レトロ感が今っぽい。コロンビアのフリース、狙い目はこの15モデル

レトロ感が今っぽい。コロンビアのフリース、狙い目はこの15モデル

軽くて温かい『コロンビア』のフリースが人気です。90年代を感じさせるレトロなデザインは、コーディネートの味付けに最適。アウター&トップスのおすすめをご紹介します。

平 格彦

2019.12.20

コロンビア(Columbia)
トップス
フリース

人気上昇中。『コロンビア』のフリースアイテムから目が離せない

ここにきてフリースアイテムの人気が再燃していますが、その流れに乗って『コロンビア』のフリースが注目度を高めています。登山の際にも使用できるようなアウトドアブランドならではの保温性はタウンユースでも十分すぎるほど役に立ってくれますし、アウター類でもほとんどのアイテムが1万~2万円程度というコストパフォーマンスの高さも大きな魅力です。そして何より、レトロなムード漂うデザインが今の気分にぴったり。コーディネートに取り入れれば、すぐに今っぽさと温かさをプラスできます。

レトロ顔で高機能。コロンビアのマウンテンパーカーが今っぽい

レトロ顔で高機能。コロンビアのマウンテンパーカーが今っぽい

アウトドアブランドの老舗ながら、その今っぽさが支持されている『コロンビア』のマウンテンパーカー。その魅力とともに注目アイテムを厳選してご紹介していきます!

山崎 サトシ

機能も見た目も大人仕様。頼りがいあるコロンビアのジャケット

機能も見た目も大人仕様。頼りがいあるコロンビアのジャケット

アウトドア業界の雄『コロンビア』のジャケットは季節を問わず使える万能アウター。その魅力に触れつつ、おすすめアイテムをピックアップしました。

山崎 サトシ

『コロンビア』のフリースはバリエーション多彩で選択肢が豊富!

デザインが豊富に揃っている点も『コロンビア』のフリースが支持されている大きな理由です。シンプルなタイプもラインアップされていますが、フリースアイテムの多くは90年代テイストのレトロなデザイン。色柄はもちろん、アイテムの型数も多いので好みのタイプがきっと見つかるはずです。実際に90年代に生産されていた『コロンビア』のアイテムは古着やデッドストックとして非常に人気ですが、状態もデザインもサイズ感も納得できるアイテムにはそう出会えるものではありません。ところが新品なら納得できる状態のものを入手可能。注目度が高まっているのも納得です。

今すぐ買える。『コロンビア』のおすすめフリースアイテム15選

ここからは、『コロンビア』がリリースしているフリースアイテムをご紹介。4つのカテゴリに分けて、フリース製のアウター&トップスのラインアップを一挙に披露します。お気に入りのアイテムを見つけて、コーディネートに新鮮味と保温性を上乗せしてください!

▼PART1:これが基本形。フルジップタイプのフリースジャケット

フリースジャケットの基本形といえるのが、毛足短めのフリースを使用したジップアップタイプ。季節によってアウターとしてもインナーとしても着用できるオールマイティさが持ち味です。まずはそんなザ・定番をご紹介。

アイテム1マンズフィールドIIフルジップトップ

支持され続けてきたロングセラーのフリースジャケットの進化形。4WAYストレッチのマイクロフリース素材を起用したことで一層動きやすくなり、着心地も高まっています。吸水速乾やUVカットといった効果も備え、あらゆるシーンで便利な1着です。デザインはカラーブロックが特徴的で、ブルー×ネイビー、カーキ×ブラック、ブラック×イエロー、ブラック×ブラックが揃います。

アイテム2バックアイスプリングスジャケット

別売りの対応アウターと連結できる「インターチェンジシステム」を採用したフリースジャケット。シンプルなデザインなので単体でも着回しやすいのが大きな魅力です。写真のブラックとヘザーグレーは比較的シンプルな面持ちですが、レトロでカラフルな総柄やマルチなカラーパレットを採用したバリエーションもリリースされています。このアイテムにはベスト型もあって、同じく「インターチェンジシステム」に対応。

アイテム3バックボールフルジップフリース

見るからにレトロなテイストの1着。90年代のアイテムから着想を得たデザインがコーディネートに懐かしさと新鮮さを加味してくれます。生地はやや厚手のフリースを採用。アウターとインナーのどちらとしても活用しやすい作りです。レッド基調のほか、グリーン系、ブルー系、マスタード系のカラバリも展開。

▼PART2:モコモコ感が今っぽい。ボアフリースを使ったジャケット&ベスト

毛足の長いフリースが独特のボリューム感を生み出すボアフリースタイプのアイテムは、トレンド性抜群。どこか懐かしい温かみのあるルックスが今の気分にマッチします。旬度を重視するならこちらがおすすめです。

アイテム4アーチャーリッジジャケット

フリースアイテムの人気をけん引している定番のボアジャケットです。機能性も優れていて、『コロンビア』が独自に開発した「オムニウインドブロック」テクノロジーを起用。防風膜をボアフリースに挟み込んでいるため、冷たい風をシャットアウトしてくれます。その一方、内部の蒸れは放出してくれるので、温かくて快適な着心地が持続。カラバリはべージュ系のタンカラーに加え、ブラックとネイビーも選べます。

アイテム5アーチャーリッジベスト

定番アイテムの「アーチャーリッジ」はベストタイプもラインアップ。ポケット、襟の背面側、脇部分を切り替えたデザインがレトロなアウトドア感を醸します。実は化繊素材の中綿も封入されているので、見た目以上の保温性。十分な温かさで、インナーとしても活躍してくれます。カラー展開はジャケットタイプと同様。

アイテム6クラークドームジャケット

ボアフリースを用いたベーシックなジップアップブルゾン。内側にナイロン製の裏地を採用し、着脱のしやすさと防風性を確保しています。ワイドなシルエットがリラックスできる着心地をもたらしてくれますが、裾と袖口がリブ仕様でスッキリした印象にまとまっています。カラーは2色展開。ブラックは細部までワントーンですが、ネイビーはジッパーや裏地に採用した赤がさりげないアクセントに。

アイテム7ウインターパスプリントフリースフルジップ

適度なボリューム感のボアフリースが見るからに温かそうな1着です。ベースはスタンダードなフルジップのフリースジャケットですが、さりげなく柄がプリントされているのがポイント。ヴィンテージ感の漂うブランケット柄が3種類、さらにブラウン基調のカモフラージュ柄を加えた計4色のラインアップです。

アイテム8スロータースロープジャケット

シンプルなボアジャケットに見えますが、実はリバーシブル仕様。毛足の長いボアフリースの面だけでなく、ストレッチナイロンの面でも着ることが可能です。意外な色使いが魅力で、ベージュ系のボアの反対側は明るいブルー、ネイビーの裏面はマスタードとなっています。また、落ち着いたカラーを選びたい場合はブラック×ブラックがおすすめ。さらに、ナイロン面にデニム調のカモフラージュ柄を採用したブラックとネイビーも「パターンドジャケット」として展開されています。

アイテム9フロイドロックIIジャケット

アウトドアブランドとしての機能性やディテールをベースにしつつ、アーバンテイストにアレンジしたデイリーウェアを提案している『コロンビア ブラックレーベル』のジャケット。リバーシブル仕様で、見るからに暖かそうなボアフリースの面と、撥水性・防風性・伸縮性を兼備するソフトシェルの面、どちらを表にしても着用できます。オフホワイトとネイビーはシンプルなデザインですが、ブラウンはソフトシェルの面がリーフ柄です。

▼PART3:スポーティな味付けが◎。パーカータイプのフリースアイテム

フードの付いたフリースはアクティブな印象。『コロンビア』らしいどこか懐かしいデザインと相まって、それ1着でレトロなスポーツテイストの漂うコーディネートが手に入ります。首周りに立体感が創出できるうえに、レイヤードの幅が広がるという利点も。

アイテム10コロンビアロッジMフリースフーディ

カラーブロックが特徴的なプルオーバーパーカーは、90年代にリリースされたアイテムの配色を参考にしています。使用したマイクロフリースはふっくらとした触感で、暖かい着心地。高めのネックで首周りの防風性も優れています。落ち着きがあるのはブラック×ホワイトですが、ポップなブルー系やアクセントになるレッド系もおすすめです。

アイテム11マックストレイルミッドレイヤートップ

控えめな配色で大きくロゴが入ったプルオーバーパーカーです。薄手のフリースを使用していますが、『コロンビア』独自の撥水テクノロジー「オムニシールド」を採用し、雨や汚れを弾いてくれ優れモノ。秋はアウター、冬は中間着として着回すことができます。カラーはオリーブグリーンとブラックの2色展開。

アイテム12カットバンクストレイトジャケット

リバーシブルで使えるフリース製のアノラック風パーカーです。両面ともに大きなポケットがフロントの中央にレイアウトされ、アウトドアなムードを強調しています。実はこのポケットは内側でつながっているため、中身を移さずに表裏をスイッチすること可能です。カラバリは全3色。ベージュのボアは裏面がブルー基調のデニム調カモフラ柄、黒いボアとマルチカラーのボアは裏側がブラック基調のデニム調カモフラ柄になっています。

▼PART4:インナーとしても活躍。プルオーバータイプのフリーストップス

ニットやスウェットのような感覚で着られるプルオーバー式のフリースも今、着実に人気を高めています。インナーからチラリと覗かせるだけでもトレンド感が色濃く表現可能。冬トップスの選択肢にぜひとも加えたいアイテムです。

アイテム13ワピトーフリースプルオーバー

クルーネック型のフリース製トップスも保温性を補完するのに便利なのでおすすめです。この定番品は、90年代初期のデザインを継承しつつ素材をアップデート。やや起毛感のあるフリースが暖かくて快適な触感をもたらしてくれます。ネックのリブに入った柄がアクセントになっていて、ポケット・袖口・裾のパイピングも効いています。カラバリが充実していて全5色がラインアップ。ベージュ系のほか、ブラック、グレー、ブルー、レッドがあり、リブやパイピングのカラーはそれぞれ異なっています。

アイテム14ラヴェルリッジクルー

フェアアイル柄のクルーネックニットに見えますが、実はフリース素材。ニットのチクチクした感触が苦手な人やケアが面倒な人には最適です。異素材で切り替えた胸ポケットや肩当てがクラシックなアウトドアテイストを放ち、コーディネートのさりげないスパイスとして重宝。色味を抑えたネイビー基調のほか、ブラックをベースにボルドーやグリーンを取り入れたバリエーションも選べます。

アイテム15フロイドロックIIプルオーバー

ボアフリースのモコモコした表情が見た目も着心地も暖かい『コロンビア ブラックレーベル』のプルオーバートップス。シンプルで都会的なデザインですが、胸の切り替えや首元のコンシールジッパーなどのディテールがアウトドア調をさりげなく醸しています。カラーはオフホワイト、ダークカーキ、ネイビーの3色をラインアップ。

フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

TASCLAP編集部

この冬人気のアイテム! フリースベストの上手な着こなし方

この冬人気のアイテム! フリースベストの上手な着こなし方

アウトドアウェア人気の影響から、フリース素材のアイテムが注目されています。なかでも手軽にレイヤードが楽しめるベストがおすすめ。着こなしのコツを解説していきます。

ai sato

脱・部屋着。フリースのコーデをおしゃれに見せる4つのヒント

脱・部屋着。フリースのコーデをおしゃれに見せる4つのヒント

楽ちんであったかいために部屋着として人気が高いフリースですが、今季はトレンドアイテムとして台頭。街でおしゃれに着こなすべくメンズコーデのノウハウを解説します。

山崎 サトシ

パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

アウトドアトレンドを追い風にフリース人気が爆発中! とくに『パタゴニア』は頭ひとつ抜けた支持率を誇ります。そのラインアップと着こなし術を押さえておきましょう。

山崎 サトシ

ノース・フェイスはフリースも良い。本格ブランドならではの魅力とは?

ノース・フェイスはフリースも良い。本格ブランドならではの魅力とは?

マウンテンパーカーやダウンでお馴染みの『ザ・ノース・フェイス』は、機能と見栄えを両立したフリースも必見。モコモコ系アイテムは今季の旬でもあるので要チェックです。

山崎 サトシ

クラシック顔が気分。コロンビアのダウンジャケットが冬の新本命

クラシック顔が気分。コロンビアのダウンジャケットが冬の新本命

本格派のダウンを展開する人気ブランドはいくつかありますが、これからの新しい本命としておすすめしたいのが『コロンビア』。その魅力と豊富なラインアップを紹介します。

平 格彦

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    BACK