筆記具と揃えて欲しくなるモンブランの財布。その魅力とおすすめ7選

筆記具と揃えて欲しくなるモンブランの財布。その魅力とおすすめ7選

万年筆の最高峰ブランドとして知られる『モンブラン』。財布も負けず劣らず人気ってご存じでした? ここでは支持されている理由を探りつつ、おすすめのモデルをご紹介。

近間 恭子

2019.08.24

モンブラン(MONTBLANC)
財布・ケース
財布

ビジネスマンからの支持が厚い『モンブラン』。なかでも万年筆は大人のステータス

ドイツで誕生した『モンブラン』は、元アメリカ合衆国大統領のジョン・F・ケネディ氏や文豪の三島由紀夫氏なども愛した高級筆記具の代名詞的ブランド。1924年に発表して大ヒットを記録した万年筆の名作「マイスターシュテュック」をはじめ、手にする者の品格をアップグレードする筆記具はビジネスマンからも高い支持を得ています。現在は腕時計やフレグランス、レザーアイテムなども展開しており、なかでも財布は筆記具同様にクオリティが高いと人気を集めているのです。

仕組みを知って選ぶ。人気の万年筆10ブランド

仕組みを知って選ぶ。人気の万年筆10ブランド

普段使うことはあまりなくとも、大人であれば1本は持っておきたい万年筆。まずは選び方を押さえつつ、おすすめブランドをキャッチアップしてみてはいかがでしょう。

近間 恭子

高品質だと評判の財布にも注目を。『モンブラン』ならではの魅力とは

『モンブラン』の財布の特徴は、シンプルで洗練されたデザインであること。派手な装飾や強調されたブランドロゴはないものの、どのモデルにもブランドの象徴である”ホワイトスター”のエンブレムが施されています。主張は控えめですが、わかる人にはわかるというところが刺さる大人も多いのではないでしょうか。

最高峰ブランドだけに、レザーアイテムの品質にもとことんこだわっているのも魅力です。すべてトップレベルの熟練職人が手がけ、使用しているレザーはイタリア産のフルグレインレザーをはじめとする上質なものばかり。そんな作りや素材などへの徹底的なこだわりが、シンプルで大人の品格が漂う財布に仕上げているのです。ちなみに財布の価格帯は3万~4万円台が中心。長く愛用できることを考えると、決して高くないはずです。

素材がポイント。『モンブラン』のおすすめ財布5選

『モンブラン』の財布は、どのモデルも基本的にシンプルなデザイン。違いといえば素材になるので、自分はどんなレザーが好みかを見極めてお気に入りを探してみてください。

アイテム1マイスターシュテュック

深みのある美しい光沢感を放つヨーロッパ産のフルグレインカウハイドを使った「マイスターシュテュック」の二つ折り財布。2つの札入れと4つのカードポケット、フリーポケット、マチのあるコインポケットを装備しています。取り出しやすいようやや湾曲させたカードポケットの形状も特徴的。

■W10.5×H9.5×D1.5cm
■革:カウハイド

アイテム24810ウエストサイド

シャイニーガンメタルの金具を組み合わせた“ホワイトスター”が印象的な二つ折り財布。カウハイドレザーには『モンブラン』のアイコニックなプリントが施され、シンプルなデザインながらも存在感を高めています。Suicaなどを入れるのに便利なポケット付きなのもGOOD。

■W11.5×H9cm
■革:カウハイド

アイテム3モンブラン エクストリーム

カーボンファイバーのプリントをあしらったレザーがクール。控えめながらもバッグなどから取り出したときにパッと目を引くこと請け合いの二つ折り財布です。2つの札入れや8つのカードポケット、4つのフリーポケットと、見た目と裏腹に収納力も抜群。

■W12×H9.5×D2cm
■革:カーフスキン

アイテム4マイスターシュテュック ジップアラウンド ロングウォレット

『モンブラン』独特の深みのある光沢を放つフルグレインカウハイドを採用。ゴールドのファスナーとのコンビネーションにより、そのまま持ち歩いてもサマになるラグジュアリーな表情を演出します。3つの札入れや8つのカードポケットを装備するなど、収納力の高さにも注目を。

■W19.5×H10×D2cm
■革:カウハイド

アイテム5マネークリップ付きウォレット

しなやかなフルグレインカウハイドレザーを用いた札挟みタイプのマネークリップは、サテン/パラジウム仕上げのロゴ入りメタルコーナーが特徴。重なるように設置されたカードポケットが、財布の絶妙なアクセントになってくれます。

■W11.5×H9.5×D1.5cm
■革:カウハイド

出張が多い方なら、『モンブラン』のトラベルウォレットもおすすめ

『モンブラン』ではジェットセッターに向けたトラベルウォレットも展開。財布の域を超える抜群の収納力なので、出張だけでなく、普段使いもしたくなるかも!

アイテム1トラベル コンパニオン

現代のジェットセッターを意識した「トラベル コンパニオン」。スタイリッシュな見た目ながらも、携帯電話や筆記具、航空チケットなど、小ぶりのバッグ並みの収納力を誇ります。ナイロンファブリック×レザーのコンビで、汚れや水、キズに強いのも特筆すべき点。

■W22×H14cm
■素材:ナイロンファブリック&レザー

アイテム2マイスターシュテュック パスポートホルダー

財布ではないですが、こちらのパスポートホルダーは海外出張の多いビジネスマンにおすすめ。パスポートに加え、航空チケットやカードも収納できるので、チェックインや搭乗といったあらゆるシーンをスマートにこなせます。フルグレインカーフスキン製。

■W10×H14×D1.2cm
■革:カーフスキン

財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。

近間 恭子

二つ折り財布は、コンパクトでも使い勝手に優れた逸品を狙え

二つ折り財布は、コンパクトでも使い勝手に優れた逸品を狙え

男性が使う財布の定番である二つ折り財布は、ポケットに収まるサイズ感が魅力。コンパクトでありながら、使い勝手に優れた逸品をピックアップしました。

近間 恭子

三つ折り財布を厳選。4タイプから見るおすすめブランド20

三つ折り財布を厳選。4タイプから見るおすすめブランド20

あらゆる面でスマートさが求められる昨今。コンパクトな三つ折り財布が、大人の男性から支持されています。その魅力から選び方、おすすめまでを掘り下げてご紹介。

近間 恭子

男らしい長財布ブランドはどれ? 革の種類別にセレクトしたおすすめ15選

男らしい長財布ブランドはどれ? 革の種類別にセレクトしたおすすめ15選

昨今コンパクト化が進む財布ですが、長財布も定番として依然人気。品格や貫禄に加えてスマートさも手に入れたいなら、どんな素材やブランドから選べばいいのか紹介します。

近間 恭子

大人の男なら持っていたい。コインケースのおすすめ20選

大人の男なら持っていたい。コインケースのおすすめ20選

財布のスマート化が進む昨今、改めて注目されているコインケース。選び方と合わせて、大人にふさわしいコインケースを3つのニーズ別に紹介します。

ai sato

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    コードバンの財布は唯一無二の存在感。失敗しない選び方とおすすめ10選

    コードバンの財布は唯一無二の存在感。失敗しない選び方とおすすめ10選

    一目でわかる高級感と使うほどに増すツヤ感が魅力のコードバン。なかでも人気の財布にフィーチャーし、その特徴からお手入れ法、おすすめのブランドまでご紹介します。

    近間 恭子

    僕らがゴヤールを持つべき時が来た。バッグと革小物のおすすめ10選

    僕らがゴヤールを持つべき時が来た。バッグと革小物のおすすめ10選

    総柄ながらも品があるアイテムで人気の高い『ゴヤール』。セレブをはじめ、洒落者たちから支持を得ている理由を探るべく、歴史からおすすめ品まで深掘りしてご紹介します。

    近間 恭子

    高感度な大人がグッチの財布に夢中。洗練とクラス感を両得する狙い目10選

    高感度な大人がグッチの財布に夢中。洗練とクラス感を両得する狙い目10選

    コーデには直接関係なくても、日々の相棒である財布はこだわりあるデザインを選びたいもの。ラグジュアリーブランドの中でも人気の高い『グッチ』にフィーチャーします。

    近間 恭子

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    まだまだ続く冬だけに、手持ちのアウターにさらなる一品を加えマンネリ回避を図りたい。となれば、頼りになるのがセレクトショップ。特に日本が誇る二大ショップは心強い。

    菊地 亮

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。

    近間 恭子

    BACK