デニムコートで軽やかに。お馴染みの素材をアウターでも取り入れよう

デニムコートで軽やかに。お馴染みの素材をアウターでも取り入れよう

春や秋のコーデには、新鮮で着回しやすいデニムコートがおすすめ。デニムならではの生地感で着こなしが軽やかに仕上がります。選び方、コーデ、おすすめ品まで一挙に解説!

平 格彦

2020.03.25

アウター
コート
春の着こなし・コーデ
秋の着こなし・コーデ

みんな大好きなデニム生地を、コートでも

ジーンズが支持されている主な理由は、デニム生地の持つ「気負わず使える」「独特な表情がある」「コーディネートしやすい」といった利点によるもの。実はコートに関しても、デニム生地の1着を選ぶことで同じようなメリットが得られるんです。さらにちょっとした新鮮味が演出でき、コーディネートが軽快な雰囲気に仕上がるといった効果も望めます。デニムコートは各ブランドから意外と多くリリースされているので、活用しない手はありません。

今っぽくて大人っぽいデニムコートを選ぶための三大ポイント

デニム生地を使ったコートは、デザインや加工感によって印象が大きく変わります。おすすめは、大人っぽくて着回しやすいタイプ。では具体的にどんなポイントに注意して選べば良いのでしょうか。重要度の高い3点に絞ってご紹介します。

ポイント1上品さをアピールできる長めの着丈が吉

コート類は基本的に、丈が長いほど上品に映ります。つまり大人っぽいデニムコート選びの重要な条件は、やや長めの着丈。必ずしもロング丈である必要はありませんが、最低でもお尻が隠れる着丈は欲しいところです。丈が長くでもデニム生地ならヘビーに見えることはないので、その点はご安心を。

ポイント2リラックスムードを醸すソフトな素材感

未洗い加工のリジッドデニム(生デニム)だと硬さがありますが、ほとんどのデニムはウォッシュ加工が施されていて適度にソフト。コートの場合は柔らかい質感が望ましいので、そうした生地のテンションも意識しながら選ぶのがおすすめです。最近はコットンだけでなくリネンや化学繊維を使ったデニム生地も増えていますので、そんなタイプも含めてリラックスできるタッチのコートを探しましょう。

ポイント3大人っぽくて着回しやすいシンプルなデザイン&加工感

デニム製に限ったことではありませんが、シンプルで大人っぽいコートを選ぶとコーディネートの幅がグッと広がります。合わせるアイテムを選ばないからこそインナー、パンツ、小物類で個性やトレンド性を加味することができ、着こなしのバリエーションが広がるのです。デニムコートは色落ち具合などでもイメージが変わるため、落ち着きのある適度な加工感を考慮しつつ、シンプルで上品なタイプを本命にしましょう。

デニムコートはどう着こなす? 洒落者たちのコーデサンプル

次に、シンプルなデニムコートを上手に着こなした5つのコーディネート例をピックアップ。軽やかだけど落ち着き感もある好バランスなスタイリングは、どれも大人なスタイル作りの参考になるはずです。

着こなし1スウェットパーカーで今っぽくカジュアルダウン

上品なコートをカジュアルに着こなす際のセオリー通り、インナーにスウェットパーカーをセット。ストリート調を感じさせる抜け感が今っぽさを醸しています。コートのブルーと組み合わせることで爽快感が匂い立つホワイトをチョイスしているのもポイント。

着こなし2ボーダー柄と色使いで爽やかなイメージを演出

明るいトーンのデニムコートを生かしたコーディネート。コート以外をモノトーンにすることで、ライトブルーの爽快感を際立たせています。また、インナーにボーダー柄を合わせることでマリン調の爽やかさを加味したのも参考にしたいテクニックです。

着こなし3チルデンニットでトラッド調の品格をプラス

デニム生地、カーゴパンツ、スニーカーはカジュアルな要素。そんな組み合わせだからこそ、くだけた印象になり過ぎないよう、トラッド感あるチルデンニットをプラスしてやや上品に仕上げています。胸元のV字型のラインがアクセントになり、シンプルだけど無難過ぎない絶妙なバランスに。

着こなし4上品なアイテムをシルエットでモダナイズした好例

コート、シャツ、チノパンを使ったシンプルでスタンダードなコーディネートですが、シルエットでリラクシングな雰囲気にアレンジ。適度にビッグなコートに加え、ワイドシルエットのパンツも効いています。もちろん、コートのデニム生地も何げないカジュアルダウンに貢献。

着こなし5マキシ丈のコートを生かした大人カジュアル

リラックス感の強いコートを生かしたシンプルなスタイリング。ミニマルなインナーとスリムなパンツで、コートの生地感とビッグシルエットを強調しています。ゆとりのあるコートはライナーやインナーダウンなどで温度調整がしやすいのも魅力。季節の変わり目や肌寒い日に重宝します。

気負わず着回せる。大人におすすめのデニムコート10傑

最後はおすすめのデニムコートをご紹介。定番のショップコートやステンカラーコートに加えて個性的なタイプもピックアップしたので、この中からあなたのお気に入りを見つけてください!

アイテム1『マッキントッシュ』ダンケルド

英国を代表するアウターウェアブランド『マッキントッシュ』。その定番ステンカラーコート「ダンケルド」をデニム生地でアレンジしつつ、透湿防水フィルムを挟み込んで持ち前の防水性をキープした逸品です。シルエットが少しワイドにアップデートされているのもポイント。

永久定番。マッキントッシュのステンカラーコートが大人を魅了する理由

永久定番。マッキントッシュのステンカラーコートが大人を魅了する理由

時代を経ても色あせない永久定番として愛されている『マッキントッシュ』のステンカラーコート。ブランドの歴史から着こなし方まで、その魅力をご紹介します。

近間 恭子

アイテム2『ユニフォーム エクスペリメント』ダメージド ショップコート

ヴィンテージ品のような仕様と絶妙な加工感が特徴的なショップコート。8オンスというかなりライトなデニム地を使っているため、軽やかな着心地です。バックにプリントされたミルスペックが個性をさりげなく主張!

洗練された日常着。ソフが展開する3ブランドが大人に似合う

洗練された日常着。ソフが展開する3ブランドが大人に似合う

ソフが展開する『ソフネット』などの3ブランドは、機能美に満ちたデザインが魅力。今どきなスポーツMIXに使えるアイテムも豊富なため、大人こそ活用したいところ。

平 格彦

アイテム3『マージン』テンセルデニムショップコート

こちらのコートは均一で品の良い色落ち具合がポイント。テンセルにポリエステルを混紡したデニム地を使用しているため、ドレープ感、微光沢、ストレッチ性を備えています。生地が上品なので、大人なコーディネートにマッチ。

アイテム4『グラミチ』ライトデニム ダウンシャツ

ライトオンスのデニム生地を起用したガウンタイプのコート。シャツのような着用感で、気軽に羽織れるのが大きな魅力です。また、ワークウェアでは定番の白いステッチを使用しているのもポイント。爽快感を漂わせています。

グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

カジュアル着の定番であるジーンズと、誰もが認める『グラミチ』。弱点が見当たらない、“大人の好物”を合わせた1本をご紹介します。

深澤 正太郎

アイテム5『レミ レリーフ』3レイヤーデニムフードコート

透湿性・防水性のあるフィルムにデニム素材を貼った3レイヤーファブリック製のフーデッドコート。その軽やかな見た目とは裏腹に、雨や風をものともしない高機能を備えています。街だけでなくアウトドアでのアクティビティでも活躍必至。

加工技術の匠。レミ レリーフの職人技に触れる

加工技術の匠。レミ レリーフの職人技に触れる

リアルユーズドと見紛う高精度な古着加工と、現代的シルエットを巧みに融合する『レミ レリーフ』。その魅力を解剖するとともに、新作とコーデサンプルを紹介します。

山崎 サトシ

アイテム6『ジュンハシモト』フーディーショップコート

やや薄手な9オンスのストレッチデニムを用いたフーデッドコート。ゆったりしたシルエットなので、レイヤードスタイルが楽しめます。フード付きのアウターはカジュアルな印象になりがちですが、ミニマルなデザインが大人顔。その一方、絶妙な色落ち感で適度な表情をプラスしています。

アイテム7『オムニゴッド』7ozリネンデニム ワークコート

デニムを使った王道アウターの「カバーオール」をベースにしつつ、ロング丈にアレンジしてコートへと昇華。13.5オンスの生地に加工を施し、ヴィンテージライクな表情を生み出しています。ネックや袖口付近の裏地を赤基調にすることで、インディゴブルーの深みを引き立てているのも見事。

アイテム8『ラトルトラップ』デニムショップコート

ストレッチデニムを起用したショップコート。Gジャンの丈を延長したようなデザインがワークテイストを放っています。ディテールやユーズド加工にもこだわっていて、ヴィンテージを感じさせながらもラフ過ぎないバランスが絶妙です。

アイテム9『エマクローズ』ストレッチデニムビッグバルカラーコート

リネン、コットン、ポリエステル、ポリウレタンを混紡したストレッチデニムは、サラッとした触感。ソリッドに見えて表情もあり、大人なコーディネートにぴったりです。オーバーサイズのシルエットがリラックス感を演出。

アイテム10『モノマート』オーバーサイズ ウォッシング加工 デニムチェスターコート

裾に向かって広がるAラインのシルエットが美しいチェスターコートを、デニム地でカジュアルダウン。リネン、コットン、ポリエステル、ポリウレタンをブレンドした生地なので、通気性とストレッチ性を兼ね備えています。裾部分に形の異なるポケットが重なっているため、収納力も抜群。

コートのブランド17選。タイプ別に見る定番ブランドと人気作

コートのブランド17選。タイプ別に見る定番ブランドと人気作

コートをリサーチ中ならば、定番ブランドの人気作を押さえておくのが得策です。ステンカラーやチェスター、ダッフル、ピーコートの、それぞれのおすすめを紹介します。

髙須賀 哲

男も1着欲しい。スプリングコートの活用術とおすすめブランド

男も1着欲しい。スプリングコートの活用術とおすすめブランド

いつものトップスにざっくりと羽織るだけで、簡単に雰囲気あるスタイリングが作れるスプリングコート。名前とは裏腹に春秋と出番のある即戦力アウターについて解説します。

近間 恭子

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    アイテムリスト

    BACK