東京発、都会顔。マキャベリックのリュックを大人におすすめするワケ

東京発、都会顔。マキャベリックのリュックを大人におすすめするワケ

頭角を現しつつある次世代バッグブランドといえば、東京発の『マキャベリック』。洗練されたデザインに加え、作りに対して優れたコスパ性など、褒めどころが満載なんです。

2019.08.22
SHARE
記事をお気に入り
山崎 サトシ

執筆者

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物! 記事一覧を見る
...続きを読む

本コンテンツはTASCLAPが制作した独自コンテンツです。また本コンテンツでは掲載するECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

見た目も使い勝手も隙がないリュックなら、『マキャベリック』がある

見た目も使い勝手も隙がないリュックなら、『マキャベリック』がある

Newbag Wakamatsu

Newbag Wakamatsu

2015年に原宿、2016年には大阪・堀江に直営店をオープンさせるなど、破竹の快進撃を続けているバッグブランド『マキャベリック』。2013年に東京でスタートした若いブランドながら、すでにファッションシーンでは高い知名度を誇っています。中でも看板アイテムとなるのがリュック。ストリート感漂うデザインでありながら都会的な雰囲気を併せ持ち、なおかつ機能性も充実させた逸品は、まさしく隙なし。大人の普段使いにもぴったりです。

PICK UP

1着で4通り以上の使い方!? 平日から週末まで、“変幻自在アウター”をとことん着回そう

SPONSORED by ブラックレーベル・クレストブリッジ

PICK UP

おしゃれで快適、が新基準。リピーター続出の“スニーカーライク”な進化系革靴を履こう

SPONSORED by アシックス商事

『マキャベリック』のキーパーソンを知っておく

『マキャベリック』のキーパーソンを知っておく

カバンの店 東西南北屋

カバンの店 東西南北屋

お気に入り追加

『マキャベリック』の中心人物となるのが、ディレクターの北嶋直人氏です。東京生まれの北嶋氏はあの『エルメス』で研鑽を積んだ人物で、その後『マキャベリック』の運営会社である「レガリス」でカバン作りのノウハウを習得。そして、2013年に自身のブランドである『マキャベリック』を立ち上げます。“ファッション、ストリート、スポーツのクロスオーバー”をコンセプトにした鮮度の高いバッグコレクションは2015年ごろから着実に支持率を高めていき、現在は海外に裾野を広げるほどの成長を遂げました。

『マキャベリック』のリュックが優れている2つの理由

多くの洒落者たちに愛用される『マキャベリック』ですが、もちろん人気を集める裏には確固たるワケがあります。特に大きな理由となる2つを、ここで解説しましょう。

理由1

ストリート感とモード感が交錯する、スタイリッシュなルックス

ストリート感とモード感が交錯する、スタイリッシュなルックス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

北嶋氏の根底にあるストリートカルチャーを色濃く感じさせる『マキャベリック』のバッグは、昨今のストリート系トレンドとベストマッチ。さらに、細身のメタルバックルや高密度ナイロンなどモードなディテールを取り入れることで、都会的な印象も落とし込んでいます。つまり、旬なだけでなく洗練されたイメージも備えているということ。この絶妙なデザインバランスが、洒落者たちを虜にしているんです。また、洋服とのコーディネートのしやすさも考えられて作られているため、汎用性も随一!

理由2

凝った作りに対して、求めやすいプライス感

前述の通り、デザイン性はもちろん素材・機能・耐久性など、『マキャベリック』のリュックはどの視点からもこだわり抜かれています。ただし、高い完成度を誇りながらもプライスは手の届きやすい1万円から2万円台が主流。ハイクラスなモデルでも3万円台と費用対効果は実に良好なので、気負わずデイリーユースすることが可能です。“納得の品質”と“手軽さ”を両立している点が、人気拡大に一役買っているのは間違いないでしょう。

PICK UP

今ビジネスマンが指名買い。あの“売れ筋メガネ”の限定モデルがお仕事コーデを格上げする

SPONSORED by ポリス

PICK UP

フリースもダウンも、やっぱり黒でしょ。ブラックアウター選びの攻略法をタトラスに学ぶ

SPONSORED by WEAVA(ウィーバ)

見た目も使い勝手も両取り。今選びたい『マキャベリック』のリュック

今購入できる『マキャベリック』のリュックを、定番からハイセンスなコラボレートまで一挙見せ! どのアイテムもタウンからフィールドまで、幅広いロケーションで活躍してくれること確実です。

アイテム1

チェイス シャトル デイパック

チェイス シャトル デイパック

ミニマリズムを徹底追求する「チェイス」シリーズのデイパックらしく、無駄な装飾性を省いたコンパクトなデザイン。シャープな風貌でありながら、内部には13インチ対応のラップトップ収納スペースを装備しています。さらに、生地にはコーデュラ エコメイド キャンバスを使い、十分な耐久性も確保。テフロン加工で仕上げられているので撥水&防汚性も有します。

■DATA
W26×H45×D15cm

アイテム2

チェイス レクタングル デイパック

チェイス レクタングル デイパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“レクタングル”というモデルネームの通り、長方形の構築的なフォルムが印象的。芯材が厚めに入っていて荷物が少量でも型崩れしにくいうえ、書類を立てて入れられるため仕事用としても快適に使えます。背面に独立型のラップトップ用ポケットを搭載しているので収納性も抜群! 加えて、表地のコーデュラ エコメイド キャンバスのおかげでタフさも申し分ありません。

■DATA
W28.5×H47×D13cm

アイテム3

ルードゥス ボックスロゴ ユニバース デイパック

ルードゥス ボックスロゴ ユニバース デイパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

角に丸みを持たせた柔らかなシルエットは「ルードゥス」シリーズならでは。渋みのあるオレンジカラーを纏った本体はコーデュラポリエステル製で、上にPUフィルムをラミネート加工を施してマットなツヤ感を演出しています。なお、この加工によって防汚性と耐水性も大きく向上。内部には15インチのPCをすっぽりと収納でき、ノマドワーカーにもおすすめの一品です。

■DATA
W28×H43×D15cm

アイテム4

『マキャベリック』×『T.S.O.P』テック デイパック

『マキャベリック』×『T.S.O.P』テック デイパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ポストオーバーオールズ』から派生して2018年に始動した注目ブランド『T.S.O.P』とのタッグから生まれたデイパックは、スペックの高さが魅力的。ボディには強度・耐水性・軽量性に長けたレイヤー構造の機能素材、X-PACを採用しており、アクティブシーンにも余裕で対応できます。しかも、各所にミルスペックパーツを使うことで堅牢性が一段とアップ。シンプルに見えて男心をくすぐる要素が詰め込まれたバッグです。

■DATA
W39×H44×D16cm

ビジネスリュック厳選25。通勤で映えるブランドの選び方とおすすめ

ビジネスリュック厳選25。通勤で映えるブランドの選び方とおすすめ

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

黒リュックのおすすめ25選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

黒リュックのおすすめ25選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

おしゃれで快適、が新基準。リピーター続出の“スニーカーライク”な進化系革靴を履こう

革靴は重くて硬い……そんな常識は『テクシーリュクス』には当てはまりません。正統派の顔付きながら、軽くてしなやかな履き心地。進化系革靴が多大な恩恵をもたらします。

SPONSORED by アシックス商事

続きを読む

1着で4通り以上の使い方!? 平日から週末まで、“変幻自在アウター”をとことん着回そう

オンとオフの境界線がなくなりつつある今、必要なのはどちらにも対応するアウター。そこで出番となるのが『ブラックレーベル・クレストブリッジ』が誇る二大アウターです。

SPONSORED by ブラックレーベル・クレストブリッジ

続きを読む

フリースもダウンも、やっぱり黒でしょ。ブラックアウター選びの攻略法をタトラスに学ぶ

洒落感も合わせやすさも備えた黒アウターは冬コーデの必需品。ただ、定番ゆえに周囲との差別化が懸念事項に……。ならば『タトラス』を味方に付けて問題を解決しましょう!

SPONSORED by WEAVA(ウィーバ)

続きを読む

今ビジネスマンが指名買い。あの“売れ筋メガネ”の限定モデルがお仕事コーデを格上げする

見た目の印象は信頼につながる大事な要素。なかでも顔周りは特に気を使っておきたいポイントです。今こそ『ポリス』のメガネを有効活用して、デキる男を演出しませんか?

SPONSORED by ポリス

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP