伸縮性に優れてシワにならない。ジャージージャケットがクールビズを楽しくする

伸縮性に優れてシワにならない。ジャージージャケットがクールビズを楽しくする

クールビズ期間中もジャケットが必要な場面はやってきます。そんなときに活躍するのがジャージージャケット。その魅力の解説から、着こなし法、おすすめ品までをご紹介!

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2021.05.12

クールビズにジャージージャケットが適役な理由

本来、ノータイ・ノージャケットでも許容されるのがクールビズ。ですが、プレゼンや商談といった“ここぞ”という場面ではやはりジャケットの存在が必須になってきます。とはいえ、ずっとジャケットを羽織っていてはせっかくのクールビズも形無しです。たいていの方が、取引先に到着するまでは手に持っていたり、カバンの中に忍ばせていたりすることでしょう。

クールビズにジャージージャケットが適役な理由

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

つまり、クールビズのジャケットを選ぶ際に最も重視すべきは、シワになりにくい素材であること。その代表格ともいえるのが、伸縮性の高い編み地で作られているジャージー素材のジャケットです。ジャージー素材はシワになりにくいだけでなく、通気性に優れているのも特徴。汗ばむ盛夏のビジネスシーンでも、ストレスのない快適な着心地が楽しめるのです。

ジャージージャケットを選ぶ際の2つのポイント

ジャージージャケットなら何でもいいのかというと、それはNG。最近はクールビズのドレスコードがゆるくなってきているとはいえ、カジュアルシーンで羽織るようなモノではせっかく襟を正した商談の場も台無しになってしまいます。ここでは最低限押さえておくべき選びのポイントを伝授します。

ポイント1

襟・ラペル・裾周りにヨレがない仕立ての良いモノを選ぶこと

襟・ラペル・裾周りにヨレがない仕立ての良いモノを選ぶこと

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クールビズ期間中にわざわざジャケットを羽織る必要がある“ここぞ”という勝負の場面。そんなときにジャケットのラペルや裾がめくれ上がっていたり、襟にシワが寄っていたりするようでは元も子もありません。生地が程良く肉厚で、縫製もきっちりと目の揃った仕立ての良いモノを選びたいところです。

また、一般的にはジャージージャケットには芯地などの補強材が入っていません。しかし、半毛芯や伸び防止用の接着テープなど、コンフォート性を損なわない程度の補強材なら有用です。

ポイント2

着用時の快適性を高めるために裏地なしを選ぶこと

着用時の快適性を高めるために裏地なしを選ぶこと

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

編み地であるため、通気性にも優れたジャージー素材。その快適さを存分に楽しむなら、最も汗をかきやすい背中部分に裏地がない仕様のモノをセレクトするのがベストでしょう。ジャージー素材ならではの伸縮性を存分に楽しむことができるのも、裏地なしの利点です。型崩れが心配……、という方なら、背面上部のみ裏地を設けた観音仕立てや半裏仕立てならほぼ同様の快適さを得ることができます。

カジュアルに見えがちなジャージージャケットを、品良く着こなすには

カジュアルに見えがちなジャージージャケットを、品良く着こなすには

WEAR

WEAR

お気に入り追加

芯地を使用していなかったり、生地に編み目が目立ったりする分、どうしても一般的なスーツのジャケットに比べるとカジュアルさが漂うのがジャージージャケット。清涼感を求めるクールビズにおいてはそれも利点ではありますが、より上品に着こなす際のコツも押さえておきましょう。

最も簡単なのは、タイドアップ。スーツの際に使用していたネクタイをそのまま流用できますが、せっかくのクールビズスタイルで首元が暑苦しく見えては本末転倒です。寒色やペールトーンなど涼感のある色を選ぶか、上のコーデのように編みのざっくりしたニットタイを合わせるとバランス良く仕上がります。

カジュアルに見えがちなジャージージャケットを、品良く着こなすには 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

やっぱり暑い時期にタイドアップはちょっと……、という方なら共地のベストはいかがでしょう。秋冬のように重厚に見えないようライトなカラーのツーピースを取り入れつつ、シューズや小物でグッと色を引き締めてあげれば快適さも品の良さも両取りできます。

クールビズを楽しくする。ジャージージャケットのおすすめ10選

ワードローブに1着あると確実に重宝するジャージージャケット。最後に、大人のクールビズシーンの要となるおすすめのモデルを厳選しました。着こなしによってはオン・オフともに活躍するので、ご自身のワードローブと見比べながらチェックしてみましょう。

アイテム1

『シップス』

『シップス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

繊維が長くて丈夫で通気性にも富んだラミー素材100%のジャージージャケットは、サラッとドライな着用感。それでいて光沢感も持ち合わせているので、ビジネスジャケットとしての見栄えを損なわないのも優秀です。自宅で手洗いできるのも見逃せない魅力。

アイテム2

『エストネーション』

『エストネーション』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オリジナルの高密度鹿の子ジャージー生地を使った1着。伸縮性があるのはもちろん、光沢感やハリコシもあり、快適な着心地と品のある見た目を両立できます。同素材のパンツも展開しているので、セットアップでのスタイリングもおすすめ。

アイテム3

『グリーンレーベルリラクシング』

『グリーンレーベルリラクシング』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コットンにペットボトルをリサイクルした「エコペット(R)」をブレンドした、地球環境に優やさいジャケットが登場。凹凸あるハニカム組織で仕上げているので見た目も軽やかで、さらにはジャージーならではの着心地の良さも存分に楽しむことができます。

アイテム4

『アバハウスグレイ』

『アバハウスグレイ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

なめらかな肌触りで軽いポンチ生地を使ったジャケットは、型崩れがしにくくシワにもなりにくいので普段のビジネスシーンに最適。ジャージーよりしっかりした生地で適度に光沢もあるのでカジュアルになりすぎず、Tシャツとのビジカジコーデも品よ良く上がるはずです。

アイテム5

『コムサイズム』

『コムサイズム』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フランスの大手生地メーカー、キャリーマン社のジャージ生地製。細くて丈夫なナイロン糸とレーヨンを一緒に編み立てているので、想像以上に柔らかな仕上がりになっています。さまざまな箇所に特殊ミシンでの縫製を取り入れ、美しいシルエットがキープできるのもグGOOD

アイテム6

『クラウデッドクローゼット』

『クラウデッドクローゼット』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

着まわし力を考えるとつい無地をセレクトしてしまいますが、ビジネススタイルをワンランク上に格上げするならチェック柄という選択肢もアリ。ボディと同系色のウインドウペーンなので悪目立ちせず、すっきり着こなすことができます。ストレッチ性とハリのある生地感を両立させた両面編みのポンチ生地を使用。

アイテム7

『ジョセフオム』

『ジョセフオム』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

軽くてシワになりにくく、ハイストレッチ性を備えた進化したジャージー素材で提案する「AIR SUITING」のジャケット。細番手の糸をハイゲージに編み上げたダブルジャージーを使い、優れたキックバック性がありながらサラッとしたタッチと肉薄の生地感を実現しています。

アイテム8

『ナノ・ユニバース』

『ナノ・ユニバース』

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

お気に入り追加

ハリのある生地感とシャープなシルエットがスタイリッシュな空気を運び込んでくれる2つ釦ジャケット。幅の細いナローラペルに設定することで、オンでもオフでも着回ししやすい仕上がりです。また、フロントと袖にはメタルボタンを採用し、しっかりとこだわり感も演出してくれるところもポイント。

アイテム9

『ブラックレーベル・クレストブリッジ』

『ブラックレーベル・クレストブリッジ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トリコットのなめらかな肌触りとシアサッカーの清涼感ある着心地を両得できるモデル。ジャージー生地ゆえにストレッチ性も高く、かつ裏地などを省いたアンコン仕立てなので、その快適な着心地をダイレクトに味わうことができます。自宅で手洗い可能なウォッシャブル対応。

アイテム10

『ジュンハシモト』

『ジュンハシモト』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ドレスコードが厳しくない会社なら、ぜひともおすすめしたいのがこちら。一見するとネイビー無地ですが、角度や光のあたり具合などによってカモフラ柄がお目見えするんです。全方位に伸縮する4WAYストレッチや胸ポケットの裏地がチーフになるなど、細部にもこだわりが満載。

家で洗えるの? 伸びてしまわない? ジャージージャケットの取り扱いについて

家で洗えるの? 伸びてしまわない? ジャージージャケットの取り扱いについて

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ジャージージャケットで心配なのが、着ていくうちに伸びてしまうか否か。実は編み地で作られているジャージーは伸びてしまうことがなく、型崩れもしにくいのです。それが影響しているからか、ジャージージャケットは家で洗えるものも多いんですよ。ただ、ジャージージャケット=洗濯機で洗えるわけではないので、品質表示を必ず確認すること。また、ジャージーは毛玉になりやすいという欠点もあるので、それを防ぐために静電気防止スプレーや静電気防止柔軟剤を使うのもおすすめです。

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ10選

ウェア・コーデ

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ10選

クールビズの装いにジャケットは不要? いえいえ、時にはジャケットを着用したビズスタイルも求められるはず。そんなシーンにぴったりのジャケットを詳しく解説します。

池田 やすゆき

2021.05.31

サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

ウェア・コーデ

サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

暑い日でも清涼感を与えられるサマージャケットは、春夏シーズンのマストバイ。選び方や着こなしのポイント、コーディネートの好サンプルまで幅広く解説します。

TASCLAP編集部

2020.07.08

クールビズ用のスーツは機能素材で快適に。汗ばむ季節を乗り切るおすすめ8選

ウェア・コーデ

クールビズ用のスーツは機能素材で快適に。汗ばむ季節を乗り切るおすすめ8選

クールビズの時期でもスーツを着用する場面はあるものの、いつもと同じでは正直辛い……。機能素材を採用したスーツなら、夏でも快適に着られてストレスとは無縁です。

近間 恭子

2020.06.04

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

2021年のダイバーズは“色挿し”が鍵。ティソの名作シースターを、この夏どう着けこなす?

シンプルな夏スタイルと好相性なダイバーズウォッチ。同ジャンルをより効果的に着こなしに取り入れたいなら、今年はこんな “色挿し”はいかがでしょうか?

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

セラミックスのツヤに見惚れる。今考え得る、国産クォーツウォッチの最高峰

『グランドセイコー』から登場するセイコー140周年の記念モデルは、高機能なクォーツGMT。ブランドの未来を指し示す、最上クラスの国産クォーツウォッチが誕生です。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

青と白の共演。セイコー140周年記念限定モデルは、未来を示す光となるか

140年にわたる『セイコー』の歴史を祝し、続々と限定モデルがリリースされている今年。第2弾より、白と青をテーマにした爽やかなカラーリングの5モデルをご紹介します。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

高級腕時計ファンに捧ぐ。Apple Watchをハイエンドに導く、ただ1つの方法

機能的なApple Watchに惹かれつつも、見た目のガジェット感の強さから敬遠しがち……。そんな悩める高級腕時計好愛好家に、ハイエンド化の奥の手をお届けしましょう。

SPONSORED by プリンチペプリヴェ

続きを読む

“本物”を求める大人たちへ。今必要なのは、歴史に裏打ちされたダイバーズの名品だ

夏を目前に控え、今年も高まりつつあるダイバーズウォッチ熱。いい大人がどんな1本を選ぶべきかに焦点を当て、最適かつ最良のモデルを割り出していきます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

夏を快適に乗り切るために。“暑さ・汗・臭い”に打ち勝つTシャツを手に入れよ!

暑さ、汗、臭い。これからの時期、男たちにとって乗り越えるべき障害は少なくない。だからこそ『ナノ・ユニバース』の三本の矢ならぬ3種のTシャツが何かと心強い!

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事