全力で楽しむために。フェス用バッグは用途に合わせて揃えたい

全力で楽しむために。フェス用バッグは用途に合わせて揃えたい

7月~9月にかけては野外フェスのハイシーズン。思い切りエンジョイするために、バッグ選びはかなり重要です。フェスを最高に楽しむためのバッグについて、まとめました。

山崎 サトシ

2019.07.12

バッグ
バックパック・リュック
サコッシュ
ボディバッグ・ウエストポーチ
メッセンジャーバッグ
ショルダーバッグ
アウトドアファッション

機動力に直結。夏フェスの快適さはバッグで変わる

機動力に直結。夏フェスの快適さはバッグで変わる

いよいよ季節も夏本番ですが、それとともにハイシーズンを迎えるのが野外フェス。2019年では、例えば有名どころだと苗場スキー場で開催される「フジロック」は7月26日(金)~28日(日)。関東のZOZOマリンスタジアム/幕張メッセ、関西の舞洲SONIC PARKで同時開催される「サマーソニック」は8月16日(金)~18日(日)に行われます。それらを筆頭に、メジャーな野外フェスは7~9月に開催が集中。まさに夏はフェスを楽しむのに最高のシーズンなんです。

機動力に直結。夏フェスの快適さはバッグで変わる 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

音楽イベントとはいえ、野外フェスはあくまでアウトドア。思わぬ悪天候やトラブルに見舞われる可能性も考慮してバッグを選びたいところです。キャンプサイトやホテルに宿泊するのか、日帰りなのかでサイズ感は変わりますが、いずれにせよ“機能性”は外せない要素。スペックの高いバッグがあることで、フェスをより快適に過ごすことが可能になります。

全バッグ共通。チェックしておきたい二大ポイント

まずは、フェス用のバッグを選ぶにあたって押さえておきたいポイントをチェック。どちらも夏フェスをスムーズに過ごすために欠かせない要素となるので、フェスバッグ購入の際は必ずチェックを。

ポイント1ゲリラ豪雨でも心配なし。耐水素材のバッグで中の荷物も濡れ知らず

ゲリラ豪雨でも心配なし。耐水素材のバッグで中の荷物も濡れ知らず

大自然の中で行われることが多い野外フェスは、ゲリラ豪雨がある意味お約束。天気予報上では快晴であっても、山や海の天気は曖昧なものなので突発的な雨に襲われることも少なくありません。そんな場合でも、耐水素材が使われたバッグを持って行けば財布やスマートフォンといった大事な荷物をしっかりと守れて安心です。

雨の日でも安心。防水機能が高すぎるリュック一覧

雨の日でも安心。防水機能が高すぎるリュック一覧

リュックは両手が自由になる半面、背面が無防備ゆえに雨の日は荷物までぬれてしまうことも……。そんな事態を避けるなら、防水機能を備えたリュックが最強です!

近間 恭子

ポイント2軽ければ軽いほど良いのが、フェス用バッグ

軽ければ軽いほど良いのが、フェス用バッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

野外フェスに繰り出すときのバッグはやはり軽いモノが理想的! 重たいバッグを持って行って、ライブ参戦する前に疲れてしまっては元も子もありません。現地でフットワーク軽く動き回るためにも、軽さは非常に重要なファクターといえるでしょう。もちろん、耐久性もきちんと考慮しつつ選ぶのがベター。

サイズは最重要。用途に合わせて使い分けるべし

続いてフォーカスするのはサイズ感。一言で夏フェスといっても、日帰り・1泊・全日程参加と楽しみ方はさまざまです。それによって、必要なバッグサイズも異なってきます。参加スタイルに応じたベストなバッグをここでレクチャー!

日帰りなら会場での自由度を重視して、サイズを抑えたサコッシュかミニショルダーを

会場での自由度を重視して、サイズを抑えたサコッシュかミニショルダーを

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

「サマーソニック」などのアクセスの良い都市型フェスならば、電車でサクッと日帰り参戦、という人も多いでしょう。そんな場合、持ち物はチケット・財布・スマホ・ペットボトルといった最小限のモノだけで十分なので、サコッシュやミニショルダーなどの小型バッグを推奨。激混みするクロークやコインロッカーを利用せず、身に着けたままライブに参加できるのも強みです。

サコッシュ人気継続中。厳選18ブランドをレコメンド!

サコッシュ人気継続中。厳選18ブランドをレコメンド!

一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すれば良いのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

編集ナス

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

TASCLAP編集部

1泊以上するなら着替えとグッズが楽々入るデイパック1つと、サブバッグのセットがおすすめ

着替えとグッズが楽々入るデイパック1つと、サブバッグのセットがおすすめ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

1泊以上の泊まりがけの参加ともなれば着替えやちょっとした日用品が必要になってくるので、ある程度の容量を確保できるデイパックがGOODです。また、フェス会場を身軽に動くために、サコッシュやパッカブルバッグなどの手回り品用のバッグもサブとしてセットで持って行くと◎。シーンに応じて、両者を上手に使い分けるようにしましょう。

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

TASCLAP編集部

金・土・日と全日程参加するならがっつり楽しむフェスラバーは、大容量のガチスペックのリュックで

がっつり楽しむフェスラバーは、大容量のガチスペックのリュックで

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

大規模な野外フェスになってくると、金・土・日の3日間で開催されることも。その全日程に参加するともなれば、容量に余裕のある大型リュックで向かうのが正解! 全日程に参加するほどのフェスラバーは現地の物販でグッズを買い込むことも多いでしょうが、その場合でも大容量なら安心です。もちろん、リュックの中にサブバッグをスタンバイさせるのをお忘れなく。

本格派のあなたに。おしゃれだけど機能で選んだアウトドアリュック

本格派のあなたに。おしゃれだけど機能で選んだアウトドアリュック

バッグを選ぶうえでデザイン性は気にすべき要素。それでもなお、利便性に重きを置いた本格派志向の大人は多いはず。手にするなら、やはりアウトドア出自の逸品が重宝する。

菊地 亮

サイズ別にピックアップ。大人が選びたい12のバッグ

最後はサイズ別でフェス使いにおすすめのバッグをピックアップ。どれも優れたポテンシャルを誇り、現場での快適さをサポートしてくれます。街で着用して違和感のないデザインばかりなので、普段使いもOK!

▼サブバッグとしても重宝する、サコッシュ&ミニショルダー6選

日帰りのときは身軽なメインバッグとなり、泊まりでフェス参戦する際には便利なサブバッグとして活躍するサコッシュ&ミニショルダー。アクセ感覚のサイズ感なので、日常着とも親和性が高いアイテムです。

アイテム1『スタンダードサプライ』ウィークエンダー/パッカブルショルダーエスパワーパワーリップ

『スタンダードサプライ』ウィークエンダー/パッカブルショルダーエスパワーパワーリップ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

マリンスポーツなどで用いられる「POWER RIP(R)」というマテリアルを使用。この素材はポリエステルファイバーを使った高密度織物で、リップストップ構造&特殊な樹脂コーティングで高レベルな耐久・耐水性を実現しています。また、内装の吊りポケットに収納できるパッカブル仕様となっているのも魅力的。

アイテム2『ディッキーズ』コーデュラロゴ刺繍入り 配色ミニショルダーウエストバッグ

『ディッキーズ』コーデュラロゴ刺繍入り 配色ミニショルダーウエストバッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ボディ素材は撥水加工を施したコーデュラポリエステル。軽くて水に強いので、フェスバッグとして申し分ない存在です。中央には『ディッキーズ』のブランドロゴ刺繍が鎮座し、さりげないアクセントとして作用。ハイテンションなツートーンカラーなので、アクティブ気分なフェスコーデとのマッチングは抜群です。

アイテム3『アノニム クラフツマン デザイン』ミニボートミニショルダー

『アノニム クラフツマン デザイン』ミニボートミニショルダー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

本体は撥水ナイロンに圧縮ウレタンをボンディングした、クッション性の高い素材「TOPIC(TM)」。さらに、YKK製の止水ファスナーによって耐水性がアップされています。タブレットデバイスやミラーレスカメラといった実用性の高い電子機器をすっぽり収納できるサイズなので、サブバッグとしても有能です。中にはストラップ付きのキーアンカーが付属。

アイテム4『ワイルドシングス』エックスパック ナイロンサコッシュ

『ワイルドシングス』エックスパック ナイロンサコッシュ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

強度と防水性に特化し、テントやセイルクロスの素材としても活用されるレイヤー生地「エックスパック」を駆使したタフなサコッシュ。ショルダーベルトはカラビナで着脱できるので、使い勝手にも秀でています。フロント部分には視認性に富むメッシュポケットを装備。カラーは全9色で展開されるので、自分好みの1色をチョイスしてください。

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

山崎 サトシ

アイテム5『バッグジャック』3Dヒップポーチ ボディーバッグ

『バッグジャック』3Dヒップポーチ ボディーバッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ドイツ・ベルリン発のバッグブランドより、ライトウェイトなメッシュボディバッグ。3層からなる極薄メッシュを用いることで、柔らかな表情を演出しています。ソフトな素材感のため伸縮性に富み、斜め掛けしたときも腰に巻いたときも体に心地良くフィット。しかも、防水性のある裏地を組み合わせているため雨が降っても安心です。

アイテム6『アッソブ』ウォータープルーフ コーデュラ305D サコッシュ

『アッソブ』ウォータープルーフ コーデュラ305D サコッシュ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

特殊透湿防水フィルム「L-VENT(R)」を取り入れた、レイヤーボディのナイロンサコッシュ。そのうえ、縫製部をシームテープ加工しているため、耐水性能も上々です。背面にはタオルを掛けられるテープループをセットするなど、細かいディテールも抜かりなし。シンプルなカラーリングのため、フェスはもとより街でのスタイルにも難なく適応してくれます。

▼メインバッグとして重宝。収納力に優れたリュックサック6選

まずは泊まりがけのフェスで役立つリュックにフィーチャー。1泊程度なら20~25L程度のデイパック、連泊するなら容量30L以上の大容量リュックサックと、参加スタイルに応じて大きさをチョイスしましょう。

アイテム1『ベルーフバゲージ』アダプト スクエア デイパック

『ベルーフバゲージ』アダプト スクエア デイパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

840デニールナイロンをポリカーボネイトコーティングした、軽量・高強度・高耐水のデイパック。そのうえブルーのフロントポケット部分は自在に取り外しが可能で、サコッシュとして単体でも使用できます。サコッシュの中にはコインケースも付属しているので、このデイパックさえあればサブバッグを用意する必要はありません。容量は20L。

アイテム2『フェールラーベン』ラーベン20L

『フェールラーベン』ラーベン20L

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スウェーデンの老舗バッグブランドから、より都会的に扱える「ラーベン」をピックアップ。素材にはブランドオリジナルの「G-1000ヘビーデューティー」を採用しています。高密度なポリエステル65%×コットン35%の生地にグリーンランドワックスを含浸させた同素材は、耐久性・撥水性・防風性をすべてカバーしているのが特徴。ミニマルなルックスのデイパックながら、過酷なフィールドにも対応してくれます。容量は20L。

アイテム3『シエラデザイン』バーダゴデイパック

『シエラデザイン』バーダゴデイパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カリフォルニアで企画され、同地のファクトリーで生産される「カリフォルニアライン」からの1品。質実剛健なコーデュラナイロンボディにポリウレタンコーティングが施されていて、耐久性&撥水性ともに十分です。質実剛健な作りはさすがMADE IN USAといったところ。ファスナーが広く開閉でき、中の荷物が取り出しやすいのもメリットです。

アイテム4『アンドワンダー』30L バックパック

『アンドワンダー』30L  バックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ジャパンアウトドアブランドの雄が放つ逸品は、軽量&頑強なコーデュラナイロン製。裏面は一般的なPUコーティングよりも性能が高いポリカーボネイトコーティングで仕上げ、強度と耐水性に磨きをかけました。なお、フロントのファスナーは上下からアクセスできるので、下のほうに詰めた荷物も簡単に取り出せます。

アイテム5『コロンビア』バークマウンテン30LバックパックII

『コロンビア』バークマウンテン30LバックパックII

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

引き裂き強度の高いリップストップナイロンをメイン素材に抜擢したトレッキング用バックパック。本体をまるっと覆えるレインカバーが内蔵されていたり、ハイドレーションに対応していたりと、アウトドアに役立つ仕様が随所に見られます。荷重をサポートしてくれる背面内部のシングルアルミステイも印象的なディテール。容量は30L。

アイテム6『コールマン』シールド35

『コールマン』シールド35

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

トレッキングパックでも使われる本格的なショルダーベルトと背中への密着度を高めるスタビライザーが、体に掛かる負担を軽減。見た目に反して軽量であることも相まって、長時間背負い続けても疲れにくくなっています。加えて、表生地は防水仕様となっているので雨の日でも心配なし。本体サイドからもメイン収納室にアクセスできる気の利いたディテールも高評価です。容量は35L。

初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

TASCLAP編集部

レインポンチョがあれば、雨天のアウトドアや自転車移動もひと安心!

レインポンチョがあれば、雨天のアウトドアや自転車移動もひと安心!

キャンプやフェスといったアウトドアシーンで重宝する雨具といえばレインポンチョ。レインコートとの利点の違いなどを詳しく解説しつつ、おすすめ品もご紹介します。

平 格彦

コールマンのリュック12選。シリーズ別に違いや魅力を徹底解剖!

コールマンのリュック12選。シリーズ別に違いや魅力を徹底解剖!

お手頃価格で実用的なアウトドアグッズが揃う『コールマン』。そのリュックも使い勝手が良いと好評なんです。豊富なシリーズの中からおすすめをピックアップしました。

ai sato

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    寒さが一段と厳しくなるこれからの時期、最も頼りになるアウターといえば、やはりダウン。この冬も多くのブランドからさまざまなモデルがリリースされているが、TASCLAP…

    TASCLAP編集部

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

    TASCLAP編集部

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK