オーバーサイズシャツが今の気分。推しのブランドとスタイリングのヒント

オーバーサイズシャツが今の気分。推しのブランドとスタイリングのヒント

シャツを普段使いするなら、今は、サラッと着るだけでキマるオーバーサイズが良い。となれば、ダラっと見せないための選びや着こなしは必須。ここではそのコツを解説!

2022.09.17
SHARE
記事をお気に入り
菊地 亮

執筆者

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。 記事一覧を見る
...続きを読む

大人の新定番。オーバーサイズシャツが今の気分にハマる

大人の新定番。オーバーサイズシャツが今の気分にハマる

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

ビジネスの場でシャツを着るならやはりジャストサイズが望ましい。ただ、普段着となるとその緊張感がかえって仇となる。そこで格好のアイテムとなるのが、肩のラインをやや落とし、身幅もたっぷりなオーバーサイズの1枚。着たときに程良いドレープ感が生まれ、リラックスしながらも見た目は実にエレガント。その上、羽織りモノとしても活躍してくれる。

“デカさ”だけで選ぶのは考え物。オーバーサイズシャツ、大人ならではのサイズ基準

“デカさ”だけで選ぶのは考え物。オーバーサイズシャツ、大人ならではのサイズ基準

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

シャツながらラフに着られるのは大人にきっとうれしい。ただし、単にサイズアップしたものを安直に選んでしまうと、“彼氏のシャツを着た彼女”状態となり、ただただ可愛げのないダラしなさだけが後に残ってしまう。たとえ肩のラインを袖側へ落としていようとも、腕が完全に隠れてしまう袖丈は着こなしの名インドも上げてしまう。ゆったり目の身幅であっても、裾丈は腰位置に収まるのがベターだ。

オーバーサイズシャツのおすすめ8着。人気ブランドから探す、今年の相棒

オーバーサイズが気分ではあるが、サイズ選びには気をつけるべし。そんな禅問答のようなシャツ選びに、明確な回答を示してくれるアイテムがある。しかも、素材や意匠に一家言ある大人たちも納得の逸品がこちら。

ブランド1

『アーバンリサーチ』

『アーバンリサーチ』

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

トーマスメイソン社は、英国を代表する由緒正しき生地メーカー。世界の名だたる名門ブランドへ供給してきた生地は、繊細で美しく、一度袖を通せばおのずと品格が生まれる。日本のセレクトショップのオリジナルでもたびたび取り入れられており、この1枚もまた同様。品があるだけではなく、オーバーシルエットにより今の空気も漂わせている。

ブランド2

『スティーブンアラン』

『スティーブンアラン』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

シャツ好きで知られるデザイナーだけに、一見普通なこのアイテムへ込められたこだわりも実はひとしお。ピーチスキンと呼ばれるきめ細やかな起毛素材を使用しており、1枚でも主役級の存在感を放つ。ドレープ感と柔らかな風合いがMIXした独特の表情ゆえに、上質感を維持しつつもラフに羽織れる頼もしいアイテムに仕上がっている。

ちょうど良い大人服。スティーブンアランの魅力と“買い”リスト

ウェア・コーデ

ちょうど良い大人服。スティーブンアランの魅力と“買い”リスト

ニューヨークにあるセレクトショップのオリジナルブランドとして始動し、瞬く間に大人の支持を得た『スティーブンアラン』。その魅力とともに注目作を取り上げる。

菊地 亮

2020.04.22

ブランド3

『アダム エ ロペ』

『アダム エ ロペ』

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

ゆったりとしたシルエットにボックス型のシルエット、プルオーバータイプの仕様と、ベースになっているのはヨーロッパヴィンテージのスモックシャツ。シャリ感のあるタイプライター生地に製品染めを施すことで、着込めば着込むほど表情を増すメンズ好みの1着に仕上がっている。ユニークなデザインながら、インにアウトにとはアバ広い活躍が期待できる。

ブランド4

『メゾン スペシャル』

『メゾン スペシャル』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

ドレスシャツで用いられる超長綿の中でも、最高級とされるスーピマコットンのツイル生地を贅沢に使用したアイテム。オーバーサイジングでも野暮ったく見えないのは人間の動きを考慮した独自の立体的なパターンによるものだ。裏返したようなデザインが唯一無二で、シャツ単体でもインパクト抜群。

ブランド5

『グリーンレーベルリラクシング』

『グリーンレーベルリラクシング』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

コットン×ポリ混紡による、ケアもイージーな素材を使用したオックスフォードシャツ。肩は身幅は緩く取りつつも、ボタンダウンの小襟が洒脱な印象を呼び込んでくれる。カジュアルなパンツだけでなく、同じくワイドなスラックスなどと合わせてクリーンに着こなすとサマになりそうだ。

ブランド6

『ネーム』

『ネーム』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ふくよかにしてふんわりとした趣を描く1枚は、ブランドが掲げる“脱・標準化”を端的に表している。変形スリーブやタックの入ったポケットもまた楽しく、ボディは150D強撚ビスコースツイルを使用した生地。動くたびに生地がもつ上品なツヤ感や落ち感が楽しめる。

ブランド7

『ビッグマック』

『ビッグマック』

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

アメリカの老舗『ビックマック』への別注品は、ブランドらしさを匂わせつつ『サニーレーベル』らしくポップなカラーリングにアレンジされた、実に現代的なチェックシャツ。生地はコットンをベースに、リネンを15%配合した軽快さとビッグシルエットが奏功して、インナーからアウターまで幅広く使える汎用性を獲得した。

ブランド8

『パブリックトウキョウ』

『パブリックトウキョウ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

エジプト綿の中から0.01%しか採れないと言われる、知る人ぞ知る「フィンクスコットン」を生地に使用。コットンとは思えないシルクのようなツヤ感が上品さと色っぽさをもたらす。主にジャケットに用いられる2枚袖で立体的にアレンジしているのもポイントだ。

オーバーサイズシャツをおしゃれに着こなすために。こんなコーデを参考に

今の気分とはいえ、オーバーサイズというイレギュラーなシルエット。それをどうスタイリングに落とし込んでいくかは、やはり考えどころである。その勘所をうまく捉えた手練れたちのコーディネートを参考に、着こなしのツボを探っていきたい。

コーデ1

ドレス軸の品ありアイテムでシンプルに

ドレス軸の品ありアイテムでシンプルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

たっぷりしたシャツにシックな黒のスラックス。そして足元はシャープにして気品も十分のチャッカブーツ。上から足元までを、オーバーサイズの難点を解消する品のあるアイテムで統一させた点がキモ。シンプルに着こなしたことで、その良さががぜん際立っている。

コーデ2

タックインでもたらされる多くの旨味

タックインでもたらされる多くの旨味

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツをタックインさせるのも1つの手。それによりシャツ本来の清楚な雰囲気が蘇り、さらにはオーバーサイズゆえに生まれるウエスト部分のブラウジングが程良い気品を伝える。最後にブラックボトムスで全体を引き締めればグッと大人っぽい印象へ。

コーデ3

トップのルーズさはタイトなボトムスでバランスをとる

トップのルーズさはタイトなボトムスでバランスをとる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

たっぷりしたシルエットのシャツに合わせたのはスキニージーンズ。着合わせ自体はシンプルだが、メリハリの効いたシルエットが今っぽさを誘発。開放感とソリッドな緊張感。双方をワンスタイルに落とし込むことで、うまく馴染んでくれる。

コーデ4

クリーンな色味でダラッと見せない

クリーンな色味でダラッと見せない

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツのゆるさに足並みを揃え、パンツには徐々に人気を集めるオーバーオールを取り入れた。まとまりを生む半面、野暮ったくなりがちな組み合わせだが、アイボリーをチョイスしたことでがぜんクリーンかつしゃれたコーディネートに。各所へ入れた黒の引き締め具合も良い塩梅。

コーデ5

エレガントなパンツがシャツのルーズさを救う

エレガントなパンツがシャツのルーズさを救う

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツとはいえ、たっぷりしたシルエットに漂うルーズさをどうフォローするか。その近道はボトムス選びにある。ここではセンタークリース入りのテーパードスラックスをチョイス。シャツの色を拾って統一感を出しながら、品の底上げを図ってルーズさを巧みに和らげた。

選び方から伝授。オーバーサイズTシャツのコーデ完全攻略

ウェア・コーデ

選び方から伝授。オーバーサイズTシャツのコーデ完全攻略

シルエットに余裕のあるオーバーサイズのTシャツが人気。着こなすのはそれほど難しくないので、おすすめのアイテムと着こなしポイント、コーデの実例を一気に紹介します!

平 格彦

2022.04.01

オーバーサイズを徹底攻略。コーデのヒントと活用アイテム10選

ウェア・コーデ

オーバーサイズを徹底攻略。コーデのヒントと活用アイテム10選

リラックス感のあるオーバーサイズの着こなしが定番化。だらしくなく見せず、おしゃれにコーディネートするためのヒントとマストバイのアイテムをご紹介します。

TASCLAP編集部

2022.03.16

夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

ウェア・コーデ

夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

菊地 亮

2019.04.24

失敗しない大人流ビッグシルエットの作り方。3つの法則と10のお手本コーデ

ウェア・コーデ

失敗しない大人流ビッグシルエットの作り方。3つの法則と10のお手本コーデ

今やどのアイテムもシルエットの主流はビッグやワイド。ただ、それらを考えなしに着てはおしゃれとは程遠い姿になりかねない。そうならないためのポイントをご紹介しよう!

菊地 亮

2022.06.10

シャツだってビッグが良い。使い回し力の高さで選ぶ12枚のおすすめ

ウェア・コーデ

シャツだってビッグが良い。使い回し力の高さで選ぶ12枚のおすすめ

最近はワイドパンツを筆頭に、ワードローブの一軍選手はゆったり系が基本という人は多いはず。となれば、春に1枚あると便利なシャツもビッグシルエットが狙い目です。

遠藤 匠

2022.02.25

見た目も着心地もリラックス。オーバーサイズのパーカーは今、どう着る?

ウェア・コーデ

見た目も着心地もリラックス。オーバーサイズのパーカーは今、どう着る?

今っぽいリラックス感を演出できるオーバーサイズのウェア。その人気はスウェットパーカーにも波及しています。シルエットの選び方、コーデ術、おすすめ品を一挙に解説!

平 格彦

2021.11.05

パーカーもビッグシルエット。大人が取り入れやすいおすすめはこの12アイテム

ウェア・コーデ

パーカーもビッグシルエット。大人が取り入れやすいおすすめはこの12アイテム

ビッグシルエットブームは今季も継続していますが、なかでもおすすめなのがパーカー。コーデを今っぽく、かつこなれた印象に格上げするのにうってつけのアイテムなんです。

近間 恭子

2022.02.07

このサイズ感が今っぽい。オーバーシャツを上手く使って、着こなし巧者に

ウェア・コーデ

このサイズ感が今っぽい。オーバーシャツを上手く使って、着こなし巧者に

旬のビッグシルエットを取り入れながら、シャツとアウターのいいとこ取りが叶うオーバーシャツ。独特なサイズ感を味方につければ、着こなしがグッとあか抜けて見えますよ。

遠藤 匠

2021.03.08

シアーシャツでメンズコーデに旬な透け感を。着こなし見本とおすすめ10枚

ウェア・コーデ

シアーシャツでメンズコーデに旬な透け感を。着こなし見本とおすすめ10枚

ウィメンズのトレンドアイテムであるシアーシャツの人気が、メンズファッションシーンにも波及。着るだけで爽やかな雰囲気を打ち出せるので、春夏の装いにぴったりです!

山崎 サトシ

2022.03.08

大人のシャツコーデ23選。人気のデザイン&季節別に見るおしゃれな着こなしテク

ウェア・コーデ

大人のシャツコーデ23選。人気のデザイン&季節別に見るおしゃれな着こなしテク

シャツは定番中の定番アイテムだけに、コーディネートがマンネリ気味……という人も多いのでは? そんな悩みを解消すべく、大人流のおしゃれなシャツの着こなしをご紹介。

近間 恭子

2022.09.01

この記事の掲載アイテム一覧(全8商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『アーバンリサーチ』トーマスメイソンオーバーシャツ
    『アーバンリサーチ』 トーマスメイソンオーバーシャツ
  • 『スティーブンアラン』ドレープ トリプルステッチ キャンプカラーシャツ
    『スティーブンアラン』 ドレープ トリプルステッチ キャンプカラーシャツ
  • 『アダム エ ロペ』オーバーサイズ スモックシャツ
    『アダム エ ロペ』 オーバーサイズ スモックシャツ
  • 『メゾン スペシャル』インサイドアウトプライムオーバーレギュラーカラーシャツ
    『メゾン スペシャル』 インサイドアウトプライムオーバーレギュラーカラーシャツ
  • 『グリーンレーベルリラクシング』バルーン オーバーサイズ オックスフォード シャツ
    『グリーンレーベルリラクシング』 バルーン オーバーサイズ オックスフォード シャツ
  • 『ネーム』ヴィスコース ツイル L/S オープンカラーシャツ
    『ネーム』 ヴィスコース ツイル L/S オープンカラーシャツ
  • 『ビッグマック』×『サニーレーベル』コットンリネンオーバーチェックシャツ
    『ビッグマック』×『サニーレーベル』 コットンリネンオーバーチェックシャツ
  • 『パブリックトウキョウ』フィンクスコットンビッグルーズシャツ
    『パブリックトウキョウ』 フィンクスコットンビッグルーズシャツ

掲載アイテムをもっと見る(-4商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP