まずは王道・ディッキーズから。人気復活のオーバーオールをはきこなそう

コーデに旬な変化が与えられるオーバーオールの注目度が上昇中。おすすめブランドは大定番の『ディッキーズ』です。アイテムのバリエーションから着こなし法までご紹介!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.05.24

注目度急上昇のオーバーオール。その定番ブランドといえばまず『ディッキーズ』

注目度急上昇のオーバーオール。その定番ブランドといえばまず『ディッキーズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ボトムスの中では異端ともいえるデザインのオーバーオール。サロペットとも呼ばれるこのアイテムの特徴は、なんといっても“強い存在感”です。それが今、コーディネートにインパクトを与える存在として注目度を高めています。アイテムの個性が強いためブランド選びでヒネる必要はなく、正統派から入るのがおすすめ。オーバーオールはワークウェアなので、ワークウェアブランドが正統といえます。その中でも特に、ワークパンツで人気が高い『ディッキーズ』はオーバーオールの代名詞的存在となっており、間違いない選択肢としてイチ押しです。

注目度急上昇のオーバーオール。その定番ブランドといえばまず『ディッキーズ』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シルエットはいたって王道的。少し余裕があり、それがかえって今どきなリラックス感を演出してくれます。『ディッキーズ』の定番パンツ「874」などと比べてもゆとりがあるので、サイズ感に気をつけつつ、オーバーオールでコーディネートをアレンジしてみてください。

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

ウェア・コーデ

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

深澤 正太郎

2020.09.02

ところで、オーバーオールとオールインワン(つなぎ)の違って??

「オーバーオール」は「オールインワン」と混同されがちですが、明確な違いがあります。オールインワンは袖付きのトップスと一体化しているのがポイントです。一方、オーバーオールは胸当てとつながっているのがポイント。サスペンダー(肩ひも、ストラップ)で支える仕様なのでインナーの露出する面積が大きく、レイヤードでアレンジしやすいのが大きな魅力です。

ところで、オーバーオールとオールインワン(つなぎ)の違って??

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

オーバーオール

お気に入り追加

ところで、オーバーオールとオールインワン(つなぎ)の違って?? 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

オールインワン

お気に入り追加

共通点もあります。オールインワンもオーバーオールも上下がひとつなぎになっている点が一緒。両者とも「つなぎ」の一種と分類される場合もあります。上下が一体化しているのでコーディネートが新鮮に映り、脚が長く見える効果も望めます。『ディッキーズ』はオールインワンも展開していて人気がありますが、今回は重ね着が楽しみやすいオーバーオールにフォーカス。アイテムの種類やコーディネート例を紹介します。

『ディッキーズ』のオーバーオール、今買える7タイプをピックアップ

正統派のデザイン&シルエットで着こなしやすいのが『ディッキーズ』のオーバーオールが持つ大きな魅力。アイテムの種類も多いので、現行のラインアップを一気に紹介します!

アイテム1

ワンウォッシュデニム

ワンウォッシュデニム

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

11オンスのデニム生地を使った定番のオーバーオールです。胸の大きなビブポケットは3つに分かれていて、それぞれオーソドックス、ペンホルダー、ウォッチポケットという仕様。機能的なディテールがワークテイストを主張しています。ルーズなシルエットもワーク感を強調!

アイテム2

ウォッシュドデニム

ウォッシュドデニム

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

洗い加工を施したデニム製オーバーオールは、適度な味感が魅力。こなれたムードが演出でき、生地感も比較的ソフトです。いつものジーンズをこのオーバーオールに置き換えるだけで、新鮮なコーディネートになることは確実です。

アイテム3

ヒッコリーデニム

ヒッコリーデニム

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「ヒッコリー」はワークウェアの定番生地。「ヒッコリーストライプ」と呼ばれる縦縞模様は、汚れを目立ちにくくするために生まれたものだといわれています。ワークテイストを盛り上げてくれる生地ですが、落ち着いたカラーリングでまとめれば都会的に着こなすことも難しくありません。

アイテム4

ホワイトデニム

ホワイトデニム

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オーバーオールを上品に着こなしたいならホワイトデニムが最適。特に『ディッキーズ』は真っ白な色味なので、クリーンな印象を強くアピールすることができます。全身をモノトーンでまとめてシックに着こなすのがおすすめ。

アイテム5

ブラウンダック

ブラウンダック

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ダックもワークウェアでは定番の生地。綾織りであるデニムとは異なる平織りの生地で、キャンバス生地(帆布)に近い表情が特徴的です。ワークスタイルでは特に、こんなブラウンのダック生地が王道。大人おコーディネートにもマッチするカラーです。

アイテム6

ブラック

ブラック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ディッキーズ』のオーバーオールに新作が登場! 同ブランドならではのワークなディテールをキープしつつ、 タウンユースにアレンジされています。もっとも特徴的なのはシンプルに変更された胸のジップポケット。生地もコットンにポリエステルをブレンドしているため、ソリッドな表情です。

アイテム7

サンドベージュ

サンドベージュ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アーバンな雰囲気の新作は、明るいベージュもラインアップ。上品かつマイルドなニュアンスが特徴です。また、サスペンダーが黒で切り替わっていてクールなムードも感じさせるデザイン。ブランドのタグもベージュで目立たなくなっているため、スタイリッシュに着こなしやすいオーバーオールです。

押さえておきたい。オーバーオール、3つの着用法

着こなすのが難しそうなオーバーオールですが、着用方法は3通りのみ。コーディネートに組み込むために欠かせない基本知識なので、しっかり把握して上手に使い分けてみてください。

着用法1

スタンダードな「両ひも留め」

スタンダードな「両ひも留め」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

サスペンダーを両方とも留める着方がもっともスタンダード。トップスの下半分くらいが隠れ、新鮮なバランスのコーディネートに仕上がります。もっとも基本的な着用法なので、まずはこの形から着こなしてみてください。

着用法2

こなれたムードの「片ひもハズし」

こなれたムードの「片ひもハズし」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

肩ひもの片側だけを使用するアレンジパターン。こなれたニュアンスやラフなムードを演出できるが大きなポイントです。この味付けによりシンプルなコーディネートも一気に印象が変わるので、オーバーオールに慣れてきたらぜひチャレンジを。

着用法3

リラックス感の色濃い「両ひもハズし」

リラックス感の色濃い「両ひもハズし」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

肩ひもの両側を外し、オーバーオールをパンツとして着用する感覚のアレンジです。胸当て部分がエプロン状に垂れ下がるので、一般的なパンツと異なる印象はキープ。オーバーオールは保温性が高いため、暖かくなって温度調節したい場合もこのアレンジが有効です。

『ディッキーズ』のオーバーオールはどう着こなす? 5つのおしゃれなコーデ見本

最後に実際のコーディネート例をピックアップして解説。ワーク調のリラックス感を生かしながら、ダラしなくなり過ぎないようにまとめるのがポイントです。自分らしい着こなし方を模索してみてください!

着こなし1

シャツを組み合わせて大人っぽく着こなすのが基本

シャツを組み合わせて大人っぽく着こなすのが基本

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

オーバーオールはカジュアルなイメージのアイテム。ともすると子供っぽく見えがちなので、大人な雰囲気のアイテムを合わせてバランスを整えるのがセオリーです。このコーディネートでは、同テイストで相性の良いワークシャツを合わせて落ち着いた印象に仕上げています。

着こなし2

今っぽいチェックシャツでアメカジ調の着こなしに

今っぽいチェックシャツでアメカジ調の着こなしに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バンドカラーや大きめのサイズ設定で今っぽいリラックス感を加味したシャツをセレクト。ヴィンテージライクなチェック柄を生かし、デニム地のオーバーオールを合わせることでアメカジ感の強いスタイリングにまとめています。

着こなし3

ロールアップで無造作な抜け感をさりげなく演出

ロールアップで無造作な抜け感をさりげなく演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

無造作感の演出がお見事なコーデ。色落ちしたデニムのオーバーオールから、こなれたムードが漂っています。さらに、シャツの袖とオーバーオールの裾をロールアップすることで抜け感をうまく上乗せしています。それでもダラしない印象になっていないのは、上品な無地のシャツを選んでいるから。オーバーオールとシャツのどちらもブルー系でまとめ、爽やかな印象を生み出しているのもポイントです。

着こなし4

モノトーンで揃えつつ、こなれ感を演出した好例

モノトーンで揃えつつ、こなれ感を演出した好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらはシャツではなく、ライトなコートで大人な落ち着きを確保。さらに、ブラック×ホワイトの色使いでクールにまとめています。オーバーオールはサスペンダーの片側をハズす着こなしアレンジを実践。さらに、ウエストにベルトを巻きつつ先端を垂らすことで、今っぽいこなれた感をプラスしています。

着こなし5

リラックス感溢れる爽やかなコーディネート

リラックス感溢れる爽やかなコーディネート

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ビッグシルエットの半袖シャツを選びつつ、羽織るだけにすることでリラクシングなイメージに。さらに、オーバーオールの肩ひもは2つとも留めずにビブを垂らし、リラックス感を増幅しています。シャツ、Tシャツ、オーバーオールを明るいトーンにすることで、爽快なイメージ作りにも成功!

オーバーオールが人気拡大中。大人のためのアイテム選びとコーデ術

ウェア・コーデ

オーバーオールが人気拡大中。大人のためのアイテム選びとコーデ術

レディースやキッズで定番のオーバーオールがメンズでも注目を浴びています。大人が着こなすためのおすすめアイテムやコーデ法を紹介するので、ぜひ挑戦してみてください!

平 格彦

2020.09.18

旬モノです。ペインターパンツの人気ブランドと最新コーデ術

ウェア・コーデ

旬モノです。ペインターパンツの人気ブランドと最新コーデ術

ストリート系全盛の'90年代に流行ったペインターパンツが今、復権を果たしています。チェックすべきブランド&コーデサンプルを押さえ、主役として大いに活用しましょう。

山崎 サトシ

2020.08.27

さっと羽織ればタフな着こなしに。カバーオールが便利でおすすめ

ウェア・コーデ

さっと羽織ればタフな着こなしに。カバーオールが便利でおすすめ

ワークカジュアルの定番アウターであるカバーオールは、タフで男らしい雰囲気が魅力です。大人におすすめしたいアイテムから、おしゃれな着こなしまで一挙ご紹介します。

Hiroshi Watanabe

2020.09.14

日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

ウェア・コーデ

日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

山崎 サトシ

2019.03.08

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND