セイコーのプレザージュは、日本の美意識を集約した腕時計の傑作だ

セイコーのプレザージュは、日本の美意識を集約した腕時計の傑作だ

日進月歩の腕時計界だが、日本製機械式時計の躍進は目覚ましい。その例の1つが「セイコー」の『プレザージュ』。大人を魅了する理由と、人気のラインアップを紹介する。

菊地 亮

2020.02.01

セイコー(SEIKO)
プレザージュ(PRESAGE)
腕時計

初めての機械式時計は、『プレザージュ』から探せば間違いない

『プレザージュ』が誕生したのは2011年。手巻き付き自動巻きムーブメントにサファイアガラス製の防風、さらには10気圧防水を標準装備するなど、保持するクオリティはトップクラス。抑えめのプライスとのアンバランスも大きな話題を呼んだ。2016年には海外でも展開をスタートし、さらなる名声を得るにいたる。その背景には、1世紀以上にわたり時計作りに情熱を注ぎ、世界を驚かせてきた「セイコー」への信頼はもちろん、日本の伝統工芸に基づく優美さや、バーテンダーとの共作といった他業種との積極果敢な取り組みがある。

『プレザージュ』が世界に通用する腕時計たりえた理由とは

『プレザージュ』には、「ベーシックライン」と「プレステージライン」という2つの柱がある。前者は手軽に手にできるシンプルなコレクションであり、後者はそのハイエンドラインといった位置づけ。ただ、共通していえるのはどちらも確かな品質を携えているという点だ。

理由1この価格帯ではあり得ない、『プレザージュ』に搭載された世界基準のムーブメント

腕時計を評価するうえで重要となるのが“心臓”ともいえるムーブメント。『プレサージュ』では、純粋なジャパンメイドのムーブメントが搭載されている。ベーシックラインには「4R」系、3針には「6R」系(クロノグラフは「8R」系を搭載)を採用。特に「6R」系は、同社の技術の粋を結集した傑作で、2019年にはより薄く仕上げられた進化系ムーブメントの「6L」系が登場している。

そのベースとなっているのが「トライマティック」だ。「トライマティック」とは、日常使いできる機械式を実践するうえで大切な、精度の安定を図り長きにわたる愛用を可能にした3つの開発技術の総称。ゼンマイの巻き上げ効率向上を図るマジックレバー、あらゆる衝撃からムーブメントを守るダイヤショック、そして外部研究機関と共同開発をしたひげぜんまいの素材、スプロンである。その緻密な自動巻きムーブメントは、シースルー仕様となっているケース裏から眺めることができる。

理由2『グランドセイコー』にも通じる、ケースの加工技術の高さ

「セイコー」の最上位機種に『グランドセイコー』が挙げられるが、『プレサージュ』には同ブランドにも相通ずるケース加工へのこだわりがある。例えば、ザラツ研磨。ザラツ研磨とは、歪みのない美しい面を作るべくケースの仕上げ前に施される工程の1つ。特に、鋳造工程により金属密度を高めた後では大きな意味を持っている。同モデルの鋭く放たれる輝きは、その職人技から生まれているのである。

匠の手仕事が息づく、『プレザージュ』の「プレステージライン」

テクノロジーと伝統。相反する両者を高次元で結実させたラインこそ、『プレザージュ』の“顔”ともいえる『プレステージライン』。名を知らしめた琺瑯文字盤や漆加工は言うに及ばず、日本庭園をイメージしたモデルなど、散見されるジャパントラッドの面影は身に着ける者にクラス感を宿し、日本が誇る腕時計製造技術の矜持を感じさせる。

1本目SARX065

「プレステージライン」を代表する琺瑯シリーズ。その中でも、琺瑯ダイヤル製造の匠と、日本モダンデザインの匠がコラボレーションした特別な1本がこちら。ムーブメントには70時間継続のパワーリザーブ、Cal.6R35を搭載し、ケースサイズは日本人の腕に馴染みつつ主張する39.9mm。

2本目SARW045

人気の漆シリーズの中でも、魅力がより詰まったモデルがこちら。日本の美意識を漆芸家の田村一舟氏が現代風にアレンジ。黒漆、白壇塗り、蒔絵と、和の匠の技を存分に取り入れたダイヤルデザインは、古くから日本文化に馴染みのある「月」をテーマにしている。確かに、パワーリザーブのあしらいもまるでエッジの効いた三日月のようだ。

3本目SARX027

その優美な様には、ジャパニーズデザインのパイオニアと称される渡辺 力氏の感性を存分に感じさせる。洗練の中にさりげなく主張するダイヤルはどこか懐かしさが漂い、ガラス質のうわぐすりで仕上げる琺瑯製ゆえ、その美しさは長い時を経ても色褪せることはない。

4本目SARK015

「セイコー」初のクロノグラフ、「クラウンクロノグラフ」の生誕55周年を記念して制作されたアニバーサリーアイテム。往年の計測器を彷彿させる味わい深い姿に加え、ザラツ研磨による鏡面仕上げや、スタイリッシュな側面のラインなど、見事に現代的に昇華させている。

5本目SARX059

琺瑯、漆の両シリーズを追随する存在として注目されているのが七宝シリーズ。日本の海をモチーフに深みのあるブルーや、永遠に繰り返される波を七宝独特の透明感とダイヤルの型打ち模様で表現。ダイヤル構成は今から100年以上前、1895年に生まれた「セイコー」初の懐中時計である「タイムキーパー」に起因する。

日常使いの時計に上質さを添える「ベーシックライン」

『プレザージュ』を初めて手に取る人、もしくは腕時計を道具として気兼ねなく着けたい人には、「ベーシックライン」がちょうど良い。負けず劣らずの機能性を備えながら、プライスは控えめ。すでに高い評価を得るコラボ作も揃う。まずはその一部をご覧あれ。

1本目SARY078

近年、黄綬褒章を受章し、“現代の名工”とも賞される「STAR BAR」バーテンダーの岸 久氏が色の監修などを務めているシリーズより。イメージしたのはカクテルのマンハッタンで、グラデーションで輝くブラウンベースの中、さりげなく覗くツヤ感に大人の色気を感じさせる。

2本目SARY105

インスピレーションの源泉は、岸氏が新たに生み出したオリジナルカクテルの「フユゲシキ」。程良く艶やかさを加えられるラップ塗装を、澄んだ白の文字盤へ。それにより、光の当たり方によっては、まるで陽光によりキラキラと輝く雪景色のように見える。

3本目SARY101

シックなビジュアルを携えたこちらは、エスプレッソマティーニから着想を得た黒文字盤がなんともセクシー。シースルーバックから除くメカニカルな自動巻きムーブメントと、職人の手業による曲げ針を採用したクラシカルなフロントデザイン。そのギャップもまた良い。『グランドセイコー』を彷彿とさせる力強いドーフィン針にも、「セイコー」らしさが垣間見える。

4本目SARY109

こちらもまた「カクテルタイム」シリーズからの一品。生成りの文字盤を繊細に動き続けるゴールドの時分針。その様はどこかアンティークのように上品で、大人っぽい雰囲気を醸し出す。こちらのイメージソースとなったのが、ギムレットと聞けばそれも納得だ。

5本目SARY143

こちらは日本庭園をイメージしてデザインされた、その名も「ジャパニーズガーデン」。砂紋をイメージした立体模様のダイヤルに、これまた庭石のようなざらつきを表現したバーインデックスが鎮座する。庵にある丸窓を模したオープンハートモデルも白眉だが、日常使いにはパワーリザーブを大きく配置したこんなモデルもおすすめしたい。

地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

    夏目 文寛

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    多忙なビジネスマンにとって、電池交換の手間もかからず常に正確な時間を表示するソーラー電波時計は心強い味方。信頼度の高い日本のブランドから、名品を厳選しました。

    牟田神 佑介

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用時計においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と珠玉のブランドを語り尽くします。

    牟田神 佑介

    BACK