レトロ感が今っぽい。コロンビアのフリース、狙い目はこの15モデル

レトロ感が今っぽい。コロンビアのフリース、狙い目はこの15モデル

軽くて温かい『コロンビア』のフリースが人気です。90年代を感じさせるレトロなデザインは、コーディネートの味付けに最適。アウター&トップスのおすすめをご紹介します。

2022.10.28
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。 記事一覧を見る
...続きを読む

人気上昇中。『コロンビア』のフリースアイテムから目が離せない!

人気上昇中。『コロンビア』のフリースアイテムから目が離せない!

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

フリースアイテムの人気再燃が続くなか、その流れに乗って『コロンビア』のフリースも注目度を高めています。登山の際にも使用できるようなアウトドアブランドならではの保温性はタウンユースでも十分すぎるほど役に立ってくれますし、アウター類でもほとんどのアイテムが1万~2万円程度というコストパフォーマンスの高さも大きな魅力です。そして何より、レトロなムード漂うデザインが今の気分にぴったり! コーディネートに取り入れれば、すぐに今っぽさと温かさをプラスできます。

レトロ顔で高機能。コロンビアのマウンテンパーカーが今っぽい

ウェア・コーデ

レトロ顔で高機能。コロンビアのマウンテンパーカーが今っぽい

アウトドアブランドの老舗ながら、その今っぽさが支持されている『コロンビア』のマウンテンパーカー。その魅力とともに注目アイテムを厳選してご紹介していきます!

山崎 サトシ

2019.03.22

機能も見た目も大人仕様。頼りがいあるコロンビアのジャケット

ウェア・コーデ

機能も見た目も大人仕様。頼りがいあるコロンビアのジャケット

アウトドア業界の雄『コロンビア』のジャケットは季節を問わず使える万能アウター。その魅力に触れつつ、おすすめアイテムをピックアップしました。

山崎 サトシ

2018.09.28

山でも街でも大活躍。コロンビアの高機能ダウンジャケットから目が離せない

ウェア・コーデ

山でも街でも大活躍。コロンビアの高機能ダウンジャケットから目が離せない

機能性とデザイン性を高次元で両立しながら、リーズナブルな価格設定で手に入れやすい『コロンビア』のダウン。その魅力からおすすめモデルまでを一挙ご紹介します!

近間 恭子

2021.12.10

『コロンビア』のフリースはバリエーション多彩で選択肢が豊富

『コロンビア』のフリースはバリエーション多彩で選択肢が豊富

Ray Green

Ray Green

お気に入り追加

デザインが豊富に揃っている点も『コロンビア』のフリースが支持されている大きな理由です。シンプルなタイプもラインアップされていますが、フリースアイテムの多くは90年代テイストのレトロなデザイン。色柄はもちろん、アイテムの型数も多いので好みのタイプがきっと見つかるはずです。実際に90年代に生産されていた『コロンビア』のアイテムは古着やデッドストックとして非常に人気ですが、状態もデザインもサイズ感も納得できるアイテムにはそう出会えるものではありません。しかし新品なら納得できる状態のものを容易に入手可能。注目度が高まっているのも納得です。

今すぐ買える。『コロンビア』のおすすめフリースアイテム15選

ここからは、『コロンビア』がリリースしているフリースアイテムをご紹介。4つのカテゴリに分けて、フリース製のアウター&トップスのラインアップを一挙に披露します。お気に入りのアイテムを見つけて、コーディネートに新鮮味と保温性を上乗せしてください!

▼PART1:これが基本形。フルジップタイプのフリースジャケット

フリースジャケットの基本形といえるのが、毛足短めのフリースを使用したジップアップタイプ。季節によってアウターとしてもインナーとしても着用できるオールマイティさが持ち味です。まずはそんな“ザ・定番”をご紹介。

アイテム1

バックボールフルジップフリース

バックボールフルジップフリース

アウトドア・スポーツ ソトノヒト

アウトドア・スポーツ ソトノヒト

お気に入り追加

特徴的なカラーブロックが見るからにレトロな1着。1990年代のアイテムから着想を得たデザインがコーディネートに懐かしさと新鮮味を加えてくれます。生地はやや厚手のフリースを採用。アウターとインナー、どちらとしても活用しやすい仕上がりです。ブルー基調のほか、モノトーン系、カーキ系、ビタミンカラー系も選べます。

アイテム2

バックアイスプリングスジャケット

バックアイスプリングスジャケット

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

別売りの対応アウターと連結できるインターチェンジシステムを採用したフリースジャケット。シンプルなデザインなので単体でも着回しやすいのが大きな魅力です。色柄が豊富で、定番カラーの無地に加え、ブラウン×ネイビー×ホワイトのマルチカラー、モノトーンの民族柄も展開。ネイビー基調のネイティブ柄は、キャンプ用コーデがインスタグラムなどで人気を集めているYURIEさんの監修で誕生したものです。

アイテム3

ラヴェルリッジフルジップジャケット

ラヴェルリッジフルジップジャケット

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ニットカーディガンに見える1着に使用しているのは、裏起毛の「ニットライクフリース」。ポリエステル100%で、保温性だけでなく速乾性にも優れています。また、ネイティブアメリカンの伝統的な民族柄を採用しているのもポイント。特に無地を組み合わせたブロックパターンは新しいデザインです。インターチェンジシステムに準拠しているため、対応アウターを組み合わせて着用することも可能。

▼PART2:モコモコ感が今っぽい。ボアフリースを使ったジャケット&ベスト

毛足の長いフリースが独特のボリューム感を生み出すボアフリースタイプのアイテムは、トレンド性抜群。どこか懐かしい温かみのあるルックスが今の気分にマッチします。旬度を重視するならこちらがおすすめですよ。

アイテム4

アーチャーリッジジャケット

アーチャーリッジジャケット

M’S SANSHIN(エムズサンシン)

M’S SANSHIN(エムズサンシン)

お気に入り追加

フリースアイテムの人気をけん引している定番のボアジャケットです。機能性に優れていて、『コロンビア』が独自に開発したオムニウインドブロックテクノロジーを起用。防風膜をボアフリースに挟み込んでいて、冷たい風をシャットアウトしてくれます。その一方、内部の蒸れは放出してくれるので、温かくて快適な着心地が持続。カラバリはべージュ系のタンカラーに加えてブラックとネイビーも選べます。

アイテム5

アーチャーリッジベスト

アーチャーリッジベスト

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

定番アイテムの「アーチャーリッジ」はベストタイプもラインアップ。ポケット、襟の背面側、脇部分を切り替えたデザインがレトロなアウトドア感を醸します。実は化繊素材の中綿も封入されているので見た目以上の保温性。十分な温かさで、インナーとしても活躍してくれます。カラー展開はジャケットタイプと同様。

アイテム6

マウンテンズアーコーリングフリースフルジップ

マウンテンズアーコーリングフリースフルジップ

Barbizon バルビゾン

Barbizon バルビゾン

お気に入り追加

毛足の長いシャギーなハイロフトフリースを起用したジャケット。見た目そのままの温かさで、幅広いシーンに対応します。袖口にストレッチフリースを使用しつつ、サムホールを設けることで手元の防寒性もアップ。ダブルジップの開け方で温度調整ができるように想定しています。首元の切り替えがコーディネートのアクセントとしてさりげなく主張。

アイテム7

ウインターパスプリントフリースフルジップ

ウインターパスプリントフリースフルジップ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

適度なボリューム感のボアフリースが見るからに温かそうな1着です。ベースはスタンダードなフルジップ仕様のフリースジャケットですが、コーディネートのスパイスになるバッファローチェックを採用しているのが特徴。ネックの背面側を別生地で切り替えるなど、細部までこだわった作り。

アイテム8

ラギッドリッジIIシェルパフリース

ラギッドリッジIIシェルパフリース

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ワントーンのシンプルなデザインが特徴的なフリースジャケット。ただし、左胸のロゴ刺繍でアイデンティティをきちんと主張しています。また、裾部分の大きなポケットで収納力を確保しているのも支持されている理由。シンプルなボアフリースジャケットが欲しい人には最適な選択肢といえるでしょう。

アイテム9

フロイドロックIIジャケット

フロイドロックIIジャケット

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

アウトドアブランドとしての機能性や仕様をベースにしつつ、アーバンテイストにアレンジしたデイリーウェアを提案している『コロンビア ブラックレーベル』の1着。実はリバーシブル仕様で、ボアフリースの面と、防風性を備える4WAYストレッチソフトシェルの面、どちらを表にしても着用できます。カラバリは4種類。オフホワイト、ブラック、ブラウンは比較的シンプルですが、モスグリーンは裏面にカモフラージュ柄を採用して少し個性的。

アウトドアスタイルも都会的であれ。コロンビアブラックレーベルを、リサーチ

ウェア・コーデ

アウトドアスタイルも都会的であれ。コロンビアブラックレーベルを、リサーチ

今の装いにおいて欠かせないアウトドアMIX。その主力を担ってくれるのが、『コロンビア ブラックレーベル』です。即戦力アウターと頼れる理由を改めてご紹介。

遠藤 匠

2021.10.05

アイテム10

シュガードームジャケット ボアフリース

シュガードームジャケット ボアフリース

アローナ

アローナ

お気に入り追加

異素材で切り替えた胸ポケットがアウトドアテイストを加速。薄手で軽量ながら、総裏仕立てで防風性を向上させ、保温性を高めているのもポイントです。カラバリは写真のシエラタンの他、ブラック、ネイビーマルチの3色展開。

アイテム11

シアトルマウンテンジャケット

シアトルマウンテンジャケット

REX ONE レックスワン

REX ONE レックスワン

お気に入り追加

同じくカーディガンタイプのノーカラージャケットですが、両面使いできるリバーシブル仕様なのがポイント。撥水加工を施したストレッチ生地の面を表にしても着用することができます。ボアフリースのカラバリは4タイプで、定番的デザインのブラック、ベージュ、オリーブに加え、色を切り替えたマルチカラーもラインアップ。インパクトが欲しいときにはおすすめです。

▼PART3:スポーティな味付けが◎。パーカータイプのフリースアイテム

フードの付いたフリースはアクティブな印象。『コロンビア』らしいどこか懐かしいデザインと相まって、それ1着でレトロなスポーツテイストの漂うコーディネートが手に入ります。首周りに立体感が創出できるうえに、レイヤードの幅が広がるという利点も。

アイテム12

ロックトゥーブルックフリースフルジップ

ロックトゥーブルックフリースフルジップ

FIRST LINE

FIRST LINE

お気に入り追加

『コロンビア』独自の熱反射保温機能「オムニヒートリフレクティブ」を採用。ドット状にアルミニウムをプリントした裏地が体の熱を反射しながら高い保温性を発揮します。表地は当然フリースで、かなり温かい着用感。デイリーユースはもちろん、本格的なキャンプでも大活躍してくれます。ブラウン、ブラック、グリーンのカラバリはどれも落ち着きのある色味で大人にマッチ。

アイテム13

カットバンクストレイトジャケット

カットバンクストレイトジャケット

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

リバーシブルで使えるフリース製のアノラック風パーカーです。両面ともに大きなポケットをフロントの中央に配置。アウトドアなムードを強調しています。実はこのポケットは内側でつながっているため、中身を移さずに表裏をスイッチすることが可能。カラバリは全3色で、ブラックとマルチカラーは裏側がブラックデニム調カモフラ柄、ベージュの裏面はブルーデニム調のカモフラ柄になっています。

▼PART4:インナーとしても活躍。プルオーバータイプのフリーストップス

ニットやスウェットのような感覚で着られるプルオーバー式のフリースも今、着実に人気を高めています。インナーからチラリと覗かせるだけでもトレンド感が色濃く表現可能。冬トップスの選択肢にぜひとも加えたいアイテムです。

アイテム14

ヘルベティアハーフスナップフリース

ヘルベティアハーフスナップフリース

LOWBROW

LOWBROW

お気に入り追加

前立てのデザインがさりげないアクセントになっているハーフジップタイプのフリーストップス。レトロなムードなのは当然で、伝統的なアイテムを復刻しています。カラーや柄が豊富で、幅広いテイストに対応するのもポイント。無地のブラック、ベージュ、オレンジに加え、オオカミをモチーフにした総柄、ブランケット風の総柄、アウトドアテイストの迷彩柄も選べます。

アイテム15

ハイプマーシュクルーボアフリース

ハイプマーシュクルーボアフリース

オノヤスポーツ楽天市場店

オノヤスポーツ楽天市場店

お気に入り追加

ボアフリースを使用したクルーネックのプルオーバートップスです。メインの素材が保温性に優れているのは言うまでもありませんが、首元のリブや袖口のパイピングによって防風性を高めています。さらに、大きなカンガルーポケットも付属。寒いときにはハンドウォーマーとしても重宝します。

今年のフリースはこの中からどうぞ。選びのポイントと大人におすすめの15着

ウェア・コーデ

今年のフリースはこの中からどうぞ。選びのポイントと大人におすすめの15着

フリースジャケットが頼りになる季節到来。ダウンと肩を並べる冬の主役は、選択肢が増えた現在、群雄割拠の状態に。選びの要点を押さえつつおすすめ品を披露しましょう。

遠藤 匠

2022.11.08

脱・部屋着。フリースのコーデをおしゃれに見せる4つのヒント

ウェア・コーデ

脱・部屋着。フリースのコーデをおしゃれに見せる4つのヒント

楽ちんであったかいために部屋着として人気が高いフリースですが、今季はトレンドアイテムとして台頭。街でおしゃれに着こなすべくメンズコーデのノウハウを解説します。

山崎 サトシ

2021.11.05

フリースの王道といえばパタゴニア。その名品と洒落者の着こなしを網羅

ウェア・コーデ

フリースの王道といえばパタゴニア。その名品と洒落者の着こなしを網羅

フリースを本物志向で選びたい年齢になると、必ず辿り着くのが本家本元の『パタゴニア』。ダウンに変わる選択肢がほしい今だからこそ、改めてその名品に注目してみては?

遠藤 匠

2021.12.26

ザ・ノース・フェイスはフリースも良い。本格ブランドならではの魅力とは?

ウェア・コーデ

ザ・ノース・フェイスはフリースも良い。本格ブランドならではの魅力とは?

マウンテンパーカーやダウンでお馴染みの『ザ・ノース・フェイス』は、機能と見栄えを両立したフリースも必見。モコモコ系アイテムは今季の旬でもあるので要チェックです。

山崎 サトシ

2022.11.02

アウトドアウェア&小物の人気ブランド、今マストで押さえておきたい25選

ウェア・コーデ

アウトドアウェア&小物の人気ブランド、今マストで押さえておきたい25選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

2022.01.07

コロンビアの人気リュック20選。街使いから登山向けまでおすすめをピックアップ

バッグ・ファッション小物

コロンビアの人気リュック20選。街使いから登山向けまでおすすめをピックアップ

街で身軽に動きたい大人からも、アクティブ志向のアウトドアマンからも注目される『コロンビア』のリュック。高い機能性とデザイン性を両立させたその魅力に迫ります!

ai sato

2022.09.29

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

ウェア・コーデ

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

毎年秋冬になるとボアジャケットの注目度が上がりますが、今季はこれまで以上に脚光を浴びています。うまく味方につけて、着こなしの旬度アップを狙いましょう。

山崎 サトシ

2022.10.27

この記事の掲載アイテム一覧(全15商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『コロンビア』バックボールフルジップフリース
    『コロンビア』 バックボールフルジップフリース
  • 『コロンビア』バックアイスプリングスジャケット
    『コロンビア』 バックアイスプリングスジャケット
  • 『コロンビア』ラヴェルリッジフルジップジャケット
    『コロンビア』 ラヴェルリッジフルジップジャケット
  • 『コロンビア』アーチャーリッジジャケット
    『コロンビア』 アーチャーリッジジャケット
  • 『コロンビア』アーチャーリッジベスト
    『コロンビア』 アーチャーリッジベスト
  • 『コロンビア』マウンテンズアーコーリングフリースフルジップ
    『コロンビア』 マウンテンズアーコーリングフリースフルジップ
  • 『コロンビア』ウインターパスプリントフリースフルジップ
    『コロンビア』 ウインターパスプリントフリースフルジップ
  • 『コロンビア』ラギッドリッジIIシェルパフリース
    『コロンビア』 ラギッドリッジIIシェルパフリース
  • 『コロンビア ブラックレーベル』フロイドロックIIジャケット
    『コロンビア ブラックレーベル』 フロイドロックIIジャケット
  • 『コロンビア』シュガードームジャケット ボアフリース
    『コロンビア』 シュガードームジャケット ボアフリース
  • 『コロンビア』シアトルマウンテンジャケット
    『コロンビア』 シアトルマウンテンジャケット
  • 『コロンビア』ロックトゥーブルックフリースフルジップ
    『コロンビア』 ロックトゥーブルックフリースフルジップ
  • 『コロンビア』カットバンクストレイトジャケット
    『コロンビア』 カットバンクストレイトジャケット
  • 『コロンビア』ヘルベティアハーフスナップフリース
    『コロンビア』 ヘルベティアハーフスナップフリース
  • 『コロンビア』ハイプマーシュクルーボアフリース
    『コロンビア』 ハイプマーシュクルーボアフリース

掲載アイテムをもっと見る(3商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP