックシャツ収集という根っからのアメカジ好き。トレードマークのアフロヘアはすでに10年キープ中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    ブーツの名門『レッド・ウィング』のなかでも、「ベックマン・ブーツ」は代名詞的な存在。その魅力を改めて知ることで、相棒として長く付き合っていきましょう。

    山崎 サトシ

    カナダグースのジャスパーは悩めるダウン選びの模範解答

    カナダグースのジャスパーは悩めるダウン選びの模範解答

    圧倒的支持を得る『カナダグース』のダウン。特に人気のシリーズが「ジャスパー」です。魅力を深掘りしつつ、おしゃれなコーディネートサンプルも解説していきます。

    平 格彦

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    スウェットシャツは秋の王道ウェア。とはいえ、シーズンごとにおしゃれな着こなし方は変化します。2019年はスウェットシャツをどう着こなすべきか、探ってみました。

    平 格彦

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    人気継続のMA-1や、ここにきて注目度が上昇しているN-3Bやムートンジャケットなど、何かと盛り上がりを見せるボンバージャケット。その魅力を改めて押さえておきましょう。

    那珂川廣太

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    BACK