ベージュアウターをおしゃれに着こなすには? 配色のコツとおすすめ10選

ベージュアウターをおしゃれに着こなすには? 配色のコツとおすすめ10選

黒やネイビーに次いで取り入れやすい色であるベージュ。本記事ではアウターをフィーチャーし、大人に似合う配色からおすすめのデザインまでをご紹介します。

近間 恭子

2020.03.02

アウター
春の着こなし・コーデ
秋の着こなし・コーデ

着回し力抜群。何かと頼りになるベージュアウター

アウターを新調するなら、ぜひアイテム選びの選択肢に入れてほしいのがベージュの1着。なぜなら、ベージュは柔和で大人な雰囲気を醸し出すことができるからです。肌の色に近くて苦手意識がある人もいるかもしれませんが、トーンの幅が広いので自分に似合うトーンを見つけやすいのがメリット。黒やネイビーなどの定番色同様、着回し力も抜群に高いですよ。

何色を合わせる? ベージュアウターをおしゃれに着こなすコツ

基本的にベージュはどんな色とも相性が良い万能カラー。ここでは誰でも取り入れやすく、かつ大人に似合って着こなしをおしゃれに見せてくれる配色をピックアップしました。

▼配色1: 大人っぽくて上品な雰囲気漂う「ベージュ×ベージュ」

ベージュ×ベージュは大人っぽさがより一層高まり、さらに上品さも獲得できる配色。同トーンで揃えても良いですが、あえて異なるトーンを組み合わせるのがおすすめ。膨張して見えるのを避けることができ、洒脱な雰囲気を醸し出せます。

着こなし1ベージュのグラデーションで組み立てたレイヤードが巧み

ベージュのカバーオールにチノパンを合わせたセットアップスタイル。インナーには、トーンの異なるベージュのパーカーをセレクトして、今どきなワントーンコーデに仕上げた好例です。ボディバッグのブラックが着こなしの締め役に。

着こなし2ベージュの色合わせが秀逸なベージュワントーン

アウターからインナー、ボトムスにいたるまでベージュでまとめたワントーンコーデ。ベージュの中でも異なるトーンを組み合わせているので、立体的な着こなしに仕上がっています。あえてシンプルなアイテムをセレクトし、その配色の妙を引き立てているのも見逃せません。

▼配色2:軽やかさと抜け感を演出する「ベージュ×ホワイト」

ベージュの魅力を生かしつつ、さりげなく軽快さをプラスするならホワイトと組み合わせるのがベターな選択。ホワイトならではの抜け感により、親しみやすい雰囲気も醸し出せます。清潔感も抜群で好印象を演出できる配色です。

着こなし1好印象な配色でカジュアルコーデを大人っぽく昇華

インナーやボトムスをホワイトで揃えているのがポイント。ステンカラーコートも淡めのトーンをセレクトしているので、ベージュとホワイトが見事に調和しています。シンプルな合わせながらも今っぽさも感じられるのは、程良くゆったりとしたシルエットのおかげ。

着こなし2清潔感ある配色と絶妙なシルエットバランスが魅力

ベージュのスウィングトップに白Tをインすることで、ベージュのスウィングトップのもつ野暮ったさを払拭。さらに適度に味のあるジーンズで、こなれ感もプラスしています。コンパクトなトップスとゆったりめなボトムスのシルエットバランスの良さにも注目を。

▼配色3: スタイリッシュさと品の良さを両立できる「ベージュ×ブラック」

ベージュの品の良さを最大限に引き出せるのが、シックなブラックとの組み合わせ。コントラストが高い配色なので着こなしをすっきり見せることができ、さらにはスタイリッシュさも手に入れられます。まさに大人にふさわしい配色なので、ぜひ挑戦してみてください。

着こなし1コートのシルエットが引き立つバイカラーコーデ

シンプルなクルーネックニットに、オーバーサイズのコートをレイヤード。ブラックのニットが着こなしの引き締め役として機能しながら、同時にコートのシルエットを際立たせています。ボトムスにあえてスリムなテーパードパンツをセレクトしているのも好バランス。

着こなし2ネック周りのバランスの良さが成功の秘訣

こちらもオーバーサイズのステンカラーコートをセレクトしていますが、インナーにハイネックニットを合わせることで立体感あるコーディネートを構築。レザーシューズもニットと同色のブラックで、全体に統一感をもたせているのもGOODです。

▼配色4:こなれた着こなしへと導く「ベージュ×カーキ」

ベージュと同系色であるカーキのマッチングは難易度の高いイメージがありますが、実は逆。抜群の相性ゆえに取り入れやすく、さらにはこなれた雰囲気まで演出できるんですよ。着こなしの洗練度もアップできるので、大人は積極的にチャレンジしたほしい配色です。

着こなし1街に馴染むきれいめミリタリー

ベージュ×カーキのコロニアルカラーでまとめたきれいめミリタリースタイル。カジュアル感が強いマウンテンパーカーもベージュならどことなく上品な雰囲気が漂います。インナーに合わせた襟付きシャツがクリーンなムードを上乗せ。

着こなし2こなれた配色で洗練されたセットアップスタイルを構築

ブルゾンとパンツのセットアップに、キルティングインナーを重ねているのがポイント。セットアップがライトベージュゆえ、インナーのカーキが引き締め役として機能しています。

コートからブルゾンまで。ベージュアウター10選

着こなしに取り入れやすく、かつ汎用性も高いベージュアウターをピックアップ。ステンカラーコートからコーチジャケットまで、種類も豊富なので要チェックです。

アイテム1『アーバンリサーチ ロッソ』タイプライタースプリングコート

毎シーズン大好評のスプリングコートが、この春も登場。軽量でハリのあるタイプライター生地を採用しているので、まるでシャツを羽織っているかのような着心地。着込んでいくうちに生まれるナチュラルなシワもポイントで、着こなしの絶妙なアクセントになってくれます。

アイテム2『アバハウスグレイ』ステンカラー フライフロントコート

計算されたスリムなシルエットのおかけで、フロントを開けて着用してもすっきりスマートに着こなせる1着。それでいてジャケットの上に羽織っても窮屈感のないサイジングに仕上げられているのも優秀です。素材は軽快な着心地が堪能できるポリエステル×コットン。

アイテム3『ビューティ&ユースユナイテッドアローズ』パーテックスバルカラーコート

天候を気にせず着用できる、撥水機能を備えたナイロン生地のバルカラーコート。装飾をそぎ落としているため上品な雰囲気を放ち、着回し力にも優れています。軽快な着丈も特徴で、全体のシルエットバランスがとりやすいのも特筆すべき魅力。

アイテム4『ナノ・ユニバース』7DAYS COAT フード脱着ステンカラー

“毎日でも着られる”をコンセプトにしたステンカラーコート。デタッチャブル式のフードが付属し、オン・オフ兼用で着回せるデザインに仕上げられています。シワになりにくく、多少の雨を弾く弱撥水加工が施されるなど、優れた機能が満載なのもうれしいポイント。

アイテム5『エーグル』MTDステンカラーコート

2.5層透湿防水素材を使用したステンカラーコートは、2通りの着こなしが楽しめるデタッチャブル式のフード付き。装飾を極力省いたシンプルなデザインながら、シルエットはゆったりめで今っぽく着こなすことができます。パッカブル仕様なので、普段使いから旅まで重宝しますよ。

アイテム6『グローバルワーク』ノビリア オーバートレンチ

エポーレットやベルトを省き、シンプルに仕上げられているので一般的なトレンチコートとはひと味違うニュアンスが楽しめます。ゆとりのあるサイズ感ながら、フロントを開けてもすっきり着こなせる絶妙なシルエットに仕上げられているのも魅力。

アイテム7『ティーケータケオキクチ』撥水コンパクトトレンチコート

ハリ感のある生地に撥水加工と花粉ガード加工を施した機能的なトレンチコート。コンパクトなデザインによってきれいに着用できるので、カジュアルはもちろん、ビジネススタイルにも活躍します。膝上丈でシルエットバランスがとりやすいのもGOOD。

アイテム8『ビーミング by ビームス』ツイルストレッチ コーチジャケット

ポリエステル100%ながらも光沢感が抑えられているため、カジュアルなコーチジャケットでありながらもクリーンな印象。撥水性やストレッチ性にも優れ、さらにはイージーケアなどの機能も装備しています。メッシュの裏地で通気性と軽さをアップさせているのも優秀。

アイテム9『エディフィス』リモンタ メモリー ハリントン ブルゾン

ジャンパーの原型でもあるハリントンジャケットを現代的な細身デザインに仕上げたモデル。程良く厚みがありながらもしなやかな肌触りで、しっかりとハリコシもあるので着映えします。スタイリングの幅が広がるダブルファスナー仕様。

アイテム10『ユニバーサルオーバーオール』T/Cカバーオール

『ユニバーサルオーバーオール』の定番アイテムであるカバーオール。強度のあるポリエステル×コットンを用いているので適度にツヤがあり、着込むほどに生地の味わいが増していきます。ビッグシルエットを採用しているので、今っぽく着こなせますよ。

ベージュと好相性な色はどれ? 大人が実践したいベージュコーデ

ベージュと好相性な色はどれ? 大人が実践したいベージュコーデ

ベージュは大人コーデに欠かせない定番色ですが、着膨れしたり地味に見えたりしない工夫が必要。ではどう着こなせばいいのか? おしゃれに見せる秘訣は配色でした。

TASCLAP編集部

大人こそベージュジャケットを。おしゃれに着こなす配色のコツとおすすめ10選

大人こそベージュジャケットを。おしゃれに着こなす配色のコツとおすすめ10選

ジャケットというと定番のネイビーやグレーを選びがちですが、大人のおしゃれを楽しむならベージュもおすすめ。与える印象やイチ押しの配色など、詳しく解説します。

近間 恭子

旬なベージュのニット。コーデを攻略するために押さえたいあれこれ

旬なベージュのニット。コーデを攻略するために押さえたいあれこれ

黒やネイビーのニットと比べて少々難度が高いベージュニットですが、旬な存在であるだけに上手く味方につけたいもの。攻略法を詳しく伝授するので、早速コーデの実践を!

山崎 サトシ

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。特にここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

TASCLAP編集部

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    ユニクロのポロシャツ活用術。おしゃれに今っぽく着こなすコツ、教えます

    ユニクロのポロシャツ活用術。おしゃれに今っぽく着こなすコツ、教えます

    コスパが高いだけでなく、素材や色違いが多彩な『ユニクロ』のポロシャツ。その魅力を深掘りしつつ、洒落者たちのコーデ例とともにおしゃれに着こなすコツをご紹介します。

    近間 恭子

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    アイテムリスト

    BACK