リカルドのスーツケースを旅のパートナーに。注目すべき7シリーズ

リカルドのスーツケースを旅のパートナーに。注目すべき7シリーズ

旅を素敵に。そう願うならスーツケースは、気が利いて信頼できるパートナーであるべきだ。西海岸生まれの『リカルドビバリーヒルズ』は、そのあたりをよく心得ている。

菊地 亮

2019.11.17

リカルドビバリーヒルズ(Ricardo Beverly Hills)
バッグ
スーツケース・キャリーバッグ

国内では新鋭、海外では老舗。スーツケースの注目株『リカルドビバリーヒルズ』とは?

国内では新鋭、海外では老舗。スーツケースの注目株『リカルドビバリーヒルズ』とは?

1978年、アメリカのビバリーヒルズにて誕生した『リカルドビバリーヒルズ』(以下、『リカルド』)。日本上陸は2018年と比較的最近のため国内での知名度はまだ控えめだが、世界ではよく知られている名だ。創業者は、旅行バッグ業界におけるマーケティングの専門家として活躍してきたリチャード・リカルド・ギブス氏。同ブランドが注目される背景には、旅慣れた大人を納得させる気の利いた機能と安心感を生む頑丈さが挙げられる。そして、立ち姿に華麗さをもたらす洗練されたデザイン。そのバランスの良さが、多くの大人たちを虜にするのだ。

『リカルド』のスーツケースは種類が豊富。最適なアイテムを見つけるためのヒント

『リカルド』のスーツケースは種類が豊富。最適なアイテムを見つけるためのヒント

『リカルド』のラインアップは多岐にわたる。それぞれに特徴があり、容量や素材使い、利点なども異なってくる。国内外のアクシンデントもものともしない屈強なハードタイプは、長期出張に持ってこい。持ち運びに便利なコンパクトサイズなら、ショートトリップにうってつけだ。また、容量があって親近感のあるデザインとくれば家族でのお出かけにハマるはず。利用シーンをイメージし、それに見合ったモデルを選んでほしい。

『リカルド』のスーツケース。大人におすすめの7シリーズ

ひと口に旅といっても、目的や場所によってその性質が異なるため、手にするスーツケースも変わってくる。だからこそ、『リカルド』の実に豊富なラインアップから最適な一品を手にしたいところ。ここでは、多くの大人たちの共感を得る7シリーズをピックアップし、それぞれの特徴や魅力をお伝えする。

シリーズ1エルロン

エルロン

『リカルド』の“顔”といってもいい定番モデル。航空機にも使われる高品質なアルミニウム謹製で、特有の光沢によっておのずと纏うのは洗練と上質である。360°回転するホイールは、スムーズな移動を生み、2つのTSAコンビネーションロックによりセキュリティも万全。荷崩れを防止するクロスバンドやメッシュポケット付きの仕切り板など、かゆいところに手が届く内部の作りもさすがである。

シリーズ2アリス

アリス

最先端技術と職人技の融合によて生まれたアリス。大人が持つべきスーツケースであることは、流線型のエレガントなフォルム、そして屈強かつ軽量なポリカーボネート製のボディを覆うヴィーガンレザーが立証している。ヴィーガンレザーとは、まるで天然のような風合いを実現した人工皮革。環境に留意したそのスタンスも現代のビジネスマンにマッチする。

シリーズ3オーシャンドライブ

オーシャンドライブ

モダンなルックスながら、中を覗けばネイティブ柄が落とし込まれた裏地が顔を見せる。しかも、コンパクトながら容量もしっかり確保しているためアクティブな大人になんとも頼もしい。PCやタブレット専用スリット、コードなどを入れるのに便利なメッシュポケット、取り外し可能なサブポケットなど、出張でも大いに活躍してくれる要素がふんだんに盛り込まれている。

シリーズ4サンクレメンテ2.0

サンクレメンテ2.0

軽いうえに耐久性にも優れるポリカーボネートで覆われたサンクレメンテ2.0は、気の利いた機能面に目を見張る。荷物の量に合わせて厚みを変えられる容量拡張機能を備え、荷物の上げ下げにも便利なサイドハンドル&ボトムグリップを装備。内側も小分けポケットを内蔵していて収納をサポートする。休日は郊外が拠点になるショートトリッパーには最高の相棒になる。

シリーズ5クパチーノ

クパチーノ

ご覧の通り、同モデルの特徴は異素材MIX。ポリカーボネートとポリエステル生地のコンビは他のシリーズと一線を画し、フロントオープンのポケットはICカードなど頻繁に出し入れするものの収納に便利だ。しかも、容量拡張機能やTSAロック機能、USB充電ポートまで完備(19インチのみ搭載)。海外を飛び回るジェットセッターにもうってつけだ。

シリーズ6サンマルコス

サンマルコス

素材は耐摩耗性に優れ、悪天候だってものともしないナイロンメイド。まるで金属のような繊細かつ美しい光沢を放ち、どこか気品すら漂う。ハンガーがかけられるディテールが内装されているためスーツのシワも怖くない。実はこのコレクションは写真のスーツケースだけでなく、ソフトキャリーケースやトートバッグとラインアップが多彩。シーンに沿ったチョイスで使い分けたい。

シリーズ7マリブベイ2.0

マリブベイ2.0

コレクション随一の軽量モデル。秘密は、dreamfel(R)なる素材で、見た目はコットンのような天然系だが、見合わぬ屈強さを誇る。中を見るとさらなる使いやすさを実感。着脱可能なアメニティポーチが付き、表面の裏にはジッパー式のメッシュポケットも内蔵されている。しかも、側面部にまであるという気の利きよう。家族と帰省する際にも格好のアイテムだ。

大人のスーツケースはブランドにこだわる。旅を豊かにする名品10選

大人のスーツケースはブランドにこだわる。旅を豊かにする名品10選

出会いは旅の醍醐味。人はあなたの荷物から思いを巡らし、会話の糸口を探ります。そのため、お粗末なモノを持つわけにはいきません。大人に似合うおすすめをご紹介します。

池田 やすゆき

スーツケースの選び方。容量やディテールの違いを比べてみました

スーツケースの選び方。容量やディテールの違いを比べてみました

旅行に向けてスーツケースを新調したいけど、どんなタイプを選んだらいいのやら……。そんな方のために、容量から素材、機能まで、スーツケースのあれこれを徹底解説!

近間 恭子

メンズファッション各誌で編集・執筆を行うかたわらWEBマガジンのディレクションも行うなどジャンルレスに活動。無類のスポーツ好きで、特にサッカーへは熱い情熱を注ぐ。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    寒さが一段と厳しくなるこれからの時期、最も頼りになるアウターといえば、やはりダウン。この冬も多くのブランドからさまざまなモデルがリリースされているが、TASCLAP…

    TASCLAP編集部

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

    TASCLAP編集部

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

    TASCLAP編集部

    BACK