パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

TASCLAP編集部

TASCLAP編集部

SHARE
記事をお気に入り
2020.11.02

今のフリース人気をけん引する『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」とは

今のフリース人気をけん引する『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」とは

クライムスワールド 楽天市場店

クライムスワールド 楽天市場店

お気に入り追加

年々高まるフリース人気。なかでも圧倒的な人気を誇っているのが『パタゴニア』の「レトロX」です。なぜこれほどまでに支持を集めているのか? それは何を隠そう、『パタゴニア』がフリースの生みの親だから。つまり「レトロX」はすべてのフリースの原点のような存在なのです。現在は「クラシック・レトロX・ジャケット」と「クラシック・レトロX・ベスト」の2型がラインアップ。いずれも手にしておいて間違いのない正真正銘のマスターピースといえるでしょう。

パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

ウェア・コーデ

パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

アウトドアトレンドを追い風にフリース人気が爆発中! とくに『パタゴニア』は頭ひとつ抜けた支持率を誇ります。そのラインアップと着こなし術を押さえておきましょう。

山崎 サトシ

2018.11.15

やっぱり頼れる。パタゴニアのダウンジャケット指名買いリスト

ウェア・コーデ

やっぱり頼れる。パタゴニアのダウンジャケット指名買いリスト

冬服のなかで最もアイテム選びに妥協できないダウンジャケットを、人気アウトドアブランド『パタゴニア』からセレクト。人気のインサレーションウェアも合わせてご紹介。

伊藤 千尋

2020.12.18

人気沸騰中。パタゴニアのロスガトスクルーの魅力とコーデ術を徹底解説

ウェア・コーデ

人気沸騰中。パタゴニアのロスガトスクルーの魅力とコーデ術を徹底解説

『パタゴニア』の新定番「ロス・ガトス・クルー」は要チェック。快適なフリース製トップスで街着、部屋着、アウトドア用として活躍必至。特徴とコーデ例をご紹介します!

平 格彦

2020.11.20

コーデの印象を左右する「レトロX」のサイズ選びについて

コーデの印象を左右する「レトロX」のサイズ選びについて

WEAR

WEAR

身長170cmでMサイズを着用

お気に入り追加

コーデの印象を左右する「レトロX」のサイズ選びについて 2枚目の画像

WEAR

WEAR

身長170cmでLサイズを着用

お気に入り追加

同じフリースジャケットでも、サイズ感が違えば着こなしの印象がガラリと変わるものです。上の2枚の写真は、いずれも同じ身長170cmでの着用例。正統派、あるいはちょっときれいめに着こなしたいなら写真1枚目のようにジャストなサイズを。一方、トレンド感重視で今っぽく仕上げたいなら写真2枚目のようにやや大きめを選ぶのがポイントです。ちょっとしたことですが、この違いがとても重要。どちらが自分の理想のスタイルか、しっかり見極めることが大切です。

コーデはどうする? 「レトロX」をおしゃれに着こなす7つの法則

さて、そんな前提を踏まえつつ「レトロX」をおしゃれに着こなしている人たちを見てみると……なるほど、今っぽく着こなすためにはいくつかのルールがあることがわかります。きっと自分にフィットするスタイルがあるはずなので、気になった着こなしからぜひトライを!

▼法則1:パーカーとのレイヤードで90sテイストを強調

90年代に一世を風靡したストリートテイストの着こなしがトレンドとなっている今は、パーカーとの重ね着がかなり熱いんです。しかも、挿し色を効かせながらコーディネートすれば旬度はさらに上昇。パーカーのひもは結んでおくというのも洒落感アップのポイントです。

コーデ1

まさに90sリバイバルのお手本的な着こなし

まさに90sリバイバルのお手本的な着こなし

WEAR

WEAR

お気に入り追加

パーカーにロゴキャップ、ダメージジーンズに『ヴァンズ』のスニーカーと、まさに90sトレンドど真ん中の着こなし。トップスにボリュームがある分、ボトムスはすっきりとモダンなシルエットで。上下でメリハリをつけることにより、ただのリバイバルではない着こなしに仕上がっています。

コーデ2

今っぽいオーバーサイズと色合わせがいい!

今っぽいオーバーサイズと色合わせがいい!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

全体的にオーバーサイズにすることで、90sテイストを今っぽくアップデート。潔くパープルとブラックでまとめた着こなしは個性的で、王道の「レトロX」を自分のものとして巧みに昇華しています。パープルではなく、ベージュやグレーなどでアレンジすれば真似しやすそう。

▼法則2:色落ちしたライトブルーのジーンズとも相性抜群

ジーンズを合わせるならば、ヒゲやアタリが強く出た武骨なものよりも、今は全体的に淡く色落ちしたタイプを選ぶのがおすすめ。抜け感のあるライトブルーの色味のおかげでフリース特有の野暮ったさが払拭されて、今っぽさがアピールできます。

コーデ3

ブルー+イエローという相性抜群の色合わせ

ブルー+イエローという相性抜群の色合わせ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「レトロX」の挿し色のイエローと淡いブルージーンズのマッチングが洒脱な着こなし。さらにインナーに合わせたトレーナーにもイエローを挿し込んでいるところがお見事です。余計な色は混ぜないように、ハットとスニーカーもブルー系で統一。

コーデ4

ベージュとブルーでまとめてニュアンスを創出

ベージュとブルーでまとめてニュアンスを創出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらはトーン違いのブルーとベージュでまとめた着こなし。テーパードジーンズを大胆にロールアップして、スニーカーとの間にビビッドなブルーのソックスを効かせているところが、このコーデ最大のポイント。着こなしにニュアンスが生まれて印象がグッと引き締まります。

▼法則3:全身をモノトーンでまとめて都会的ムードに

オーセンティックなアウトドアウェアである「レトロX」をあくまでモダンに着こなしたいなら、潔くモノトーンでまとめるのが一番の近道。足元をレザーシューズにすると、さらにシックさを強調できます。

コーデ5

細身のシルエットでシャープさを強調

細身のシルエットでシャープさを強調

WEAR

WEAR

お気に入り追加

都会的なモノトーンコーデをさらにシャープに引き締めたいなら、こんな風にスキニーシルエットのパンツを合わせるのがおすすめ。インナーやソックスでさりげなく白を取り入れることでメリハリを演出。着こなしの単調さを見事に回避しています。

コーデ6

全身黒でもフリースなら抜け感が生まれる!

全身黒でもフリースなら抜け感が生まれる!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらはゆったりとしたスラックスにニットをパンツのウェストにイン。まるでクラシックなセットアップスタイルのような着こなしに、フリースジャケットを合わせるというハイブリッド感がおしゃれです。ベルトをブラウンにしてワンポイントを作るテクニックもぜひ参考にしたいところ。

▼法則4:ワイドシルエットのボトムスで旬なリラックス感を演出

ワイドパンツを合わせるというのも、トレンド感のある着こなしを手に入れるには効果的。ただし極端に太いものは武骨に偏ってしまうのでNG。意識したいのは、あくまで大人の余裕が漂う、上品なリラックス感です。

コーデ7

ヘリンボーンのパンツのクラシックさがマッチ

ヘリンボーンのパンツのクラシックさがマッチ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フリースの元祖である「レトロX」に、ヘリンボーン柄のワイドパンツをコーディネート。“クラシック”という共通点をマッチングさせると上手くまとまるというお手本です。野暮ったくならないようパンツはクロップド丈で。足元は革靴で上品にまとめるとなお良しです。

コーデ8

全身のトーンを統一すると馴染みやすい

全身のトーンを統一すると馴染みやすい

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドパンツを野暮ったくならないようスマートに着こなす最善策が、全身の色味を統一すること。つまりミニマルにまとめることで印象をシャープにすることができるというわけです。ここでもパンツはクロップド丈で抜け感を意識して。

▼法則5:タートルネックインナーとのマッチングで大人っぽく

着こなしで大人っぽさを重視したいなら、インナーにタートルネックものを投入するのが断然おすすめ。ニット素材を合わせるのも悪くないですが、ともすると上半身が重たくなってしまうことも。コーデをすっきり仕上げるには、タートルネックのカットソーかスエットを合わせるのがベターです。

コーデ9

ブラックとバーガンディという大人の色合わせ

ブラックとバーガンディという大人の色合わせ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

メインカラーをブラックに据えつつ、インナーでバーガンディを組み合わせるという大人の配色がポイント。その大人っぽさをさらに後押ししているのが白のタートルネックカットソーです。ホワイトというカラーチョイスも絶妙。着こなしに一気に抜け感が生まれます。

コーデ10

爽やかなだけじゃないのは、ハイネックの大人っぽさのおかげ

爽やかなだけじゃないのは、ハイネックの大人っぽさのおかげ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ニュートラルカラーのフリースに合わせて足元もニュートラルカラーの1足をチョイス。ジーンズも淡いブルーという爽やかな着こなしですが、タートルネックのカットソーを重ねることでグッと大人っぽいバランスに。幅広のロールアップ具合もこなれたセンスを感じさせます。

▼法則6:「レトロX」のアクセントカラーを拾ってリンクさせる

色を拾ってリンクさせるというのはコーディネートをおしゃれに見せる常套手段。「レトロX」の場合は、その象徴的なポケットのカラーを拾ってリンクさせるのがおすすめ。それだけでワンランク上のセンスがアピールできます。

コーデ11

まずはパンツと合わせるのがセオリー

まずはパンツと合わせるのがセオリー

WEAR

WEAR

お気に入り追加

初心者でも実践しやすいのがパンツとの色合わせ。コーディネートがまとまりやすいので、簡単に洒落感をアピールすることができます。インナーは深い色でジャケットを際立たせつつ、さりげなくバッグもポケットの色に近いアースカラーにしているのもGOOD。

コーデ12

コートと靴で色を拾う上級テクニック

コートと靴で色を拾う上級テクニック

WEAR

WEAR

お気に入り追加

色を拾うのは1か所に限ったことではありません。例えばこの着こなしのようにポケットのグレーを、少しトーンを変えながらコートとスニーカーで拾うというのも非常に有効です。しかも同時にデニムのブルーをスニーカーで拾っている点にも要注目。まさに色使い上級者の巧みな着こなしです。

▼法則7:温かみのある素材を重ねてウォーム感をさらに上乗せ

冬本番なら、フリースにさらに温かみのある素材を合わせて思い切りウォーム感を楽しんでみるのも1つの手。明日からすぐに真似できる2つの代表的なアイデアをご紹介します。

コーデ13

フリースonフリースという新発想

フリースonフリースという新発想

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フリースジャケットのインナーにさらにフリースを重ねるという目からウロコのテクニック。しかもパンツはコーデュロイ素材で、まさにウォーム感を楽しんだ着こなしです。それでいて野暮ったく見えないのは、上下で色のトーンを合わせているから。

コーデ14

三大ウォーム素材、フリース×フランネル×コーデュロイ

三大ウォーム素材、フリース×フランネル×コーデュロイ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラウンを基調としたコーディネートは、フリースジャケットにフランネルシャツ、コーデュロイパンツと、色味だけでなく素材感も温か。シャツとスニーカーでさりげなくブルーをリンクさせているのも、全体をバランスよくまとめる秘訣です。

フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

ウェア・コーデ

フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

TASCLAP編集部

2020.11.26

この冬、フリースベストを着こなす。注目ブランド&コーデ解説

ウェア・コーデ

この冬、フリースベストを着こなす。注目ブランド&コーデ解説

アウトドアウェア人気の影響から、フリース素材のアイテムが注目されています。なかでも手軽にレイヤードが楽しめるベストがおすすめ。着こなしのコツを解説していきます。

ai sato

2020.11.24

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

ウェア・コーデ

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

毎年秋冬になるとボアジャケットの注目度が上がりますが、今季はこれまで以上に脚光を浴びています。うまく味方につけて、着こなしの旬度アップを狙いましょう。

山崎 サトシ

2020.12.07

旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

ウェア・コーデ

旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

引き続き人気を集める90年代ファッション。そのムードを感じさせるボアブルゾンがブレイク中です。選び方から着こなしルール、おすすめアイテムまでを一気に解説します。

平 格彦

2019.10.19

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

ウェア・コーデ

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

2021.04.05

容量ガイド付き。パタゴニアのおすすめリュック9選

バッグ・ファッション小物

容量ガイド付き。パタゴニアのおすすめリュック9選

優れたデザイン性と豊富なラインアップが魅力の、アメリカを代表するアウトドアブランド『パタゴニア』。今回は同ブランドが手がけるリュックを厳選し、紹介する。

大中 志摩

2018.03.22

パタゴニアのダウンベストが使える。お手本にしたいおしゃれコーデ傑作選

ウェア・コーデ

パタゴニアのダウンベストが使える。お手本にしたいおしゃれコーデ傑作選

オーセンティックなルックスと高い機能を併せ持ち、サステナブルな配慮も行き届いた『パタゴニア』のダウンベスト。着回し力も備えたこの逸品を、コーデ例とともにご紹介!

平 格彦

2021.01.22

注目編集者
TASCLAP編集部

プロが書くメンズファッションWEBマガジン

TASCLAP編集部
プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

マスクの下、老け顔になってない? “保湿力”が男のスキンケアには必要だ

男の第一印象を上げるには肌が重要。そして、清潔感のある健康な肌には保湿が何より大切だ。マスクによる肌荒れを恐れない男でいるためのスキンケアの秘訣をご紹介しよう。

SPONSORED by アラミス

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事