インナーダウン専業ブランド、タイオンが気になる!その魅力とアイテム一覧

インナーダウン専業ブランド、タイオンが気になる!その魅力とアイテム一覧

ダウンの新定番ブランドとして注目されている『タイオン(TAION)』。多くのセレクトショップで取り扱われる人気モノですが、そこには知って納得の理由があるんです。

山崎 サトシ

2019.11.10

タイオン(TAION)
アウター
ダウン

『タイオン(TAION)』の取扱店舗が急増中。その理由とは?

今や飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進する『タイオン(TAION)』は、2016年に日本で誕生したインナーダウン専門のブランド。読んで字の如し、その名は“体温”に由来しています。「シップス」や「ビームスライツ」、「アーバンリサーチ」を筆頭とした有力セレクトショップで展開されるほか、米国やアジア、欧州でも取り扱われているグローバルなダウンブランドです。

多くの人気ショップから注目され、現在は別注作も数多く手掛ける『タイオン』。圧倒的な支持を受けるその理由は、“高いクオリティとコストパフォーマンスの両立”というブランドの指針に集約されています。詳しくは後述しますが、手掛けるダウンはどれも良い意味で価格に見合わぬ頼もしいスペック。また、余計な装飾を排除したシンプルデザインも特徴です。

その人気ぶりに思わず納得。数字で読み解く『タイオン』の魅力

価格以上の品質があるとはいうものの、具体的に『タイオン』のインナーダウンは何がどう優れているのでしょうか。同ブランドの製品に見られる“数字”に着目して、その魅力を読み解きます。

ヒント190:10

ダウン90%に対しフェザー10%。これは中に充填する羽毛のもっとも理想的な割合とされ、これが『タイオン』のインナーダウンの多くでも踏襲されています。ちなみにダウンとは水鳥の胸毛部分のこと、フェザーは羽根のことを指します。保温性の高いダウンに硬さのあるフェザーを10%混ぜることで、暖かさはもちろん型崩れしにくいという特徴も両立できるんです。

ヒント2650

羽毛のかさ高性を表す単位であるフィルパワー。一般的にはこのフィルパワーが550以上の数値だと、暖かい高品質ダウンと定義されます。そんな中、『タイオン』の製品で使用する羽毛のフィルパワーはその基準を大きく上回る650。保温性抜群なのは、この良質な羽毛のおかげというワケです。

ヒント3アンダー10,000

650フィルパワーの羽毛を中に充填し、表地には撥水性に富む高密度ナイロンを使用するのが『タイオン』の基本スタイル。これだけ機能面に配慮しながらも、大半の製品がアンダー1万円というのだから驚くばかり。コストパフォーマンスが高いので、色違い・カタチ違いで買い揃える人も多いんです。写真のようなキッズサイズも展開されているので、子供用もぜひチェックしてみてください。

欲しい定番が勢揃い。『タイオン』のダウンをディテール違いで紹介

冬の着こなしにおいて心強い盟友となる『タイオン』のインナーダウンを一挙見せ。それぞれで微妙にデザインが異なるので、好みに応じて選びましょう。どれも家庭洗濯OK、かつ専用の収納袋が付属するのが共通項。別注モデルも充実しているので併せてチェックを!

アイテム1Vネックボタン インナーダウンベスト

抜群の暖かさを誇りながらも、薄手&細身の作りなのですっきりと着用可能。テーラードのようなきれいめジャケットのインナーとして活用しても着膨れしないので便利です。フロントはボタン開閉式で、両脇にはファスナーポケット付き。

アイテム2クルーネック ダブルジップ インナーダウンベスト

設立時から高い人気を誇るベストセラー作。ネックラインは丸首仕様で、フロントにはファスナーを採用しています。どんなアイテムともレイヤードしやすいので重宝すること必至。ダブルジップでニュアンス付けが行いやすいのも美点です。

アイテム3インナーダウン リバーシブルベスト

ブランド初となるリバーシブルタイプのベスト。表地はプレーンな無地Vネックベストですが、反対側はトレンドの英国調チェックで彩られています。コーデに応じて自在にアレンジできるので、費用対効果は絶大!

アイテム4『タイオン』×『シップス』別注 シームレス Vネック インナーダウン ベスト

『シップス』による別注ダウンベストは、圧着処理を駆使したシームレス仕様。縫製糸を廃したことにより、一段とミニマルなルックスを実現しています。また、ボタンとボディカラーを同系色でリンクさせたのもこだわり。表地にはマットな風合いのポリエステルを抜擢しました。

アイテム5クルーネックボタン インナーダウンジャケット

ジャケット型の1着ですがベストと同様の薄手&細身仕様でかさばらず、レイヤード力に秀でています。チラ見せでも目を引く鮮やかなカラーリングなので、着こなしの挿し色として投入するのも◎。

アイテム6クルーネックダブルジップ インナーダウンジャケット

取り回しの良いダブルジップデザイン。クルーネック型だから襟付きシャツの上に合わせやすいというメリットもあります。アウター&インナー、どちらとしても使いやすいオールラウンダーは1着持っておいて損ナシ。

アイテム7パイピング ダウンカーディガン

インライン製品では主に高密度ナイロンを表地に使用する『タイオン』ですが、今作は軽量ポリエステル製。さらに、コーデュロイによるパイピングで冬らしさを高めています。大人っぽいカーディガン型なので、ビジネスシーンでも活用しやすいはず。

アイテム8『タイオン』×『メンズ メルローズ』別注クルーネック インナーダウンジャケット

上で紹介した「クルーネックダブルジップ インナーダウンジャケット」をベースとした別注品。裏地の配色を変えたバイカラー仕様となっており、着用のネイビーモデルは裏地がブラックにアレンジされています。両ブランドのタグが首元に付いているのもコラボならでは!

アイテム9『タイオン』×『シップス』別注 シームレス クルーネック インナーダウン カーディガン

先程の『シップス』とのコラボベストと同様、こちらもステッチを省いたシームレスデザイン。マットなポリエステル素材とも相まって都会的な1着に仕上がっています。ステッチを使わない圧着式ダウンは、縫い目から羽毛が飛び出す恐れがないのも強み。

アイテム10オーバーサイズダウンパーカー

新作のダウンパーカーは、他のインナーダウンとは異なりややオーバーサイズ気味なサイジングとなっているのが特徴。特にストリート系の着こなしと相性の良いアイテムです。冬のコーデをトーンアップするポップな色合いも印象的!

アイテム11『タイオン』×『シップス ジェット ブルー』別注ステッチレス リバーシブル クルーネックダウンジャケット

昨年も発売された別注リバーシブルダウンに新作が登場。袋状に織られた生地に羽毛を充填することで、縫い目のないクリーンな風貌を実現しています。表地はツヤ感を抑えたポリエステルを特別に採用し、収納袋も両者のロゴが入るオリジナルデザインに。

ダウンジャケットのコスパぶりは、『タイオン』のダウンマフラーにも

『タイオン』では防寒小物として活躍するダウンマフラーもラインアップ。ウェア類と同様、価格を抑えつつも650フィルパワーの良質な羽毛を注入しています。展開するのは裏地がフリース素材で肌触りの良いネックウォーマー型と、首元に程良いボリューム感を演出できるストール型。前者は表地に定番の高密度ナイロンを、後者は耐久性に富むリップストップポリエステルを駆使しています。

あの暖かさを首元にも。ダウンマフラーは頼もしい冬のパートナー

あの暖かさを首元にも。ダウンマフラーは頼もしい冬のパートナー

防寒の要であるマフラー。今おすすめしたいのは断然、ダウン素材の1本です。暖かさは抜群だし、さらに旬のアウトドアテイストも手に入るとくれば、これはマストハブ!

TASCLAP編集部

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

TASCLAP編集部

着こなしの幅が広がる! インナーダウンの簡単でおしゃれなコーデ術

着こなしの幅が広がる! インナーダウンの簡単でおしゃれなコーデ術

インナーダウンをまだ活用していないとしたら、もったいない! 手に入れて3シーズン使いこなしましょう。 季節ごとのコーディネート例を紹介するので、ぜひ参考に。

平 格彦

インナーダウンといえばココ! モンベルはやっぱりコスパ抜群

インナーダウンといえばココ! モンベルはやっぱりコスパ抜群

インナーダウン人気に火をつけた『モンベル』。大人の男性がハマる『モンベル』のインナーダウンが持つ魅力やコーディネートへの活用方法を、あますところなく紹介します。

桐田 政隆

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。特に街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    バンソンのライダース。“最香”の男らしさと至高の防寒性をジャッジ

    バンソンのライダース。“最香”の男らしさと至高の防寒性をジャッジ

    ハード&タイトな着心地と革とガソリンの匂いに包まれた『バンソン』は、アメリカンライダースジャケットの雄。その魅力を掘り下げながら、おすすめのアイテムを紹介します

    那珂川廣太

    ヘリーハンセンのアウター。マウンテンパーカー、ダウンを中心に人気作をお届け

    ヘリーハンセンのアウター。マウンテンパーカー、ダウンを中心に人気作をお届け

    セーリングを出自とするノルウェー発の『ヘリーハンセン』。今やそのフィールドを海辺からバックカントリーまで広げている同ブランドの魅力とおすすめアウターをご紹介。

    那珂川廣太

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    アイテムリスト

    BACK