安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

山崎 サトシ

2019.07.08

ワークマン(WORKMAN)
ブランドまとめ

まだ買ってないの? 「ワークマン」のアイテムをワードローブに加えよう

まだ買ってないの? 「ワークマン」のアイテムをワードローブに加えよう

全国で800店舗以上を構え、主に作業服・安全靴をプロの職人に向けて展開する衣料品チェーン店「ワークマン」。いわゆる“ガテン系”の人たちに向けたショップですが、一昨年ごろからSNSをきっかけにカジュアルシーンでも大きな注目を浴びています。“ワークマン女子”なるワードが生まれるなど、本来は作業服からは縁遠い女性の間でも大きなブームに! 安さ・機能・トレンドが揃っている合理的な「ワークマン」のアイテムは、我々TASCLAP世代にとっても強い味方となる存在です。

「ワークマン」と「ワークマンプラス」、どっちのショップも見るけど何が違うの?

「ワークマン」と「ワークマンプラス」、どっちのショップも見るけど何が違うの?

既存店の「ワークマン」に加えて、2018年9月からは新業態の「ワークマン プラス」も展開しており、両者の違いがよくわからないという人もいるかもしれません。簡単に説明すると「ワークマン プラス」はワーカーではなく一般客をターゲットにしたショップ。作業用品は置かず、アウトドア&スポーツ用の高機能ウェアを中心としたラインアップとなっています。ただ、業態こそ異なるものの「ワークマン プラス」専用で販売している商品はないため、既存店でも同じ商品を購入可能。「ワークマン」しか近くにない、という人もご安心を。

ファッション玄人にも受け入れられている3つの理由

ここからは、作業用品の専門ショップである「ワークマン」が、カジュアルファッションシーンに浸透した理由を深掘り。ここまで男女問わず支持を集めているのには、ちゃんとしたワケがあるんです。

理由1まさに現場主義の賜物。機能的な素材をふんだんに使った快適な着用感

まさに現場主義の賜物。機能的な素材をふんだんに使った快適な着用感

過酷な環境で働くプロのワーカーから絶大な信頼を得ているショップ「ワークマン」。現場での体験をフィードバックした同社のプロダクトは、良心的なプライスに見合わぬ圧倒的な機能性を誇ります。中でも有名なアイテムの1つが、厨房用の靴として開発された「CB400ファイングリップシューズ」。これが“絶対に滑らない靴”としてSNS上で話題となり一時は枯渇状態になりました。また、自社のプライベートブランドである『イージス』のレインスーツも、SNSや動画サイトでのレビューをきっかけにバイカーたちの間で大ヒットに。このように「ワークマン」の機能的アイテムは、インターネットをきっかけにして広く認知されるケースが少なくありません。

理由2程良くスポーティ。昨今のトレンドに見合ったアクティブなルックス

程良くスポーティ。昨今のトレンドに見合ったアクティブなルックス

安全性に配慮した鮮やかなカラーや、夜間でも視認しやすいリフレクターテープ、そして通気性を確保するメッシュ素材など。「ワークマン」のアイテムで見られるそれらの実用本位なディテールは、スポーツMIXやアウトドアMIXといった今っぽいアクティブなコーデとマッチします。つまりトレンド的な観点でも、「ワークマン」のアイテムは有効というワケです。ファッショニスタにとっては、この旬感の高さも大きなファクターとなっています。

理由3やっぱりこれが1番。良い意味でミスマッチな価格設定

やっぱりこれが1番。良い意味でミスマッチな価格設定

そしてやはりメリットとしてハズせないのが、大量生産と企業努力によって実現したリーズナブルなプライス。本格的なスポーツ&アウトドアブランドに近いスペックを備えながら、価格はほかのワークウェアブランドと比べても1/2~1/3程度という商品が数多くスタンバイしています。気軽に旬で高機能なアイテムに挑戦できるというのは我々にとってありがたい限り。ちなみに「ワークマン」&「ワークマン プラス」の路面店は基本的に7時オープンなので、出勤前に立ち寄って買い物することも可。この立ち寄りやすさもユーザーにとってはうれしいところです。

実はタイトめ。「ワークマン」ブランドはサイズ感に注意

実はタイトめ。「ワークマン」ブランドはサイズ感に注意

「ワークマン」で展開されているウェアを購入する際に、とりわけ注意したいのがサイズ感。アイテムにもよりますが、実はタイトめに作られているものが多いんです。そのため、普段よりワンサイズアップで選ぶのが基本。モノによっては5Lまで展開されるなど、サイズのバリエーションは非常に豊富なのできちんと試着すれば自分に合ったサイズが必ず見つかります。

これならおしゃれに装える。「ワークマン」から厳選したおすすめ10アイテム

「ワークマン」が取り扱うアイテムの中でも、今季らしいスポーツ&アウトドアスタイルと相性の良いモデルを厳選してセレクト。どれも今どき感あるルックスと頼もしい機能を両得しています。気軽に手に取れる価格もうれしく、ヘビロテアイテムの仲間入りをしてくれること請け合いです。

アイテム156301 アイトス ディアプレックス全天候型ジャケット

56301 アイトス ディアプレックス全天候型ジャケット

防水透湿性を持つ3レイヤー素材「ディアプレックス」を使用した、全天候対応可能なアウトドアジャケット。耐水圧30,000mm・透湿度16,000g/m2/24hと、本格ブランドさながらのスペックを備えています。夏は蒸れを逃がし、冬は結露の発生を抑えるためロングシーズン使えるというストロングポイントも。シンプルなデザインで着回しが利くので、1着持っておいて損はありません。

アイテム2『フィールドコア』R007A エアシェルジャケット

『フィールドコア』R007A エアシェルジャケット

アウトドアテイストを特徴とする「ワークマン」のプライベートブランド『フィールドコア』より。こちらのシェルジャケットは約170g(Lサイズ)というTシャツとほぼ同程度の重さで、羽織っているのを忘れるかのような軽い着心地を体験できます。携行しやすいポケッタブル仕様や、ちょっとした雨ならば苦にならない撥水加工も大きな魅力に。

アイテム3『フィールドコア』CV002B DRYメッシュベスト

『フィールドコア』CV002B DRYメッシュベスト

ストレッチポリエステル素材を使った運動性に優れるワークベストは、トレンドのアウトドアMIXコーデに映えるアイテム。しかも、薄手なのでレイヤードしても着膨れとは縁遠く、さまざまなスタイルに落とし込めます。取り入れやすい無地から旬度の高いハンティングカモ柄まで、デザインの幅が広い点も◎。

アイテム4『イージス』R013 2.5レイヤーハードシェルジャケット

『イージス』R013 2.5レイヤーハードシェルジャケット

主にフィッシャーやバイク乗りに向けて、低価格かつ高機能なアイテムを展開するプライベートブランドが『イージス』。このシェルジャケットは撥水生地に防水ラミネート&凹凸プリントを施した2.5レイヤーボディで、過酷なフィールドシーンでも快適に過ごせます。耐水性に優れたYKKビスロンファスナーを採用するなどディテールも妥協なし。すっきり着こなせるスリムフィットも高評価です。

アイテム5MS2113 ボンマックス 10オンス フルジップパーカー

MS2113 ボンマックス 10オンス フルジップパーカー

多彩なカラバリがラインアップされているジップパーカーは「ワークマン」の大定番。10オンスの裏起毛スウェットボディはソフトな風合いと張り感を両立していて、心地良い着用感を描出します。コットンにポリエステルをMIXして、耐久性を高めているのもポイント。部屋着~カジュアルまで、多彩なシチュエーションで活躍してくれます。

アイテム61250 衿が立つ 長袖ポロシャツ

1250 衿が立つ 長袖ポロシャツ

「ワークマン」屈指の売れ筋である“襟が立つ”シリーズより、ロングスリーブのポロシャツ。襟が美しく立つ理由は、中に形態安定ワイヤーを通しているから。さらに、この2019年モデルではワイヤーの強度が一層高められています。ポロシャツのデザイン自体はいたってベーシックなため、着回し力も申し分ありません。素材に強度に富むコットン×ポリエステルをチョイス。

アイテム7『フィールドコア』1261 汚れが落ちやすい耐久撥水半袖ポロシャツ

『フィールドコア』1261 汚れが落ちやすい耐久撥水半袖ポロシャツ

某テレビ番組でも紹介され、爆発的なヒット商品となった今作。醤油・ケチャップ・ソースといった跡が残りやすい水溶性汚れが付着しても、洗濯機で簡単に落とすことができる優れモノです。しかも、速乾通気性にも秀でているので、蒸し暑い夏の着こなしにもうってつけ! 動きやすさに配慮して、裾にはスリットが配されています。

アイテム8WM3106ピケストレッチカーゴパンツ

WM3106ピケストレッチカーゴパンツ

年間15万本もの販売実績を誇る鉄板アイテム。ダメージに強い厚手で丈夫なコットンピケ素材を駆使した1本なので、ガーデニングやアウトドアに最適です。また、ポリウレタン糸をブレンドして適度なストレッチ性を持たせることに成功。屈伸時の生地の突っ張りを軽減するため、股下・膝は立体構造となっています。

アイテム9『フィールドコア』CS001C エアロ ストレッチ カーゴパンツ

『フィールドコア』CS001C エアロ ストレッチ カーゴパンツ

超軽量な作りで人気を博す“エアロ ストレッチ”シリーズの逸品。Lサイズで約240gと驚くべき軽さを誇るうえ、立体裁断となっているのではきやすさは折り紙付きです。ほっそりとしたシルエットのモデルですが、伸縮素材なので締め付けられる感じもありません。なお、この今季モデルよりポケットタブル機能も追加されており、ヒップポケットに自己収納が可能となっています。

アイテム10『ファインドアウト』SG800 ファイングリップフィジカル

『ファインドアウト』SG800 ファイングリップフィジカル

「ワークマン」のスポーツブランドとして発足された『ファインドアウト』から発信されるこのスニーカーは、前述の滑らない厨房靴で培われたノウハウを投影。アウトソールは悪路でもスリップしない耐滑仕様で、かかとには視認性を高める反射材を搭載。抜群のクッション性も自慢の1つで、長時間履き続けても疲れません。シューレースがなく脱着しやすいのも利点!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

    山崎 サトシ

    お値段以上! “安いのに使える”スーツ選びのコツとおすすめ8ブランド

    お値段以上! “安いのに使える”スーツ選びのコツとおすすめ8ブランド

    価格が安い=質が悪いというのは今や昔。最近は低価格でも見た目や着心地の良いスーツが増えています。ここでは失敗しない選び方のポイントやおすすめブランドをご紹介。

    近間 恭子

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    ワイルドで男前なレザージャケット。ハードな印象が強いですが、大人ならスマートに着こなしたいところ。ここでは、コーデのポイントとおすすめブランドを紹介します。

    Goto

    アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

    アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

    アウトドア界の最高峰に位置する『アークテリクス』のマウンテンパーカー。外遊びだけでなく街着としてもフル活用できる万能選手について掘り下げます。

    山崎 サトシ

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    時代が変われど“ネルシャツ=定番”という方程式は不変。とはいえ、昔ながらのアイテムゆえに野暮ったさはつきもの。そう見せないための選び方を知っておきましょう。

    山崎 サトシ

    BACK