2000年“東京発”。ワイアードで手に入れる、センスの良いファッションウォッチ

2000年“東京発”。ワイアードで手に入れる、センスの良いファッションウォッチ

“世界とつながる”、そんな願いを込めて名付けられた時計ブランド『ワイアード』。シンプルながらエッジの効いたビジュアルはファッションウォッチの王道を感じさせます。

増山 直樹

2019.09.07

ワイアード(WIRED)
セイコー(SEIKO)
腕時計

ファッションと機能の両立。『ワイアード』の時計を知ってる?

ファッションと機能の両立。『ワイアード』の時計を知ってる?

腕時計のななぷれ腕時計のななぷれ

お気に入り追加

使い勝手の良い都会的なルックス、手に取りやすい価格帯、そして『セイコー』を出自とする高い信頼性。2000年生まれの『ワイアード』は、総じてビギナーにとってうれしい要素が多く、20~30代の層を中心に支持を拡大する東京発の時計ブランドです。爽やかなブルーをキーカラーとしたメンズラインのほか、レディースやペアウォッチも充実。幅広いラインアップで多様なニーズに応えてくれます。

よりどりみどり。5つのシリーズで見る15本の『ワイアード』

そんな『ワイアード』の豊富なデザインバリエーションは、5つのカテゴリーに分かれています。休日にアクセサリー感覚で取り入れやすい1本から、ビジネスシーンに馴染むモノ、本格的なタフウォッチ仕様のモデルまで。自分のライフスタイルにふさわしい腕時計が、きっと見つかるはずです。

▼シリーズ1:美しく移り変わる空模様を落とし込んだ「TOKYO SORA」

2018年に登場したシリーズ「TOKYO SORA」が描くのは、見上げるたびに異なる東京の空の色。ブルー以外にも、夜空のブラックや曇り空のグレー、夕日のレッドといった具合に美しい色彩が並びます。東京で羽ばたく日を夢見る若者に似合う、SSケース&ブレスレットのきらめきも見どころです。

アイテム1AGAT429

AGAT429

腕時計のななぷれ腕時計のななぷれ

お気に入り追加

シリーズ第3弾として登場。透き通るようなブルーグリーンが示唆するのは、水面に映った東京の空の色です。武骨になりがちなクロノグラフをすっきりとしたレイアウトに収め、清涼感のあるカラーパレットとマッチさせています。

アイテム2AGAW450

AGAW450

深みのあるブルーダイヤルと、ブラックメタルのブレスレットがクールなコンビネーションを形成します。ベゼルに近い部分が盛り上がった立体感のあるダイヤルを採用し、ワールドタイム機能における視認性が向上しました。

アイテム3AGAD095

AGAD095

空だけに(!?)“ソーラー”駆動のクロノグラフもスタンバイします。こちらは夜空を想起させるブラックカラーを纏ったモデル。クロノグラフのほか、ダイヤル7時位置にはパワリザーブ表示の目盛りを配置。実用&デザインの両面で機能するディテールです。

▼シリーズ2:独創的なカットガラスが腕元に輝きを宿す「REFLECTION」

こちらは、空ではなく街。東京の都心部を照らす光の反射をモチーフとして、風防に大胆なカットガラスを採用しました。光を受ける角度によって見え方が絶妙に異なる、個性的なデザインウォッチです。

アイテム1AGAV121

AGAV121

neelセレクトショップneelセレクトショップ

お気に入り追加

多面的にカットされた風防が光を反射し、ブルーグリーンのサブダイヤルを多彩な表情に演出。ブラックのケース&ブレスレットのミニマルさとのユニークな対比を描きます。インダイヤルはそれぞれ、12時位置が24時間計、6時位置がクロノグラフ、9時位置がカレンダー表示になっています。

アイテム2AGAV125

AGAV125

ただでさえ特徴的なトノーケースがカットガラスを備え、より個性的にアレンジされました。コスモ仕上げのサブダイヤルなどディテールも盛りだくさんですが、落ち着いた色味でスタイリッシュに。合わせる服を選ばず活躍しそうです。

アイテム3AGAV114

AGAV114

東京の街を照らす光をモチーフに、メタリックなシルバーカラーを強調した1本です。よく見ると、縦に並んだ2つのインダイヤルをスクエア調にデザイン。モダンなホワイト文字盤の中でアクセントとなり、程良いエッジを効かせています。

▼シリーズ3:男らしく、機能的。空と海の青を宿した「THE BLUE」

全シリーズを通してブルーを基調とする『ワイアード』ですが、中でも今シリーズは青の色合いに注力。海と空の豊かなブルーを、立体感のあるダイヤル上に表現しました。同時に、ダイバーズウォッチやパイロットウォッチのような男らしく機能的なディテールを備えています。

アイテム1AGAW447

AGAW447

腕時計のななぷれ腕時計のななぷれ

お気に入り追加

青みがかったグリーンダイヤルとレザーバンドの組み合わせで、どこかレトロなパイロットウォッチを彷彿とさせます。その面影は、ルミブライト加工が施された針とインデックス、カーブしたガラス風防などにも現出。インナーリングの簡易換算尺も男心をくすぐるディテールです。

アイテム2AGAW439

AGAW439

時計専門店 ラグゼ時計専門店 ラグゼ

お気に入り追加

12面体のケース形状が印象的なこちらは、ブルーのグラデーションダイヤルも流麗。上と同じく簡易換算尺を備えたモデルで、空の腕時計としての個性を匂わせます。緻密なダイヤルデザインをあくまでシンプルに構築し、モダンテイストを損なわない点が見事です。

アイテム3AGAT409

AGAT409

TiCTACTiCTAC

お気に入り追加

さざ波のようなカッティングが施されたベゼルとブルーグラデーションのダイヤルで、水の広がる様子を体現。30m防水と他のモデルに比べて防水性能が高く、シーンを問わずにガシガシ使えるタフウォッチです。リューズガードのディテールも、まさしくダイバーズのそれを喚起させます。

▼シリーズ4:高機能でベーシック。ビジネスシーンでも使える「NEW STANDARD」

最もベーシックなデザインで、ビジネスシーンにも対応。とりわけ使い勝手の良い「NEW STANDARD」シリーズは、社会人の最初の1本にもぴったりです。大半のモデルがソーラー電波修正機能を備えるため、正確性にも優れています。

アイテム1AGAD404

AGAD404

2019年7月に発表された1本。極めてミニマルなデイト表示付きの3針モデルを、ネイビーのようなブルーカラーが精悍に彩ります。ケースデザインも奇をてらわず、まさにベーシック。オン・オフ問わず腕元を支えてくれます。ソーラー駆動のため、電池交換が不要なのも見逃せないポイントです。

アイテム2AGAY009

AGAY009

ソーラー電波で自動的に時刻修正を行うハイスペックモデル。とはいえ3万円弱で手に入るのですから、コストパフォーマンスは特筆ものです。ブラックダイヤルの内周と外周で仕上げを変え、その境界にブルーのラインで引くなど、シンプルな中にもデザイン的な遊びが潜みます。

アイテム3AGAT427

AGAT427

ケースには軽量な純チタンを採用。総重量わずか77gで、快適な着け心地をサポートします。ホワイトシルバーをベースカラーにしたダイヤルで、クロノグラフをモダンに解釈したデザインも特徴的。インダイヤルを立体的にあしらうことで、白一色ながら視認性も十分に確保しています。

▼シリーズ5:重厚感満点。大人にこそ手にして欲しい「SOLIDITY」

日本語で「固体性、中身の充実」。その名の通り、重量感のある“時計らしい時計”が顔を並べます。メカニカルなデザインは腕元で大きな存在感を放ち、アクティブなイメージを助長。なお、こちらにはデジタルウォッチもスタンバイし、それらは『ビームス』との共同プロジェクトとして知られています。

アイテム1AGAW446

AGAW446

neelセレクトショップneelセレクトショップ

お気に入り追加

ビス打ちがされたブルーメタリックのベゼルが、他モデルにはないマッシブな印象を醸す1本。ダイヤル外周の目盛りをグラデーションカラーにすることで、スピード感も演出しています。硬派な見た目ながら、付属の道具を使ってブレスレットの長さを手軽に調整できる親切設計も見どころです。

