スーツのインナーにTシャツを。ビジネスコーデに馴染む選び方とおすすめ10枚

スーツのインナーにTシャツを。ビジネスコーデに馴染む選び方とおすすめ10枚

ビジネススタイルが自由度を増す中、インナーもとうとうTシャツを許容する時代へ突入。ビズシーンで活躍するアイテムの選び方と今手にすべき10枚をご紹介しよう。

菊地 亮

2020.05.14

トップス
Tシャツ
クールビズファッション

ビジネスマンの新定番。スーツのインナーにTシャツを

カジュアル化に寛容となった昨今のビジネスシーン。ジャケットの芯地は取り除かれ、徐々に軽量化。革靴もローファーが選択肢の1つとなった。当然そうした流れはインナーにも波及。タイドアップからノータイ、さらにポロシャツと、堅さが年を追うほどにとれてきている印象だ。そしてここへきて、“Tシャツもあり”という風潮へ、徐々にシフトしている傾向にあるのだ。

“Tシャツもあり”となれば、まさに願ったり叶ったりだ。襟がないだけでもリラックスしながら着られ、生地自体に備わった程良い柔軟性が動きの自由を確保。襟付きシャツほどシワや汚れを気にすることもないため気兼ねなく袖を通せるのもうれしい。タックアウトしてもキマる姿には、着こなしの幅と大人の余裕を手にできる可能性を感じさせる。

スーツのインナーとして着るTシャツ“ならでは”の選び方を押さえよう

とはいえ、やはりTシャツである。これまでリラックスウェアの急先鋒だったアイテムだけに、選び方によってはどうしてもルーズな印象が出てしまい、ビジネスシーンではマイナスになりかねない。しっかりシメるところをシメたアイテム選びを理解しておく必要があるだろう。例えばシルエット。持ち前のリラックス感が“ズボラ”と捉えられないよう、ビッグシルエットは避けたほうがベターといえる。

印象の大半を左右しそうなネック周りは、生地の緩みが気の緩みとも見られるためタイトめを優先したい。リブをあしらったものなら、しっかりと見せられる太めが良いだろう。あくまでもセットアップスーツのインナーであることを考慮すると、身幅は程々のゆとりをもったジャストサイズ。裾丈はウエストを覆いつつ、タックアウトしてもジャケット裾からはみ出ないものが良い。

そして、Tシャツとはいえどれだけ品良く、クリーンに見せられるかがカギを握る。そのため、基本的には無地の一択。ポケットも省いたものが好ましいだろう。カラーは白・黒・グレーのモノトーンが無難で、着心地の良さにとどまらず、ほのかに光沢を放つ上質な生地を用いたものならパーフェクト。いつもの感覚で抜け感たっぷりに取り入れると痛い目を見るのでご注意を。

スーツのインナーを前提にTシャツを選ぶなら。おすすめアイテム10選

サイズや生地感は、やはり試着を繰り返したり実際に触れたりしなければなかなか掴めない部分もある。ただ、それらをよく心得ているブランドならきっと安心だ。そんな大人に味方するブランドの、“間違いない”一着をピックアップ。

ブランド1『エイトン』OVERSIZED T-SHIRTS

長年アパレルブランドのディレクターとして活躍してきた実績と、素材への深い造詣に定評のあるデザイナーが手掛けるだけに、ベーシックながらも漂う洗練さはお見事。手間をかけた上質な生地は、ほのかなツヤっぽさが単なるTシャツでは終わらせない気品を漂わせている。

ブランド2『ジョンスメドレー』30ゲージ コットン クルーネック Tシャツ

コットンの糸をハイゲージで編み上げた1枚。通常、12ゲージ以上ならファインゲージと呼ばれ、十分に目が細かく繊細に仕上げられたものとして認識されるが、こちらはなんと30ゲージ。しかも糸は上質さに磨きをかけたものを使用しているため一層美しく見える。

大人ニットの代名詞。ジョンスメドレーの魅力とおすすめの7大定番

大人ニットの代名詞。ジョンスメドレーの魅力とおすすめの7大定番

高いクオリティと上品なルックスを併せ持つ『ジョンスメドレー』のニット。押さえておきたい代表アイテムをピックアップして紹介しつつ、着こなし方も合わせて伝授します!

近間 恭子

ブランド3『ザノーネ』別注 アイスピケ クルーネック Tシャツ

新しいことへ挑戦をし続ける『ザノーネ』のアイデンティティを象徴するかのようなこちらは、ブランドの人気ファブリックであるアイスコットンよりもやや肉厚なアイスピケを採用。軽やかで涼感も十分ゆえ、ジャケットのインナーとしてもしっかり機能する。

ブランド4『ソフ』WIDE RIBBED TEE

ストリートの雄が打ち出したのは、ビズシーンでも映える、なんとも心にくい姿。ネックリブは太めに設定され、どこかスポーティながらしっかりも見せられる。爽快なクールマックス素材で、微光沢と滑らかな生地感はTシャツらしからぬ美しさ。

洗練された日常着。ソフが展開する3ブランドが大人に似合う

洗練された日常着。ソフが展開する3ブランドが大人に似合う

ソフが展開する『ソフネット』などの3ブランドは、機能美に満ちたデザインが魅力。今どきなスポーツMIXに使えるアイテムも豊富なため、大人こそ活用したいところ。

平 格彦

ブランド5『ルトロワ』THOMAS コットン クルーネック Tシャツ

フランスのシャンパーニュ地方の実力派が手掛けるTシャツは、周囲の高い評価も納得のクオリティ。程良く長めに取った袖と裾のリブが特徴的で、昔ながらの丸胴編み機で編んだ生地はふっくらとした触感。伸縮性もあって最高の着心地を堪能できる。

その心地良さはやみつきに。ルトロワのウェアを着よう

その心地良さはやみつきに。ルトロワのウェアを着よう

知的で上品な大人の男性にふさわしいフレンチカジュアル。数あるフレンチブランドの中でもとくに使いやすいウェアブランド『ルトロワ』の定番&注目アイテムを紹介します。

池田 やすゆき

ブランド6『マッキントッシュ』OVERSIZED CREW NECK SHORT SLEEVE TEE

ゴム引きコートが有名な英国の名門だが、Tシャツの出来もかなりのもの。選び抜かれたハイクラスのコットンによって作られ、シンプルな作りゆえ生地の美しさはより際立っている。身幅を取りながらも丈感を短めに設定しているため見た目もすっきり。

永久定番。マッキントッシュのステンカラーコートが大人を魅了する理由

永久定番。マッキントッシュのステンカラーコートが大人を魅了する理由

時代を経ても色あせない永久定番として愛されている『マッキントッシュ』のステンカラーコート。ブランドの歴史から着こなし方まで、その魅力をご紹介します。

近間 恭子

ブランド7『N.ハリウッド』CREW NECK T-SHIRT

“必要最低限のアウターとして着られるアンダーウェア”をテーマに展開する「アンダーサミットウェア」シリーズ。こちらは定番の1RCHや2RCHと比べて着丈を短く、身幅を広めに取ったボックス型。繊維で特に細いとされるスピンゴールドをブレンドした贅沢な作り。

ブランド8『ナノ・ユニバース』FORMAL JERSEY クルーネックカットソー 半袖

「フォーマルジャージー クルーネック」のモデル名通り、セットアップスーツのインナーで着ることを前提として作られた1枚。伸縮性のあるジャージー素材ながら、その様は光沢感を携えた布帛のような仕上がり。型崩れしない強度や袖などの切り返しもまた頼もしい。

ブランド9『エフシーイー』ニューターム ビッグカノコT

スウェーデン軍のジャージーをベースとした変わり種だが、ミニマルなその出で立ちは洗練さに溢れ、ジャケットとの相性も良好。オーバーサイズは肌にまとわりつきづらく、鹿の子素材で仕上げられているためくっきりとした編み目によりタッチもドライ。

アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

機能美あふれるデザインで人気を集めるブランド『エフシーイー』。代表的アイテムであるバッグを中心にウェア類やコラボ品を紹介しながら、その魅力を解説していきます。

平 格彦

ブランド10『ジョンメイソン スミス』Big Tシャツ

緻密なパターンメイキングやひねりの効いた生地使いといったウリがこの1枚に凝縮。ネックはタイトめで、ビッグシルエットながら着丈をジャストにしたダラっと見えない絶妙なバランス。心地いい素材感も相まって、ビジネスシーンの秘密兵器として申し分ない。

クールビズの服装をもっとおしゃれに。最適なアイテムと着こなし、ご存じですか?

クールビズの服装をもっとおしゃれに。最適なアイテムと着こなし、ご存じですか?

世間に広く浸透してきたものの、まだまだクールビズスタイルに自信を持っている方は少ないはず。猛暑でも快適かつおしゃれに働くためのアイテム選びとコーデ法をご紹介!

近間 恭子

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ7選

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ7選

クールビズの装いにジャケットは不要? いえいえ、時にはジャケットを着用したビズスタイルも求められるはず。そんなシーンにぴったりのジャケットを詳しく解説します。

池田 やすゆき

クールビズには“単品パンツ”を合わせるのがスマート

クールビズには“単品パンツ”を合わせるのがスマート

ジャケットなしでも許されるクールビズの季節がやってきました。ノータイのワイシャツに合わせるなら、スーツの組下パンツではなく、ぜひ単品のパンツを合わせましょう。 

池田 やすゆき

人気ブランドのセットアップ10選。今季の売れ筋をレコメンド

人気ブランドのセットアップ10選。今季の売れ筋をレコメンド

もはやワードローブの定番といえるセットアップ。今季も春夏に最適なアイテムが数多くリリースされています。なかでも今買うべきおすすめの新作を一挙紹介。

TASCLAP編集部

セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

誰でも簡単に完成度の高い着こなしを作れるセットアップ。その取り入れ方とカジュアルダウンのテクニックを、ファッショニスタのコーデとともにご紹介します。

TASCLAP編集部

カジュアルスーツがあればオンもオフも活躍。ビズスーツとの違いや選ぶポイントとは

カジュアルスーツがあればオンもオフも活躍。ビズスーツとの違いや選ぶポイントとは

ビジネススタイルが多様化し、注目度が徐々に高まっているカジュアルスーツ。着こなし次第ではプライベートでも活躍するので、ぜひとも1着備えておきたいところです。

近間 恭子

地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    ザ・ノース・フェイスのTシャツは夏の新たな風物詩。おすすめは?

    ザ・ノース・フェイスのTシャツは夏の新たな風物詩。おすすめは?

    アウトドアの名門『ザ・ノース・フェイス』。アウターにばかり目がいきがちだが、実はTシャツも優秀なうえに面白い。その充実のラインアップを見ていこう。

    菊地 亮

    “違和感”こそが狙い。洒落者注目のリーボック エイティーワンに夏のキーアイテムが追加

    “違和感”こそが狙い。洒落者注目のリーボック エイティーワンに夏のキーアイテムが追加

    ファッション感度の高い大人から注目されている『リーボック エイティーワン』というコレクションをご存じでしょうか? 同コレクションは、『ヴァイナル アーカイブ』に…

    TASCLAP編集部

    アイテムリスト

    BACK