チョークバッグって何もの?ミニバッグ派におすすめしたい厳選8アイテム

チョークバッグって何もの?ミニバッグ派におすすめしたい厳選8アイテム

クライミングやボルダリングで使われるチョークバッグですが、最近ではミニバッグとして普段使いする人が増えています。サコッシュに代わる旬アイテムとしてチェック必須!

ai sato

2019.08.30

バッグ

ミニバッグがブームの今。次に狙いたいチョークバッグとは

ミニバッグがブームの今。次に狙いたいチョークバッグとは

サコッシュやウエストポーチといった身軽になれるミニバッグが人気の今、次に話題を集めているアイテムがチョークバッグなんです。そもそもチョークバッグとは、クライミングやボルダリングで滑り止めとして使うチョークを入れるためのバッグのこと。腰に付けられ、競技中に片手でもチョークをつけられるよう設計されたそれは、手が出し入れしやすいよう開口部が広く、片手で開け閉めできるようドローコードで開閉できる作りが特徴です。

ミニバッグがブームの今。次に狙いたいチョークバッグとは 2枚目の画像

シエルタシエルタ

お気に入り追加

アウトドアブランドを中心にリリースされているチョークバッグは、コンパクトで身軽になれるだけでなく、おしゃれなデザインも相まって、ファッションアイテムとしてジワジワ人気を集めています。携帯電話や財布などの必要最低限のアイテムだけ持ち歩きたい人にはうってつけで、レジャーはもちろん、タウンユースにも活躍しますよ。

今、手に入れるならこれ。狙い目チョークバッグ8選

機能的でおしゃれなデザインが揃うチョークバッグ。今では従来のチョークバッグにさらに使い勝手の良さを備えたアイテムが揃います。人気のアウトドアブランドを中心におすすめをピックアップ!

アイテム1『マムート』ベーシックチョークバッグ

『マムート』ベーシックチョークバッグ

アルパインローズアルパインローズ

お気に入り追加

『マムート』からセレクトしたのはデザイン性も機能性も備えた1点。黒ベースのシンプルなデザインなら普段のカジュアルにマッチ。深さのあるフォルムで開口部もしっかりと開くので、収納力や取り出しやすさはお墨付きです。ライニングは厚手のフリース地なので、カメラやスマホなどを入れても傷つきにくくおすすめ。

■DATA
W19×H12×D9cm

アイテム2『ザ・ノース・フェイス』ループチョークバッグ

『ザ・ノース・フェイス』ループチョークバッグ

シューマートワールドシューマートワールド

お気に入り追加

軽量で高強度な70デニールのリップストップナイロンを用いて、わずか65gという軽さに仕上げたチョークバッグ。手のひら全体にチョークがつきやすいよう設計された大きめのメインルームは、手を出し入れしやすい角度などにもこだわっていて、小物の出し入れがスムーズ! アウトドアブランドらしいアクティブなロゴ使いもポイントです。

■DATA
W20×H12.5×D8cm

アイテム3『シエラデザイン』チョークバッグ キャンバス

『シエラデザイン』チョークバッグ キャンバス

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

こちらはキャンバス素材を使い、よりナチュラルな雰囲気に仕上げられたチョークバッグ。やさしげなベージュと程良いサイズ感のおかげで、どんなコーデにも馴染みやすいアイテムです。インナーにはソフトなマイクロフリース素材を採用しているため、スマホや鍵などを入れて普段使いするのにもぴったり。

■DATA
W12×H17×D5cm

アイテム4『グレゴリー』チョークバッグ

『グレゴリー』チョークバッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

本格的なアウトドアブランドらしい、武骨で無駄のないフォルムとタフなカモフラ柄が男らしさたっぷり。サイドには鍵などをつけられるループ、フロントには小銭用のポケットを装備しているので、貴重品だけ持って外出、なんていうときにも活躍間違いなしです。

■DATA
W14×H18×D4.5cm

アイテム5『F/CE』メッシュ ショルダーバッグ

『F/CE』メッシュ ショルダーバッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

涼しげな白メッシュ素材を用いたこちらは、チョークバッグをベースに、タウンユースしやすいサイズとシンプルなデザインにアレンジした1品。メッシュ素材の中でも透けにくいジャカードメッシュを採用しているので、貴重品などの小物を入れるのも安心ですね。

■DATA
W24×H20×D14cm

アイテム6『マウンテンマニア』ヘンケイチョークバッグ

『マウンテンマニア』ヘンケイチョークバッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

タウンユースに馴染むアウトドアテイストが光る『マウンテンマニア』。そのチョークバッグは、きちんとマチがありながらすっきりとしたスマートなフォルムが魅力です。肩から斜め掛けしても腰につけても、主張しすぎず普段のコーデにすんなりハマります。

■DATA
W20.5×H23×D5.5cm

アイテム7『ベルウッドメイド』チョークバッグ サコッシュ

『ベルウッドメイド』チョークバッグ サコッシュ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ドローコードで口を閉めるタイプが主流のチョークバッグですが、こちらはジップ仕様で日常でも使いやすいスタイルにアレンジ。前面にジップポケットをプラスして、使いやすさをアップさせています。サイドになびく大きめのロゴが、スポーティなワンポイントに。

■DATA
W19×H19×D9.7cm

アイテム8『アノニム クラフツマン デザイン』ミニショルダー

『アノニム クラフツマン デザイン』ミニショルダー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ショルダーバッグとしてもウエストポーチとしても使える2WAYタイプ。中には仕切りポケットを備えているため、パスケースや携帯電話といったこまごましたものの収納にも便利です。強度と軽さを兼ね備えた撥水ナイロン素材を使っているので、雨や汚れが気になるフェスやアウトドアレジャーのお供としても申し分なし。

■DATA
W15×H20×D13cm

サコッシュ人気継続中。厳選18ブランドをレコメンド!

サコッシュ人気継続中。厳選18ブランドをレコメンド!

一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すれば良いのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

編集ナス

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

TASCLAP編集部

ウエストポーチの人気25ブランド。おしゃれで使いやすいモノ大集合

ウエストポーチの人気25ブランド。おしゃれで使いやすいモノ大集合

コンパクトながらも収納力が高いウエストポーチ。「おすすめのブランドは?」という方へ、人気ブランドを中心に25ブランドのウエストポーチを紹介します。

ai sato

“小さめバッグ”の注目株、ファニーパックって?

“小さめバッグ”の注目株、ファニーパックって?

アクティブな大人が注目する小さめのショルダーバッグ。その中で各ブランドから登場しているのがファニーパックです。それっていったいどんなモノなのでしょう?

編集カク

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人の通勤リュック25選。ビジネスマンにはこのブランドで

    大人の通勤リュック25選。ビジネスマンにはこのブランドで

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    25周年は原点回帰。古き良き薫りのダウンジャケットを復刻リメイク

    25周年は原点回帰。古き良き薫りのダウンジャケットを復刻リメイク

    いつの時代も“限定”という言葉に弱い我々だが、そこにアニバーサリーという特別感も加味されれば、さらに気分が上がることは明白だ。今回ご紹介する『ナンガ』の25周年記…

    TASCLAP編集部

    BACK