特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

アメリカの特殊部隊をはじめ、過酷な現場で活躍する著名な公共機関が採用。タフネスウォッチの代表格として君臨する『ルミノックス』の、その魅力を再確認します。

夏目 文寛

2019.09.11

ルミノックス(LUMINOX)
腕時計

本物を知る男たちへ。ミリタリーウォッチの粋を宿す『ルミノックス』

本物を知る男たちへ。ミリタリーウォッチの粋を宿す『ルミノックス』

代官山お買い物通り代官山お買い物通り

お気に入り追加

『ルミノックス』はスイスで革新的な夜光システムに出会ったアメリカ人のバリー・コーエン氏が1989年に立ち上げたブランド。ブランド名となっている“ルミ”と“ノックス”はそれぞれラテン語で「光」「夜」を意味し、創業当時からその優れた夜光システムを売りにしていました。その後、1992年から始まる米国海軍特殊部隊ネイビーシールズとの共同開発をきっかけに、押しも押されもせぬアメリカの現代ミリタリーウォッチの要となるブランドへと駆け上がったのです。

『ルミノックス』を第一線へと押し上げた、独自にして究極の発光システム

『ルミノックス』最大の特徴が、ブランド名にもなっている夜光システム。「ルミノックス・ライト・テクノロジー(LLT)」と呼ばれる夜光システムのメリットは自発光する点。そのため、24時間常に発光し続けるのです。このシステムはアメリカの特殊部隊の目に留まります。1992年、夜間任務のために強力なイルミネーションシステムを持った腕時計を探していたネイビーシールズの装備調達担当ニック・ノース氏は、時計展示会で『ルミノックス』を発見。バリー・コーエン氏にネイビーシールズ専用の腕時計製作を依頼し、すぐに共同開発が始まるのです。

『ルミノックス』を第一線へと押し上げた、独自にして究極の発光システム

時計館時計館

お気に入り追加

ここで、「ルミノックス・ライト・テクノロジー」について詳しく説明しましょう。このシステムはスイスMB-マイクロテック社によって開発され、トリチウムガスをマイクロカプセルに封じ込めたのが特徴です。トリチウムガスは放射性物質の1つで、そのメリットは最長25年もの間、自発光するという点(ちなみに人体には影響ありません)。つまり、他の腕時計の夜光は光るために太陽光をはじめとした外光を蓄える必要がある一方、「ルミノックス・ライト・テクノロジー」は自らの力で光るため、真っ暗な空間にずっといても絶えることなく光り続けるのです。

『ルミノックス』を第一線へと押し上げた、独自にして究極の発光システム 2枚目の画像

いわば充電せずにずっと動き続ける電気製品のようなもの。どんな状況でも24時間光り続けるため、一瞬たりとも気を抜けない特殊部隊にふさわしい視認性を『ルミノックス』では常に約束しているのです。

“LLT”だけじゃない。『ルミノックス』の性能を支える2つの技術

過酷な状況下で使用するミリタリーウォッチに必須の条件として、タフであること、軽量であること、そして防水性能が高いことが挙げられます。もちろん『ルミノックス』はこの条件をすべて満たしています。

技術1チタンよりも軽く、高耐久性の「CARBONOX(TM)」素材

チタンよりも軽く、高耐久性の「CARBONOX(TM)」素材

軽量&タフを実現している原動力が、『ルミノックス』が「CARBONOX」として2016年に商標登録した素材です。これまでも軽量かつタフなカーボンモデルを主要モデルに採用してき『ルミノックス』ですが、この新素材はさらに強力。従来に比べて長い繊維のカーボンを採用しており、ステンレスの6分の1、チタンの3分の1しか重量がありません。さらに高耐久、高耐水、高耐薬品、高耐熱(融解温度は280度)と、タフさは申し分なし。素材への並々ならぬこだわりは、戦場での使用を想定したタフな時計作りに対する『ルミノックス』らしさの表れなのです。

技術2日常生活には十分すぎる、高い防水性能も信頼の証し

『ルミノックス』は防水性能も重視しています。そもそも『ルミノックス』のブレイクのきっかけになったネイビーシールズは米国海軍の所属。軍基準のミルスペックを満たすために、高い防水性能は必須だったのです。

日常生活には十分すぎる、高い防水性能も信頼の証し

腕時計のななぷれ腕時計のななぷれ

お気に入り追加

そのため、『ルミノックス』のほぼすべてのタイムピースは200m防水という高い基準を満たしています。そして、ダイバーズモデルに搭載されるのが、ベゼルロッキングシステムです。これは、リューズを覆っている特大のリューズガードが閉じられていると回転ベゼルがロックされて回転しなくなる機構。酸素ボンベの残量時間を計る回転ベゼルの誤作動はまさに命に関わるものなので、これもまたプロユースに則した機能といえます。また、一部モデルには飽和潜水時にヘリウムガスを時計内から排出するエスケープバルブを搭載。『ルミノックス』には実戦の知恵から生まれたさまざまなギミックが搭載されているのです。

陸・海・空を制する『ルミノックス』のタフネスウォッチ9選

『ルミノックス』は陸、海、空すべてのフィールドで、タフなミリタリーウォッチをラインアップしています。ここで、それぞれのシリーズから代表モデルを3本ずつピックアップします。

▼海:ブランドの基幹をなす、ダイビングウォッチ「SEA」シリーズ

『ルミノックス』を一躍有名にしたネイビーシールズとのコラボモデルを擁し、ブランドの大黒柱となるのが、海をフィールドにした「SEA」シリーズです。各国の軍隊に正式採用される本格派のミルスペックミリタリーウォッチから、機械式ムーブメントを採用したプレミアムなダイバーズまで幅広くラインアップしています。

アイテム1オリジナルネイビーシール3000シリーズ

オリジナルネイビーシール3000シリーズ

ネイビーシールズと共同開発し、1994年に登場したRef.3001。そのオリジナル直系現行モデルがこちらです。「ルミノックス・ライト・テクノロジー」を搭載しており、夜間の視認性は群を抜きます。ケース素材は最新の「CARBONOX」ではないものの、ウルトラライトカーボンは十分に軽量でタフ。その重量はわずか42gと、着けているのを忘れてしまうほど。防水性能も200mをキープしていて、日常生活では十分すぎるスペックです。

アイテム2ネイビーシール 3500シリーズ

ネイビーシール 3500シリーズ

2009年に登場し、それまで主軸であった3000系に取って代わってメインストリームとなった「カラーマーク」シリーズ。その系譜に連なるのが、こちらの3500シリーズです。インデックスの大型化によって、『ルミノックス』自慢の視認性を高め、さらに使い勝手が良くなりました。もちろん、ケースにはウルトラライトカーボンを採用。裏蓋は樹脂からスチールに変わったためやや重量は増しましたが、それでも91gと十分軽量です。

アイテム3ディープ ダイブ オートマティック 1520 シリーズ

ディープ ダイブ オートマティック 1520 シリーズ

代官山お買い物通り代官山お買い物通り

お気に入り追加

1520シリーズの防水性能はなんと500m。スイス製の機械式ムーブメントを搭載した、プロフェッショナルのための本格ダイバーズウォッチです。リューズガードを閉じているときは回転ベゼルが自動的にロックされる独自の「ベゼルロッキングシステム」や、飽和潜水に対応したヘリウムガス排出バルブを装備。もちろん「ルミノックス・ライト・テクノロジー」も搭載し、暗い海中でも抜群の視認性を発揮します。

▼空:航空機マニア垂涎。名機の面影を宿す「AIR」シリーズ

「AIR」シリーズは、米国空軍のステルス爆撃機F-117ナイトホークのパイロットからの要請で開発がスタートしました。輝度が高く視認性の良い『ルミノックス』のイルミネーションシステムは、夜間にも任務を遂行する軍用機パイロットにも魅力的だったのです。F-117ナイトホークでの共同開発を成功させた実績から、その後、製造元であるロッキード・マーチン社の他の軍用機、F-16ファイティングファルコン、F-22ラプター、F-35ライトニング、SR-71ブラックバードなどの公式時計ライセンスを『ルミノックス』が獲得し、多くの名作を生み出しています。

アイテム1F-117 ナイトホーク 6400シリーズ

F-117 ナイトホーク 6400シリーズ

『ルミノックス』のパイロットシリーズの始まりとなったF-117ナイトホークシリーズの現行機が6400シリーズ。初代モデルよりもボタンやベゼルが大型化され、グローブをはめたままでも操作できるようになっているのが特徴です。ケースは「SEA」シリーズのカーボンと異なりステンレススチールを採用。F-117と同じくマットな質感のPVD加工が施されており、傷に強く、重厚でクールなルックスを醸し出しています。

アイテム2F-22 ラプター 9240シリーズ

F-22 ラプター 9240シリーズ

EYE-EYE-ISUZU G-Time web storeEYE-EYE-ISUZU G-Time web store

お気に入り追加

世界最強のステルス戦闘機と称されるアメリカ空軍所属のF-22ラプター。『ルミノックス』によるラプターの公式モデルは2016年に登場。アルミ製のベゼルに速度や飛行距離、残燃料の計算が可能な回転計算尺の機能を持たせたオーセンティックなパイロットウォッチです。ムーブメントにはスイスのロンダ製クォーツクロノグラフムーブメントを使用。ケースはチタン製で、金属アレルギーを持っている人でも安心です。

アイテム3P-38ライトニング クロノグラフ 9440シリーズ

P-38ライトニング クロノグラフ 9440シリーズ

第二次世界大戦で活躍したアメリカの戦闘機P-38ライトニングをイメージしたヴィンテージ感溢れるタイムピース。クロノグラフ機能と組み合わせることで、平均速度を計測できるタキメーターをベゼルに装備したスポーティなディテールを持ちながら、クッションケースやカーフストラップでクラシック感も満点。ミリタリーの武骨さを薫らせながら、大人も着けられる渋い一品に仕上がっています。

▼陸:アウトドアからドレスまで対応する都会派「LAND」シリーズ

海、空に続き、『ルミノックス』は陸でも極限の状態に耐えられるタフなプロフェッショナルシリーズをリリースしています。当然ながらブランドのアイデンティティである「ルミノックス・ライト・テクノロジー」は全機種に搭載。防水性能は他のシリーズに譲るモデルもあるものの、ケースのステンレススチールにさらに硬度の高いものを採用するなど、タフネスを追求しているのが特徴です。ルックスも落ち着いたモノが多く、さまざまな装いにもマッチしやすいのがこの「ランド」シリーズなのです。

アイテム1アタカマ フィールドクロノグラフ アラーム 1940シリーズ

アタカマ フィールドクロノグラフ アラーム 1940シリーズ

代官山お買い物通り代官山お買い物通り

お気に入り追加

平均標高2,000m、そして極度の乾燥。世界一過酷な砂漠として知られる南米チリのアタカマ砂漠をモデル名に持つタフウォッチが1400シリーズです。デザインソースは第一次世界大戦時のフィールドミリタリーウォッチで、「ルミノックス・ライト・テクノロジー」に加え、特大のアラビアインデックスがとびきりの視認性を保証します。また、アラーム付きのクロノグラフを装備しており、積算時間を音で知ることができるのも大きな特徴でしょう。

アイテム2フィールド ドレス 1830シリーズ

フィールド ドレス 1830シリーズ

時計館時計館

お気に入り追加

『ルミノックス』の全ラインアップの中でもっともシンプルなのが、この「フィールド ドレス」 というモデルです。“ドレス”という言葉が入っているように、カーフスキンの革ベルトを合わせた上品なルックスはスーツに合わせても全く違和感のない大人顔。とはいえ、そこは『ルミノックス』。暗闇で「ルミノックス・ライト・テクノロジー」が煌々と光るのは、他のミリタリーモデルと同様です。防水性も200mを確保しており、ドレスの皮を被ったタフモデルとも呼べる一品です。

アイテム3ブラック オプス 8880シリーズ

ブラック オプス 8880シリーズ

時計館時計館

お気に入り追加

世界中の特殊部隊に採用されているモデルが「ブラック オプス」。人気を博した前モデルの8800を強力にアップデートした最新作8880シリーズは、風防に強固なサファイアクリスタルを採用しました。ケースには軽量なウルトラライトカーボンを、裏蓋にはステンレススチールを使用してさらにタフさを追求。そして防水性能は200mとそのスペックにスキはありません。ベゼルのレッドインデックスもタフな印象を盛り上げています。

歩みを辞めない『ルミノックス』の、現在を示すモデルたち

『ルミノックス』はさまざまな軍やレンジャー部隊に採用される、タフな状況での使用を想定した時計作りを行うブランド。その設立から30年経った今もなお、極限の世界をフィールドとする各種機関と緊密な連携をとっています。ここでは、そんな『ルミノックス』の新作を中心に紹介していきましょう。

アイテム1ICE-SAR アークティック 1200シリーズ

ICE-SAR アークティック 1200シリーズ

銀座 日新堂 Web Shop銀座 日新堂 Web Shop

お気に入り追加

アイスランド・サーチ&レスキュー隊と共同開発し、2018年に登場した「LAND」シリーズの最新作「ICE-SAR アークティック1000」シリーズが早くも2019年にアップデート。「CARBONOX」素材の前作から、より硬度の高い316Lステンレススチールにケース素材をチェンジし、重厚感と高級感が増しています。文字盤に北半球の地図がスタンピングされているのもデザイン上のアクセント。ストラップのドットはリフレクターになっています。

アイテム2ネイビーシール 3600シリーズ

ネイビーシール 3600シリーズ

由緒正しい『ルミノックス』の王道モデル、ネイビーシールシリーズの最新作がこの3600シリーズです。よりミニマルでソリッドな印象になった今作は素材のアップデートにも要注目。ケースには「CARBONOX」、風防にはサファイアクリスタルを採用しています。さらに、日付表示部には数字を拡大するレンズを搭載。またリューズをプッシュ式からねじ込み式にすることでより防水性を高めるなど、タフミリタリーの名作シリーズは令和の時代も進化を止めません。

10万円以下で厳選。時計ライターおすすめの腕時計15選

10万円以下で厳選。時計ライターおすすめの腕時計15選

機械式でも、クォーツでも、外装とメカの“ホンモノ”らしさが出てくるのは、5~10万円のこのランクから。時計の良し悪しを、じっくり見極めながら選びたいものです。

黒野 一刻

ミリタリーウォッチを語れる男になろう。その魅力を徹底解説

ミリタリーウォッチを語れる男になろう。その魅力を徹底解説

戦場における実用品として誕生したミリタリーウォッチ。そのルーツを知れば、愛用の1本にもっと愛着がわいてくるはずだ。その歴史に迫りつつ、人気ブランドを掘り下げる。

編集ムタガミ

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

その歴史は160年以上。古き良き米国精神が詰まった『タイメックス』は、なぜこんなにも男たちを魅了するのか。顔立ちやコスパの高さだけではない味わい深さを堪能しよう。

小林 大甫

ハミルトンの名機10選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

ハミルトンの名機10選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

アメリカ経済の発展期に創業した『ハミルトン』は、鉄道時計や軍用時計の開発で信頼性を高めた。現在はスイスを拠点に、高コスパかつ高品質な腕時計を手がけている。

ワダ ソウシ

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

ストリートブーム回帰で、今また人気の高まる『Gショック』。アニバーサリーモデルや新作が続々と登場する中、改めて革新的な歴史と独自性の高さが注目を浴びています。

MASAFUMI YASUOKA

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな…

    TASCLAP編集部

    時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

    時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

    腕時計とは時刻を指し示すもの、というとそっけなく感じてしまうが、その手法はプロダクトによってさまざまだ。キリキリと歯車が回転して時間を刻む、有機的な時の流れを…

    編集ムタガミ

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    BACK