スーツに合わせるシャツの正しい選び方。ビジネスシーンに最適な10枚を厳選

スーツに合わせるシャツの正しい選び方。ビジネスシーンに最適な10枚を厳選

スーツスタイルに欠かせないシャツ。ジャケットの下に着用するとはいえ、着こなしの良し悪しを左右する重要なアイテムなので、正しい選び方を今一度おさらいしましょう。

近間 恭子

2020.03.22

トップス
シャツ

あなたのそのシャツ、スーツに合ってる?

スーツスタイルにおいて、シャツを脇役と捉えている方は多いでしょう。しかしシャツの選び方が間違っていると、着こなし全体が台無しになってしまうほど重要な要素なんです。色や柄、デザインはもちろん、サイズ選びにもこだわる必要があります。そうすることでスーツはもちろん、シャツが主役になるクールビズシーズンもおしゃれで好印象なビジネススタイルが演出できますよ。

スーツとのバランスを考慮したサイズ選び

とにもかくにもシャツはサイズ感が命。自分の体に合っているだけでなく、スーツとのバランスも考える必要があります。正しいサイズ選びをマスターすれば、着こなしも格上げできるので早速チェックしましょう。

ポイント1まずは自分の首に合った適正なネックサイズを知る

シャツのネックサイズが合っているかをチェックするポイントは2つ。第一ボタンをしっかり留められるかどうかと、第一ボタンを閉めたときに指が2本くらい入る余裕があるかどうかという点です。大きめだとネクタイを締めたときに襟が重なって不格好に見え、逆に小さいと窮屈な印象になってしまいます。かといって第一ボタンを開けてタイを締めるとだらしなく見えるので、スーツに合わせるシャツは適正なネックサイズを選ぶことが重要なのです。

今一度おさらい。ワイシャツの襟型の種類と適したシーン

今一度おさらい。ワイシャツの襟型の種類と適したシーン

シャツの顔でもある襟は、デザインによってふさわしいシーンが異なります。正しいシャツ選びができるよう、どんな襟型があってどんなシーンに適しているのかご紹介します。

近間 恭子

カッタウェイシャツが、大人のクールビズスタイルを後押しする

カッタウェイシャツが、大人のクールビズスタイルを後押しする

カッタウェイカラーって聞いたことはありますか? シャツの襟型の中でもっとも襟羽根の開き角度が大きいモノをいいます。実はこのシャツ、クールビズにぴったりなんです!

池田 やすゆき

ポイント2袖口や後ろ襟から指一本分ほどシャツが出ているのがベター

ジャケットのサイズが適正であることは大前提ですが、スーツの袖口や後ろ襟からのシャツの見え方も印象を大きく左右します。身長やデザインなどによって異なることもありますが、袖口(腕を下ろした状態で)と後ろ襟で、それぞれ指一本分くらいシャツが出ることを目安にすると良いでしょう。どちらも出ていないと野暮ったく、逆に出すぎていると子供っぽくて間抜けな印象を与えてしまうので注意。

ポイント3ジャケットを脱いでもサマになるジャストなサイズ感を

ネックサイズだけでなく、シャツは身幅のフィット感も重要。ゆとりがありすぎると生地が波打ってしまいVゾーンが美しく仕上がりませんし、逆にタイトすぎると余計なシワが入って窮屈な見た目になってしまいます。気温の上がる季節にはジャケットを脱いでシャツ姿になる機会も多いので、肩や腕周り、ウエストに程良くゆとりがあるジャストなサイズ感を選ぶようにしましょう。

ビズシーンにふさわしい襟型・柄・生地選びのポイント

正直、スーツにどんなシャツを合わせるかは好みによるところが大きいもの。ここでは仕事をするうえで好印象を与えることができ、さらには初心者でもチャレンジしやすいシャツ選びのポイントをお伝えします。

ポイント1タイドアップにはセミワイドカラーが最適

もちろんレギュラーカラーも間違いではありませんが、ここ最近はセミワイドカラーがスーツに合わせるシャツの主流になっています。その理由は、タイを締めても首周りをすっきり仕上げられるから。ちなみにアンタイドの場合は、襟の開きが大きくて第1ボタンを開けても立体的なVゾーンを構築できるカッタウェイカラーがベストな選択です。

ポイント2柄を選ぶなら、ストライプかギンガムチェックを

スーツに合わせる柄モノのシャツといえば、ストライプとギンガムチェックが一般的。ただし、柄の大きさによってその印象は異なります。例えばストライプはピッチ幅が広くなるほどカジュアル、ピッチ幅が狭くなるほどフォーマル。そのため、ビジネスシーンで取り入れる場合は、ストライプならピッチ幅が狭いもの、同様にチェックなら柄が小さいものを選ぶようにしましょう。

ポイント3スーツに合うシャツ生地の基本は、この4つ

代表的なシャツ生地は、ブロード・ツイル・シャンブレー・オックスフォードの4つ。ブロードがもっともフォーマル度が高く、ツイル、シャンブレーと続いてオックスフォードがもっともカジュアルな位置づけになります。また、最近はジャージー素材などの機能的なシャツ生地も登場しているので、そちらも合わせてチェックしてみましょう。

汎用性の高さで選ぶ。白&ブルーのおすすめシャツ10選

スーツに合わせるシャツは、スーツの素材やタイの色柄などによって異なります。ここではネイビーやグレーのスーツと相性が良く、ワードローブにあると確実に重宝する白とブルー系にフォーカス。筆者の独断でセレクトしたおすすめ品をご紹介します。

▼カラー1:「白」の無地はスーツに合わせるシャツの基本

ビジネスシャツの基本中の基本であり、1枚は必ずもっておきたいのが白無地です。スーツの色を選ばず、さらにはたいていの色柄のタイに合うという懐の深さも。また、ストライプなどの織り柄が入ったものなら、白無地ならではの万能性はそのままに、こじゃれた雰囲気を演出できるのでおすすめです。

アイテム1『トゥモローランド』140/2コットンブロード レギュラーカラー ドレスシャツ

超長綿を使用したしなやかなブロード製のレギュラーカラーシャツ。織り柄などのないシンプルな白シャツなので、その上質な素材が引き立ちます。体の曲線に合う立体裁断を採用しているため、ジャケットを脱いでもサマになり、フィット感も抜群。

アイテム2『グリーンレーベルリラクシング』E/I シャドウストライプ セミワイド クレリック シャツ

一見すると無地ですが、ボディにシャドーストライプを採用したクレリックタイプになっています。とはいえ、襟もカフスも白なので、無地同様にスタイリング可能。面倒なアイロン掛けを軽減させる、イージーケア機能を備えているのも特筆すべき特徴です。

アイテム3『ビーミングbyビームス』オックスフォード カッタウェイカラー シャツ

表情のあるオックスフォード生地を使用した1枚。それでいて本格的な仕立てなので、ビジネスシーンにも難なく対応します。また、カッタウェイカラーなのでノータイでもサマになり、クールビズシーズンにも活躍するのがうれしいポイント。

アイテム4『アーバンリサーチドアーズ』LIFE STYLE TAILOR セミワイドツイル

『アーバンリサーチドアーズ』のドレスライン、「ライフスタイルテイラー」の1枚。シンプルな白シャツですが、ツイル生地ならではの光沢のある仕上がりで上品な印象を放ちます。またシワになりにくい点も魅力で、ジャケットを脱いだ際にもスマートにキマります。さらに使い勝手の良いワイドカラーで、1枚あると重宝します。

アイテム5『シップス』COOLMAX(R) カラミ セミワイドカラー シャツ

メッシュのような生地感が特徴の春夏に適したカラミ素材に、吸湿速乾に優れたクールマックスを混紡。それによって真夏でもサラリと快適着用できるハイブリットな1枚に仕上がっています。エレガントさとすっきりとした表情を両得できるセミワイドカラーを採用。

▼カラー2:好印象のスーツスタイルが手に入る「ブルー」

白に次いで万能なのが、サックスブルーをはじめとするブルー系。爽やかさや知的さ、誠実さを表す色でもあるので、ビジネスシーンでは積極的に取り入れたいところ。また、同系色のネイビースーツに合わせると統一感があっておしゃれな印象に仕上がり、グレースーツに合わせると上品さと洒脱を両得できます。

アイテム6『ユナイテッドアローズ』イージーケア ブロード セミワイドカラー

襟の立ち上がりが美しいライトブルーのセミワイドカラーシャツ。生地に特殊加工を施すことで、シワがつきづらいというイージーケア性も備えています。それでいてブロードならではのしなやかさや上品な風合いをキープしているのが優秀。

アイテム7『ナノ・ユニバース』FORMAL JERSEY 天竺セミワイドシャツ SL

コットンとポリウレタンを混紡し、快適な着心地を追求した1枚。細番手の糸を使用しているので、伸縮性がありながらもキメが細かく、抜群の肌触りが楽しめます。さらにニット素材とは思えないほど品のある仕上がりに加え、シワに強いのも魅力。

アイテム8『アーバンリサーチドアーズ』LIFE STYLE TAILOR セミワイドスーピマコットン

超長綿を用いた上品な光沢としなやかな風合いが魅力的な1枚。白ベースにネイビーのストライプを施しているので、上品さはそのままに洒脱で存在感あるスーツスタイルを演出してくれます。

アイテム9『ビームスF』ギンガムチェック ボタンダウンシャツ

細かなギンガムチェックで構成したボタンダウンシャツ。ブルー×白の配色も爽やかで、ネイビーのソリッドタイとの相性も抜群です。腕の上げやすさや日本人の体型をカバーするよう研究されたパターンが使われているのも特筆すべきポイント。

アイテム10『ギ・ローバー』シャンブレー タブカラー シャツ

イタリアを代表するシャツブランド『ギ・ローバー』からピックしたのは、カジュアルさとエレガントさが絶妙に混在するシャンブレーシャツ。タブカラーを採用しているので、タイドアップスタイルではネクタイが持ち上げられ、立体的でおしゃれなVゾーンを構築できます。

ワイシャツのサイズ計測と選び方。自分にぴったりの1枚を手に入れよう

ワイシャツのサイズ計測と選び方。自分にぴったりの1枚を手に入れよう

ワイシャツを1枚で着ることが多くなるこれからの季節。ジャストなサイズであることが、おしゃれに見えるか否かの別れ道に。そこで正しい測り方や選び方を詳しく解説。

近間 恭子

ワイシャツはココを選べば間違いなし! おすすめブランド厳選15

ワイシャツはココを選べば間違いなし! おすすめブランド厳選15

スーツスタイルの主役であるジャケットが引き立つには名脇役の存在が不可欠。その役割を担うのがワイシャツです。選んで間違いない1枚を、名門ブランドから選びましょう。

池田 やすゆき

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ビジネスカジュアルとは? 社会人なら知っておきたいコーデの基本とアイテム選び

    ビジネスカジュアルとは? 社会人なら知っておきたいコーデの基本とアイテム選び

    オフィスのドレスコードが多様化し、ビジネスカジュアルの勢力が拡大しています。しかしどう着こなせばいいのでしょうか? アイテムの選び方、コーデの基本を解説します!

    平 格彦

    クールビズの服装をもっとおしゃれに。最適なアイテムと着こなし、ご存じですか?

    クールビズの服装をもっとおしゃれに。最適なアイテムと着こなし、ご存じですか?

    世間に広く浸透してきたものの、まだまだクールビズスタイルに自信を持っている方は少ないはず。猛暑でも快適かつおしゃれに働くためのアイテム選びとコーデ法をご紹介!

    近間 恭子

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    ネイビースーツに何合わせる? ネクタイ&シャツの好相性な合わせ方

    ネイビースーツに何合わせる? ネクタイ&シャツの好相性な合わせ方

    スーツの定番カラーでありながら、Vゾーン次第で洒脱なムードを演出できるネイビースーツ。ネクタイとシャツの選び方から組み合わせ方までを、シーン別にご紹介します。

    近間 恭子

    アイテムリスト

    BACK