気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

コーディネートの大きな指針となるのがその日の気温。では、25度の日はどんな服を選べば良いのか。メインとなるアイテムを提案しつつ、実例とともに着こなしを解説します!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2021.05.10

暑い? 涼しい? 肌寒い……? 25度ってどのくらいの気温?

暑い? 涼しい? 肌寒い……? 25度ってどのくらいの気温?

WEAR

WEAR

お気に入り追加

気温が25度を超えた日は「夏日」と呼ばれます。つまり、25度は夏の暑さ。最近は30度超えの「真夏日」や35度超えの「猛暑日」も珍しくないので、25度だと少し涼しいと思うかもしれませんが、しっかり夏といえる気温です。もちろん、前日との比較などで体感気温は変わりますが、夏や、それに近い晩春・初秋の気温だと思って間違いありません。おおまかにいうと、5月~9月くらいの気候がこれにあたります。

同じ25度でも、「最高気温」か「最低気温」かで最適な服装は変わります

同じ25度でも、「最高気温」か「最低気温」かで最適な服装は変わります

WEAR

WEAR

お気に入り追加

25度が夏の暑さといっても、それがその日の「最高気温」なのか「最低気温」なのかによって状況は大きく変わります。最高気温が25度ということは、最低気温は20度を下回ることもあります。時間帯にもよりますが、朝や夜に屋外にいる予定なら、最低気温も意識した服装にすべきです。また、最低気温が25度なら、その日は真夏日になる可能性が高いはず。そうなると文字通り真夏の服装が適切となります。考えすぎる必要はありませんが、これから紹介する具体的なコーディネートを参考に、最適な着こなしを構築してみてください。

最高気温25度なら、長袖トップスを活用。薄手のシャツやロンTをサラッと着る

その日の最高気温が25度という予報なら、薄手の長袖トップスをサラリと着るくらいがちょうどいいでしょう。少し上品にまとめたいなら薄地のシャツ、カジュアルに仕上げたいならロングスリーブのTシャツを選ぶのがおすすめです。どちらを着こなすにしても、少しゆったりしたサイズをセレクトし、リラックス感を演出すると今っぽいコーディネートに仕上がります。

▼「薄手シャツ」を使った、最高気温25度の着こなしサンプル

生地が薄めのシャツはかなり便利。ゆったりしたサイズ感を選んでも品良く映り、温度調整も簡単だからです。暑くなったら袖をまくったり、フロントのボタンを開けたりして調節しましょう。

最高気温25度のコーデ1

ベーシックな白シャツを、今っぽく着こなした基本形

ベーシックな白シャツを、今っぽく着こなした基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

いたってベーシックな白いシャツですが、少し大きめのサイズを選ぶことで今どきなリラックス感を醸成しています。アンクルカットのテーパードパンツとシンプルなスリッポンを黒で統一し、カジュアルだけど落ち着きのある無造作なモノトーンスタイルに仕上げているのも見事です。

白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

ウェア・コーデ

白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

2021.03.09

最高気温25度のコーデ2

バンドカラーシャツでキメすぎないスタイルを構築

バンドカラーシャツでキメすぎないスタイルを構築

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上品だけどキメすぎない……そんなバランスで人気を集めているのがバンドカラーシャツです。ここではソフトなシャンブレー生地のシャツを選びつつ、スニーカーとともにホワイトを効かせて清潔感のある着こなしにまとめています。スタイリングのアクセントとしてショルダーバッグを活用しているのもポイント。

バンドカラーシャツを着こなすために。押さえたいおすすめとコーデ術

ウェア・コーデ

バンドカラーシャツを着こなすために。押さえたいおすすめとコーデ術

シャツを気軽に楽しむならば、襟元を正したものよりは解放したアイテムが良い。となればバンドカラーシャツは適役。ここではその“選び”と着こなしに関するコツを解説。

TASCLAP編集部

2021.03.17

最高気温25度のコーデ3

裾をタックインすることでさりげなく品格アップ

裾をタックインすることでさりげなく品格アップ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

爽やかに演出するなら、明るいトーンのシャツがおすすめ。ここではライトグレーのシャツを選んでいます。リラックス感のあるビッグシルエットをセレクトしつつ、パンツにインすることでルーズなムードを軽減。今どきなニュアンスのコーディネートに仕上げています。ブラックのパンツ&バッグで引き締めたバランスも巧妙!

タックインを極める。おしゃれとダサいのその差とは

ウェア・コーデ

タックインを極める。おしゃれとダサいのその差とは

旬な着こなしテクといえばタックイン。ですが、一歩間違えると野暮ったく見える危険性も……。どこからおしゃれでどこからダサいのか、そのボーダーラインを知りましょう!

山崎 サトシ

2021.07.01

最高気温25度のコーデ4

アウター感覚でシャツを羽織れば温度調整も簡単!

アウター感覚でシャツを羽織れば温度調整も簡単!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブルー系カラーのシャツは清涼感たっぷり。この着こなしでも、サックスブルーのストライプ柄シャツが爽快なイメージを放っています。大きめのシルエットを選んでアウター風に羽織っているのもポイント。シャツと体のあいだに空間が生まれて風通しが良くなるうえ、暑くなってもシャツが脱ぎやすく、すぐにTシャツ1枚になることが可能です。

押さえておきたい定番柄。ストライプシャツのコーデをおしゃれに見せる方法

ウェア・コーデ

押さえておきたい定番柄。ストライプシャツのコーデをおしゃれに見せる方法

定番柄でありながらトレンドとしても注目を浴びるストライプ。シャツで取り入れれば、大人っぽいのに爽やかで個性的。そんなムードを演出するためのポイントを解説します。

平 格彦

2021.03.16

最高気温25度のコーデ5

カラーリングで大人なムードを演出したお手本

カラーリングで大人なムードを演出したお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ここ数シーズン人気のオープンカラーシャツは開放感や男っぽさが特徴ですが、定番カラーの無地を選べば適度に上品。ここでは気品あるベージュをセレクトしています。同系色のパンツで品良くまとめつつ、インナーとシューズを黒で揃えてシャープ感も加えているのがポイント。大人なカジュアルスタイルの見本といえるバランスです。

オープンカラーシャツは長袖を選べば、春からだって楽しめる

ウェア・コーデ

オープンカラーシャツは長袖を選べば、春からだって楽しめる

リラックス感を押し出しつつ、きっちりも着られるオープンカラーシャツ。夏は軽快に半袖が鉄板だが、長袖のそれを選べば、異なる雰囲気で楽しむことができる。

牟田神 佑介

2021.03.21

最高気温25度のコーデ6

色選びが秀逸なサンダル先取りコーデ

色選びが秀逸なサンダル先取りコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

25度を超えれば出番が増えてくるサンダル。シャツを合わせれば着こなしがカジュアルに偏り過ぎることなく、大人らしいきちんと感をキープ可能です。ここでは全身を上品なブルー系でまとめつつ、足元のみベージュを選択。さりげなくサンダルの存在感を際立たせています。プルオーバーシャツのフロントを全開にして清涼感を獲得したのも技あり。

プルオーバーシャツで品良くリラックス。今の気分にハマる10選とコーデ術

ウェア・コーデ

プルオーバーシャツで品良くリラックス。今の気分にハマる10選とコーデ術

シャツ本来の清潔感がありつつラフに袖を通せる。プルオーバーシャツは、洒落者はもちろん、ものぐさな大人にとってもありがたいアイテム。今ならこんな10枚がおすすめだ。

菊地 亮

2021.04.17

▼「ロンT」を使った、最高気温25度の着こなしサンプル

ロングスリーブのTシャツは、デザインによって印象が大きく変わります。そのため、アイテム選びが重要。どんなテイストのコーディネートを目指すのか明確にしてロンTをセレクトするのが原則です。

最高気温25度のコーデ7

シンプルでスマートな大人っぽい着こなしの基本形

シンプルでスマートな大人っぽい着こなしの基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白い無地のロンTがメイン。シンプルなデザインに加え、上質な生地感もTシャツらしからぬ品格を放っています。全身のシルエットをややタイトめにまとめることで、スマートな雰囲気を強調。一見ベーシックなコーディネートですが、スラックスをダークグリーンにすることでさりげなく個性を加味しています。

最高気温25度のコーデ8

タックインして上品かつ爽やかにまとめた好サンプル

タックインして上品かつ爽やかにまとめた好サンプル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブルーの長袖Tシャツが何とも爽快。色落ちしたジーンズや白いウエストポーチも爽やかなイメージを拡大しています。Tシャツのサイズ感も絶妙で、オーバーサイズを選ぶことで今どきなリラックス感を演出。その一方、裾をパンツにタックインしてだらしない印象を払拭しています。新鮮だけど大人っぽい、絶妙なバランスの理想的コーディネートです。

最高気温25度のコーデ9

袖プリントのロンTで大人なストリートスタイルを構築

袖プリントのロンTで大人なストリートスタイルを構築

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ストリートライクなプリントが袖などに入ったロンTも人気が継続。そんなタイプを着こなすには、他のアイテムをシンプルにしてトータルバランスで大人っぽくまとめるのがセオリーです。このコーディネートでは、キャップとサンダルをブラックで統一して引き締めているのがポイント。ワイドなパンツが今っぽいムードを高めています。

最高気温25度のコーデ10

カラーリングで個性を打ち出した上級者スタイル

カラーリングで個性を打ち出した上級者スタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

モノトーンやブルー系がロンTの定番カラーだからこそ、他のカラーを選ぶだけで新鮮なイメージを演出できます。ここで選んでいるのはフェード感のあるピンク。さらに、パンツも同じ赤系のボルドーにすることで、個性のあるカラーコーディネートにまとめています。全体的にゆとりを感じさせるシルエットですが、足元のローファーで品格ある大人な印象に。

最高気温25度のコーデ11

レイヤードスタイルをモノトーンでまとめてモダンに

レイヤードスタイルをモノトーンでまとめてモダンに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロンTはレイヤードがしやすいのも大きな魅力。Tシャツを重ねることで旬なストリート調のスタイリングを構築することができます。ただし、ラフになりすぎたり子供っぽく見えたりしがちなので、カラーリングで大人っぽくアレンジする必要があります。この着こなしでは、全身をブラック&ホワイトでまとめてシックに仕上げています。

ロンTをおしゃれに着こなす。テイスト別コーデサンプル12選

ウェア・コーデ

ロンTをおしゃれに着こなす。テイスト別コーデサンプル12選

春、秋、冬と3シーズンにわたって重宝するのがロンTのメリット。長期間活躍するアイテムだけに、選び方のコツや着こなしテクを押さえて一歩先行く装いを手に入れましょう。

山崎 サトシ

2021.02.18

最高気温25度のコーデ12

旬のアイテムを組み合わせて今っぽく

旬のアイテムを組み合わせて今っぽく

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロンTの強みは、さまざまなアイテムと組み合わせられること。旬アイテムとして注目を浴びるアウトドアベストを合わせれば、トレンド感と優れた収納力を一挙両得! アウトドアシーンにもうってつけです。

最低気温25度なら、真夏の装いでOK。半袖のTシャツ&ポロシャツの出番!

1日中25度以上の日は、まぎれもなく真夏。半袖のTシャツかポロシャツに活躍してもらうしかありません。ラフになりすぎないように着こなして大人っぽくまとめるのが大前提。そのためのテクニックを実例とともに解説します!

▼「Tシャツ」を使った、最低気温25度の着こなしサンプル

Tシャツを使った真夏のコーディネートはどうしてもラフになりがち。Tシャツは無地を基本としつつ、全体もシンプルにまとめるよう心掛けましょう。今なら、人気が続いている白の無地Tを軸にすれば間違いナシ!

最低気温25度のコーデ1

シンプルでおしゃれな今っぽいスタイルの基本形

シンプルでおしゃれな今っぽいスタイルの基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

Tシャツは最近のスタンダードとなっているホワイトの無地。そこにジーンズとスニーカーを合わせただけのコーディネートですが、リラックス感のあるシルエットが今どきな雰囲気を放っています。シンプルなチェーンネックレスで首元にさりげなくアクセントを加味しているのもおしゃれな印象を後押し。

最低気温25度のコーデ2

ロゴTを選びつつ、全身黒のワントーンでクールな印象に

ロゴTを選びつつ、全身黒のワントーンでクールな印象に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フロントに大きなロゴが入ったスポーティなTシャツが主役。それなのにシックにまとまっているのは、全身をブラックのワントーンで揃えているから。サングラス、ミニバッグ、時計、ビーチサンダルといった小物まで黒ベースで徹底して効果を高めています。スリムなテーパードパンツとTシャツのタックインで大人な品の良さを上乗せ。

最低気温25度のコーデ3

無地T×ショートパンツは小物で変化をつける

無地T×ショートパンツは小物で変化をつける

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シンプルな無地Tがコーディネートのメイン。トレンドを意識して若干大きめサイズをチョイスし、さらにショートパンツでリラックス感や開放感を演出。上質感あるスエード素材のサンダルを選び、大人っぽいけどリラクシングという、絶妙なバランスで装いを締めくくっています。フロントに垂らしたサコッシュが今っぽさに拍車をかけています。

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

ウェア・コーデ

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

2021.03.03

最低気温25度のコーデ4

レイヤードでコーディネートに立体感を

レイヤードでコーディネートに立体感を

WEAR

WEAR

お気に入り追加

マンネリになりがちな夏コーデにはレイヤードスタイルが有効。カーキとブラックの定番合わせにホワイトを差し入れることでコーディネートに抜け感が生まれ、一気にこなれた印象に。サコッシュやシューズをブラックに統一することで大人っぽさも演出しています。

▼「ポロシャツ」を使った、最低気温25度の着こなしサンプル

爽やかな品格を備えているのがポロシャツの魅力。そのため、どんなパンツでも大人っぽいコーディネートに仕上がります。上品なパンツでポロシャツの魅力を増幅するか、パンツで着崩すMIXスタイルを構築するかは、気分やシーンに合わせればOK!

最低気温25度のコーデ5

全身をスマートにまとめたポロシャツスタイルの基本形

全身をスマートにまとめたポロシャツスタイルの基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オンでもオフでも使える上品なポロシャツスタイル。スマートなスキニーパンツを合わせることで、ポロシャツ特有の品の良さを拡大しているのがポイントです。ここでは品格あるレザーシューズを合わせていますが、オフならあえてサンダルを合わせ、抜け感を加味するのもおすすめ。

最低気温25度のコーデ6

ネイビー×ホワイトの配色を活用した爽快な装い

ネイビー×ホワイトの配色を活用した爽快な装い

WEAR

WEAR

お気に入り追加

暑い日だからこそ、見た目だけでも涼しげにまとめたいもの。ネイビーとホワイトの爽快なコンビを活用すれば、涼感あるコーディネートを築くのも簡単です。ここではネイビーのポロシャツをセレクト。パンツ+スニーカーを白で揃え、爽やかなカラーパレットを構築しています。上品になりすぎないよう、ジョガーパンツでスポーティに着崩したバランスには脱帽!

最低気温25度のコーデ7

ポロシャツ×ショーツは、大人にとって真夏の定番コーデ

ポロシャツ×ショーツは、大人にとって真夏の定番コーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

爽やかで品の良いポロシャツが主役なら、ショートパンツを選んでもラフになりすぎず、自動的に大人なムードにまとまります。そんな「ポロシャツ×ショートパンツ」の方程式を採用しつつ、色のセレクトでさりげなく個性を主張。ブラックをベースにしつつベージュを挿したカラーリングが、クールなのにこなれ感もある印象を放っています。

最低気温25度のコーデ8

素材選びと色で魅せる大人マリンスタイル

素材選びと色で魅せる大人マリンスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上品なホワイトのポロシャツに淡いブルーのインナーをレイヤード。ストライプパンツとネイビーのスニーカーを合わせてマリンスタイルを構築。パンツとスニーカーはともにリネン製で、着用感だけでなく見た目にも涼しさを感じさせるコーディネートに仕上がっています。

見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

ウェア・コーデ

見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

ポロシャツは、年齢を問わずに着られるからこそコーディネートが重要。大人にふさわしいポロシャツの着こなし方実例を中心に、即戦力となる人気ブランドもご紹介します。

深澤 正太郎

2021.04.27

気温20度の日の服装回答集。真似したくなるおすすめコーディネート24選

ウェア・コーデ

気温20度の日の服装回答集。真似したくなるおすすめコーディネート24選

メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

Hiroshi Watanabe

2021.09.02

男の秋服、どうする? 2021年の秋コーデで取り入れたいアイテムと実践テクニック

ウェア・コーデ

男の秋服、どうする? 2021年の秋コーデで取り入れたいアイテムと実践テクニック

秋はおしゃれの季節。せっかくなら思い切り楽しみたいものです。メンズコーデを旬に導く着こなし法則やトレンドの秋服を押さえて、ファッションライフを満喫しましょう。

平 格彦

2021.10.01

9月の服装参考集。気温差が激しい時期のコーデとマストハブアイテム

ウェア・コーデ

9月の服装参考集。気温差が激しい時期のコーデとマストハブアイテム

厳しい残暑を体感する日がある一方で、薄着だとやや肌寒く感じることも少なくない9月。1年の中でも特に気温差が激しいこの時期を賢く攻略するためのコーデ&アイテムとは?

山崎 サトシ

2020.09.15

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP