見た目だけじゃない。ムーンフェイズウォッチを大人が選ぶ理由とは

見た目だけじゃない。ムーンフェイズウォッチを大人が選ぶ理由とは

文字盤上に月の満ち欠けを正確に表示するムーンフェイズウォッチ。そのロマンチックで高級感溢れる同機能の魅力とおすすめモデルをご紹介します。

髙須賀 哲

2020.05.18

腕時計

腕元にロマンを。ムーンフェイズウォッチが大人に効く

腕時計に興味を持ったことがある方ならば、ムーンフェイズの存在を知っている人は少なくないでしょう。ムーンフェイズとはその名の通り、月の満ち欠けを表示する機能のことです。腕時計のダイヤルという小さな世界に宇宙のロマンを詰め込んだようなこの機能は、高級機械式時計を象徴するものとして昔から多くの人を魅了してきました。そして、現在でもクラシックで大人な雰囲気を漂わせる、ファッション性の高い機構として人気を集めています。今回は、そんなムーンフェイズの魅力を掘り下げていきましょう。

ムーンフェイズウォッチは長い歴史のある由緒正しい腕時計です。そのため、基本的にトラッドなデザインで、大人な着こなしに似合うモデルが多くなっています。もちろん、スーツスタイルやジャケパンスタイルなどきれいめなオンスタイルにもフィット。身に着ければコーディネート全体に格式が加わるはずです。

元々は実用的な機構だった。ムーンフェイズの歴史と使い方

おすすめのムーンフェイズウォッチをご紹介する前に、その何たるかをしっかり把握しておきましょう。まずは歴史を振り返ってみます。ムーンフェイズが生まれた時期には諸説ありますが、16世紀頃にはすでに基本的な機構ができており、18世紀に入って天才時計師であるアブラアン=ルイ・ブレゲ氏が懐中時計に取り入れたといわれています。腕時計に搭載されるようになったのは1940年代と割と最近のことです。月の満ち欠けを表示する仕組みは、2つの月を描いた回転ディスクにあります。それを29.5日周期で1周させることで、満ち欠けを視覚的に表し、小窓から見える部分がそのままその日の月の形になります。今でこそ多くの腕時計に取り入れられていますが、当時としては限られた人にしか作れないまさに超絶技巧だったのです。

品格も格式もハイエンド。憧れ時計ブランドで探すムーンフェイズ

ムーンフェイズウォッチは本来、高級時計メーカーだけに許されたハイエンドなモデルでした。そのため、現在でもハイブランドではしっかりムーンフェイズを搭載した時計をラインアップしています。その格調高い世界を垣間見てみましょう。

1本目『ブレゲ』クラシック・ムーンフェイズ

現在のムーンフェイズの原型を作り上げた天才時計師、ブレゲ氏が18世紀に設立した歴史あるブランドの1本。美しいエナメル文字盤の12時位置に配されたムーンフェイズが、正統ならではの存在感を放ちます。青く焼かれたブルースチールのブレゲ針や、右下に配されたパワーリザーブもダイヤルを美しく彩ります。

2本目『ランゲ&ゾーネ』ランゲ1 ムーンフェイズ

世界五大時計メーカーの1つに数えられる『ランゲ&ゾーネ』のムーンフェイズ。時分針を左に配した独特のオフセットダイヤルが目を引きます。その右側にアウトサイズデイト、パワーリザーブ、ムーンフェイズが並ぶデザインが秀逸。ムーンフェイズはデイナイト表示も兼ねており、昼は青空、夜は星空に月の満ち欠けが表示されます。

3本目『IWC』ポルトギーゼパーペチュアルカレンダー

1868年に創業したスイスの時計メーカー『IWC』の名品「ポルトギーゼ」のハイエンドモデル。122年で1日の誤差という高精度なムーンフェイズに加え、機械式時計の三大複雑機構の1つであり、うるう年まで計算して日付を表示するパーペチュアルカレンダーも搭載されています。パワーリザーブも7日間を確保するなど、実用性も担保。

IWCの6つのコレクションに見る、ブランドの歴史と革新

IWCの6つのコレクションに見る、ブランドの歴史と革新

『ロレックス』『オメガ』に引けを取らないステータス性を持ち、むしろ時計通の間で評価が高い腕時計ブランド、それが『IWC』。人気のコレクションから、魅力を深堀り。

夏目 文寛

4本目『ゼニス』エリート・グランドデイト・ムーンフェイズ 40MM

1865年に創業し、1905年にいち早くムーンフェイズを取り入れていたという歴史あるスイスの時計メーカー『ゼニス』の1本。ベルベットフィニッシュと呼ばれる上質なダイヤルにシンプルなデザインのムーンフェイズが際立ちます。ミニマルなルックスなので、ビジネスシーンにもマッチ。

機械式時計を語るなら。ゼニスの存在は欠かせない

機械式時計を語るなら。ゼニスの存在は欠かせない

時計大国のスイスでも、自社で一貫製造できるメーカーは限られる。それだけ高い技術が必要なのだが、老舗『ゼニス』は古くからその体制を厳守する数少ないブランドである。

ワダ ソウシ

5本目『オメガ』スピードマスター ムーンフェイズ コーアクシャル マスタークロノメーター

月面で着用された最初の腕時計であることでも知られる『オメガ』の「スピードマスター」。それだけにムーンフェイズ搭載モデルの説得力は抜群です。非常に高精細でリアルな月をあしらうなど、ブランドらしいこだわりも詰まっています。耐久性・耐磁性に優れ、オーバーホールまでの期間も延ばしてくれるコーアクシャルムーブメントを採用するなど機能性も確かです。

やっぱりほしい、オメガ。名門ブランドの人気モデルを再確認

やっぱりほしい、オメガ。名門ブランドの人気モデルを再確認

男性が着けたい高級腕時計のランキングで、『オメガ』は常に上位。デザイン、機能、格式のどれもが一流で憧れの的なのだ。そんな名門ブランドの魅力を掘り下げていこう。

ワダ ソウシ

5万円以下でもデザイン性抜群。お手頃なムーンフェイズ時計がほしい

かつては高級腕時計を象徴する複雑機構であったムーンフェイズですが、現在では一般に普及し、リーズナブルなモデルも多くリリースされています。気軽に上質感を味わってみてはいかがでしょうか。

1本目『オロビアンコ』ビアンコネーロ ムーンフェイズ ウォッチ

ナイロンやレザー素材を用いたバッグに定評のあるブランド『オロビアンコ』の腕時計ラインによるムーンフェイズウォッチです。駆動は便利なクォーツ式。インダイヤルによるデイ・デイトカレンダー表示とムーンフェイズ機能を備えています。高級感とクラシックな雰囲気を演出するアプライドインデックスや、レイルウェイダイヤルもポイント。

腕時計も、オロビアンコ。洒落者御用達のおしゃれな12本

腕時計も、オロビアンコ。洒落者御用達のおしゃれな12本

『オロビアンコ』といえば、厳選された素材と洗練されたデザインのバッグ。ですが、イタリアブランドのエッセンスを存分に落とし込んだ腕時計も色出のできばえです。

牟田神 佑介

2本目『ドゥッファ』グロピウス モンドフェイズ

バウハウスの精神を受け継ぐドイツの時計ブランド『ドゥッファ』の定番モデルである「グロピウス」のムーンフェイズバージョン。アラビアンインデックスとバトン針を配したミニマルなデザインのダイヤルに、ムーンフェイズがさりげないクラシック感を添えます。

“バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

“バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

髙須賀 哲

3本目『ニクソン』アセンダー

海でのアクティビティに適した機能を備えた『ニクソン』の腕時計。偶数だけを2桁で大きく表示した視認性の高いソリッドなインデックスが特徴的です。ムーンフェイズだけでなく、中央部に月と曜日、ダイヤルの外周に日付が表示されるなど機能性が充実。日常生活には十分すぎる10気圧の高い防水性能も備えています。

“魅せる”腕時計。ニクソンで探す大人のファッションウォッチ

“魅せる”腕時計。ニクソンで探す大人のファッションウォッチ

時刻を知るギアとしての役割はもちろん、おしゃれさを求めることも増えている腕時計。アメリカはカリフォルニアの空気漂う、『ニクソン』の魅力を解説していきます。

MASAFUMI YASUOKA

4本目『ヘンリーロンドン』ナイツブリッジ ムーンフェイズ

2015年に誕生した気鋭の時計ブランド『ヘンリーロンドン』のムーンフェイズウォッチ。ヴィンテージの腕時計をモチーフにデザインされており、ドーム状になったボンベダイヤルやそれに合わせてカーブを描く時分針などクラシカルかつ特徴的なディテールが採用されています。ムーンフェイズの夜空が馴染む、ブルーのダイヤルも魅力的です。

世界が魅了されたカラーウォッチ。ヘンリーロンドンって知ってる?

世界が魅了されたカラーウォッチ。ヘンリーロンドンって知ってる?

アンティーク感とファッション性、その巧みなバランス感覚で腕時計業界に新しい世界観を生み出す『ヘンリーロンドン』。新進気鋭ながら腕時計通をうならせる魅力に迫る。

小林 大甫

5本目『カル・レイモン』クラシックシンプリシティ

クラシックで上質な時計をリーズナブルに提供することを目指して立ち上げられた国産時計ブランド『カル・レイモン』のムーンフェイズウォッチ。同機構を得意とするブランドらしく、ムーンフェイズが美しく見えるようにダイヤルが仕上げられており、中央部には渦を描くようなギョーシェパターンが刻まれています。

メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

夏目 文寛

高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

夏目 文寛

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

男性ライフスタイル誌「Free&Easy」の編集に8年間携わり、2013年にフリーランスの編集・ライターとして独立。紙媒体・WEB媒体を問わず、メンズファッション、ライフスタイルに関する記事を執筆しているほか、アパレルブランドのカタログやWEBビジュアルのディレクションも手がける。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    “静けさの空間”を腕時計に。バウハウスの精神を継承するシリーズがデビュー

    “静けさの空間”を腕時計に。バウハウスの精神を継承するシリーズがデビュー

    バウハウス。ファッションやデザインに興味があれば、一度はその言葉を耳にしたことがあるはずだ。なんとなくシンプルでおしゃれ。そんなイメージかもしれないが、本来は…

    TASCLAP編集部

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    多忙なビジネスマンにとって、電池交換の手間もかからず常に正確な時間を表示するソーラー電波時計は心強い味方。信頼度の高い日本のブランドから、名品を厳選しました。

    牟田神 佑介

    アイテムリスト

    BACK