サイズ感に秘密あり。アークテリクスのマカ2はウエストポーチの大本命

サイズ感に秘密あり。アークテリクスのマカ2はウエストポーチの大本命

『アークテリクス』の定番として人気のウエストポーチ「マカ2」。使い勝手の良いサイズ感とコーデを選ばない合わせやすさが魅力です。その特徴とラインアップをご紹介!

平 格彦

2020.01.25

アークテリクス(ARC'TERYX)
バッグ
ボディバッグ・ウエストポーチ

今、人気集中。『アークテリクス』のウエストポーチ「マカ2」

日本でもすっかり浸透した『アークテリクス』はカナダ発の本格派アウトドアブランド。その定番アイテムの1つが、ウエストパックの「マカ2」です。偽物が出回るほど大人気なので、特徴などのポイントを押さえて本物を愛用しましょう!

このマカ2、実は「2」というだけあって「1」も展開されています。マカ 1の容量が2リットルなのに対し、マカ 2は2.5リットル。このちょっと大きめで独特のサイズ感が、必要な小物だけを入れて持ち歩くのに最適なのです。そしてこれが、身に着けた際に、程良く存在感を主張しつつも決して大き過ぎないという絶妙なバランスを実現。「小ぶりなバッグが欲しいけど、小さ過ぎてチープに映るのはイヤ」という大人たちから支持されています。

『アークテリクス』のマカ2が圧倒的な支持を集めるには理由がある

絶妙なサイズ感が特徴のマカ2ですが、収納力の高さも人気を集めているポイントです。メインポケットの中にはポケットとジップポケットを装備。フロントポケットの内部にはキークリップが付属しています。さらに、バックパネルの中央部分に隠れポケットがあり、スマートフォンやカード類などが入れられるようになっています。

人気の理由は他にもあり、2WAY仕様である点もその1つ。ストラップの長さを調整することで、ウエストポーチとしてだけでなくショルダーバッグとしても使用できます。サコッシュ人気の流れからコンパクトなショルダーバッグが引き続き脚光を浴びていますが、マカ2に関しても本来のウエストポーチとしてよりも小ぶりなショルダーバッグとして使われるのがむしろ主流です。

さらに、ワントーンが基本となるシンプルでスタイリッシュなデザインも魅力的。ショルダーバッグやウエストポーチはカジュアルに見えがちですが、マカ2はワントーンなので落ち着きがあり、大人のコーディネートにもフィットするようになっています。しかもシンプルなだけでなく、『アークテリクス』お馴染みの始祖鳥を象ったアイコン刺繍がさりげないアクセントとして効いています。最後に付け加えると、比較的リーズナブルな価格も人気の理由。コストパフォーマンスに優れているので、気に入ったら他のカラバリも手に入れてみるのも良いでしょう。

『アークテリクス』のマカ2はこう使う。大人のお手本コーデ術

最近はコンパクトなショルダーバッグとして使われることの多いマカ2。普通に斜め掛けしてももちろんおしゃれですが、ひと工夫することで一層今どきに見せることができるので、その方法を実例とともに解説します。全体的なポイントとしては、体のフロント側に垂らすのが基本。

コーデ1アウターの中からチラ見せするのがイチ押し

やや大きめなサイズ設定のマカ2とはいえ、ベースは小ぶりなバッグです。そこで、サコッシュ感覚で前に垂らすのが今どき。コートなどのアウターを着ている季節なら、アウターの中に忍ばせつつ、適度に覗かせるとバランス良くまとまります。フィット感が高いので、動いても邪魔になりづらく使い勝手も抜群です。

コーデ2アウターの上から斜め掛けしてややサイドに流すのもおすすめ

マカ2のストラップは長さが調整できるので、アウターの上から斜め掛けすることも可能。ボリュームのあるダウンジャケットの上から掛けることで、ボリュームを抑えてスタイリッシュに見せる効果も狙えます。カジュアルなアウターと組み合わせる場合は、バッグを少し横に流すことで子供っぽく見せ過ぎないのがポイント。

コーデ3首から真っ直ぐ下げればとひと味違った面持ちに

マカ2はシンプルでスタイリッシュなデザインだからこそ、ネックウォレットのように首から下げても少し大人なムードに仕上がります。とはいえ、ややくだけた印象になりますので、少し変化が欲しいときなどに限定して活用するのがおすすめです。ストラップの長さを調整し、本体がお腹より少し上に来るように調整すると好バランス。

実に豊富なラインアップ。マカ2のバリエーションを総チェック

ここからは、現在チェックできるマカ2のバリエーションを一挙にご紹介。通常ラインのカラーバリエーションは全5色、それに加えて存在感のあるカラーパレットを採用した別注品もピックアップしました。この中から、好みや気分に応じたアイテムを見つけてください!

▼現在、通常展開されている5つのカラーバリエーション

マカ2のカラーバリエーションは現在5色。ブラック、ライトグレー、ダークネイビー、カーキ、ボルドーの5種類です。ワントーンをベースにしたデザインなので、どれを選んでも幅広いコーディネートに馴染みます。

カラー1ブラック

もっともクールで落ち着きがあるのはやっぱりブラック。ジップまでブラックで統一されたワントーン仕様なので、スマートなイメージです。ブランドネームの由来にもなっている始祖鳥のアイコン刺繍がワンポイントとしてさりげなく映えています。

カラー2ライトグレー

5つのカラバリの中でもっとも明るいのがグレー。正式なカラー名は「ロボティカ」で、未来的・都会的なイメージを感じさせます。合わせるコーデを選ばず活躍してくれますが、ダークなアウターの重厚感を緩和するアクセントカラーとして活用するのがおすすめです。

カラー3ダークネイビー

正式なカラーネームは「トゥイ」。ダークトーンのネイビーなので落ち着きがあり、ブルー系ならではの爽やかさや品の良さも備えています。黒いコートにも白いTシャツにも合う色味で、オールマイティに使えるという意味ではイチ押しのカラーです。

カラー4カーキ

ブランドでは「ブッシュハック」と名付けてられているカラー。一般的にはモスグリーンやカーキと呼ばれる色味で、ミリタリーテイストを醸し出します。軍モノとは異なるシンプルな面持ちのマカ2だからこそ、そんなカラーが新鮮。コーディネートに男っぽさを加味したいときに重宝します。

カラー5ボルドー

カラー名は「レッドビーチ」で、落ち着いたトーンの赤系カラーが大人なスパイスとしてうってつけです。アイコンの刺繍まで統一されたワントーンのデザインはスタイリッシュなイメージ。モノトーンが基調のシンプルなコーディネートに挿し色としてプラスしてみてはいかがでしょうか。

▼今買えるマカ2の別注モデル。そのカラバリも要チェック

定番モデルとして高い支持率を誇るマカ2は、別注アイテムが登場することもしばしば。特に『ビームス』による別注は恒例となっていて、絶大なる人気を集めています。インパクトのある色使いのマカ2が欲しいなら、このコラボ品が狙い目です!

カラー6グレー×ブラック

パーツによってカラーの切り替えられたデザインが特徴的。インパクトの強いバイカラー仕様ですが、モノトーン基調なので落ち着いたテイストに仕上がっています。フロントの黒い部分には、『ビームス』の別注品であることを示す“BEAMS”の刺繍入り。

カラー7ワイン×グリーン×ブラック

こちらはワインカラーをメインにしたバージョン。3つの色を使ったカラーパレットがさりげなく個性的です。ボディと同色の刺繍が2か所にあしらわれていて、『アークテリクス』を示す始祖鳥とともにセットされた『ビームス』のロゴがコラボ品であることを主張しています。

サイズがやや小ぶりな「マカ1」を活用するという手もあり

マカ2のデザインや仕様はそのままに、ひと回り小さいモデルが「マカ1」です。収納力こそやや落ちるものの、機能性の高さはもちろん健在。よりコンパクトなサイズ感を重視したい方にはおすすめです。ちなみに、マカ1のスタンダードなカラバリもマカ2と同じ5色。ただし、ブラック以外はジップ部分のトーンが明るくなっているため、少しカジュアルな面持ちに仕上がっています。小さな作りでも存在感があるので、スタイリングの挿し色としても重宝しますよ。

おしゃれなウエストポーチを厳選。ファッションライターが推す25ブランド

おしゃれなウエストポーチを厳選。ファッションライターが推す25ブランド

コンパクトながらも収納力が高いウエストポーチ。「おすすめのブランドは?」という方へ、人気ブランドを中心に25ブランドのウエストポーチを紹介します。

ai sato

アークテリクスのリュックは、都会に映える最先端技術の結晶だ

アークテリクスのリュックは、都会に映える最先端技術の結晶だ

アウトドアMIXスタイルがすっかり浸透した今、火付け役ともいえる『アークテリクス』は気になる存在。今回は特に人気の高い、リュックにフォーカスしてご紹介しましょう。

MASAFUMI YASUOKA

アークテリクスの名作。アロー22の評判とコーデを紹介

アークテリクスの名作。アロー22の評判とコーデを紹介

『アークテリクス(ARC'TERY)』の人気かつ定番リュックのアロー22に注目。長年支持される同アイテムのディテールや特徴、アレンジモデルの詳細を掘り下げる。

TASCLAP編集部

小さくなって大変化。アークテリクスのグランビル

小さくなって大変化。アークテリクスのグランビル

カナダ発のアウトドアブランド『アークテリクス』は、ウェアのみならずリュックも名作ぞろい。なかでも人気の“グランビル”がよりデイリーな仕様になりました。

深澤 正太郎

アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

アウトドア界の最高峰に位置する『アークテリクス』のマウンテンパーカー。外遊びだけでなく街着としてもフル活用できる万能選手について掘り下げます。

山崎 サトシ

アークテリクスはダウンも白眉。街着に適したハイスペックモデル10選

アークテリクスはダウンも白眉。街着に適したハイスペックモデル10選

マウンテンパーカーやバッグが人気の『アークテリクス』ですが、他のアイテムも驚異の完成度。寒い季節には、本格スペックを搭載したダウンジャケットが頼りになります。

平 格彦

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    シューズは機能性や履き心地も大切な要素。とくればアウトドア由来のスペックを備えた1足を活用するのが好手です。街履きに適したグッドルッキングなおすすめ品をご紹介!

    平 格彦

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

    TASCLAP編集部

    BACK