テーパードデニムの基本。ブランド毎に選ぶおすすめジーンズ15選

テーパードデニムの基本。ブランド毎に選ぶおすすめジーンズ15選

テーパードデニムという言葉は知っているものの、どういうものかよくわからないという男性は多いはず。その特徴や魅力を解説しつつ、おすすめアイテムも紹介します。

髙須賀 哲

2019.08.27

ボトムス
ジーンズ

基本を押さえよう。テーパードとスリム、スキニーの違い

基本を押さえよう。テーパードとスリム、スキニーの違い

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

テーパードデニムのテーパードとは、英語で“tapered”と表記します。先細りになるという意味で、テーパードデニムとは“先細りになったデニム”を指しています。太ももから裾にかけて全体的に細身になっているスリムシルエットや、体に密着するスキニーシルエットとは異なり、太もも部分に余裕がありながら裾にかけて細くなっていく独特のシルエットが特徴です。

テーパードデニムならではの魅力とは?

テーパードデニムならではの魅力とは?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

テーパードデニムの魅力は、何といってもその優れたシルエットにあります。ストレートシルエットは定番かつ武骨な魅力がありますが、合わせ方によっては少し野暮ったく見えたり脚が短く見えたり……ということがあります。スリムシルエットやスキニーシルエットは、脚のラインがくっきり出てしまうので、人によっては気恥ずかしさを感じてしまったり締め付けられたように感じたりするでしょう。しかし、テーパードシルエットであれば太ももにゆとりがあって、はき心地が良いうえ、脚の形に添った自然で美しいシルエットを生み出してくれます。

テーパードデニムを選ぶ前に押さえたい、「ワタリのサイズ-裾幅=テーパードの角度」

テーパードデニムを選ぶ前に押さえたい、「ワタリのサイズ-裾幅=テーパードの角度」

ベアーズベアーズ

お気に入り追加

テーパードデニムを選ぶときには、ウエスト以外のサイズ感もチェックしましょう。テーパードシルエットの決め手となるのは、太もも付け根のワタリ幅と裾幅のバランス。ワタリが太すぎたり、裾幅が狭すぎたりするとアンバランスになってしまいます。試着するときにそれぞれのサイズ感を確かめて、自分の脚の形に合った1本を選びましょう。

テーパードデニム15選。人気ブランドからピックアップした、おすすめの1本

テーパードデニムは人気の高さから近年では定番アイテムになり、多くのブランドが手がけています。ここでは、そんななかから特に人気の高いブランドのテーパードデニムを15本厳選してご紹介します。コーディネートに取り入れれば、さらに洒脱に装えるはず!

アイテム1『リーバイス』502

『リーバイス』502

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

デニムの王道といえばやはり『リーバイス』。そのなかでも長い歴史を持つ定番モデルが「502」。今はシルエットが現代的にブラッシュアップされており、「501」よりやや太めのワタリから、裾にかけて自然にテーパードしたラインが魅力となっています。「502」特有のジップフライもはきやすくて◎。

隠れた名作。リーバイス502の隠しきれない魅力とラインアップ

隠れた名作。リーバイス502の隠しきれない魅力とラインアップ

今、『リーバイス』の502が人気です。同ブランドといえばまず頭に浮かぶのが501ですが、なぜ最近になって502が注目されているのでしょうか? その理由を解説します。

髙須賀 哲

アイテム2『リー』アメリカンライダース 203 テーパード

『リー』アメリカンライダース 203 テーパード

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『リー』の定番テーパードデニムがこちら。左綾の14.4オンスデニム生地を使ってヴィンテージ感溢れる雰囲気に仕上げられています。それでいて、ゆったりめのテーパードシルエットなので、脚のラインがきれいに見えるうえにはき心地も抜群です。

リーのジーンズ、品番別シルエットまとめ

リーのジーンズ、品番別シルエットまとめ

旬や季節に関わらず活躍するジーンズ。今回は老舗ならではの質をキープしつつ、時代の変化やトレンドに柔軟に対応する『リー』をピックアップ。特徴と種類を紹介します。

編集イトウ

アイテム3『ラングラー』11MWZ

『ラングラー』11MWZ

フェルマートフェルマート

お気に入り追加

1948年誕生という長い歴史を持つ『ラングラー』のジップフライジーンズ「11MWZ」。バックステッチやトップボタンといったオーセンティックなディテールはそのままに、裾にかけてやや細くなる現代的なテーパードシルエットにアレンジされています。

ラングラーのジーンズは名品揃い。定番から注目作まで大集合

ラングラーのジーンズは名品揃い。定番から注目作まで大集合

デニム業界に燦然と輝く『ラングラー』ですが、その詳しいラインアップは意外と知らない方も多いかと思います。定番から注目作まで一挙ご紹介していきましょう。

山崎 サトシ

アイテム4『レッドカード』リズム

『レッドカード』リズム

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ヴィンテージのようなリアルな色落ちと日本人の体型に合ったシルエットで高い評価を受けるジャパンブランド、『レッドカード』の定番モデル。浅めに設定された股上とスッキリしたワタリ、メリハリの効いたテーパードによりシャープな印象に仕上がっています。

レッドカードのジーンズは、なぜおしゃれな大人に愛されるのか?

レッドカードのジーンズは、なぜおしゃれな大人に愛されるのか?

ファッションに詳しい人ほど支持しているジーンズブランドの『レッドカード』。その理由とともに、今シーズン買うべき逸品と着こなしのサンプルを解説します。

平 格彦

アイテム5『リゾルト』712

『リゾルト』712

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

デニムに精通しており“デニムの神様”とも呼ばれる林 芳亨氏が手がけるブランド『リゾルト』のテーパードデニム。やや浅めの股上と膝下からテーパードしたバランスのいいシルエットが魅力です。昔ながらの製法で作られた、凹凸感があって表情豊かなデニム生地も秀逸。

MADE IN JAPANの実力派。リゾルトのジーンズ全型とその魅力

MADE IN JAPANの実力派。リゾルトのジーンズ全型とその魅力

2010年の設立以降、ジーンズを普段着にする大人たちを虜にし続けている『リゾルト』。4型のみのバリエーションにこだわった理由と、それぞれの特徴とは?

菊地 亮

アイテム6『ウエストオーバーオールズ』806T

『ウエストオーバーオールズ』806T

ARKnetsARKnets

お気に入り追加

2017年にスタートした気鋭のデニムブランド『ウエストオーバーオールズ』のテーパードデニム。細身のテーパードシルエットですが、腰回りに余裕があるため圧迫感はありません。また、ベルトループ周りのパーツを省いてスッキリ仕上げるなど独自の工夫が盛り込まれています。

最注目デニム。ウエストオーバーオールズが揃えるこだわり満載のジーンズ

最注目デニム。ウエストオーバーオールズが揃えるこだわり満載のジーンズ

誕生から間もなく、存在感を大いに発揮している新進ブランド『ウエストオーバーオールズ』。その人気の理由と代表的アイテムであるジーンズの注目モデルを紹介します。

平 格彦

アイテム7『オアスロウ』アイビーフィットデニム 107

『オアスロウ』アイビーフィットデニム 107

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

13.5オンスのしっかりしたセルビッジ(赤耳)デニムを使用した細身のジーンズですが、絶妙にテーパードしたシルエットによりはき心地の良さを実現しています。チェーンステッチで仕上げた裾とセルビッジにより、ロールアップしたときもサマになります。

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ヴィンテージを背景に、目の肥えた大人をうならせる圧巻のクオリティーで支持を集める『オアスロウ』。定番モデルを中心に、その魅力を解剖します。

山崎 サトシ

アイテム8『アー・ペー・セー』プチニュースタンダード

『アー・ペー・セー』プチニュースタンダード

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『アー・ペー・セー』の人気定番ジーンズが、こちらの「プチニュースタンダード」。全体的にスリムシルエットで、なおかつ裾に向かってテーパードが効いているため、スラリとした美しい脚のラインが出ます。長年使い続けている日本産デニム生地の深い色合いも秀逸です。

三大モデルが人気! アー・ペー・セーのジーンズが支持される理由

三大モデルが人気! アー・ペー・セーのジーンズが支持される理由

専業ブランドでないにも関わらず『アー・ペー・セー(A.P.C.)』にはジーンズのイメージが強く結びついています。その魅力と人気モデルを詳しくわかりやすく解説しましょう。

平 格彦

アイテム9『ディーゼル』バスター

『ディーゼル』バスター

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

太もも周りにややゆとりを持たせつつ、膝下にかけて細くなっていくスリムテーパードシルエットのジーンズです。浅すぎず深すぎずの適度な股上で、フィット感も見栄えも申し分なし。細部まで凝った『ディーゼル』らしいリアルなダメージ加工も見どころです。

ディーゼルのジーンズ傑作選。定番のジョグジーンズから新作ジョグツイルまで

ディーゼルのジーンズ傑作選。定番のジョグジーンズから新作ジョグツイルまで

『ディーゼル』のジーンズはアメリカに心酔してきた大人たちの信頼を勝ち取ってきた。目利きである彼らの心をつかんで離さない魅力と、ブランドが誇る名作を掘り下げる。

菊地 亮

アイテム10『ジースターロゥ』3301テーパード

『ジースターロゥ』3301テーパード

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

立体裁断のジーンズで有名な『ジースターロゥ』ですが、オーセンティックな5ポケットのテーパードデニムも定番のアイテムです。ベーシックなデザインですが、ヨーロピアンブランドならではの洗練されたテーパードシルエットが品のある足元を演出してくれます。

独創性に満ちたジースターロゥのジーンズ。その魅力を徹底紹介!

独創性に満ちたジースターロゥのジーンズ。その魅力を徹底紹介!

ヨーロピアンジーンズブランドのなかでも、その技術力で一目置かれている『ジースターロゥ』。それまでの概念を覆した、クリエイティビティに満ちたアイテムをご紹介。

編集ムタガミ

アイテム11『エドウイン』ジャージーズ スリムテーパード

『エドウイン』ジャージーズ スリムテーパード

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

人気の高い『エドウイン』の「ジャージーズ」シリーズの1本。縦横にぐいぐい伸びるニット素材を使用していながら、見た目はデニムそのもの。しかもスッキリしたテーパードシルエットが体型をカバーしてくれます。ロールアップするとシルエットの良さがさらに際立ちます。

海外でも高評価! 日本ジーンズの老舗、エドウインの人気モデル徹底解剖

海外でも高評価! 日本ジーンズの老舗、エドウインの人気モデル徹底解剖

今、世界的評価を受ける日本のジーンズ。その礎を築いたといえるブランドが『エドウイン』です。国産初のジーンズを作った老舗が誇る人気モデルの数々を紹介します。

編集オカダ

アイテム12『ウエアハウス』Lot 900XX

『ウエアハウス』Lot 900XX

ベアーズベアーズ

お気に入り追加

ヴィンテージデニムのクオリティを追求したものづくりを続ける日本のブランド『ウエアハウス』のジーンズ。旧式の力織機で織ったセルビッジデニムを使った本格派でありながら、ヴィンテージには見られないテーパードシルエットを採用したユニークな1本です。

日本が世界に誇るジーンズブランド、ウエアハウス

日本が世界に誇るジーンズブランド、ウエアハウス

ジーンズは米国抜きには語れない。ただ、オリジンに勝るとも劣らない質を、国内の匠たちは示してきた。そんな世界から称賛される日本ブランド『ウエアハウス』を紹介。

菊地 亮

アイテム13『ヌーディージーンズ』シンフィン

『ヌーディージーンズ』シンフィン

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

美しいスリムシルエットのデニムで定評のある『ヌーディージーンズ』の「シンフィン」。細身のテーパードシルエットですが、股上が深く、ワタリ部分に余裕があるため、スリムに慣れない人でも難なくはきこなせます。バックポケットの位置が低いので、程良くリラックスした印象になるのも魅力。

大人の美脚デニム。ヌーディージーンズを代表する5つのモデルの合わせ方

大人の美脚デニム。ヌーディージーンズを代表する5つのモデルの合わせ方

ゆったりとしたジーンズが流行っていますが、やっぱり細身も持っていたい! であれば大人の気分にハマる程良く細身のシルエットの『ヌーディージーンズ』がイチ推しです。

CANADA

アイテム14『デンハム』レイザー

『デンハム』レイザー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

シルエットはもちろん、色落ちやパーツなどすべてにこだわり抜いたジーンズで知られるオランダ発のブランド『デンハム』の定番テーパードデニム。自然にテーパードしたシルエットは日本人の体型にもフィット。適度なウォッシュ加工が施されていて、大人っぽくはきこなせます。

デンハムのジーンズはどれも大人好み。通がうなるモデルを解説

デンハムのジーンズはどれも大人好み。通がうなるモデルを解説

ワーク色の強いジーンズにコンテンポラリーな魅力を加味した、日本でも人気の『デンハム』。世界のファッショニスタも注目するその魅力と主要モデルを徹底解剖します。

ai sato

アイテム15『クロ』ディアマンテ

『クロ』ディアマンテ

BORN FREE E-SHOPBORN FREE E-SHOP

お気に入り追加

膝下からテーパードしたシルエットと計算された股上の深さにより、脚長効果を発揮する1本。シャトル織機を使って日本国内で織られた12オンスのセルビッジデニムは表情豊かでありながらストレッチが効いているのでストレスを感じさせません。

世界が注目!新進気鋭の実力派デニムブランド、クロ

世界が注目!新進気鋭の実力派デニムブランド、クロ

日本の高い技術力を武器に高品質なアイテムを展開している『クロ』。ここでは、そんな実力派ブランド『クロ』の魅力と特徴を定番モデルと合わせて紹介していきます。

大中 志摩

今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

テーパードパンツで作る、大人の美脚コーディネート色別実例集

テーパードパンツで作る、大人の美脚コーディネート色別実例集

最近のパンツはテーパードが主流。その特徴を改めて確認しつつ、今っぽく着こなすためのポイントを4大カラー別にわかりやすく見ていきましょう。

平 格彦

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

    山崎 サトシ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    ワイルドで男前なレザージャケット。ハードな印象が強いですが、大人ならスマートに着こなしたいところ。ここでは、コーデのポイントとおすすめブランドを紹介します。

    Goto

    お値段以上! “安いのに使える”スーツ選びのコツとおすすめ8ブランド

    お値段以上! “安いのに使える”スーツ選びのコツとおすすめ8ブランド

    価格が安い=質が悪いというのは今や昔。最近は低価格でも見た目や着心地の良いスーツが増えています。ここでは失敗しない選び方のポイントやおすすめブランドをご紹介。

    近間 恭子

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    時代が変われど“ネルシャツ=定番”という方程式は不変。とはいえ、昔ながらのアイテムゆえに野暮ったさはつきもの。そう見せないための選び方を知っておきましょう。

    山崎 サトシ

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    BACK