東京発、都会顔。マキャベリックのリュックを大人におすすめするワケ

東京発、都会顔。マキャベリックのリュックを大人におすすめするワケ

頭角を現しつつある次世代バッグブランドといえば、東京発の『マキャベリック』。洗練されたデザインに加え、作りに対して優れたコスパ性など、褒めどころが満載なんです。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2019.08.22

見た目も使い勝手も隙がないリュックなら、『マキャベリック』がある

見た目も使い勝手も隙がないリュックなら、『マキャベリック』がある

Newbag Wakamatsu

Newbag Wakamatsu

2015年に原宿、2016年には大阪・堀江に直営店をオープンさせるなど、破竹の快進撃を続けているバッグブランド『マキャベリック』。2013年に東京でスタートした若いブランドながら、すでにファッションシーンでは高い知名度を誇っています。中でも看板アイテムとなるのがリュック。ストリート感漂うデザインでありながら都会的な雰囲気を併せ持ち、なおかつ機能性も充実させた逸品は、まさしく隙なし。大人の普段使いにもぴったりです。

『マキャベリック』のキーパーソンを知っておく

『マキャベリック』のキーパーソンを知っておく

カバンの店 東西南北屋

カバンの店 東西南北屋

お気に入り追加

『マキャベリック』の中心人物となるのが、ディレクターの北嶋直人氏です。東京生まれの北嶋氏はあの『エルメス』で研鑽を積んだ人物で、その後『マキャベリック』の運営会社である「レガリス」でカバン作りのノウハウを習得。そして、2013年に自身のブランドである『マキャベリック』を立ち上げます。“ファッション、ストリート、スポーツのクロスオーバー”をコンセプトにした鮮度の高いバッグコレクションは2015年ごろから着実に支持率を高めていき、現在は海外に裾野を広げるほどの成長を遂げました。

『マキャベリック』のリュックが優れている2つの理由

多くの洒落者たちに愛用される『マキャベリック』ですが、もちろん人気を集める裏には確固たるワケがあります。特に大きな理由となる2つを、ここで解説しましょう。

理由1

ストリート感とモード感が交錯する、スタイリッシュなルックス

ストリート感とモード感が交錯する、スタイリッシュなルックス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

北嶋氏の根底にあるストリートカルチャーを色濃く感じさせる『マキャベリック』のバッグは、昨今のストリート系トレンドとベストマッチ。さらに、細身のメタルバックルや高密度ナイロンなどモードなディテールを取り入れることで、都会的な印象も落とし込んでいます。つまり、旬なだけでなく洗練されたイメージも備えているということ。この絶妙なデザインバランスが、洒落者たちを虜にしているんです。また、洋服とのコーディネートのしやすさも考えられて作られているため、汎用性も随一!

理由2

凝った作りに対して、求めやすいプライス感

凝った作りに対して、求めやすいプライス感

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

前述の通り、デザイン性はもちろん素材・機能・耐久性など、『マキャベリック』のリュックはどの視点からもこだわり抜かれています。ただし、高い完成度を誇りながらもプライスは手の届きやすい1万円から2万円台が主流。ハイクラスなモデルでも3万円台と費用対効果は実に良好なので、気負わずデイリーユースすることが可能です。“納得の品質”と“手軽さ”を両立している点が、人気拡大に一役買っているのは間違いないでしょう。

見た目も使い勝手も両取り。今選びたい『マキャベリック』のリュック

今購入できる『マキャベリック』のリュックを、定番からハイセンスなコラボレートまで一挙見せ! どのアイテムもタウンからフィールドまで、幅広いロケーションで活躍してくれること確実です。

アイテム1

トラックス ダブルベルト ゾーンミックス

トラックス ダブルベルト ゾーンミックス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ストリートカルチャーとスポーツの要素を色濃く反映した人気シリーズ「トラックス」より登場。ブランド定番のダブルベルトデイパックを、一段と使いやすく進化させています。膨らみを持たせた型崩れに強いフラップ部、さらに出し入れがしやすくなったサイドポケットなど、その注力ぶりは細部まで妥協なし。素材は高強度なコーデュラ エコメイド キャンバスで、コンビ素材にはイタリアンレザーを採用しています。

■DATA
W28×H46×D13cm

アイテム2

シエラ スペリオリティ ティモン バックパック

シエラ スペリオリティ ティモン バックパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「シエラ」はモードストリートなデザインを前面に打ち出したシリーズ。今作は高密度に織り上げた美しい光沢感のあるナイロン生地、N/ROBICをボディ素材にチョイスしています。さらに、メタルバックルやサブ素材であるレザーも同系色でまとめているので実にクールなイメージです。風合いが良いだけでなく、表面に撥水加工が施されているので天候を選ばず活躍してくれる優等生なんです。

■DATA
W26.5×H48.5×D12.5cm

アイテム3

チェイス シャトル デイパック

チェイス シャトル デイパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ミニマリズムを徹底追求する「チェイス」シリーズのデイパックらしく、無駄な装飾性を省いたコンパクトなデザイン。シャープな風貌でありながら、内部には13インチ対応のラップトップ収納スペースを装備しています。さらに、生地にはコーデュラ エコメイド キャンバスを使い、十分な耐久性も確保。テフロン加工で仕上げられているので撥水&防汚性も有します。

■DATA
W26×H45×D15cm

アイテム4

ジェイドD.Bバックパック エボリューション

ジェイドD.Bバックパック エボリューション

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

かつての人気作を現代的にリニューアルして展開する「ジェイド」シリーズから放たれたバックパック。摩擦、引き裂き、擦り切れに強いコーデュラナイロン製の一品なので、あらゆるシーンでタフに使用できます。光沢感を抑えたマットな風合いのナイロンにつき、きれいめコーデとも好マッチ! カラフルな色合いの止水ジップが、良いアクセントとして作用します。

■DATA
W28×H46×D13cm

アイテム5

ルードゥスAND-0100バックパック

ルードゥスAND-0100バックパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「ルードゥス」は曲線での表現をテーマにしたシリーズで、近未来的な流線型デザインが特徴。こちらのモデルは立体的にカーブしたシルエットが実にユニークです。独特な面持ちですが、内部には多数のポケットやPC収納スペースが仕込まれており、使い勝手もハイレベル。ポリウレタンコーティングしたコーデュラナイロンを用いているため、頑強さも折り紙付きです。フロントのマグネットバックルはドイツのフィドロック社製。

■DATA
W36×H49×D18cm

アイテム6

チェイス レクタングル デイパック

チェイス レクタングル デイパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“レクタングル”というモデルネームの通り、長方形の構築的なフォルムが印象的。芯材が厚めに入っていて荷物が少量でも型崩れしにくいうえ、書類を立てて入れられるため仕事用としても快適に使えます。背面に独立型のラップトップ用ポケットを搭載しているので収納性も抜群! 加えて、表地のコーデュラ エコメイド キャンバスのおかげでタフさも申し分ありません。

■DATA
W28.5×H47×D13cm

アイテム7

トラックス スカンク バックパック

トラックス スカンク バックパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スタイリッシュな形状&カラーリングが目を引くこちらは、底面に独立したシューズポケットが装備されていて、ジム用のバッグとしても有能。ボリューム感のある面持ちですが、軽くて強度の高い機能ナイロンで仕立てているため、見た目とは裏腹に着用感は極めてライトです。フィドロック社製のバックルを使用するなど、細部のパーツもハイクラス。

■DATA
W34×H59×D16cm

アイテム8

ルードゥス ボックスロゴ ユニバース デイパック

ルードゥス ボックスロゴ ユニバース デイパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

角に丸みを持たせた柔らかなシルエットは「ルードゥス」シリーズならでは。渋みのあるオレンジカラーを纏った本体はコーデュラポリエステル製で、上にPUフィルムをラミネート加工を施してマットなツヤ感を演出しています。なお、この加工によって防汚性と耐水性も大きく向上。内部には15インチのPCをすっぽりと収納でき、ノマドワーカーにもおすすめの一品です。

■DATA
W28×H43×D15cm

アイテム9

『マキャベリック』×『ダイン』ギガ ニット バックパック

『マキャベリック』×『ダイン』ギガ ニット バックパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

米国・ポートランド発のアパレルレーベルと手を組んだコラボレーションリュック。頑強なコーデュラ素材をベースとして、ボディの上部を『ダイン』のウェアで使われるテクニカルなニット素材で切り替えているのが最大のポイントです。異素材MIXの斬新デザインゆえ、コーデのアイキャッチとして適役。背負い心地の軽さもまた、このモデルの美点です。

■DATA
W30×H47×D13cm

アイテム10

『マキャベリック』×『T.S.O.P』テック デイパック

『マキャベリック』×『T.S.O.P』テック デイパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ポストオーバーオールズ』から派生して2018年に始動した注目ブランド『T.S.O.P』とのタッグから生まれたデイパックは、スペックの高さが魅力的。ボディには強度・耐水性・軽量性に長けたレイヤー構造の機能素材、X-PACを採用しており、アクティブシーンにも余裕で対応できます。しかも、各所にミルスペックパーツを使うことで堅牢性が一段とアップ。シンプルに見えて男心をくすぐる要素が詰め込まれたバッグです。

■DATA
W39×H44×D16cm

ビジネスリュック厳選25。通勤で映えるブランドの選び方とおすすめ

バッグ・ファッション小物

ビジネスリュック厳選25。通勤で映えるブランドの選び方とおすすめ

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

2021.09.29

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

バッグ・ファッション小物

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

TASCLAP編集部

2021.01.18

黒リュックのおすすめ25選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

バッグ・ファッション小物

黒リュックのおすすめ25選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

TASCLAP編集部

2021.02.26

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP