バンソンのライダース。“最香”の男らしさと至高の防寒性をジャッジ

バンソンのライダース。“最香”の男らしさと至高の防寒性をジャッジ

ハード&タイトな着心地と革とガソリンの匂いに包まれた『バンソン』は、アメリカンライダースジャケットの雄。その魅力を掘り下げながら、おすすめのアイテムを紹介します

那珂川廣太

2020.02.20

アウター
ジャケット
レザー・ライダースジャケット

まずは『バンソン』というブランドについて

アメリカの住宅でセントラルヒーティング(全館集中暖房)が一般的になるにつれてレザーウェアが人気を落とし、レザー暗黒時代ともいわれていた1974年に、『バンソン』はレーシングシーン用のレザーウェアブランドとして誕生しました。業界の不況を受けて一旦倒産の危機に見舞われるも、その後復活。80年代には渋カジの定番アイテムとして日本でも大ブームを巻き起こしたのは、40代の読者であればご存じでしょう。

『バンソン』といえばライダース。男らしさが香る特徴とは

『バンソン』の最大の魅力は革質。新品のジャケットに袖を通せば、そう易々と体に馴染むような革を使っていないことがすぐにわかります。同ブランドで使用されるクロムなめしにワクシング加工を施したレザーは、非常にツヤ感に優れつつ経年変化をほとんど見せず美しいハリを保つのが特徴。非常に生産量の少ない革であるため、品質を落とさないために『バンソン』にジャケットをオーダーしてもタイミングによっては1年待ちということもあるほどです。

非常に堅牢な革を使用しつつも、さすがはバイクレースシーンで着用されてきたブランド。バイクにまたがったときの可動域について考え抜かれています。アメリカンライダースらしくアームホールはやや太め、またアクションプリーツを背中に施すことによってタイトなフィッティングながらも肩の可動域をしっかりと確保しています。

バイカーに愛される所以は卓越した防寒性にあり

植物タンニンなめしと比べて強度を確保できるクロムなめしは薄手の製品に使われることが多いものの、『バンソン』ではあえて非常に肉厚な原皮を使用。これにより、レザージャケットに欠かせないタフさとボリューム感を実現しています。また、緻密で肉厚な繊維構造によって卓越した防寒性を備えているのも『バンソン』のウェアにおける特徴です。

男らしすぎる『バンソン』のライダース。街に映えるスタイリングのコツは?

『バンソン』と同じようにバイカーから支持されるブランドやラギッドなアイテムを使ってコーディネートすると、男らしさだけが前面に出てしまいます。男らしさを残しつつも都会的に見せるには、やはりカジュアルな要素を加えたいところ。スニーカーは言わずもがな、インナー選びでカジュアル化を図ったり、被りもので印象を変えたりするとベターです。

『バンソン』のレザージャケット。今手にしたいおすすめを厳選

スタンダードなダブルやシングルのライダースだけでなく、さまざまなデザインを取り入れているのが『バンソン』の特徴。ここでは『バンソン』ならではのラインアップの中からおすすめのアイテムを厳選して紹介します。

アイテム1『バンソン』モデルB

こちらのモデルBは最もシンプルなスタンドカラーのシングルライダース。『バンソン』最大の魅力であるコンペティションウェイトレザーのツヤと質感を存分に楽しむことができます。

アイテム2『バンソン』C2

もともと『バックドロップ』の別注モデルとして登場し、その人気によって定番モデルとしてカタログ入りしたC2。アメリカンラインダースらしいエポーレット付きの太めのアームホールやショートな着丈には根強いファンが存在しています。裏地はキルトライニングのため防寒性も抜群です。

アイテム3『バンソン』C2C2D

C2をさらに改良し、エポーレットやウエストベルト、アクションプリーツなどのディテールを取り除くことで欧州系のライダースを思わせるミニマルデザインに仕上げたのがこちら。エルサルバドル製のアイテムが増える中、貴重なMADE IN USAモデルであることも注目です。

アイテム4『バンソン』×『バックドロップ』別注 9TJV STAR

『バンソン』の中でも伝説的モデルであるワンスターと同様に、9TJVの背中にスターパッチを採用した別注モデル。ちなみに80~90年代にかけてチーマー全盛の渋谷ではワンスターを着ていると“狩られる”ため、腕っ節に自信がある人しか着られなかったという逸話も……。

アイテム5『バンソン』チョッパーマイナス

『バンソン』は重くて硬いから……と敬遠している人におすすめなのがこちら。コンペティションウェイトレザーではなく鹿革風になめされたカウハイドを使用しているため、新品の状態でもしなやかな着心地を堪能できます。落ち着いたネイビーのカラーリングも魅力です。

アイテム6『バンソン』タイプB ボーンカスタム

若い世代が『バンソン』を知ったのはおそらく、『シュプリーム』と『バンソン』が17A/Wシーズンにコラボを発表したときではないでしょうか。こちらはそのコラボモデルと同じくスケルトンモチーフのモデルBをベースに、シュプリームレッドを採用。

アイテム7『バンソン』 RJP

渋カジ時代を過ごした大人にとって、憧れのアイテムといえばこちらなのでは? ブランド定番のモデルBをベースにカラー変更やスポンサーパッチを追加したモデルで、『バンソン』がバイクレースから出発したブランドであることが伺えます。渋カジ全盛の時代はフロントを開けてレザースタジャン風に着用するのが定番でした。

アイテム8『バンソン』×『バックドロップ』別注 9TJV

渋カジブームを語る際に欠かせないのが、『バンソン』を日本で1番多く売ったと言っても過言ではない渋谷の名店『バックドロップ』。こちらは名作TJの着丈を2インチ長く変更し、タイトなフィッティングを採用した別注モデル。左胸のクロスボーンパッチは『バックドロップ』だけのエクスクルージブ仕様です。

羽織るだけで男前。ライダースジャケットのおすすめ20選

羽織るだけで男前。ライダースジャケットのおすすめ20選

ライダースジャケットは男らしさを加速させるメンズに欠かせないアイテム。今シーズンも注目度が高く、選び方やブランドを早めにチェックしておきたい。

大中 志摩

大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

ワイルドで男前なレザージャケット。ハードな印象が強いですが、大人ならスマートに着こなしたいところ。ここでは、コーデのポイントとおすすめブランドを紹介します。

Goto

バイク専門誌と男性向けライフスタイル誌で編集を約8年務めたのちに独立。ファッションはアメリカンカジュアルからトラッドまで幅広く執筆を行い、特にブーツやレザー、ジーンズ、古着など男臭いアイテムの知識が豊富。また乗り物やインテリア、フードまでライフスタイル全般にわたって「ラギッド」を切り口に執筆する。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。

    近間 恭子

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    視界くっきり。偏光サングラスを掛けるべき理由と今おすすめの10本

    視界くっきり。偏光サングラスを掛けるべき理由と今おすすめの10本

    日差しが強い季節に限らず、使うと便利な偏光サングラス。視界がクリアになるので、ぜひ活用してみましょう。レンズの構造や特徴、おすすめ品まで徹底解説します!

    平 格彦

    アイテムリスト

    BACK