革靴はレザーソールか、ラバーソールか? それぞれのメリットやデメリットを比較

革靴はレザーソールか、ラバーソールか? それぞれのメリットやデメリットを比較

アッパーはもちろんですが、アウトソールの素材も革靴にとっては重要。どんなソールが自分に合っているのか? レザーソールとラバーソールのメリットとデメリットを解説!

近間 恭子

2019.11.03

レザーシューズ
シューズケア

レザーソールとラバーソール、どちらを選ぶが正解?

レザーソールとラバーソール、どちらを選ぶが正解?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

革靴のソールに使われている素材は、大きく分けるとレザーとラバーの2種類。一般的にレザーソールはビジネス、ラバーソールはカジュアルで取り入れられる傾向にありますが、最近はビジネス用途でもラバーソールに人気が集まっています。まずはそれぞれのメリットやデメリットを知り、自分に合ったソールを見極めましょう。

ドレスシューズのスタンダード。伝統的な“レザーソール”のメリットとデメリット

ドレスシューズのスタンダード。伝統的な“レザーソール”のメリットとデメリット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

古くから紳士靴のスタンダードであるレザーソール。昨今は機能的なラバーソールにやや押され気味ではありますが、その圧倒的な高級感とフォーマルさは唯一無二。そして今もなおスタンダードであり続けるのには理由があります。例えば極めて優れた通気性や耐熱性など……。下記ではレザーソールのメリットとデメリットを詳しく解説します。

メリット1通気性に富み、長時間履いてもムレにくい

通気性に富み、長時間履いてもムレにくい

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

レザーソール最大のメリットが、通気性に優れている点。そもそも人間の体で足の裏がもっとも発汗するといわれています。なので、通気性の悪いシューズだとムレやすく、季節を問わず不快に感じることも。その点、レザーソールは通気性に富んでいるのでムレにくく、長時間履いていても快適に履くことができるのです。

メリット2ラバーソールにはない優れた耐熱性

ラバーソールにはない優れた耐熱性

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

亜熱帯と化している日本の夏は、強い日差しと高温により、アスファルトの温度もグンと上がります。そこで活躍するのが耐熱性に優れたレザーソール。アスファルトの熱によってシューズ内の不快さが増すことを防ぐことができるうえ、ゴムのように溶けてしまう心配も無用です。

メリット3弾力性が高く、履き込むほどに足に馴染んでいく

弾力性が高く、履き込むほどに足に馴染んでいく

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

履く人の好みにもよりますが、レザーソールはしなりが良く、足馴染みが良いのも特徴。履き込むほどに自分の足に合っていくので、育てる楽しみも味わえます。長年愛用することが前提の革靴において、レザー製のソールは理に叶っているといえるでしょう。

メリット4なによりレザーソールは見た目がかっこいい!

なによりレザーソールは見た目がかっこいい!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

今まで機能面におけるメリットをお伝えしましたが、最後に見た目について。ソールがレザー製だとアッパーとの一体感が出て、より品格ある足元を構築できます。レザーソールならではのカツカツと小気味よい歩行音も、ラバーソールにはない魅力だと思います。

デメリット1雨に弱くて滑りやすい

レザーが雨に弱いのはご存じかと思いますが、特に路面との接着面であるソールは負担が大きいんです。しかも濡れたまま放置してしまうと、最悪の場合はカビが生えてしまうことも。また、ソール面に凹凸がなくてフラットゆえ、例えば駅のホームや階段などでは滑りやすいという欠点もあります。

デメリット2雨などで濡れた場合はメンテナンスが必須

上記で述べた通り、レザーソールを濡れたままにするとカビが生えてしまいます。それを回避するには、きちんと乾燥させるだけでなく、メンテナンスも必要不可欠。なので、メンテナンスを面倒に感じるという人は、レザーソールは避けたほうが良いかもしれません。

レザーソールをカスタマイズするのもおすすめ

レザーソールの滑りやすさや傷のつきやすさが気になる方は、それらをカバーしてくれるカスタマイズがおすすめ。ハーフラバーやトゥスチールを取り入れることで、レザーソールの使い心地を自分仕様にアレンジできます。試してみたくなったら、近くのリペアショップに持ち込んでみましょう。

レザーソール最大の欠点をカバーするハーフラバー

レザーソール最大の欠点をカバーするハーフラバー

雨に弱くて滑りやすいというレザーソールの欠点を緩和し、ソールの長寿化にもつなげられるのが、前半分のみにラバーを貼り付けたハーフラバーです。雨が染み込まないのでカビも生えづらく、ラバーだけを張り替えられるのも利点。ただし、レザーソールならではの返りの良さやムレにくさなどの長所が半減してしまうことも覚えておきましょう。

つま先の削れが気になる人はトゥスチールで補強

つま先の削れが気になる人はトゥスチールで補強

トゥスチールはソールのつま先側につける金属板のこと。このメリットはつま先が削れにくくなるだけでなく、ハーフラバーを貼り付けている場合はその剥がれを防ぐこともできます。ただし一方でスチールは水で錆びやすく、また滑りやすくなるというデメリットも。

レザーソールは定期的なメンテナンスが必須

レザーソールは定期的なメンテナンスが必須

オレンジヒールオレンジヒール

お気に入り追加

レザーソールは歩いているうちに地面に削られ、革が毛羽立ってきてしまいます。それによって摩擦がさらに発生しやすくなり、連鎖的にソールが削られてしまうので、定期的にメンテナンスを行いましょう。また、雨などで濡れたものを乾燥させると油分も一緒に抜けてしまうため、潤いをプラスすることも重要です。

レザーソールは定期的なメンテナンスが必須 2枚目の画像

オレンジヒールオレンジヒール

お気に入り追加

レザーソールのメンテナンス手順はこちら。

1.ソールが乾いた状態でシューツリーを外し、馬毛ブラシを使ってチリやホコリを落とします。

2.リムーバーをクロスに少量取り、ソールを拭いてしっかり汚れを落としましょう。

3.レザーソール用の栄養剤やオイルで油分を与えます。この際には豚毛のペネイトブラシを使うときれいに塗れるのでおすすめ。

4.ソールにクリームを塗り込んで浸透させればOK。しっかり保湿することで、ソールのすり減り防止にもなりますよ。

耐久性に優れ、雨にも強い。“ラバーソール”のメリットとデメリット

耐久性に優れ、雨にも強い。“ラバーソール”のメリットとデメリット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

少し前まではラバーソールの革靴=見た目がイマイチというイメージがありましたが、最近では多くのブランドに採用されており、ルックス面も飛躍的に向上。レザーソールが不得意とする部分を補う機能を持っていることもあり、今や一般的な靴底としての地位を確立しています。もちろんラバーソールにもデメリットはあるので、ソールの素材を選ぶ際の参考にしてみてください。

メリット1耐水性に優れているので雨の日でも安心して履ける

耐水性に優れているので雨の日でも安心して履ける

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ラバーソールの大きなメリットは、耐水性に優れている点でしょう。水が染み込まないので雨の日でも履くことができ、かつ靴の中が濡れる心配も無用。加えて、靴底が濡れた場合にもメンテナンスする手間を省けるので、お手入れが苦手という人におすすめの素材なのです。

メリット2ラバーゆえにグリップ力が強くて滑りにくい

ラバーゆえにグリップ力が強くて滑りにくい

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

雨の日でも滑りにくいところがラバーソールの機能的なメリット。しかもラバーソールのほとんどに凹凸が刻まれているので、レザーソールにはない優れたグリップ力を手に入れられます。クッション性も高いので、快適な履き心地が味わえますよ。

メリット3レザーソールに比べ、張り替えが安価

レザーソールに比べ、張り替えが安価

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

革靴を長く履くためには、定期的なソールの張り替えが必須です。値段が張るからとソールがダメになるギリギリまで履いてしまうと、靴自体の劣化を早めてしまうことも。その点において、ラバーソールは比較的リーズナブルに張り替えることができるので安心です。

メリット4履き始めから履き心地の良さを感じられる

履き始めから履き心地の良さを感じられる

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

レザーソールは履くほどに足に馴染んできますが、その過程を不快に感じてしまう方もいるでしょう。逆にラバーソールは最初からしなりが良く、クッション性にも富んでいるので抜群の履き心地を味わうことができるのです。なので、革靴初心者もチャレンジしやすいはずです。

デメリット1水を通さない半面、通気性が悪くてムレやすい

ラバーソールの優れた耐水性は、ときにデメリットになることも。それは通気性が悪く、靴の中がムレやすいと感じてしまうところです。湿度の高い夏や足裏に汗をかきやすい人は、特に不快に感じることが多いかもしれません。

デメリット2レザーソールよりもフォーマル度は低い

最近はラバーソールでもドレッシーな顔つきの革靴も増えていますが、フォーマル度においてはレザーソールよりも下に位置づけられています。カジュアルシーン・ビジネスシーンでは問題なく取り入れられますが、冠婚葬祭にはあまり適していないので注意しましょう。

押さえておきたい、代表的なラバーソールの種類

ラバーソールには多くの種類があります。選ぶ際の参考にしたい代表的なものをピックアップしました。

種類1ドレスシューズにも多用されるダイナイトソール

ドレスシューズにも多用されるダイナイトソール

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ドレスシューズのラバーソールに多いのがダイナイトソール。正式名称はスタッデッドソールですが、イギリスのハルボロラバー社が生産したダイナイトブランドが有名になり、一般的にダイナイトソールと呼ばれています。歩行時に最適なグリップ力を生む凹凸ある形状ですが、外観はフラットなのでビジネスマンにも支持されています。

