都会にアップデート。大人のアーバンアウトドアスタイル

都会にアップデート。大人のアーバンアウトドアスタイル

高機能なアウトドア系アイテムを使ったミックススタイルが人気。もはや定番で分化も進んでいますが、そのなかでも注目したいのがアーバンアウトドアです。

平 格彦

2018.09.12

アウトドアファッション

今注目のアーバンアウトドアスタイルとは

アウトドア用の高機能アイテムを使ったミックススタイルのなかでも、都会的なイメージにまとめた着こなしが人気を集めています。そんなスタイルを“アーバンアウトドア”と定義。アウトドアを象徴するアイテムを取り入れつつ、ブラックやブルーなどのクールなカラーをメインにすることでスタイリッシュにまとめているのが大きな特徴です。

ファッショニスタに見る、アーバンアウトドアスタイルの作り方

早速、アーバンアウトドアの具体的なコーディネート例を紹介しましょう。秋から冬にかけてはとくに重宝するスタイルなので、是非とも参考にして実践してみてください。メインとなるアイテムさえ決めれば、意外と簡単に構築できます!

着こなし例1オールブラックのワントーンで着こなすのが基本形

アウターとパンツが『ザ・ノース・フェイス』。コーディネートの大部分は本格的なアウトドア系アイテムですが、全身をブラックのワントーンに統一してクールに仕上げています。アイテムが黒ばかりなのにキザっぽく見えないのは、アウトドアならではのカジュアルなデザインでキマり過ぎないから。そんなバランスも大きな魅力です。

着こなし例2マウンテンパーカーを主役にしつつ細部でアレンジ

トレンドのマウンテンパーカーでアウトドアなイメージを確保。リラックスできるアイテムを合わせつつ、全身をダークトーンでまとめて都会的に仕上げています。その上でスニーカーを差し色として効かせ、ハットで個性とアーバンな雰囲気の演出にも成功!

着こなし例3注目のアノラックをスタイリッシュに着こなす

ダークグレーのアノラック型アウターがアーバンアウトドアを醸出。インナーはグレー、パンツはブラックというモノトーンの統一感もクールな印象を高めています。スニーカーであえてブルーを差し、爽快な印象も加味。

着こなし例4ブルーのアウターを使ってクールで爽快な印象に

アーバンアウトドアの定番カラーはブラック。だからこそ、ブルーのアウターを選ぶと新鮮です。ここで選んでいるのはアノラックタイプのナイロンジャケット。他のアイテムをモノトーンにすることでアウターを引き立て、アウトドア感を強調しているのもポイントです。

着こなし例5今シーズンも頼りたいインナーダウンを活用!

アウトドアブランドのインナーダウンもアーバンアウトドアを築くのに便利なアイテム。全身をブラック中心のモノトーンに揃えるだけで、こなれ感のある都会的なアウトドアスタイルが完成します。インナー、ソックス、スニーカーのソールでさり気なくホワイトを差し、適度な軽快感を加味したバランスも絶妙です。

アーバンアウトドアにおすすめのブランド&アイテム

最後に、これからアーバンアウトドアを実践する際におすすめのブランドとアイテムをピックアップしました。主役級のアウターなら1点使いでもアウトドア感が演出できますが、パンツなどもアウトドア系で揃えるといっそうムードが主張できます。

アイテム1『ザ・ノース・フェイス』ガジェットハンガーフーディー

アーバンアウトドアなスタイルを提案してきた『ザ・ノース・フェイス』。このマウンテンパーカーは、都市生活や旅行で重宝する収納力を秘めています。大きさや機能の異なる内ポケットには、タブレット、財布、パスポートなどを収納することが可能。素材にゴアテックス プロを起用しているため、防水性、透湿性、タフな生地感を兼ね備えています。

アイテム2『アンドワンダー』ナイロン ダブルクロス フーディー

アウトドアで通用する本格的な機能性をスタイリッシュなデザインに落とし込むのが得意な『アンドワンダー』。アーバンアウトドアなアイテムが豊富ですが、今季はとくに旬なアノラック型のブルゾンが狙い目です。ストレッチナイロンは二重織りで撥水性も完備。

アイテム3『アルクフェニックス』ザックアノラック

都市生活におけるアウトドアの楽しみ方を提案するブランド。そのネーミングから連想できる通り、“歩く”ための機能服を展開しています。こちらはトレンドのアノラックで、超撥水素材のエピックを使用しているため悪天候にも対応。5ヶ所のポケットで収納力にも秀でています。

アイテム4『モンベル』クルーネック インナーダウン

ユーティリティに使えるアイテムとして人気のインナーダウンも、アウトドアブランドのダークなタイプをセレクトすればアーバンアウトドアな印象が生まれます。コストパフォーマンスの高い『モンベル』は今季も人気が継続しそうな気配。秋口は羽織りモノとして、冬にはコートの下のミドルレイヤーとして活用できる、その汎用性の高さも魅力です。

合わせて読みたい:
インナーダウンといえばココ! モンベルはやっぱりコスパ抜群

機能美を体現するモンベルのダウンジャケット

アイテム5『ホワイトマウンテニアリング』プリマロフトキルテッド ノーカラージャケット

“服を着るフィールドは全てアウトドア”と定義し、デザイン、実用性、技術という3つの要素を融合したアイテムをリリースしている『ホワイトマウンテニアリング』。高機能な中綿入りのキルティングジャケットは、インナーダウンとしても使用できる逸品です。

アイテム6『グラミチ』NNパンツ ジャストカット

クライミングウェアを展開する『グラミチ』の定番アイテムと言えば機能的なパンツ。そのなかでもNNパンツは“ニューナローパンツ”を略した名称の通り、細身のシルエットがスタイリッシュです。さらに、従来よりも7cm丈を短くアレンジした“ジャストカット”は、今っぽい足元を築くのに重宝します。

アイテム7『マムート』エアロスピードパンツ

アーバンアウトドアを象徴するボトムスと言えば、ロゴ入りのストレッチナイロンパンツ。『ザ・ノース・フェイス』のアルパインライトパンツが代表格ですが、今から手に入れるなら『マムート』が狙い目です。左もものマンモスと、右ひざ裏のブランドネームがアウトドア感をさり気なく主張してくれるから。こちらの1本はストレッチ性に加え、耐水性、透湿性、軽量性も兼備。

アイテム8『ワイルドシングス』別注ストレッチセットアップパンツ

“クライマーにとって本当に役立つモノ作り”を信条とする『ワイルドシングス』のクライミングパンツも注目を浴びています。とくにジャケットとセットアップで使えるタイプはアーバンアウトドアなスタイル作りに持ってこいです。しかもこのパンツは『フリークスストア』の別注品で、よりスマートで都会的なシルエットにモディファイされています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK