永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

ブーツの名門『レッド・ウィング』のなかでも、「ベックマン・ブーツ」は代名詞的な存在。その魅力を改めて知ることで、相棒として長く付き合っていきましょう。

山崎 サトシ

2019.11.14

レッド・ウィング(RED WING)
ブーツ

創業者の名を冠するブーツ。「ベックマン・ブーツ」は定番にふさわしい

創業者の名を冠するブーツ。「ベックマン・ブーツ」は定番にふさわしい

『レッド・ウィング』の創業者であるチャールズ・H・ベックマン氏の名を冠した「ベックマン・ブーツ」といえば、「アイリッシュセッター」と並んでブランドを代表するマスターピース。20世紀初頭より存在する同社の6インチラウンドトゥブーツをベースに、現代的な素材&テイストを落とし込んで製作されています。質実剛健な作りと完成されたルックスを兼ね備えており、アメカジ好きの大人たちにとっては欠かせない定番ブーツです。

ルーツはドレスシューズ。だから、佇まいの美しさはブランド随一

ルーツはドレスシューズ。だから、佇まいの美しさはブランド随一

ETOFFEETOFFE

お気に入り追加

開拓時代の面影を残す約100年前の米国西部では、シンプルな6インチ丈ブーツがドレスシューズとして履かれることが多かったそう。実は「ベックマン・ブーツ」の原型となる6インチラウンドトゥブーツも、ワーカー用ではなくドレスシューズとして履けるよう開発されたモノなのです。1920年の『レッド・ウィング』のカタログにおいても、原型モデルはフォーマルな用途を想定し“for General Wear”として紹介されています。そんな出自を持つ「ベックマン・ブーツ」だけに、佇まいはワーク然とし過ぎずシャープで紳士的。すっきりした形状&上質な素材感ゆえ、ジーンズからスラックスまで幅広いパンツとマッチします。

ルーツはドレスシューズ。だから、佇まいの美しさはブランド随一 2枚目の画像

sasaya楽天市場店sasaya楽天市場店

お気に入り追加

しかし、その耐久性は一線級のワークブーツにもまったく引けを取りません。堅牢なグッドイヤーウェルト製法を駆使して作り上げられ、アウトソールにはブランド独自のベックマン・ソールを採用(一部モデルを除く)。端正なレザーソールにグリップ力&耐久性に秀でるラグソールを半貼りした仕様となっているベックマン・ソールは、上品さと実用性を兼備しています。悪天候だってナイーブになる必要がない頑丈な作りですから、日常でのヘビロテも余裕! もちろんソール交換もOKです。

「ベックマン・ブーツ」のアッパー素材といえばフェザーストーンレザー

「ベックマン・ブーツ」のアッパー素材といえばフェザーストーンレザー

GMMSTOREGMMSTORE

お気に入り追加

「ベックマン・ブーツ」の大半で使われているレザーといえば、オリジナルで開発されたフェザーストーンレザー。牛1頭からわずか5%しか取れない最高品質の牛革を使い、自社が所有するタンナリーにてなめされるプレミアムなレザーは、極上の透明感と強靱な耐久性を両立しています。また、オイル&ワックスをたっぷりと含んでいるので履くほどに深い色合いへと育っていき、やがて自分だけの1足に仕上がるのです。

「ベックマン・ブーツ」のアッパー素材といえばフェザーストーンレザー 2枚目の画像

上記でクローズアップしている赤茶のモデルを履き込んだのが、こちら。トゥなど擦れる箇所は明るくなり、逆に履きジワ部分やタン部分などはより深い色調へと変化しているのがわかります。また、初めは透明感のある光沢をたたえていたアッパーの表面もラギッドな輝きへとシフト。アッパーとソールをつなぐウェルト部分も飴色に変化し、重厚なイメージを強めています。ブーツに詳しくなくても目を奪われるこの美しい経年変化こそ、フェザーストーンレザーのブーツを持つ醍醐味でしょう。

ちなみに、「ベックマン・ブーツ」は2017年から2種類存在している

ちなみに、「ベックマン・ブーツ」は2017年から2種類存在している

ETOFFEETOFFE

お気に入り追加

「ベックマン・ブーツ」のラインアップには、2017年より「ベックマン・フラットボックス」という新型が加わっています。パッと見は非常に似ている両者ですが、最大の違いはトゥ部分に硬い先芯が入っていない点です。この“先芯無し”の仕様は、現代のブーツにおいてはかなり少数派。1960年代までは一定数存在し、かつて『レッド・ウィング』でも先芯無しのブーツは製造されていましたが、時代の変化とともに徐々に見る機会はなくなっていきました。そんなオーセンティックなディテールを再現したモデルというワケです。

ちなみに、「ベックマン・ブーツ」は2017年から2種類存在している 2枚目の画像

ETOFFEETOFFE

お気に入り追加

トゥに入った先芯は強度を高める役割を担うため、長期間履き続けてもつま先は変形しません。しかし先芯がない「ベックマン・フラットボックス」は、耐久性こそ先芯入りブーツに劣るものの、その分つま先の革が足に馴染むため履き心地が極めて快適なんです。経年変化により革のふくらみは落ち着き、写真のようにシャープなルックスとなります。なお、アウトソールは定番のベックマン・ソールから変更。柔らかくて反りの良いグロコード・メダリオン・ソールを用いて、着用感を一段と快適なものにしています。また、一部のモデルではブラック・クロンダイクと呼ばれる、茶レザーを黒い塗膜でコーティングした“茶芯”のレザーを使用しています。

先人に倣う。「ベックマン・ブーツ」ラバーたちはこう履きこなしている

最後は、「ベックマン・ブーツ」を取り入れた着こなしサンプルをお届け。王道のジーンズを筆頭として、その他にもさまざまな好相性ボトムスが存在するので、ここでチェックしておきましょう。

▼チェック1:王道中の王道。「ベックマン」×ジーンズの黄金律を3賢人に見る

やはり「ベックマン・ブーツ」と相思相愛のボトムスといえばジーンズ。いたって簡単に、こなれたアメカジスタイルに仕上げられます。街のファッショニスタたちの間でも、ジーンズ×ベックマンの組み合わせは定番化しています。

コーデ1ワークの中にきれいめ感を注入したデニム・オン・デニム

ワークの中にきれいめ感を注入したデニム・オン・デニム

WEARWEAR

お気に入り追加

デニム生地を使ったカバーオールに、テーパードを効かせた濃紺色の「505」を組み合わせれば、男らしさの中に品格を感じさせるデニム・オン・デニムコーデが完成。足元のすらりとした「ベックマン・ブーツ」もジーンズのきれいなシルエットを邪魔せず、着こなしのクリーンさを加速させる一因となっています。

コーデ2ミリタリーアメカジにブーツであか抜け感をひとさじ

ミリタリーアメカジにブーツであか抜け感をひとさじ

WEARWEAR

お気に入り追加

刺繍によるカスタマイズが目を引くヴィンテージのミリタリージャケットに、90’sの『リーバイス』を合わせたミリタリー×アメカジの古着MIXスタイル。足元には履き込んでくたり感の出た「ベックマン・ブーツ」をピックアップし、あか抜けた印象を注入しています。赤茶とインディゴブルーの色味もベストチョイスですが、カーキカラーとの相性も抜群なんです。

コーデ3アクティブな印象のダウンをベックマンで街っぽく着こなす

アクティブな印象のダウンをベックマンで街っぽく着こなす

WEARWEAR

お気に入り追加

ダウンジャケットは本来、アクティブな雰囲気の色濃いアイテム。ですが、程良く褪せたジーンズと細身の「ベックマン・ブーツ」の投入によりタウンコーデっぽく料理することに成功しています。被りものにキャップではなくハットをプラスすれば、装いの都会感はさらにアップします。

▼チェック2:美しい出で立ちで汎用性抜群。「ベックマン・ブーツ」はこんなパンツとも好マッチ

ほんのりと上品さを感じさせるブーツは汎用性に秀でていて、合わせるパンツはジーンズに限りません。特にチノパンツ・ワイドパンツ・コーデュロイパンツとは抜群の好相性を発揮。着こなしをワンランク上へ導けます。

コーデ1クールなモノトーンコーデを赤茶のブーツで味付け

クールなモノトーンコーデを赤茶のブーツで味付け

WEARWEAR

お気に入り追加

グレーチノパン×ブラックレザージャケットによる、クールなモノトーンスタイルがベース。すっきりした装いですが、足元にはコクのある色味を纏うフェザーストーンレザーを使った「ベックマン・ブーツ」を取り入れ、さりげなく味を出しています。

コーデ2今っぽいオーバーサイズな着こなしとも難なくマッチ

今っぽいオーバーサイズな着こなしとも難なくマッチ

WEARWEAR

お気に入り追加

必ずしもほっそりとしたパンツに合わせなくてはいけないかというと、そんなこともありません。例えばこちらは、ワイドシルエットのイージーパンツ&カバーオールにより抜け感漂うオーバーサイズで仕上げたコーデ。ボリュームを抑えた「ベックマン・ブーツ」は、ゆるい着こなしの引き締め役としても作用します。全体的に落ち着いた色味を意識したのも高ポイント。

コーデ3安定感あるボトムス×シューズなら、トップスや小物で遊べる

安定感あるボトムス×シューズなら、トップスや小物で遊べる

WEARWEAR

お気に入り追加

秋冬らしいほっこり顔のコーデュロイパンツも、奥深い表情の「ベックマン・ブーツ」と親和性の高いアイテム。安定感ある組み合わせのため、ジャケットやインナー、被りもので色や柄を取り入れてもバランス良く見せられます。

コーデ4ジャケットとの合わせが、大人の余裕を生み出す

ジャケットとの合わせが、大人の余裕を生み出す

WEARWEAR

お気に入り追加

本来はドレスブーツだった、という出自を思い起こさせてくれるのがジャケットスタイルとのマッチング。遊び心のある金ボタンのブレザーとブーツをリンクさせるコーデュロイパンツのセレクトで、全体を巧みにまとめ上げています。フォーマルすぎるスーツではミスマッチにもなるでしょうが、こんなジャケパンスタイルなら「ベックマン・ブーツ」の重厚さもよく似合います。大人になったからこそ試したい、上級者スタイルです。

10年愛するために。「ベックマン」はマメにお手入れを

10年愛するために。「ベックマン」はマメにお手入れを

Take it easyTake it easy

お気に入り追加

きちんとメンテナンスすればずっと愛用できる「ベックマン・ブーツ」。特にホコリや汚れを落とすためのブラッシングは、履くたびに実施したほうが良いでしょう。そして定期的にオイルやコンディショナー、クリームなどでレザーのケアを行うこともお忘れなく。ケア製品は『レッド・ウィング』が自社で出しており、そちらを使用するのがベターです。ホームページやYouTubeの 公式チャンネル でケアの方法が紹介されているので、ぜひそちらも参考に!

10年愛するために。「ベックマン」はマメにお手入れを 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

なお、基本は無色のクリームを使用しておけばOKですが、ブーツ愛好家の中には赤茶のレザーのメンテにブラックのクリームを使用することで重厚な色味に仕上げている方もいます。陰影がはっきりするため、より男らしくラギッドなスタイルに似合う顔立ちに変化するのです。ただ、あくまで自己責任なので試してみる前に先人たちのエイジングサンプルはチェックしておきましょう。

男なら知っておきたい。レッド・ウィングの人気ブーツ5モデル

男なら知っておきたい。レッド・ウィングの人気ブーツ5モデル

タフな見た目と履き込むほど経年変化が楽しめる魅力の『レッド・ウィング』。多くのファッショニスタを魅了するブランドの歴史や人気モデルについてご紹介します。

八木 悠太

定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

老舗ブーツメーカーとして世界的に名を馳せる『レッド・ウィング』。誰もが通るブランドだからこそ、その着こなし方で差を付けるべきだ。人気の5モデルにフォーカス。

牟田神 佑介

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

『レッド・ウィング』と聞くと名作「アイリッシュセッター」や「ベックマン」が思い浮かぶ。だが、「ポストマン」シリーズもまたコアなファンを抱え続ける人気銘柄だ。

牟田神 佑介

メンズブーツ大集合! 種類別に人気ブランドをレコメンド

メンズブーツ大集合! 種類別に人気ブランドをレコメンド

デザインや用途が多種多様なブーツを、エンジニアブーツやチャッカブーツ、サイドゴアブーツなど種類別に整理。それぞれ人気ブランドをピックアップした。

大中 志摩

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    ブーツの名門『レッド・ウィング』のなかでも、「ベックマン・ブーツ」は代名詞的な存在。その魅力を改めて知ることで、相棒として長く付き合っていきましょう。

    山崎 サトシ

    MADE IN USAを履く。チペワのブーツ、大人の足元に威厳を添える全9モデル

    MADE IN USAを履く。チペワのブーツ、大人の足元に威厳を添える全9モデル

    スニーカーブームもひと段落し、徐々にワークブーツに視線が集まりだした昨今。アメリカの老舗ブーツメーカーである『チペワ』について、今一度おさらいしておきましょう。

    那珂川廣太

    日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う

    日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う

    スニーカーよりもう少し上品に昇華したい、ドレスシューズのような革靴よりちょっとカジュアルに落とし込みたい。ローファーはそんな我々の欲望を満たしてくれる最適な靴…

    TASCLAP編集部

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    BACK