種類2グリップ力が強く、ソフトで履き心地のリッジウェイソール

グリップ力が強く、ソフトで履き心地のリッジウェイソール

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

“あぜ道”を意味するリッジウェイソールも、ダイナイトブランドから生まれたもの。ダイナイトソールが”点”なら、リッジウェイソールは”線”で足を支える形状なので、ややソフトな履き心地が味わえます。ただ、見た目がややカジュアルなので、ビジネスシーンではビジカジやジャケパンに適したソールです。

種類3ボリュームがあって機動力抜群のコマンドソール

ボリュームがあって機動力抜群のコマンドソール

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

重厚感のある外観と極めて強いグリップ力を持つコマンドソールは、そもそも登山用ブーツのソールとして生まれたもの。山道や岩場などの足元が悪い場所での歩行も可能で、名前の通り軍用靴にも採用されています。なので、カジュアル向きのソールといえるでしょう。

基本的にはお手入れいらず。ラバーソールのメンテナンス方法

基本的にはお手入れいらず。ラバーソールのメンテナンス方法

ラバーソールは基本的にお手入れ不要。ただ、ラバーは付着したゴミが取れにくいというデメリットもあるので、長く履くにはある程度のメンテナンスをするよう心掛けましょう。

ラバーソールのメンテナンス手順はこちら。

1.付着したゴミをブラシで取り除き、リムーバーで表面の汚れを落とします。

2.マルチカラーローションを塗り込み、サッと乾拭きすれば完成。

レザーソールに比べるとかなり簡単なので、面倒くさがらずに定期的に行うようにしましょう。

レザーか、ラバーか。用途に合わせて最適なものを選ぼう

レザーか、ラバーか。用途に合わせて最適なものを選ぼう

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

レザーソールとラバーソールを比べてみると、それぞれ良さがありますよね。なので、どちらかに優劣をつけるのではなく、用途や着こなしに合わせて使い分けるのがスマートだと思います。例えば同じビジネスシーンでも晴れの日はレザーソール、雨の日はラバーソール。天気によって使い分けると、それぞれの魅力をより実感できるかもしれません。

男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

スニーカーもいいですが、秋冬の男の足元には革靴がやっぱりよく似合います。選び方から大人におすすめのブランド、その主要モデルまでをピックアップしました。

近間 恭子

雨の日でも履ける上品顔の革靴。梅雨に備えて狙うべき7足

雨の日でも履ける上品顔の革靴。梅雨に備えて狙うべき7足

上品顔でありながら、雨の日にも対応する革靴の選び方からおすすめ品、お手入れ術までをご紹介。本格的な梅雨シーズン到来の前に、雨の日用の革靴を新調しましょう。

近間 恭子

知らなかった……靴のこと。デザインで異なる革靴のフォーマル度

知らなかった……靴のこと。デザインで異なる革靴のフォーマル度

革靴には、外羽根、内羽根、プレーントゥ、ストレートチップなど、いろんなデザインがあります。これ、実はフォーマル度が違うって知ってましたか?

池田 やすゆき

ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

足元はビジネススタイルの要。見た目はもちろんですが、履き心地も重視したいところです。頼れる1足を見つけるために、選び方のポイントや信頼できるブランドをご紹介!

近間 恭子

雑誌やカタログ、webなどを中心に活動中。ファッション・旅・酒をこよなく愛し、年に2回はすべての欲求を満たすために海外へ。ストレス発散のため週一のヨガは欠かせない。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    ブーツの名門『レッド・ウィング』のなかでも、「ベックマン・ブーツ」は代名詞的な存在。その魅力を改めて知ることで、相棒として長く付き合っていきましょう。

    山崎 サトシ

    男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

    男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

    スニーカーもいいですが、秋冬の男の足元には革靴がやっぱりよく似合います。選び方から大人におすすめのブランド、その主要モデルまでをピックアップしました。

    近間 恭子

    革靴はレザーソールか、ラバーソールか? それぞれのメリットやデメリットを比較

    革靴はレザーソールか、ラバーソールか? それぞれのメリットやデメリットを比較

    アッパーはもちろんですが、アウトソールの素材も革靴にとっては重要。どんなソールが自分に合っているのか? レザーソールとラバーソールのメリットとデメリットを解説!

    近間 恭子

    メンズブーツ大集合! 種類別に人気ブランドをレコメンド

    メンズブーツ大集合! 種類別に人気ブランドをレコメンド

    デザインや用途が多種多様なブーツを、エンジニアブーツやチャッカブーツ、サイドゴアブーツなど種類別に整理。それぞれ人気ブランドをピックアップした。

    大中 志摩

    洗濯のプロに聞くスニーカーの洗い方

    洗濯のプロに聞くスニーカーの洗い方

    トレンドコーデを作るのに欠かせない存在であるスニーカーですが、汚れたままでは大人のカジュアルスタイルにはふさわしくありません。そのメンテナンス方法を早速伝授!

    CANADA

    BACK