【男女別】プレゼントにおすすめのマフラーはこれ。それぞれの人気ブランドから厳選

【男女別】プレゼントにおすすめのマフラーはこれ。それぞれの人気ブランドから厳選

男女問わずに幅広い世代でハズさない冬の王道プレゼント、マフラー。贈ると喜ばれること必至です。女性・男性それぞれにうってつけのブランド&アイテムを一挙ご紹介!

近間 恭子

2020.01.05

小物
マフラー
プレゼント・ギフト

女性にも男性にも。冬はマフラーのプレゼントが人気!

マフラーは冬小物の代表格。防寒性を高めるのはもちろん、男女ともに冬のおしゃれに欠かせないアイテムになっています。それでいて洋服やバッグなどに比べると、個々の好みに左右されにくいので贈りやすいアイテムでもあるんです。すぐに活躍するので、秋冬シーズンにマフラーを贈ると喜ばれること請け合いです。

大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

マフラーの人気ブランドを厳選。大人だからこそこだわりたい品質と見栄えを両立する、人気のブランドとおすすめのアイテムを一挙にご紹介します。

モチヅキ アヤノ

マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

冬に欠かせないマフラーですが、いつも同じ巻き方になりがちではありませんか? 簡単にできて、おしゃれに見える巻き方をご紹介。動画と画像でわかりやすく解説します。

桂川 千穂

【女性向け】マフラー選びのポイントと人気ブランド10選

女性にマフラーを贈るときに、まず気を配るべきは大きさ。基本的に女性は、首に巻いたり肩に掛けたりさまざまな巻き方が楽しめる大判を好みます。ただ、奇をてらった色柄は着ける人を選び難易度も高いので、どんな着こなしにも合わせやすいものを意識するのがベター。加えて、男性よりも肌触りを重視する傾向があるので、購入時にチクチクしないかなど肌触りもきちんと確認しましょう。

▼10,000円未満で探す:高品質でコスパも抜群なセレクトショップのオリジナルが狙い目

種類豊富に揃うマフラーの中から、女性に何を選べば良いか悩みますよね。そこで予算別におすすめのブランドをピックアップ。10,000円未満で探すなら、セレクトショップのオリジナルブランドがおすすめです。デザイン性はもちろん、高品質なものがお手頃価格で見つかります。

ブランド1シンプルだけどおしゃれが叶う『グリーンレーベル リラクシング』

『ユナイテッドアローズ』の派生ブランドとして、1998年にショップをオープンした『グリーンレーベル リラクシング』。シンプルで上質なラフスタイルを提案し、幅広い世代に支持されています。こちらのストールは、なんとカシミヤ100%。それでいてアンダー10,000円を実現しているんです。柔和な雰囲気を放つ絶妙なグリーンがコーデのアクセントになってくれます。

ブランド2『ビームスライツ』は大人の休日にぴったりなアイテムが充実

『ビームスライツ』のコンセプトは“Life as a Journey”。旅をイメージした上品で遊び心ある大人のデイリーアイテムを発信しています。オリジナルのマフラーは、今注目のクラシカルなチェック柄をチョイス。ホワイトをベースにライトグレーでチェックをあしらっているので、ダークトーンが多くなりがちな冬スタイルのポイント使いにも最適です。

ブランド3都会的で洗練されたアイテムが揃う『アーバンリサーチ』

カルチャーを交えながら“都市に生きる自分らしい人々”へのライフスタイルを提案し、ファッションアイテムからライフスタイルアイテムまでを幅広く展開しています。そんな『アーバンリサーチ』からは、モヘアのようなふわふわ感が印象的なマフラーをピックアップ。見た目にも暖かく、かつボリューム感が満点なのでシンプルながら存在感は抜群です。

ブランド4『アダム エ ロペ ル マガザン』はおしゃれで遊び心あるアイテムの宝庫

『アダム エ ロペ』から生まれた『アダム エ ロペ ル マガザン』。ファッションアイテムに加え、世界中から集められたユニークな雑貨やちょっと変わったお土産品などをラインアップしています。カシミヤ混のマフラーは、表裏でカラーが異なるリバーシブル仕様。巻き方によって異なる表情を楽しむことができ、また無地なのでオンスタイルにも活躍します。

ブランド5旬を盛り込んだカジュアルスタイルが得意な『フリークスストア』

アメリカンカジュアルをベースに、ワールドワイドなトレンドを盛り込んだアイテムを発信している『フリークスストア』。メンズ・レディースともにカジュアル好きから熱い視線を集めています。ボリューム感満点のマフラーは、コーディネートのアクセントになる長めのフリンジが特徴。グレージュの発色も絶妙で、どこか上品な印象を与えてくれます。

▼10,000~30,000円未満で探す:上質素材を使用したワンランク上のマフラーブランド

彼女や奥さんへの本命プレゼントには、ワンランク上のマフラーブランドから選んでみてはいかがでしょう? 上質な素材を使用したマフラーは肌触りも抜群ですよ!

ブランド6女性憧れの『ジョンストンズ』は冬の褒められギフトNO.1

1797年に創業したスコットランド最古の高級生地メーカー『ジョンストンズ』。カシミヤやラムズウールといった高級素材で作られたマフラーは、毎年買い足す人がいるほどに女性から人気が高いです。カシミヤをブレンドしたこちらは、『グリーンレーベル リラクシング』の別注モデル。さまざまなアレンジが楽しめる180×70cmという大判サイズもポイントです。

ブランド7ラムズウール×アンゴラのマフラーが人気の『スコティッシュトラディション』

スコットランドのロックスバーグシャーに工房を構え、上品で美しい柄のマフラーを作り続けている老舗ブランド。このストールは『スコティッシュトラディション』で不動の人気を誇るモデルです。ウールにアンゴラを混紡した生地は、カシミヤに匹敵するとろみのある極上の肌触りに加えてクラス感あるルックスを演出します。キャメル×サックスブルーの柔和なカラーリングも魅力。

ブランド8上質なカシミヤの極上肌触りを存分に楽しめる『ベー』

カシミヤにこだわったマフラーやストールを手掛けているユニセックスブランド『ベー』。ブランドアイコンのヤギが、シンプルなデザインの絶妙なアクセントになってくれます。大胆なチェック柄で構成されたマフラーは、トーンの異なるトレンドのブラウンで構成。カシミヤならではの滑らかな風合いは、コーデを格上げするのにも一役買ってくれます。

ブランド9250年以上もカシミヤにとことんこだわり続ける『ジョシュアエリス』

創業1767年以来、極上のカシミヤを使ったスカーフやアクセサリーを製造している『ジョシュアエリス』。”究極の贅沢品”をコンセプトに、品質に妥協することなくモノ作りを続けています。もちろんこのマフラーも上質なカシミヤ製。その風合いがクラシカルなウインドウペン柄の中で引き立ち、クラス感とエレガンスを醸し出します。

ブランド10最高級素材によるやみつきになる肌触りが魅力の『ベグ&コー』

スコットランドで1866年に創立した老舗織物工場の自社ブランド。カシミヤやシルクなどの最高級素材を使い、熟練職人が手掛けたマフラーやショールはヨーロッパを中心に多くの愛用者を魅了し続けています。こちらは肌触りの良いラムウール×アンゴラを採用した人気のマフラー。見た目にも上質さが伝わる起毛感が、首元をやさしく包み込んでくれます。

【男性向け】マフラー選びのポイントと人気ブランド5選

女性に贈るマフラーは大判が喜ばれますが、男性の場合は首元にそれほどボリュームが出ない巻きやすいサイズ感が好まれます。また、贈る相手によってデザインや価格を変更することも必要。例えば目上の方はシンプルな色柄で価格は10,000円以上、同僚や後輩などへはある程度存在感のある色柄で価格は10,000円以下のものをセレクトするのがおすすめです。

ブランド11世界中の紳士から支持されている『ドレイクス』

1977年に設立し、ネクタイを中心に小物などのコレクションをリリースしている『ドレイクス』。時代の流れを敏感に取り入れながら、英国らしいデザインと天然素材のみを使用した確かな品質は世界中で人気を集めています。上質なウールとアンゴラを混紡したマフラーは、軽量でしなやか、さらには保温性にも優れているのが特徴。表裏で色が異なり、巻き方によってさまざまなニュアンスを楽しめます。

ブランド12アメトラ好きの上司へのギフトにうってつけな『ポロ ラルフローレン』

イギリスの伝統的なファッションにアメリカ流のアレンジを加え、アメトラやアイビーファッションの象徴的ブランドとして君臨する『ポロ ラルフローレン』。創業から50年以上経った今も根強い人気を誇り、特に40歳以上の上司へのギフトに最適です。ウインドウペンと無地を組み合わせたイタリア製のリバーシブルマフラーは、シンプルながらも洒脱な雰囲気を演出します。

ブランド13高品質なオリジナルも人気のセレクトショップの雄『シップス』

トラディショナルな要素を今日的に表現した”スタイリッシュスタンダード”がコンセプト。時代を感じさせながらもスタンダードの本質を見極めた”本物”を発信し続けています。そんな『シップス』からは、品質の高い内モンゴル産のカシミヤを贅沢に使ったこちらをセレクト。ダークトーンで構成された落ち着いたブラックウォッチ柄なので、ビジネススタイルでも取り入れやすいです。

ブランド14さりげない遊びの効かせ方が秀逸な『ポール・スミス』

得意とするテーラリングをベースに、遊び心のあるデザイン・着こなしで『ポール・スミス』らしさを提案。機能性や実用性を重視したアイテムは、日本でも根強く支持されています。心地良い肌触りのウール製マフラーは、さりげなくブランドのロゴ刺繍が入った人気モデル。シンプルかつ上品なデザインなので、プレゼントとしても喜ばれること請け合いです。

ブランド15高品質なアイテムがリーズナブルに手に入る『ナノ・ユニバース』

1999年に渋谷に1号店をオープンし、2002年よりセレクトショップとして展開。ヨーロピアントラディショナルをベースに、コンテンポラリーでエッジィなオリジナル&インポートアイテムをラインアップしています。このマフラーはカシミヤ100%ながら、驚きのアンダー10,000円を実現。しかも表裏で柄や色が異なる手の込んだ逸品です。

ネクタイを男性にプレゼントするならこのブランドで。世代別のおすすめ15選

ネクタイを男性にプレゼントするならこのブランドで。世代別のおすすめ15選

女性が男性に贈るプレゼントの定番であるネクタイ。ただ、ブランドが膨大すぎて選ぶのが大変ですよね。そこで贈る男性の世代別におすすめのブランドをご紹介します。

近間 恭子

女性にプレゼントしたい腕時計12選。お気に入りブランドから愛を込めて

女性にプレゼントしたい腕時計12選。お気に入りブランドから愛を込めて

女性へのギフト選びはいつだって男を悩ませるもの。今回は腕時計をピックアップし、男性が身に着けたいと思えるブランドの中から女性におすすめのアイテムをご紹介します。

増山 直樹

女性へのプレゼントにハンドクリームを。絶対ハズさないおすすめ14選

女性へのプレゼントにハンドクリームを。絶対ハズさないおすすめ14選

何かのお礼やホワイトデーなど、何かと女性へのギフトにぴったりなハンドクリーム。その選び方のポイントと女性のハートに響くおすすめアイテムを紹介します。

ai sato

【2019】彼女・妻が喜ぶクリスマスプレゼント50選。予算別に見る人気&おすすめ品

【2019】彼女・妻が喜ぶクリスマスプレゼント50選。予算別に見る人気&おすすめ品

彼女や妻へのクリスマスプレゼントに何を贈れば良いのやら……。そんな悩める男性陣、必見! 女性ライターならではの視点で人気&おすすめ品を厳選。予算別に紹介します!

TASCLAP編集部

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

    近間 恭子

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。

    近間 恭子

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    BACK