今、狙い目。オーバーサイズのニットでコーデの幅が一気に広がる

今、狙い目。オーバーサイズのニットでコーデの幅が一気に広がる

今っぽいリラックス感と大人らしい品格を備えたコーディネートが簡単に構築できるオーバーサイズのニット。選び方から着こなしテク、おすすめアイテムまで徹底解説します!

平 格彦

2019.11.14

トップス
ニット・セーター
秋の着こなし・コーデ
冬の着こなし・コーデ

オーバーサイズのニットなら、今どきなバランス感が手に入る

今ニットを着るなら、オーバーサイズを選ぶのがおすすめです。その最大の理由は、1枚で旬なバランスがいとも簡単に手に入るから。ニット特有の上品なムードを、ゆったりしたサイズ感で適度にカジュアルダウンでき、大人っぽさと今っぽさが好バランスで融合した着こなしがすぐに完成します。今からニットを買い足すなら、ぜひオーバーサイズをチョイスしましょう。

オーバーサイズニットを選ぶとき、押さえておきたい3つのポイント

その人気の高さを証明するように今、オーバーサイズのニットは実にバリエーション豊富にラインアップされています。その中から、大人なバランスで着こなせる1枚を選ぶためのポイントを3つに絞ってご紹介するので、きっちり押さえつつセレクトしてください。

ポイント1丈は長過ぎないほうが大人なバランスに

オーバーサイズといっても、ビッグなシルエットのニットなら何でもいいという訳ではありません。大人なバランスを目指すなら、丈はジャストかちょっと長めなくらいがおすすめ。丈が長過ぎるとルーズな印象が高まってしまうので、着丈はほどほどで身幅だけがワイドなタイプを選ぶようにしましょう。袖丈に関しては、少しくらい長くても折り返したりロールアップしたりと対処が可能なのでさほど気にしなくてもOK。何よりも着丈の長さに注意してください。

ポイント2着回しやすい無地や定番の編み柄を選ぶのが基本

いうまでもなく、派手な総柄よりもシンプルな無地を選んだほうが大人っぽい印象に仕上がります。特にオーバーサイズだとカジュアルに見えがちなので、無地を選ぶことで大人なバランスに導くのがおすすめ。無地に飽きた場合は、編み柄などで表情を与えたタイプを選ぶと良いでしょう。さらに変化がほしい場合にはクラシックな伝統柄を選べば子供っぽい印象を避けることができます。まずは着回しやすさにも優れる無地か編み柄入りを揃えてみてください。

秋冬の主役候補。ケーブルニットの着こなしとおすすめ

秋冬の主役候補。ケーブルニットの着こなしとおすすめ

1枚でも存在感があるケーブルニット。その着こなし方や押さえるべきブランドを整理しました。オンシーズンをむかえる前に、秋冬の主役トップスの攻略法を予習しましょう。

N.A

ノルディックニットで大人の冬コーデに温もりを

ノルディックニットで大人の冬コーデに温もりを

着こなしに温もりや季節感を演出してくれるノルディック柄ニットは、ぜひこの冬挑戦して頂きたいアイテム。大人が取り入れるポイントとおすすめを紹介します。

TASCLAP編集部

ポイント3カラーで個性やトレンドを取り入れる

最近はオーバーサイズニットのバリエーションが充実。ワントーンの無地か編み柄入りに限定したとしても、カラーの選択肢は豊富にあります。そこで、個性やトレンドはカラーで取り入れるようにしてみてください。丈が長過ぎないシンプルなニットなら、カラーで少し遊んでもカジュアル過ぎるイメージになることはありません。人気が続いているのは、ベージュやオフホワイトなどのナチュラル系に、テラコッタやオレンジ系のカラー。オリーブやグリーン系も新鮮でおすすめです。

オーバーサイズニットを巧みに取り入れたコーディネートの好サンプル

選び方がわかったら、オーバーサイズニットをどう着こなすかが大切。タイプの異なるコーディネート例をピックアップし、スタイリングのポイントを解説していきます。自分に合いそうなサンプルがあったら、すぐにでも取り入れてみてください。

着こなし1オーバーサイズニットを大人っぽく着こなした基本形

ゆったりしたサイズ感のケーブル柄ニットがコーディネートの主役。赤に近いテラコッタ系のオレンジがインパクトを放っています。スラックスタイプのテーパードパンツを選びつつ、下半身をブラックで揃えて上品に引き締めているのもポイント。全身のサイズ感が絶妙で、大人カジュアルのお手本的なバランスにまとまっています。

着こなし2シャツをインナーに組み込んで大人っぽさを強調

オーバーサイズニットはインナー選びでも印象が変わります。大人っぽく仕上げたいなら、断然シャツ。このコーディネートはニットだけでなくパンツもゆとりのあるシルエットですが、インナーから覗くシャツの上品なアクセントが、カジュアル過ぎる印象になるのを防いでいます。シャツの白がニットのブルーの引き立て役となっているのもポイント。

着こなし3丈感を意識してオーバーサイズニットをインナーとして活用

着丈がやや長めのオーバーサイズニットを選びつつ、それよりも丈が短いアウターを重ねることで裾部分にレイヤードを形成。アウターのショート丈が印象に残るため、上半身がコンパクトに見えるコーディネートに仕上がっています。スリムなジーンズを合わせて脚長効果をさらにプラス。

着こなし4オーバーサイズ気味なアウターを選べば着こなしは自在

オーバーサイズニットは極端なほど大きいシルエットは避けたほうが無難。ちょっと大きめくらいのシルエットのほうが大人っぽさを損なわないのに加え、インナーとしても着回しやすいからです。このコーディネートもオーバーサイズのニットをインナー使いした好例。アウターもワイドなサイズ感なので違和感なくセットできています。シンプルなジーンズスタイルをサイズ感でアップデートしたバランスが巧妙!

着こなし5人気が継続しているオーバーサイズのコートとも相性抜群

オーバーサイズといえばニットよりコートを連想する人が多いかも知れません。それほどに人気が継続し、すっかり定着しているオーバーサイズコートですが、当然ながら大きめなニットとは相性抜群です。細めのパンツでメリハリをつけて引き締めるのが定石。このスタイリングでは、インナーにシャツを組み合わせることで大人な印象を一層高めています。

コスパなアイテムを厳選。大人におすすめのオーバーサイズニット10銘柄

最後はおすすめのアイテムをピックアップ。今回は特に、コストパフォーマンスに優れるニットをセレクトしました。手が届きやすいアイテムばかりですので、すぐにでもワードローブに加えてください!

アイテム1『フリークスストア』ビッグシルエット ミラノリブ クルーネックニット

こちらのニットは全体としてベーシックな面持ち。ゆったりした身幅と極端なドロップショルダーがビッグサイズ感を強調しています。ストレッチ性に優れるミラノリブ編みのニット生地が快適な着心地を実現。ワードローブに1枚あるとなにかと便利でコーディネートの幅が広がります。

アイテム2『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』エア シャギー ワイドフォルム ニット

鮮やかなロイヤルブルーが目を引くニットは、スタイリングのアクセントとしてうってつけ。シャギー感があるため、温かみや風合いを感じさせる表情に仕上がっています。メインの素材には、アルパカの中でも希少で上質なスーリー種を使用。ウール、ナイロン、ポリウレタンを混紡することでフワッとした触感に仕上げています。適度にワイドなシルエットは大人でも着こなしやすいバランスです。

アイテム3『ティーケータケオキクチ』ビッグビッグケーブルニット

このニットはタートルネックとケーブル柄を兼備しているため、表情豊かで1枚でもサマになるデザイン。その魅力を引き立てるべく、シンプルに着こなすのがおすすめです。もちろん、ワイドな身幅やドロップショルダーを取り入れたリラックス感のあるシルエット。自宅でも洗える素材なので、ヘビーローテーションで活用したくなります。

アイテム4『ステュディオス』リップル編みビッグシルエットクルーネックニット

シンプルで着回しやすいクルーネックのニットです。余裕のある身幅とドロップショルダー仕様により、リラックスしたムードが生まれるように計算されています。横向きに走るラインが特徴的なリップル編みの生地がさりげなく新鮮な表情も演出。1枚でもインナーでも使いやすいニットです。

アイテム5『チャオパニック』ビッグシルエットVネックプルオーバーニット

シャープな首周りを演出してくれるVネック仕様を採用した1枚。浅めのVネックなので下品に映ることはなく、定番のクルーネックと同じような感覚で着こなせるのがポイントです。ややワイドな身幅と少し短めの着丈というバランスが今どきで、インナーとしても使いやすい仕上がりです。

アイテム6『ユーエスポロアッスン』別注ビッグシルエット ケーブルニット

ケーブル編みのパターンがクラシックなムードを放つクルーネックニット。アメリカ唯一のポロ競技オフィシャル団体として1890年に設立された『ユーエスポロアッスン』への別注品で、左胸にあしらわれたアイコンの刺繍が絶妙なアクセントに。今っぽいオーバーサイズ加減にこだわって仕上げられています。

アイテム7『ジュンレッド』ビッグチルデンニット

無地のベーシックなニットに飽きたら、ライン使いが特徴的なチルデンニットもおすすめ。大きく開いたVネックもチャームポイントで、トラッドなムードを放ってくれます。首周りのレイヤードによって表情を変えることができ、シャツやタートルネックとも相性は抜群です。しかもこの1枚は、ゆったりしたシルエットがモダン。

アイテム8『ルイス』ビッグシルエット タートルニット 12カラーズ

カジュアルに見えがちなオーバーサイズのニットだからこそ、上品に映るタートルネックタイプを選ぶと簡単に大人なバランスに整います。しかもこのニットはアイテム名にある通り、12色という多様なカラー展開。カラバリが充実しているので、ピンクやグリーンなどで個性を主張することも可能です。

アイテム9『ティーケータケオキクチ』ビッグビッグモックネックニット

タートルネックより高さを抑えたモックネックを採用。タートルネックが苦手な人でも取り入れやすく、保温性や品の良さ、新鮮味をプラスできるので試してみてください。このアイテムなシンプルなデザインで、1枚で着て主役になるだけでなく、インナーで着て脇役としても活躍してくれる逸品です。幅広なシルエットに加え、ドロップショルダーや広めの袖が程良いルーズ感を演出してくれます。

アイテム10『フリークスストア』ビッグシルエット オーバーサイズ ノルディック 球心ニット

伝統的なパターンなら、柄入りのニットでも例外的に大人っぽくまとまります。例えばこの1枚はノルディック柄。首を中心に放射状に広がる求心柄が特徴的で、インナーとして着用した際にもクラシックな個性を主張してくれます。ソフトな素材感とリラックスできるシルエットで着心地は快適です。

定番&注目アイテム勢揃い。大人にハマる人気ニットブランド10選

定番&注目アイテム勢揃い。大人にハマる人気ニットブランド10選

ニットは秋から冬、さらには春までヘビロテすることになるアイテムだけに、“良いモノ”をゲットするのが正解。というワケで、定評のある人気ブランドから探しましょう!

山崎 サトシ

オーバーサイズを徹底攻略。着こなしのヒントと活用アイテム10選

オーバーサイズを徹底攻略。着こなしのヒントと活用アイテム10選

リラックス感のあるオーバーサイズの着こなしが定番化。だらしくなく見せず、おしゃれに着こなすためのヒントとマストバイのアイテムを紹介します。

TASCLAP編集部

気になるトレンド。ビッグシルエットのトップスの着こなし方を徹底解説

気になるトレンド。ビッグシルエットのトップスの着こなし方を徹底解説

昨シーズンに引き続きトレンドとして君臨するビッグシルエットですが、下手を打つと野暮ったく見えがち。着こなし&おすすめアイテムを押さえ、おしゃれに演出しましょう。

山崎 サトシ

ニットの種類を総まとめ。編み方や素材の違いがまるわかり

ニットの種類を総まとめ。編み方や素材の違いがまるわかり

秋・冬・春と大人コーデに欠かせないニット。ゲージや編み方など、あなたはニットについてどのくらい知っていますか? 購入時の参考になるニットのアレコレを紹介します。

近間 恭子

オーバーサイズコートが今、スタンダード。大人流の選び方とコーデ術

オーバーサイズコートが今、スタンダード。大人流の選び方とコーデ術

すっかり市民権を得たオーバーサイズのコート。着用するメリットがたくさんあるので、支持されるのも納得です。その理由から選び方、着こなし法、おすすめ品まで徹底解説!

平 格彦

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    上品なのに楽ちん。ニットパーカーが大人のカジュアルコーデに最適

    上品なのに楽ちん。ニットパーカーが大人のカジュアルコーデに最適

    パーカーといえばスウェット生地が定番ですが、ニット生地もおすすめ。新鮮さをアピールでき、上品でかつ大人っぽいのに着心地は快適。これを活用しない手はありません。

    平 格彦

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    まだまだ続く冬だけに、手持ちのアウターにさらなる一品を加えマンネリ回避を図りたい。となれば、頼りになるのがセレクトショップ。特に日本が誇る二大ショップは心強い。

    菊地 亮

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    TASCLAP編集部

    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    ダウンやコート、ブルゾンなど、毎シーズン欲しくなるアウター。トレンドも気になりますが、まず押さえるべきは定番です。ここで王道ブランドの人気アウターを一挙ご紹介!

    山崎 サトシ

    知的でスタイリッシュ。スタンドカラーコートはデキる大人の裏定番

    知的でスタイリッシュ。スタンドカラーコートはデキる大人の裏定番

    オンからオフまで幅広く着回せるのに加え、こなれた雰囲気を簡単に演出できるスタンドカラーのコートはかなり万能。その魅力からおすすめ品、着こなし例まで一気にご紹介!

    平 格彦

    BACK