チェック柄スーツがビズコーデの格上げに効く。マスターすべき選び方とコーデ術

チェック柄スーツがビズコーデの格上げに効く。マスターすべき選び方とコーデ術

無地やストライプを押さえたら、次にチェック柄のスーツも揃えましょう。英国調のクラシック感を演出できて着こなしに差がつきます。コーデ例とともに着こなし術を解説!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2021.06.14

クラシック回帰の今、チェック柄のスーツが活躍必至!

クラシック回帰の今、チェック柄のスーツが活躍必至!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スーツの定番といえば、まず無地やストライプ柄が筆頭に挙げられますが、それらを押さえたら次にぜひトライしてほしいのがチェック柄。取り入れればそれだけで着こなしが新鮮に映り、コーデが確実にクラスアップできます。折しもスーツ界ではクラシックなテイストが人気再燃中。英国らしいトラディショナルな雰囲気の漂うチェック柄のスーツは、まさにうってつけというわけです。柄のセレクトを間違わず、上質感のあるスーツさえ選べば、着回すのも思いのほか簡単なので一度お試しを!

ビジネススーツで選ぶべきチェック柄はこの3種類

どんなチェック柄を選べば良いかわからない、という人もいるかもしれませんが、実はスーツで選ぶべきチェック柄はそう多くありません。ここでは代表的なチェック柄を紹介。ここで挙げる3つの柄か、それに近いチェック柄を選ぶようにしましょう。クラシックなテイストの柄を選ぶのが鉄則です。

チェック柄1

グレンチェック

グレンチェック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヘアラインチェックやハウンドトゥースといった細かい格子柄を組み合わせたのがグレンチェックです。「グレン」は「渓谷、峡谷、谷間」といった意味で、スコットランドの谷あいで織られていたのが名前の由来といわれています。ウール素材の生地に用いられることが多く、温かみとクラシックなムードを備えています。

チェック柄2

ハウンドトゥース

ハウンドトゥース

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

細かくてクラシカルなチェック柄です。「ハウンドトゥース」は「猟犬の牙」という意味で、格子を構成する柄が牙に似ていることが名前の由来です。日本では千鳥格子とも呼ばれ、これもやはり千鳥の飛ぶ姿に似ていることがネーミングの由来。モノトーンやブラウン系の色使いが多く、クラシックかつ上品なイメージです。

チェック柄3

ウインドウペン

ウインドウペン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「窓枠」がネーミングの由来。「ウインドウペン」だけでなく「ウィンドウペーン」などとも表記されますが、いずれもシンプルで大きめな窓枠のような格子柄を指します。汎用性が高いため幅広いアイテムに使用されていますが、スーツで取り入れる際は落ち着いた色使いのウインドウペンを選ぶのが原則です。

カラー別に解説。チェックスーツをおしゃれに着こなすためのコーデ術

チェック柄スーツをおしゃれに着こなすためのコーディネートテクニックを、9体のお手本スタイルとともに紹介。スーツのカラー別に解説していくので、使えそうなエッセンスだけでも取り入れてみてください。

▼カラー1:グレーのチェック柄スーツ

コーデ1

グレー系のチェックスーツをシンプルに着こなした基本形

グレー系のチェックスーツをシンプルに着こなした基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

グレンチェックのスーツはグレー系の色味が定番。鉄板のミディアムグレーを選べば、無地やストライプのグレースーツと同じような感覚で着こなすことができます。このコーディネートでは、白無地のシャツに小紋柄のネクタイをセット。Vゾーンが王道的だからこそ、スーツの柄が際立っています。遊びすぎていない正統派のバランスが絶妙です。

コーデ2

チェック柄が目立つライトグレーのスーツはVゾーンで落ち着かせる

チェック柄が目立つライトグレーのスーツはVゾーンで落ち着かせる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ライトグレーのチェック柄スーツは、トーンが明るいのに加えて柄のラインが目立つのでカジュアルな印象に映りがち。そこで、Vゾーンを落ち着かせることで引き締めるのがおすすめ。このスタイリングでは、ダークカラーが基調のネクタイを合わせることでトラッドな落ち着きを与えています。バランスを整えたことでカジュアル感が緩和され、こなれた着こなしに。

コーデ3

チャコールグレーのダークトーンでで落ち着かせたお手本

チャコールグレーのダークトーンでで落ち着かせたお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダークなチャコールグレーのチェック柄スーツは、落ち着きのある雰囲気。その魅力を生かすため、さらにダークなネクタイを合わせて品格を高めたコーディネートです。フォーマルなムードになりすぎないように、サックスブルーのシャツでこなれた印象もプラス。爽やかさと品格が同居したスーツスタイルにまとめています。

グレースーツを攻略するコーデと8つのおすすめブランド

ウェア・コーデ

グレースーツを攻略するコーデと8つのおすすめブランド

グレースーツの着用マナーや、おしゃれに着こなすための攻略術を解説。合わせて、おすすめしたいブランドやサンプルコーデも紹介していく。

大中 志摩

2018.02.02

▼カラー2:ネイビーのチェック柄スーツ

コーデ4

チェックのネイビースーツは同系色でまとめるのが定石

チェックのネイビースーツは同系色でまとめるのが定石

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらのダークネイビーのスーツは、そこまでチェック柄が目立ちません。そのため、無地のネイビースーツに近い感覚で着回すことができます。ネイビーのクールな魅力を生かすなら、ブルーのシャツを合わせるのがイチ押し。さらに、ブルー系のネクタイを選ぶと爽快で精悍なスーツスタイルに仕上がります。

コーデ5

クールな印象を加速するなら、スーツ&ネクタイもダークに

クールな印象を加速するなら、スーツ&ネクタイもダークに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ウインドウペン柄のダークなスーツをセレクト。その表情を強調するため、スーツとネクタイを同じくらい濃い色味で揃えてクールにコーディネートしています。ネクタイは王道のレジメンタルストライプですが、スーツがチェック柄なので無難な印象はなく、こなれたムードも漂っています。

コーデ6

クラシックなムードを演出するならスリーピースが最適

クラシックなムードを演出するならスリーピースが最適

WEAR

WEAR

お気に入り追加

少し意外性のあるタータンチェックを採用したスーツですが、ダークトーンで落ち着いたムード。しかもスリーピースなので、クラシックな品格も感じさせます。コーディネート全体が暗くなりすぎないように、Vゾーンは明るめのトーンで統一。チーフとのリンクも活用して清潔感をプラスしています。

ネイビースーツをもっとおしゃれに。大人な着こなしとおすすめブランド一覧

ウェア・コーデ

ネイビースーツをもっとおしゃれに。大人な着こなしとおすすめブランド一覧

ビジネスもフォーマルなシーンでも役立つネイビースーツはメンズのマストバイ。どう意識すればネイビースーツをおしゃれに着こなせるのか、コーデサンプルをお届けする。

TASCLAP編集部

2018.02.01

▼カラー3:ブラウン&ブラックのチェック柄スーツ

コーデ7

ブラウンのチェック柄スーツはウォーム感を生かすのが王道

ブラウンのチェック柄スーツはウォーム感を生かすのが王道

WEAR

WEAR

お気に入り追加

温かみを振りまくブラウンのスーツは、チェック柄を選ぶとこなれたイメージが拡大します。スーツのウォーム感を生かすために、暖色を使ったネクタイを合わせるのがおすすめ。この好例では、ブラウンのドットタイを選んでいます。温かい印象に終始せず、シャツはホワイトにしてクリーンな印象を加味したバランスが秀逸!

コーデ8

軽やかで新鮮なライトブラウンのスーツを生かしたお手本

軽やかで新鮮なライトブラウンのスーツを生かしたお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

同じブラウンでも、明るいトーンのチェック柄スーツを選ぶとかなり軽やか。グレンチェック柄の存在感が際立ち、クラシックなムードも漂っています。このコーディネートでは、ネクタイもライトなトーンをセレクト。ニットタイを選ぶことで、こなれたムードをさりげなく演出しているのがポイントです。

コーデ9

ブラックのチェック柄スーツはモノトーンでまとめるのが正攻法

ブラックのチェック柄スーツはモノトーンでまとめるのが正攻法

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックスーツは無地だとフォーマルなイメージになりすぎてしまいがち。チェック柄なら程良く表情があり、冠婚葬祭のような印象が払拭可能。ビジネスシーンで使いやすいのでおすすめです。このお手本ではグレンチェックをセレクト。光沢感のある生地がエレガントなムードです。ブラックスーツならではのクールな雰囲気を生かしたいなら、全身をモノトーン系でまとめるのが有効です。

新鮮でエレガント。今おすすめのチェック柄スーツ5選

最後は、すぐに買えるおすすめのチェック柄スーツをピックアップ。ロープライスのスーツとはひと味違う上質感のあるタイプを中心にセレクトしました。とはいえ高価なアイテムばかりではないので、じっくりチェックしてみてください。

アイテム1

『タケオキクチ』番千鳥グレンチェックスーツ

『タケオキクチ』番千鳥グレンチェックスーツ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

威厳や品格を感じさせるブリティッシュスタイルのグレースーツです。柄は「番千鳥」と呼ばれるグレンチェックの一種で、ベースの千鳥柄は向かい合った番(=つがい)がモチーフ。メランジ調の表情があり、こなれたスーツスタイルを演出するのも簡単。グレーだけでなくネイビーも選べます。

アイテム2

『スーツセレクト』マルゾット 2つ釦 ワンタック スリーピーススーツ

『スーツセレクト』マルゾット 2つ釦 ワンタック スリーピーススーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ソフトなムードのグレンチェックがリュクスなムード。イタリア最大の毛織物メーカー「マルゾット」の生地で、ノーマル糸とプリントライク糸をMIXすることで、ふっくらマイルドに仕上げています。シルエットは「クラシコテーパード」で、イタリアンクラシコをベースに現代的なトレンドも取り入れ、腕先や足先を適度にテーパードしています。

アイテム3

『マッキントッシュ フィロソフィー』トロッタージャケット ウインドウペーン ストレッチ

『マッキントッシュ フィロソフィー』トロッタージャケット ウインドウペーン ストレッチ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

快適な出張のために搭載した機能性で大人気のトロッターシリーズの1着。英国の伝統を感じさせるウインドウペン柄が上品ですが、ストレッチ性が高く、ストレスのない着心地を実現しています。ウール特有の繊細な風合いを再現していますが、素材はポリエステル×レーヨン。シワになりにくく、家庭で洗濯も可能です。忙しいビジネスマンにこそおすすめ! ※セットアップのスラックスは別売りです。

アイテム4

『グリーンレーベルリラクシング』レダ アクティブ 千鳥 3B HXD HP スーツ ジャケット

『グリーンレーベルリラクシング』レダ アクティブ 千鳥 3B HXD HP スーツ ジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリアの名門服地メーカー『レダ』の生地を採用。ニュージーランド産のウールを使用し、イタリアで織り上げた上質感溢れる生地ですが、ナチュラルストレッチが効いていて着心地は快適です。細かい柄のハウンドトゥースなので、無地に近い感覚で着回しやすいのもポイントです。※セットアップのスラックスは別売りです。

アイテム5

『エストネーション』ロロピアーナレインシステム グレンチェックダブル6釦スーツ

『エストネーション』ロロピアーナレインシステム グレンチェックダブル6釦スーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ここぞという勝負時や、年輩の方に会うときなどは、フォーマルなムードが漂うダブルブレストのスーツもおすすめです。グレンチェック柄の生地は名門テキストメーカー、ロロ・ピアーナ社のもの。特殊な加工により、ウール100%の上質感と撥水性&防汚性を兼ね備えています。スーツの品格を強調するため、シンプルに着こなすのがイチ押しです。

スーツのブランドならまずはココ! 選んで間違いなしの人気&定番30選

ウェア・コーデ

スーツのブランドならまずはココ! 選んで間違いなしの人気&定番30選

30代以上の大人にふさわしいスーツは、人気ブランドから探すのが正解。シルエットや着用感はもちろん、年齢相応の品格も演出できる30ブランドをピックアップしました。

池田 やすゆき

2021.01.18

スーツの着こなしをおしゃれに見せる5つのポイント

ウェア・コーデ

スーツの着こなしをおしゃれに見せる5つのポイント

ルールを押さえたうえで、個性を少し加えるのがスーツをおしゃれに着こなすコツ。意外と知られていない基本から改めて解説します。旬や個性を加味するヒントも紹介!

平 格彦

2020.03.18

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事