アイテム2AGAJ702

AGAJ702

こちらは時計専門店「タイムタイム」および「クロノス」限定モデル。シリーズ特有の“金属感”はもとより、逆回転防止ベゼルやリューズのオーリングからは、古き良きダイバーズウォッチの雰囲気が漂います。針などの要所に用いたピンクゴールドカラーが深いネイビーとのコントラストを際立たせ、特別感をアピール。

アイテム3AGAW710

AGAW710

こちらも上と同様、「タイムタイム」と「クロノス」限定モデルとして登場しました。ブレスレットからケース、さらにはダイヤルまで一体となったかのようなステンレススチールケースの色合いを、ピンクゴールドのインデックス&針で華麗な雰囲気に仕立てました。武骨さとエレガンス、そのMIX加減が絶妙です。

コラボも人気。機能と遊びに満ちた3本をレコメンド

人気ウォッチブランドらしく、業種を問わないコラボレーションモデルも展開。前述の『ビームス』のほか、有名ゲームキャラクターと手を組むなど、機能だけでなく遊び心に満ちた時計を数多く発表しています。

アイテム1AGAM403

AGAM403

17年にデビューした「SOLIDITY」シリーズの生誕を祝い、そのデジタルモデルを『ビームス』と共同開発。重厚感のあるケースデザインとフィット感の高いナイロンのNATOベルト、そんなあえてのミスマッチに“らしさ”を感じます。もちろん、デュアルタイムやタイマー機能など、デジタルならではの多機能もウリです。

アイテム2AGAW713

AGAW713

『ソニー』が手掛けるスマートウォッチ『wena』との限定コラボモデルは、電子マネー機能やスマホ連動の通知機能、ログ機能などを装備。カーフレザーとステンレススチールの2本のベルトが付属し、気分に合わせて変えられるうれしい仕様です。立体感のあるダイヤル、美しいブルーグラデーションなど、『ワイアード』らしさも申し分ありません。

アイテム3AGAK706

AGAK706

ブルーダイヤルに鎮座するのは、まさかのマリオ&クッパ! それだけでポップなテイストが際立ちますが、ゲーム内の数字デザインを踏襲したインデックス、スターをかたどった秒針など、そこかしこに遊び心が散見。カーフベルトの裏側にはお馴染みのステージがプリントされるなど、心にくい演出で満ちています。

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計について知れば知るほど、その奥深さがわかるのがセイコーというメーカー。ここではそんな“国産時計の雄”の歴史とおすすめをたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

黒野 一刻

機能に一切の妥協なし。プロスペックスの人気モデルを完全網羅

機能に一切の妥協なし。プロスペックスの人気モデルを完全網羅

『セイコー』が世界に誇るリアルスポーツウォッチ『プロスペックス』。“陸・海・空・走”の各プロフェッショナルが、その機能と設計を賞賛する数少ない本格派である。

ワダ ソウシ

セイコーのアストロン。その魅力と18のおすすめモデルを紹介

セイコーのアストロン。その魅力と18のおすすめモデルを紹介

世界初のGPSソーラーウォッチとして登場して以来、高機能な国産腕時計として支持の厚い『セイコー』の「アストロン」。見た目と機能を両立した、その魅力に迫ります。

横山 博之

機械式時計初心者にも。セイコー5のおすすめラインアップ

機械式時計初心者にも。セイコー5のおすすめラインアップ

安価で入手できる機械式時計として、国内外に多くのファンを持つ『セイコー5』。意味深な“5”が持つ意味をはじめ、豊富なラインアップを順に見ていきましょう。

Hiroshi Watanabe

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

腕時計とは本来、時を知るための実用的な道具。そんなことを思い起こさせてくれるのが、見た目も機能も誠実に作られた『セイコー ブライツ』のラインアップです。

増山 直樹

いくつかの出版社でファッション誌、グルメ誌、サッカー誌などの編集部に所属。2018年からフリーのエディター・ライターに。「衣食蹴」をフィールドに活動中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな…

    TASCLAP編集部

    時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

    時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

    腕時計とは時刻を指し示すもの、というとそっけなく感じてしまうが、その手法はプロダクトによってさまざまだ。キリキリと歯車が回転して時間を刻む、有機的な時の流れを…

    編集ムタガミ

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    BACK