日本野鳥の会の長靴はおしゃれで機能的。アウトドアから街までお任せ

日本野鳥の会の長靴はおしゃれで機能的。アウトドアから街までお任せ

アウトドア好きの間で人気に火が付き、現在は街中でも愛用者が増えている『日本野鳥の会』の長靴。本格ブランド顔負けの作りで、なおかつお値打ち価格の優等生なんです!

2022.06.16
SHARE
記事をお気に入り
山崎 サトシ

執筆者

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物! 記事一覧を見る
...続きを読む

知る人ぞ知る名品。『日本野鳥の会』の「バードウォッチング長靴」って知ってる?

知る人ぞ知る名品。『日本野鳥の会』の「バードウォッチング長靴」って知ってる?

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

『日本野鳥の会』は、野鳥の調査研究や自然保護を目的に設立された公益財団法人。そのオリジナルブーツである「バードウォッチング長靴」が大ヒットアイテムとなっていることはご存じでしょうか?

“バードウォッチングの際に履きやすい長靴が欲しい”という会員からの声を受け、誕生したのは2004年春のこと。性能の良さから口コミで徐々に広がり、アウトドアトレンドの追い風もあって今では完売が相次ぐ人気ブーツとなっています。なお、販売収益は野鳥および自然の保護活動に充てられているそう。

『日本野鳥の会』の長靴はここが優秀。知っておきたい3つのポイント

『日本野鳥の会』の「バードウォッチング長靴」がどう優れているのかを、具体的に3つのポイントで解説。全方位的に秀でた頼れるブーツであることをよくわかっていただけると思います。多くの人々に愛されているのにも納得間違いなし!

ポイント1

シンプルでスタイリッシュなルックス

シンプルでスタイリッシュなルックス

GARDENS(ガーデンズ)

GARDENS(ガーデンズ)

お気に入り追加

その名の通り、自然の中での野鳥観察を想定シーンとして開発された「バードウォッチング長靴」。しかし、余計な装飾性を省いたシンプル&スタイリッシュな風貌ゆえに、雨や雪といった悪天候の日の街履きとしても問題なく活用可能です。その完成されたデザイン性は高く評価されていて、2016年には時代を超えたスタンダードアイテムに贈られる “ロングライフデザイン賞”も受賞しています。

ポイント2

快適な歩行性を約束する実用本位な作り

快適な歩行性を約束する実用本位な作り

園芸ネット プラス

園芸ネット プラス

お気に入り追加

ゴム長靴の専門メーカーとともに作り上げたブーツなので、歩きやすさは折り紙付き。素材に使っているのは雨にも風にも強い天然ゴムで、厚みを極力抑えることにより軽やかな着用感と高いフィット感を確保しています。さらに、アウトソールはグリップ力に特化しており、ぬかるんだ地面でもすべり知らず! さらに、手を使わずともブーツを脱げるよう、ヒール部分に突起が設けられているのも気の利いたポイントです。

ポイント3

コンパクトにたためるパッカブル仕様

コンパクトにたためるパッカブル仕様

Designers&Laboshop

Designers&Laboshop

お気に入り追加

薄手のラバーブーツだけあって、クルクルッと丸めてコンパクトに収納できるというメリットも! 専用の収納袋も付属しているためアウトドアでのレジャーや旅行など、さまざまなオケージョンで役立ってくれそうです。片足460g(Lサイズ)という優秀な軽量性もうれしく、持ち運びはまったく苦になりません。

作りは大きめ? それとも小さめ? サイズ選びの注意点

作りは大きめ? それとも小さめ? サイズ選びの注意点

NO BiTER(ノーバイター)

NO BiTER(ノーバイター)

お気に入り追加

「バードウォッチング長靴」はぬかるみにも対応できるよう、足首の部分をしっかりとフィットさせた作りとなっています。そのためジャストサイズで着用すると、靴下の厚みによっては脱着時に多少きつさを感じるかもしれません。愛用のソックスが分厚かったり、気軽に普段履きするスタンスであればいつも履いている靴よりもワンサイズアップで選ぶのがおすすめです。ちなみに、靴のサイズはcmではなくS/M/L表記となるので下記を参考にしてください。

SS(23.0cm)
S(24.0cm)
M(25.0cm)
L(26.0cm)
LL(27.0cm)
3L(28.0cm)
4L(29.0cm)

作りは大きめ? それとも小さめ? サイズ選びの注意点 2枚目の画像

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

選ぶ靴下の厚みによってある程度履き心地を調整できますが、より快適なフィット感を求めるなら別売りの「バードウォッチング長靴」専用インソールを投入するのも1つの手。かかとから土踏まずにかけて硬めのパネルが入っており、足裏を効率良くサポートしてくれます。クッション性にも長けているので、疲れの軽減効果も抜群! 抗菌加工が施されているので、嫌なにおいを防ぐ意味でも有効です。

バリエーション豊富な全6色のラインアップをチェック

野外フェスやキャンプといったアウトドアから、タウンユースまでフル対応できる「バードウォッチング長靴」。実はファッション的にもうれしい、全6色がスタンバイしています。そのすべてをここで一挙にご紹介していきましょう。すべて税込みでアンダー6,000円というリーズナブルな価格なので、色違いのセット買いも視野に入れたいところですね。なお、数量限定カラーもあるのでお早めに。

カラバリ1

グレー

グレー

Designers&Laboshop

Designers&Laboshop

お気に入り追加

シックな顔立ちできれいめ派から多くの支持を集めるグレー。マウンテンパーカーやダウンジャケットといったアウトドア系アウターだけでなく、ステンカラーコートなどの品の良いアウターとも好相性を発揮してくれます。ハンドメイドブーツならではの心地良い履き心地も流石の一言。

カラバリ2

メジロ

メジロ

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

“メジロ”カラーというネーミングの由来は、ブーツの色が小鳥のメジロに似ていることから。はっきりとしたツートーンカラーなので、着こなしのアイキャッチとして効果的に作用してくれます。ちなみに、街では上部を折り返してショートブーツのように履いている人も多いようです。

カラバリ3

グリーン

グリーン

Designers&Laboshop

Designers&Laboshop

お気に入り追加

「バードウォッチング長靴」の誕生当初からラインアップされている、オリジナルカラーであるグリーン。メンズの定番パンツであるベージュチノや、軍パンとも好相性! しかし発色の良さもあり、着こなしの挿し色として大活躍してくれます。

カラバリ4

ブラウン

ブラウン

Designers&Laboshop

Designers&Laboshop

お気に入り追加

タウンユース向けに展開されている茶色。落ち着いた見栄えなので、大人っぽく履きこなせます。ラフなアウトドアパンツから都会的なリジッドジーンズまで、合わせるボトムスを選ばないのも大きな強みです。スタイリングの幅を拡充してくれる良アイテムです。

カラバリ5

ネイビー

ネイビー

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

より都会に馴染む限定カラー、ネイビーも登場! 一度は完売したものの、好評につき再販された色味になります。履き口もネイビーで統一されており、ジーンズとの相性は抜群です。街履きを考慮するなら、ぜひこのカラーを。

カラバリ6

カモフラージュ柄

カモフラージュ柄

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

全5色のバリエーションにおいて、もっともインパクトある風貌となった今作。アウトドアに馴染むウッドカモ柄プリントで全体が彩られており、足元に視線を呼び込みます。さりげなく旬なミリタリーテイストを主張できるのも利点!

親子でも楽しみたい! 自分が気に入ったら、キッズサイズもチェック

親子でも楽しみたい! 自分が気に入ったら、キッズサイズもチェック

GARDENS(ガーデンズ)

GARDENS(ガーデンズ)

お気に入り追加

『日本野鳥の会』ファンのパパママも多いためか、お子さんにも履いてほしい! という声も。そんな声に応えてか、キッズサイズもリリースされています。サイズはワンサイズ(21.0cm)となりますが、親子で会アウトドアを楽しんだり、雨の中これを履いて外出したりと、イメージが膨らみます。

長く履くために。お手入れ方法についても知っておこう

長く履くために。お手入れ方法についても知っておこう

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

ラバーブーツなのでレザーほど神経質になる必要はありませんが、長く愛用していくならメンテナンスはちゃんとしてあげるべきでしょう。とはいっても、難しいことはないのでご安心を。表面が軽く汚れた程度なら、基本的には濡れたタオルでさっと拭き取るだけでOKです。ゴムが劣化しないよう、保管の際は中に新聞紙などを詰めて生地が折れない状態にしておきましょう。また、長く使っていると表面が白っぽくなる場合もありますが、そんなときには靴用のシリコンオイルを塗布してあげるとツヤ感が戻ります。

レインブーツは見た目も重要。大人にふさわしいおすすめブランド11選

スニーカー・シューズ

レインブーツは見た目も重要。大人にふさわしいおすすめブランド11選

雨の日が続くと憂鬱ですが、おしゃれが手抜きになるのはNG。機能的でデザインもGOODなレインブーツがあれば、あいにくの雨天でも快適かつセンス良く装えます!

山崎 サトシ

2021.06.02

レインシューズ17選。オン・オフ別に使える雨靴をお届け

スニーカー・シューズ

レインシューズ17選。オン・オフ別に使える雨靴をお届け

梅雨や台風、突然の天気雨など、雨天対策にレインシューズは必須。そこでオンとオフの着こなし別に、おしゃれで機能的なレインシューズを厳選しました。

宮嶋 将良

2022.06.03

アウトドアブランドから厳選! 頼れるスノーブーツ5選

スニーカー・シューズ

アウトドアブランドから厳選! 頼れるスノーブーツ5選

保温性、防水性、軽量性に優れるスノーブーツは冬のマストハブ。持っていない人は、悪天候に備えて1足は確保すべきです。今の時期ならセール価格のアイテムも狙い目!

平 格彦

2018.12.25

もう濡れない。ハンターのレインシューズで雨の日もおしゃれに!

スニーカー・シューズ

もう濡れない。ハンターのレインシューズで雨の日もおしゃれに!

雨に濡れるのは嫌だけど、普段のようにおしゃれも楽しみたい。そんな人におすすめなのが、英国の老舗『ハンター』のレインシューズ。その魅力から着こなし方までご紹介!

近間 恭子

2022.07.29

大人の雨靴。ブランドストーンのブーツが気になる

スニーカー・シューズ

大人の雨靴。ブランドストーンのブーツが気になる

サイドゴアブーツが人気を見せている今シーズン。雨靴としても優秀でサイドゴアブーツの元祖ともいえる『ブランドストーン』をご存じだろうか。同ブランドの魅力をご紹介。

大中 志摩

2020.12.18

この記事の掲載アイテム一覧(全6商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『日本野鳥の会』バードウォッチング長靴 グレー
    『日本野鳥の会』 バードウォッチング長靴 グレー
  • 『日本野鳥の会』バードウォッチング長靴 メジロ
    『日本野鳥の会』 バードウォッチング長靴 メジロ
  • 『日本野鳥の会』バードウォッチング長靴 グリーン
    『日本野鳥の会』 バードウォッチング長靴 グリーン
  • 『日本野鳥の会』バードウォッチング長靴 ブラウン
    『日本野鳥の会』 バードウォッチング長靴 ブラウン
  • 『日本野鳥の会』バードウォッチング長靴 ネイビー
    『日本野鳥の会』 バードウォッチング長靴 ネイビー
  • 『日本野鳥の会』バードウォッチング長靴 カモフラージュ柄
    『日本野鳥の会』 バードウォッチング長靴 カモフラージュ柄

掲載アイテムをもっと見る(-6商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP