メレルの人気靴。ジャングルモックならではの魅力とは?

メレルの人気靴。ジャングルモックならではの魅力とは?

街でもアウトドアでも、愛用者多数の『メレル』。なかでも、驚愕の販売数を誇る「ジャングルモック」の魅力に迫ります。さらに、ラインアップの特徴を整理してご紹介!

山崎 サトシ

2019.12.24

メレル(MERRELL)
スニーカー

売れすぎ。『メレル』の「ジャングルモック」の人気ぶりを数字で読み解く

『メレル』はブーツ職人であったランディ・メレル氏らによって1981年に米国で設立されたアウトドアシューズブランド。現在では160か国以上で取り扱われており、世界的なブランドとして揺るぎない地位を確立しています。その躍進の立て役者となったのが今回紹介する同ブランドの大ヒット作「ジャングルモック」なんです。

1998年に、スポーツをした後に履くコンフォートシューズとして誕生した「ジャングルモック」は、2018年までの20年間で累計1,700万足を販売(※同社調べ)している、『メレル』を代表するプロダクト。単純計算で1日2,000足以上が売れているということですから、その人気ぶりに疑いの余地はありません。世界中で支持を集める理由とその魅力に関して、さらに掘り下げていきましょう。

『メレル』のジャングルモックは、そのコンセプトが新しかった

超人気シューズへと駆け上がった大きな要因は、何といってもコンセプトの斬新さにあります。運動後の疲労を和らげる目的で履く“アフタースポーツ”という打ち出しで登場した「ジャングルモック」ですが、1998年当時はそのようなカテゴリは存在していませんでした。今では当たり前のコンフォートシューズですが、その先駆けこそが「ジャングルモック」というワケなんです。新鮮なコンセプト設定とそれに違わぬ優れた機能性のおかげで、発売されるや否や瞬く間に大ヒットアイテムに。非常に快適であるため“オフィスからトレイルまで”と称され、運動後に限らず幅広いシーンで愛用されることになります。

このスリッポン、ただものじゃない。ジャングルモックの魅力とは?

見た目はシンプルなスリッポン型のシューズである「ジャングルモック」ですが、そこには多くの機能的なメリットが落とし込まれています。まず特筆すべきなのが独自開発のアウトソール。ハイグリップなソールパターンであらゆる路面において歩きやすさを発揮するうえ、両サイドから足を包み込むようにレイアウトされており安定性に特化しています。

悪路にも対応できる高機能な肉厚ソールを装備するだけあって、デザイン的にはややボリュームのある「ジャングルモック」。しかしそんな見た目に反して、片足の重さはリンゴ1個分程度の345g(サイズUS9.0の場合)と極めてライトウエイトです。衝撃吸収性に長けたフットベッドとも相まって、1日中履いていても疲れ知らず!

履き口に伸縮性を備えたストレッチバンドが配されていたり、ヒール部分に指を通せるループが付いていたりと、脱着を容易にするためのあしらいもさりげなくうれしいポイント。さっと履いてさっと脱げるから、余計なストレスを感じさせません。

実は種類豊富。『メレル』のジャングルモック、そのラインアップを整理

一口に「ジャングルモック」といっても、そのバラエティはかなり豊富! ここからは、派生モデル含めてラインアップを一挙にご紹介していきます。いろんな顔立ちのモデルがいるので、ぜひ自分好みの1足を。

アイテム1ジャングルモック

「ジャングルモック」のオリジナルモデルであり、『メレル』の人気NO.1シューズでもある今作。表地の表情豊かなピッグスエードは撥水加工で仕上げられているので、軽めの雨ぐらいであれば苦になりません。ベーシックなデザインなので、野遊びからスポーツ、街履きまでフル活躍!

アイテム2ジャングルモック ゴアテックス

防水透湿素材としてお馴染みのゴアテックスを取り入れたハイスペックな逸品。悪天候の日でもへっちゃらですし、アッパーに高級感あるヌバックレザーを使った大人っぽいルックスも好印象です。しかも、菌の増殖を抑える抗菌テクノロジーまで搭載しています。

アイテム3ジャングルモック メッシュ

「ジャングルモック」の機能性はそのままに、よりライトウエイトで見た目にも軽やかなメッシュアッパーでアレンジ。冬のヘビーになりがちなコーディネートを軽快に見せてくれるので重宝します。素材特性上、通気性が高くて蒸れにくいというメリットも。

アイテム4ジャングルモック アイスプラス

冬用に開発された「ジャングルモック」で、通常よりも保温性の高い起毛裏地があしらわれているのが特徴です。アウトソールにはビブラム社が手掛けたアークティック グリップを採用。たとえツルツルとした氷上でも、抜群のグリップ力を発揮してくれます。

アイテム5ジャングルモック レザー

アッパーに滑らかなフルグレインレザーを駆使しているだけに、ほんのりと上品な雰囲気。カジュアルなコーデはもとより、スマートなジャケットスタイルとも親和性の高い1足となっています。着用を重ねることによる表地の経年変化も楽しみ!

アイテム6ジャングルモック レザー ウォータープルーフ アイスプラス

上で紹介した「ジャングルモック アイスプラス」のアッパーを、上質なフルグレインレザーにチェンジ。内側には防水透湿性を備えたメンブレンをラミネートしているので耐候性も申し分ありません。外遊びからデートまであらゆる場面で役立ちます。

アイテム7ジャングルモック 2.0

「ジャングルモック」の次世代モデルとして2019年に誕生。従来のシリーズよりもシルエットをすっきりと細身に改良し、より洗練された風貌に仕上げられています。さらに、アウトソールには耐久性に特化したビブラムソールを採用。タフネスの点においてもアップデートされています。

アイテム8ジャングルモック XX AC+

ピッグスエードとニットの高鮮度な切り替えアッパーが目を引く、ファッショナブルな「ジャングルモック」。ビブラムソールを合わせていることも手伝って、程良くハイテク感のある見栄えです。ヒールには分厚いEVAを搭載し、衝撃吸収性についても◎。

アイテム9パスウェイモック

「ジャングルモック」をベースに、よりカジュアルなシーンを想定して設計。高いクッション性を備えたミッドソールや『メレル』オリジナルのフラットソールによって快適性を確保しており、街歩きには最適です。アッパーのカラースエードでスタイリッシュな印象を演出したのもカギ!

アイテム10ハットモック

“軽量”と“快適”をキーワードに生み出されたキルトナイロン製の派生モデルで、重さが片足155gなので素足に近い感覚で着用可。履き口にはハンギングフックが付属し、乾燥時や持ち運び時に便利です。その上、かかと部分を踏み潰してサンダル風に履ける2WAY仕様に。

アイテム11ワールドビュー クラフトモック

ブラックのスムースレザーを使い、なおかつラバーソールも黒で統一したシック顔。そのため、ビジネスシーンにだって難なくフィットしてくれます。ソールの面部分に世界地図の模様があしらわれるなど、普段見えない箇所への注力も『メレル』ならでは。

シーン別。メレルの定番靴&おすすめブーツ10選

シーン別。メレルの定番靴&おすすめブーツ10選

高機能な『メレル』の靴は、山向けから街でも履けるもの、防水、雪靴などの特化型までラインアップに富んでいる。なかでも人気のブーツやシューズを、シーン別に整理した。

菊地 亮

履いたらやみつき。コンフォートシューズってなんだ?

履いたらやみつき。コンフォートシューズってなんだ?

くせになる超快適な履き心地を備えることから、根強いファンの多いコンフォートシューズ。最近は機能面だけでなく、デザイン性にもこだわったモデルが増えています。

山崎 サトシ

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ゴアテックス採用シューズ15選。タイプ別天候不問靴をレコメンド

    ゴアテックス採用シューズ15選。タイプ別天候不問靴をレコメンド

    その日の天候に一喜一憂せずに済むゴアテックスシューズは、日常を快適に過ごすうえでお役立ち。しかも、最近はバラエティが充実していてあらゆるシーンにマッチします!

    山崎 サトシ

    メレルの人気作・カメレオンとは? 人気の“7”も新作の“8”も魅力を掘り下げ

    メレルの人気作・カメレオンとは? 人気の“7”も新作の“8”も魅力を掘り下げ

    アウトドアやフェスで人気の『メレル』のカメレオン。2月には新作の“8”が発売され、ますます注目度が高まっています。どんなシューズなのか、詳しく解説しましょう。

    髙須賀 哲

    大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

    大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

    ガラスレザーでぽってりしたプレーントゥのアッパーに、クッション性に優れたフラットソールを採用したポストマンシューズ。

    那珂川廣太

    ユナイテッドアローズとアシックスの英知を集結。これぞ“今どき”なビズシューズ

    ユナイテッドアローズとアシックスの英知を集結。これぞ“今どき”なビズシューズ

    ジャケパンスタイルやバックパックでの通勤がOKになるなど、近年、ビジネススタイルのカジュアル化が進んでいます。それは足元も例外ではなく、歩きやすくてカジュアルめ…

    髙須賀 哲

    ギア感もあって、品もある。そんなトレランシューズこそ春のタウンユースにふさわしい

    ギア感もあって、品もある。そんなトレランシューズこそ春のタウンユースにふさわしい

    季節の変わり目、衣替えのタイミング。服が替わると、自然と足元のスニーカーも新調したくなるものだ。どうせなら周囲とは異なる1足を選びたいところだが、大人が選ぶべ…

    平 格彦

    BACK