ドリズラージャケットとは? 注目アイテムから着こなしまで

ドリズラージャケットとは? 注目アイテムから着こなしまで

クラシック回帰の流れを受け、ドリズラージャケットが再注目されている。これを機会に、その“なんたるか”から、アイテムリスト、着こなしまでをまるっと解説しよう。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2021.09.17

ドリズラージャケットとは?

ドリズラージャケットとは?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ドリズラージャケットは、端的に言うと1940年代に登場したシャリ感のあるブルゾンのこと。ハリントンジャケットとも呼ばれるその元祖は、英国のゴルフウェアを輸入し、おしゃれなスポーツウェアとして展開していたアメリカの『マックレガー』製とされる。レーヨンとコットンを混成した素材は撥水性や保温性を発揮し、小雨や霧雨のときに羽織るアウターとして親しまれた。

ドリズラージャケットとは? 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“ドリズル(小雨、霧雨の意)”を由来とするドリズラージャケットは、野外での活動を視野に入れて制作された。ゆえに、機能面が長所の1つに挙げられる。しかし、これだけ広く浸透した背景に、やはりファッションアイテムとしての魅力があったことも述べておかねばなるまい。大人然とした佇まいが、背伸びしたがりなアイビーリーガーたちを強烈に惹きつけたのだ。

混合されがちなドリズラージャケットとスイングトップ、その違いは?

混合されがちなドリズラージャケットとスイングトップ、その違いは?

ファッションショップ Armadio

ファッションショップ Armadio

お気に入り追加

中には、同様のアイテムを“スイングトップ”という名で覚えた人もいるかもしれない。それは決して間違いではない。国内でドリズラージャケットを紹介したのは日本のアパレルメーカーである『ヴァン』。創業者である石津謙介氏が、ゴルフの“スイング”からとったその呼び名が国内では定着した。そう、“スイングトップ”は和製英語なのである。

ドリズラージャケットのおすすめ15選

ドリズラージャケットと聞くと、おおよそ『マックレガー』のそれか、英国の老舗『バラクータ』のアイテムを思い浮かべる人は多いのではないだろうか。ただ、その二大巨頭以外にも、今の時代にそった手に取るべきアイテムがある。ここでは、先のドリズラージャケットの由来や機能性に鑑みておすすめしたいアイテムを厳選。コーデの旬度を高める1着を選ぶうえでの参考にしていただきたい。

アイテム1

『マックレガー』×『シップス』ソロテックスリネン50'sドリズラージャケット

『マックレガー』×『シップス』ソロテックスリネン50'sドリズラージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドの代表アイテムであるドリズラージャケットを、『シップス』が高機能素材であるソロテックスでアレンジ。ソロテックス独自のストレッチ性や形状回復性など、まさに普段使いにうってつけ。また、こちらはなんと50年代のディテール忠実に再現した復刻別注。マニア垂涎のアイテムである点も見逃せない。

アイテム2

『バラクータ』×『ビームス プラス』別注G9 クラシックモデル

『バラクータ』×『ビームス プラス』別注G9 クラシックモデル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

名作ハリントンジャケット「G9」に『ビームス プラス』が別注。裏地を従来の赤いフレーザータータンチェックからシックなブラックウォッチへと変更し、より大人っぽい印象へ昇華した。ゆったりとしたクラシックフィットのため、レイヤードコーデも難なくキマる。

アイテム3

『デサントオルテライン』ハードシェル ハリントンジャケット

『デサントオルテライン』ハードシェル ハリントンジャケット

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

植物由来のナイロン素材、エコディア バイオベース マットナイロンを駆使した環境に優しい1着。また、内側には機能保温素材のシンサレートを充填したインナーベストを内蔵し、状況に応じて着こなしを自在にシフトできる。耐水性20,000mm、透湿性10,000g/㎡/24hrという、圧巻のハイスペックもココならでは。

アイテム4

『マッキントッシュ ロンドン』クールドッツカラミ風プリントハリントンジャケット

『マッキントッシュ ロンドン』クールドッツカラミ風プリントハリントンジャケット

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

撥水性・速乾性・ストレッチ性・通気性などさまざまな機能を網羅するスポーツウェア用素材、クールドッツで仕立てた今作。それゆえ、コンフォート性は群を抜いている。表面にカラミ織り調プリントをオンしているのも特徴で、さり気なく洒落感をアピールする上でも有効。

アイテム5

『ヒステリックグラマー』ハリントンジャケット

『ヒステリックグラマー』ハリントンジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

世界で初めてトレンチコートを生産した老舗英国ブランド『コービーズ』へ別注をかけた本作。ジャストサイジングながら、丸みを帯びたクラシカルなシルエットが楽しめる。また、大胆に入ったチェッカーフラッグ柄の裏地がコーディネートのアクセントに最適。

アイテム6

『ソフネット』リラックスフィット スイングトップブルゾン

『ソフネット』リラックスフィット スイングトップブルゾン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コットンツイル素材による1枚仕立てゆえ、シャツ感覚でさらりと袖を通せる。加えて、ゆるっとしたリラックスフィットも春らしいムードをアシスト。胸元にはスコーピオンの刺繍が入り、ちょっとしたデザインアクセントになっている。着用時に表情を付けやすいよう、前面にはダブルジップを起用した。

アイテム7

『メンズビギ』マルチストライプ柄 スイングトップ ブルゾン

『メンズビギ』マルチストライプ柄 スイングトップ ブルゾン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

清涼感たっぷりなホワイト×ネイビーのマルチストライプ柄で、季節感の先取りにはおあつらえ向き! 無地Tや白シャツといったクリーンなインナーと合わせて、軽やかに着こなしたいアイテムだ。レーヨンとコットンの混紡素材によるしっとりとしたタッチも印象的。

アイテム8

『ショット』ゴートスイングトップ

『ショット』ゴートスイングトップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

しなやかなかつ高強度なゴートレザーを素材にセレクト。デザインはクラシカルなハリントンジャケットをモチーフにしているが、本革ボディーだと一味違った新鮮な雰囲気だ。しかも、着るほどに艶が増していく生地なので、エイジングをじっくりと楽しめる。トレンドを考慮し、フォルムはややゆったりめに設定した。

アイテム9

『フレッドペリー』ハリントンジャケット

『フレッドペリー』ハリントンジャケット

JACKPOT

JACKPOT

お気に入り追加

ポロシャツはもちろん、ハリントンジャケットにも定評がある『フレッドペリー』より。こちらの逸品は堅牢性と軽量性に優れるコットンナイロンポプリンを使っており、アクティブな場面でも大いに役立ってくれる。フォルムは程よくオーバーサイズで、裾にはドローコードを配置した。ライニングに配した、鮮烈なスチュアートタータンも見どころ!

アイテム10

『ラコステ』コットンツイルスイングトップジャケット

『ラコステ』コットンツイルスイングトップジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

リブをあしらったスポーティーな作りだが、ワニロゴまで徹底してワントーンで揃えたミニマルな風貌のため都会的なシーンにも難なくフィット。シャツやニットといった品良いインナーとも好相性だ。裏地にはチェック生地を使っており、ヒラヒラとはためいた際に顔を覗かせてくれる。ボディーは通気性の良いライトウエイトコットン製で、暖かいシーズンにぴったり!

アイテム11

『ニューバランス』メット24 ハリントンジャケット

『ニューバランス』メット24 ハリントンジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

優れたストレッチ性を備えながらも美シルエットをキープするソロテックス素材を採用。軽量かつ撥水性も兼ね備えているので、急な雨でも安心なところもうれしい。どこかモードな雰囲気は、いつもの着こなしにさりげない品の良さをもたらしてくれるはず。デザイン自体はベーシックなので合わせやすさもピカイチ。

アイテム12

『グラミチ』ライトナイロン ドリズラージャケット

『グラミチ』ライトナイロン ドリズラージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クライミングパンツでお馴染みの『グラミチ』より、21年AW新作のドリズラージャケットがお目見え。ブランド独自のライトナイロンは、コットンのようなナチュラルな風合いが特徴。また、ナイロンのでちょっとやそっとの雨風ではびくともしない。カラーはオリーブの他にブラックとベージュをスタンバイ。いずれも合わせやすいので重宝するだろう。

アイテム13

『トゥモローランド』シルクミラノリブ スイングトップ

『トゥモローランド』シルクミラノリブ スイングトップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シルク100%のニット素材のため、佇まいはエレガントそのもの! 確かな技術を持つ日本国内のファクトリーにて、丁寧に編み立てられている。ボタンホールも職人の手作業で仕上げられるなど、細部に至るまでいっさい妥協ナシ。ワイドな身幅×コンパクトな着丈という、メリハリある形状もGOODだ。

アイテム14

『ダイワ ピア39』×『ビューティー&ユース』別注 スイングジャケット

『ダイワ ピア39』×『ビューティー&ユース』別注 スイングジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シーンで絶大な人気を誇る『ダイワ ピア39』が『ビューティー&ユース』に別注をかけた本作。トラディショナルなブラックウォッチ柄を配した上品なスイングトップは、手首から風が入らないように設計されたリブや、内側に釣具を収納できるポケットなど、『ダイワ』らしさも随所に見られる逸品。

アイテム15

『アーバンリサーチ』ドライウール チェックハリントンジャケット

『アーバンリサーチ』ドライウール チェックハリントンジャケット

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

グレンチェック柄を纏った、ブリトラテイスト濃厚なアイテム。きちっと品良くコーデしても良いし、カジュアルスタイルの引き締め役として投入するのもアリだ。ウール×ポリエステルの生地は国内生産されたもので、薄手&軽量でありつつもしっかりとしたハリ・コシを有している。

ドリズラージャケットはこう着こなす。おしゃれに取り入れた3つの好例

徐々に熱を帯びているとはいえ、アイテム的には直球的クラシック。今の雰囲気にアジャストさせるためには、やはり着こなしにおいてちょっとした気配りが必要だ。そこで、好サンプルをもとにそのポイントについて探ってみよう。

着こなし1

Vラインをイメージしてトレンド偏重からの脱却を図る

Vラインをイメージしてトレンド偏重からの脱却を図る

WEAR

WEAR

お気に入り追加

肩を落としたリラックス感のあるアイテムが目につく昨今のドリズラージャケット。そこへ、さらにトレンドのワイドパンツを合わせると野暮ったさが際立ってしまう。そこで、程良くテーパードがかった美しい一本を選び全体のバランスをとりたい。

着こなし2

インとアウトのメリハリで古めかしさをいなす

インとアウトのメリハリで古めかしさをいなす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オーセンティックなアウターは、過度に時代を感じさせないインナー選びがことさら重要だ。例えば、オーバーシルエットのオーソドックスな白シャツ。お馴染みのアイテムながら、クリーンさと大胆な着丈による個性がスタイルをよりモダンに見せてくれる。

着こなし3

ストリートモードとのクロスオーバーが生む新鮮さ

ストリートモードとのクロスオーバーが生む新鮮さ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アイビー風に仕上げるのも良いが、ストリートモードのテイストをMIXすることにより、メンズカジュアルの大定番は違った一面を見せてくれる。こちらはゆとりのある黒パンとバケットハット&スニーカーが良いスパイスとなり、一気にモダンな装いへ。

アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

ウェア・コーデ

アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

ダウンやコート、ブルゾンなど、毎シーズン欲しくなるアウター。トレンドも気になりますが、まず押さえるべきは定番です。ここで王道ブランドの人気アウターを一挙ご紹介!

山崎 サトシ

2020.12.14

ブルゾンの鉄板18ブランド。季節をまたいで大活躍の名品をピックアップ

ウェア・コーデ

ブルゾンの鉄板18ブランド。季節をまたいで大活躍の名品をピックアップ

アウター選びに本腰を入れる季節が到来。秋から冬まで活躍してくれる各種ブルゾンは検討しておいて損はありません。 即戦力が見込める6タイプから自分好みの1着をどうぞ!

遠藤 匠

2021.03.01

スイングトップこそ今季手にすべきアウターの筆頭候補

ウェア・コーデ

スイングトップこそ今季手にすべきアウターの筆頭候補

トラッドでスポーティ。トレンドを体現したライトアウターの筆頭がスイングトップです。より今どきに仕上がる着こなしのコツも含め、その魅力を詳しく解説!

平 格彦

2021.09.17

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

異彩を放つ限定色も登場。なぜ土屋鞄製造所のコードバンシリーズはこんなにも魅力的なのか

半世紀以上にわたり上質な革製品を作り続けてきた『土屋鞄製造所』。そのモノ作りの真髄ともいえるコードバンシリーズを深掘りし、多くの人に愛される理由を探ります。

SPONSORED by 土屋鞄製造所

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

外遊びだけじゃもったいない! 毎日楽しめるスニーカーがキーンにはある

「ユニーク」などサンダルのイメージが強い『キーン』ですが、実は365日アツいのがスニーカー。アウトドアはもちろん街でも映え、シーンを問わず活躍してくれます。

SPONSORED by キーン

続きを読む

計算されたオーバーサイズ。チャムスのスウェット、今年はひと味違うってよ

“ちょうど良い日常着”として、この時期欠かせないスウェット。よりトレンド感ある装いを目指すなら、今季アップデートされた『チャムス』の新作群をおすすめします。

SPONSORED by チャムス

続きを読む

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

持つたび、溢れる高揚感。働くことを楽しめる土屋鞄製造所のバックパック&トート

働き方の変化に合わせてバッグを新調したい。とはいえ周囲を見渡しても似たり寄ったりなモノばかり。そこで輝きを放つのが『土屋鞄製造所』のバックパック&トートです。

SPONSORED by 土屋鞄製造所

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事