人気再燃。フレアパンツのおすすめ10選と今っぽいコーデのヒント

人気再燃。フレアパンツのおすすめ10選と今っぽいコーデのヒント

ボトムスのトレンドはワイドパンツ全盛ですが、早い大人の間ではフレアパンツ人気が上昇中。巷にあふれかえる“太パン”に飽きたなら、周囲に先駆けて取り入れてみては?

山崎 サトシ

2020.04.03

ボトムス

スキニー、ワイドの次は“フレア”。フレアパンツが懐かしく、新しい

時代とともに移り変わるボトムスのトレンド。今でこそワイドパンツが隆盛を極めていますが、数年遡るとスキニーがファッションシーンを席巻していました。そして今年新たな流行銘柄として熱視線を浴びているのが、1970年代に一世を風靡し、2000年代にもシーンを沸かせたフレアパンツです。膝から裾に向かって徐々に広がるAラインシルエットは懐かしくも新しく、装いに一味違った雰囲気を呼び込んでくれます。

次期トレンド候補のフレアパンツ。どうやって着こなすのが正解?

前述の通り、フレアパンツは膝よりも裾のほうが幅広な末広がりのシルエット。ゆえにルーズに腰ばきをすると裾周りがもたつきやすく、足元が野暮ったく映る恐れがあります。よって、ウエストラインにジャストで合わせてすっきり着こなすのが正攻法ということ。着崩しを心得た上級者でない限り、腰ばきは避けた方が無難です。

懐かしの名作も、旬度高めの新作も。フレアパンツのおすすめ10選

大人の着こなしにハマるフレアパンツを、不朽の名作から注目の新作まで一挙にお披露目。選定したのは、難易度が高い“がっつりフレア”ではなく、少しだけ裾が広がった“ちょいフレア”です。比較的ストレートパンツに近い感覚で取り入れられるので、フレアパンツビギナーでも挑戦しやすいはず。

アイテム1『ラングラー』ランチャー ドレスジーンズ

カウボーイの正装用パンツとして1960年に生まれ、今なおファンの多い名作「ランチャー ドレスジーンズ」。控えめな“微フレア”のためにはきやすく、入門モデルとしておすすめです。滑らかで丈夫なポリエステル生地にはクリースが施され、大人っぽいスタイルと相性良好。

ラングラーのジーンズは名品揃い。定番から注目作まで大集合

ラングラーのジーンズは名品揃い。定番から注目作まで大集合

デニム業界に燦然と輝く『ラングラー』ですが、その詳しいラインアップは意外と知らない方も多いかと思います。定番から注目作まで一挙ご紹介していきましょう。

山崎 サトシ

アイテム2『リーバイス』517ブーツカットAMAプレミアムインディゴ

フレアデニムの代表格といえば、1971年に生まれたこの「517」。すらりとしたレッグラインを作り上げる美脚デニムとして、男女問わず圧倒的な人気を得ています。こちらのモデルは色落ちしていないシックなインディゴカラーなので、カジュアルなコーデはもとよりジャケットスタイルともマッチ。

リーバイスのジーンズ総特集! 定番も新顔も人気モデルの魅力を解説

リーバイスのジーンズ総特集! 定番も新顔も人気モデルの魅力を解説

ジーンズの起源である『リーバイス』。鉄板ブランドの歴史や、長く愛される理由、そして定番と新定番モデルなど、多角的に同ブランドについて解説する。

小林 大甫

アイテム3『リー』アメリカンライダース102ブーツカットツイル

1970年代のブーツカットパンツを現代的にアレンジした温故知新な逸品。程良くシャープなシルエットに加えて、細かな運針による高い強度も持ち味です。清々しいホワイトカラーを生かすなら、ニットやシャツといった品の良いトップスと合わせるのがお約束。

リー(Lee)のデニムアイテム総特集! 定番に見る、名門の魅力

リー(Lee)のデニムアイテム総特集! 定番に見る、名門の魅力

『リー』といえば、デニム業界に燦然と輝く名門中の名門。改めてこの老舗ブランドを解剖し、魅力や定番、おすすめモデルまで余すところなくご紹介します。

山崎 サトシ

アイテム4『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』TW ツイル スプレッド パンツ

肌離れの良い、ライトウェイトなポリエステルウールを使っているから春夏コーデにはおあつらえ向き。極力ステッチ感を抑えてソーイングすることにより、モダンなイメージを生み出しているのもキモです。シルエットはやや細身の設定。

アイテム5『ビームス』ストレッチ シューカット パンツ

シャリっと軽いナイロン素材の1本。ドローコードを採用していたり、生地に破水加工を施していたりと機能的な作りなので、アクティブなシーンでも活躍が見込めます。ポリウレタンの混紡によって十分なストレッチ性も確保。

アイテム6『オリエンス ジャーナル スタンダード』プレイド チェック トラウザーズ

ヴィンテージ風のグレンチェックを配した渋い顔立ちの1本は、英国テイストの着こなしに投下したいところ。ストレート型をベースに、少しだけ裾を広げたクセのないフレアシルエットも好印象です。生地には伸縮性があるので、端正なシルエットながらもストレスフリー。

アイテム7『アールディーズ』ネイティブジャージーパンツ

珍しいフレア仕様のジャージーパンツはスポーツMIXのお供に最適。カラフルなサイドラインが入っているため、挿し色要員としても活躍します。生地の裏面にブラッシュド加工を施し肌触り良く仕上げるなど、着心地にもこだわった作りに! セットアップで着用できる共地のブルゾンも展開。

アイテム8『ユハ』サニー トロピカル フレア トラウザーズ

サマーウール×トリアセテートによるファブリックはドレープ感&光沢があって実に涼しげ。本水牛ボタンを惜しみなく使用した高級感ある仕立ても魅力的です。形状はややゆったりめで、ほんのりとリラックスムードを感じさせます。

アイテム9『シー』ベルトレスフレアパンツ

もも周りを細めに設定したスマートなフレアパンツだから、シャツやカットソーにサラッと合わせるだけで都会的な着こなしが完成! しかもウォッシャブルのウールポリエステル素材のため、デリケートになることなく着用できます。バリエ-ションとしてサックスブルーも用意。

アイテム10『ギャルリー ヴィー』オーガニックコットンコーデュロイ ブーツカット5ポケットパンツ

良質なオーガニックコットンを原料に、昔ながらのシャトル織機で丁寧に織り上げたナチュラルなコーデュロイ生地。着こなすほどに表情が深まるので、その経過も楽しみたいところです。なお、プリミティブな素材感とは裏腹にシルエットは実に洗練されており、脚長効果絶大!

フレアパンツをおしゃれに着こなす。コーデサンプルに見る今っぽさのヒント

ワイドやスキニーといった正統派ボトムスとは少々勝手が違うフレアパンツ。今っぽいコーデに仕上げるのであれば、まずはおしゃれな大人たちの着こなしを参考にするのがベターです。彼らのスタイリングには、即座に真似できるお役立ちテクが盛りだくさん!

コーデ1ルーズトップスと合わせれば簡単にあか抜ける!

手っ取り早く今どき感を出すなら、オーバーサイズのトップスと合わせるのが合理的。見慣れたゆるいトップスも、高鮮度なフレアパンツと合わせるだけでグッとこなれて見えます。パンツが細身~ジャストのシルエットだと、上下のメリハリが増してより有効です。

コーデ2フレアパンツ×サンダルで抜け感たっぷりに装う

裾にボリュームのあるフレアパンツですが、軽快なサンダルとのコンビなら春夏らしい抜け感ある足元に。デニムやナイロンのようなカジュアル指数の高いパンツだとサンダルとの相乗効果でややラフに映るので、適度にきれいめなフレアパンツを選ぶのが◎です。また、トップスはクリーンな色使いを意識しましょう。

コーデ3スト系コーデのフレッシュ感アップにも効果絶大!

引き続き人気のストリート系コーデ。よりフレッシュに見せたいのならば、これまでの太パンをフレアパンツにスイッチしてみましょう。ボトムスのシルエットがAラインに変わるだけで、印象は激変! 特に推奨したいのは、ストリート系の装いに大人感をもたらせるスリム仕様のフレアです。

コーデ4タックイン×フレアで70年代風にコーデメイク

注目の70年代テイストをイメージした着こなし。そもそも70’sムードの色濃いフレアパンツに加え、当時を彷彿とさせるタックインスタイルも時代感をアシストしています。一方、ゆるめのアウター×細めのパンツというリズミカルなフォルムによって、“今”の空気も隙なく注入!

コーデ5王道のステンカラーコートにボトムスで洒脱感を注入!

ステンカラーコートを装いの主役にセレクト。ともすれば無難に見えてしまう王道アイテムですが、“キャラ立ち”したフレアパンツとの着合わせなら淡泊になりすぎず、洒脱な雰囲気に。さらに、無地×柄の組み合わせで一層ニュアンス良く帰結させました。

今、はきたい形。ブーツカットデニムのおすすめ10選と最新コーデ術

今、はきたい形。ブーツカットデニムのおすすめ10選と最新コーデ術

懐かしくも新鮮なデニムとして注目されているブーツカット。巷に溢れる太デニムに食傷気味なら、いち早くトライしてみるべきです。選び方や着こなしはぜひ当記事を参考に。

山崎 サトシ

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    アイテムリスト

    BACK