部屋にヨギボーを。購入前に知りたい注意点と人気ビーズクッション15選

部屋にヨギボーを。購入前に知りたい注意点と人気ビーズクッション15選

ビーズクッションを探している方におすすめしたい『ヨギボー』。その魅力や人気の理由を掘り下げつつ、購入時の注意点や売れ筋アイテムをご紹介します。

2022.05.03
SHARE
記事をお気に入り
ai sato

執筆者

インテリアやアウトドア記事をメインに担当

ai sato
サーフカルチャー誌、ライフスタイル誌、アウトドアムック本などの編集を経て、2003年に独立。主にファッション誌やライフスタイル誌にて、ファッションページからインタビューまで幅広く携わっており、最近ではオンラインでの記事編集も手がける。得意分野はサーフ系ファッションやライフスタイル、アウトドアなど。 記事一覧を見る
...続きを読む

ビーズクッションなら、これ。『ヨギボー』とは?

ビーズクッションなら、これ。『ヨギボー』とは?

Yogibo公式オンラインストア

Yogibo公式オンラインストア

お気に入り追加

『ヨギボー』はアメリカで生まれたビーズソファ。形状がフレキシブルに変えられるので、椅子としてもベッドとしてもさまざまにアレンジして使えるのが最大の特徴です。特殊なカバーの中にビーズが詰まったソファは、柔らかく体を受け止めてくれるため、その気持ちよさに「人をダメにするソファ」としてSNSをきっかけにブレイク。現在も老若男女からペットまで、幅広い層から根強い人気をキープ中です。

『ヨギボー』の魅力。それは“人をダメにする”ほどの快適性

『ヨギボー』の魅力。それは“人をダメにする”ほどの快適性

Yogibo公式オンラインストア

Yogibo公式オンラインストア

お気に入り追加

やさしく包み込んでくれるクッション性に加えて安定性にも優れているため、一度座ったら立ち上がれないほどの快適さを生み出す『ヨギボー』。中のビーズが他社のものより大きくて軽いうえ、織り方にこだわった特殊繊維技術のカバーには、圧力がかかった時点でフィットするという形状記憶のような働きがあるんです。このおかげで、どの方向からどのように座っても完全にフィットしてくれて、さらに他のビーズクッションよりも多様な用途で使えます。ソファやベッドとしてはもちろん、寄りかかったり物を乗せたりしても崩れずにフィットするので、リクライナーやパソコン机の代わりにしたり、さらに邪魔なときは部屋の片隅に立てかけたりすることもOK!

購入前に押さえたい。『ヨギボー』の気になるところとその解決策

快適かつおしゃれな『ヨギボー』ですが、購入前に気になることや知りたいことは当然あるものです。そこで、『ヨギボー』の気になる事柄や不安なこととしてよく挙げられる3点について解説します。

▼気になること1:店舗はどこにあるの?

▼気になること1:店舗はどこにあるの?

Yogibo公式オンラインストア

Yogibo公式オンラインストア

お気に入り追加

『ヨギボー』が購入できるのは、全国の直営ショップや期間限定ショップ、そして公式オンラインショップです。直営店で購入する場合、実物を見て確かめられるというメリットはありますが、購入後にショップでクッションにカバーをかけるという作業が発生します。このため、受け取りまでにかなり時間がかかるのが難点。またかさばるものなので持ち帰りに苦戦する人も多数。というわけで、住んでいる場所や都合によってはネットショップを活用するほうがベターだったりもするのですが、ネットショップは送料がかかるので、ケースバイケースといえるでしょう。

▼気になること2:値段感は?

▼気になること2:値段感は?

Yogibo公式オンラインストア

Yogibo公式オンラインストア

お気に入り追加

次に気になる『ヨギボー』の価格ですが、カバーは別売りで「ヨギボー マックス」が29,800円(税抜)、「ヨギボー ミニ」で15,800円(税抜)なので、他社のビーズクッションと比較すると低価格、というわけではありません。ただ、替えカバーや補充ビーズの充実っぷりなど、ビーズクッション専門店ならではのメンテナンス体制がしっかりしているので、結果として長く愛用できてトータルでのコスパは悪くないといえるでしょう。

▼気になること3:ヘタらない?

▼気になること3:ヘタらない?

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

品質の良さには定評のある『ヨギボー』ですが、流石に毎日使っていると中身のビーズがヘタってきます。半年から1年くらいでビーズのクッション性に衰えを感じる人も多いでしょう。また、カバーも少しずつ生地が伸びてくることでヘタってしまうことも。そんなときは、別売りの替えカバーや補充用のビーズがあるので、そちらをぜひチェックしてくださいね。

『ヨギボー』の売れ筋を厳選。人気&おすすめアイテムリスト

クッションとして使えるものから、大きなものになると大人用のベッドになるものまで、サイズも種類も豊富な『ヨギボー』のラインアップ。自分のスタイルや部屋のテイストに合ったものはどれなのか!? それを探るためにも、代表的なアイテムをピックアップしました。

アイテム1

ミニ

ミニ

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

軽量なので好きな場所に持ち運んで使えるうえ、ワンルームや小さな部屋を圧迫しないコンパクトなサイズ感が優秀な1人用ソファ。別売りのクッション“ヨギボーサポート”と組み合わせて使うことで、背もたれと肘掛け付きのソファとして使えます。

アイテム2

ミディ

ミディ

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

1人サイズですが比較的ゆったり座ることができ、横向きに置くとカップルなどでも座れるため、ミニサイズのソファとして使う人も多いモデルです。縦に置いて体全体が包み込まれるように座れば、読者やテレビ観賞用の座椅子としても便利!

アイテム3

マックス

マックス

Yogibo公式オンラインストア

Yogibo公式オンラインストア

お気に入り追加

2人掛けのソファとして、またベッドやリクライナーとしてもゆったり使える、ヨギボーの中でもビッグサイズのタイプがこちら。ソファにする場合は、別売りのロールマックスを合わせると背もたれができるので、さらに快適さがUPします。

アイテム4

ショート

ショート

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

マックスの機能をそのままにスリムサイズにしたものが、こちらのショート。全長約135cm、幅約60cmと少し小ぶりなサイズ感は、女性やお子様にもおすすめです。チェアとしても二人掛けのソファとしても使えます。

アイテム5

ダブル

ダブル

Yogibo公式オンラインストア

Yogibo公式オンラインストア

お気に入り追加

ヨギボーマックスの2倍サイズというこのモデルは、家族みんなで使えるのが魅力。折り曲げて背もたれ付きのソファとして、2人用のベッドとして、そして家族団欒の場として使うこともできます。かなり場所を取るので、広めのリビングでの使用がおすすめ。

アイテム6

ラウンジャー

ラウンジャー

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

ラウンジャー 2枚目の画像

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

個性的な曲線を持つラウンジャー。他のモデルとは異なり、背もたれがしっかりと作られた形状が特徴の1人用ソファです。座り方によって座椅子のようにもソファのようにも使える点が魅力。

アイテム7

ポッド

ポッド

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

丸い形状がなんともユニークな1人用クッション。厚みがあるのでヨギボーミニやミディに比べ、全身を包み込む感覚が強いのが特徴。ゆったりとしたホールド感のある座り心地を楽しめます。自分だけの空間で読書や映画を楽しみたい、なんていうときにもぴったり。

アイテム8

ドロップ

ドロップ

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

ポッドと良く似た丸みのある形状ですが、サイズはやや小さめ。とはいえ子供だけじゃなく大人も座れる絶妙なサイズ感なので、リビングに置いて家族みんなで使うのにもおすすめです。先端には持ち手が付いていて家の中での持ち運びも簡単。

アイテム9

バブル

バブル

Yogibo公式オンラインストア

Yogibo公式オンラインストア

お気に入り追加

小柄な人や子供部屋用として使うなら、ヨギボーバブルがベスト。コンパクトなサイズ感はもちろん、円柱形のフォルムが安定感のある座り心地を実現してくれます。ヨギボーシリーズには珍しいアクティブなツートンカラーも、インテリアのアクセントとして効果的。

アイテム10

ズーラ ピラミッド

ズーラ ピラミッド

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

耐水性に優れたUV安全カバーを使用したアウトドア仕様の「ズーラ」シリーズよりピックアップ。ご自宅のベランダやキャンプなど、屋外でもビーズクッションの快適な座り心地が味わえます。コンパクトな1人用のピラミッドなら軽量で持ち運びも楽ちん。

アイテム11

ロールマックス

ロールマックス

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

長さ152cmという大人も使える抱き枕です。ヨギボーマックスやヨギボーミディと組み合わせてソファの背もたれにしたり、ゴロ寝のときに枕代わりに使ったりとアレンジも自在。これより小さなミディとミニサイズもあるので、部屋の広さに合わせて選びましょう。

アイテム12

キャタピラー ロール ロング クッション

キャタピラー ロール ロング クッション

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

キャタピラー ロール ロング クッション 2枚目の画像

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

ロールマックスの約1.5倍、長さ240cmのキャタピラー ロール ロング クッション。抱き枕として、背もたれや肘置きとして、ビーズソファと組み合わせて使いたいアイテムです。ポップなデザインも特徴的でインテリアのアクセントにも。使わないときはくるっと丸めておける点も高ポイントです。

アイテム13

トレイボ

トレイボ

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

滑り止めの天板が付いたクッションテーブルです。ヨギボーに座りながら勉強したり、パソコン作業をしたり……さらに天板にはスリットが付いているので、13インチまでのタブレットを固定することが可能。ベッドの上での映画鑑賞などにも活躍してくれます。

アイテム14

サポート

サポート

Yogibo公式オンラインストア

Yogibo公式オンラインストア

お気に入り追加

背もたれと肘置きだけのヨギボーサポート。『ヨギボー』のクッションソファをさらに快適にすべく、ヨギボーミディやポッドなどとセットで買う人も多数。ベッドの上に置いてソファのように使うもよし、授乳用クッションとして妊婦へのギフトにするもよしの万能アイテムです。

アイテム15

オットマン

オットマン

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

足を乗せられるオットマンも、追加でぜひ検討したいアイテム。ソファタイプのヨギボーと組み合わせれば、頭から足先まで全身をリラックスさせることができます。また、足を乗せるだけじゃなく、1人用の簡易スツールとしての単体使いもおすすめです。

『ヨギボー』のケアに必須。補充ビーズのチェックも欠かさずに

『ヨギボー』のケアに必須。補充ビーズのチェックも欠かさずに

Yogibo公式ストア楽天市場店

Yogibo公式ストア楽天市場店

お気に入り追加

使っていると、どうしてもへたってしまうビーズクッション。定期的にそのへたったビーズを新しいものに変えることでさらに長く愛用できるので、予備のビーズは常備しておきたいもの。750g入りで、クッションへ追加する際に使う漏斗紙付き。

やみつきになる心地良さ。ビーズクッションの選び方と今欲しいおすすめ15選

インテリア・雑貨

やみつきになる心地良さ。ビーズクッションの選び方と今欲しいおすすめ15選

一度使うとその心地良さの虜になってしまうビーズクッション。まさに自宅でのくつろぎタイムにうってつけのアイテムといえます。選び方からおすすめブランドまでご紹介!

近間 恭子

2022.01.04

この記事の掲載アイテム一覧(全15商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ヨギボー』ミニ
    『ヨギボー』 ミニ
  • 『ヨギボー』ミディ
    『ヨギボー』 ミディ
  • 『ヨギボー』マックス
    『ヨギボー』 マックス
  • 『ヨギボー』ショート
    『ヨギボー』 ショート
  • 『ヨギボー』ダブル
    『ヨギボー』 ダブル
  • 『ヨギボー』ラウンジャー
    『ヨギボー』 ラウンジャー
  • 『ヨギボー』ポッド
    『ヨギボー』 ポッド
  • 『ヨギボー』ドロップ
    『ヨギボー』 ドロップ
  • 『ヨギボー』バブル
    『ヨギボー』 バブル
  • 『ヨギボー』ズーラ ピラミッド
    『ヨギボー』 ズーラ ピラミッド
  • 『ヨギボー』ロールマックス
    『ヨギボー』 ロールマックス
  • 『ヨギボー』キャタピラー ロール ロング クッション
    『ヨギボー』 キャタピラー ロール ロング クッション
  • 『ヨギボー』トレイボ
    『ヨギボー』 トレイボ
  • 『ヨギボー』サポート
    『ヨギボー』 サポート
  • 『ヨギボー』オットマン
    『ヨギボー』 オットマン

掲載アイテムをもっと見る(3商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP