Tシャツもカーハートならでは。魅力とおすすめのラインアップをお届け

Tシャツもカーハートならでは。魅力とおすすめのラインアップをお届け

ワークウェアを原点にしつつ、洗練さを取り込みモダンなカジュアルウェアへと進化させた現在の『カーハート』。そのTシャツの魅力と今欲しいモデルをご紹介しよう。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2021.07.07

シンプルだけど、他とは違う魅力がある。『カーハート』の良さとは?

シンプルだけど、他とは違う魅力がある。『カーハート』の良さとは?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『カーハート』は、1880年代に誕生したアメリカを代表するワークブランド。1990年代には、ヒップホップアーティストらによる熱烈な支持からストリートカルチャーとの結びつきを強め、ファッションアイテムとしての存在感を発揮していく。2009年よりヨーロッパ発のカジュアルウェアラインを主体とする、現在の『カーハートWIP』へ。持ち前のタフな素材感や質実剛健な印象と、アイコニックなロゴによる洒落感が相まって、唯一無二のブランドとして現在も支持されているのは周知の通りである。

『カーハート』のTシャツは、こんな風に着るのがおしゃれ

『カーハート』のTシャツは、こんな風に着るのがおしゃれ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワークウェアが出自ということもあり、質実なアイテムが目につく『カーハート』のTシャツ。それにならえば、コーディネートのファーストチョイスはワークパンツやジーンズとなるだろう。もちろんそれも悪くはないが、シンプルで普遍的なアイテムなだけに、今ならこんな個性派パンツとのマッチングを楽しむのもおすすめだ。ハードルの高さを感じるならば、ダークトーンの小物で引き締めれば問題ない。

『カーハート』のTシャツ、おすすめ10選

シンプルにワンポケットのみ、もしくはギリシャ神話に登場する豊かさの象徴、ヤギの角をモチーフとしたお馴染みのブランドロゴを胸にさりげなく……。そんな控えめなデザインも押さえておきたいが、鮮度を高めるダイナミックなデザインにも注目してほしい。

アイテム1

ポケットロゴT

ポケットロゴT

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『カーハート』のTシャツといえば、まずはこれ。ワンポケットにブランドロゴパッチを配した控えめなデザインを、ビッグシルエットで製作。6.75オンスのヘビーウェイトボディはコシが強く、着るほどにヴィンテージ感が増す。また、全17色のカラバリも魅力だ。

アイテム2

ジョイント ポケット Tシャツ

ジョイント ポケット Tシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ジョイント ポケット Tシャツ 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シーズングラフィックをフロントとバックに落とし込んだ1着。ダークトーンのタイダイ染めをあしらったボディはサマースタイルのアクセントにピッタリ。シルエットもオーバーサイズでトレンド感のある着こなしが楽しめる。

アイテム3

グラフィックT

グラフィックT

ミリタリーWAIPER 楽天市場店

ミリタリーWAIPER 楽天市場店

お気に入り追加

グラフィックT 2枚目の画像

ミリタリーWAIPER 楽天市場店

ミリタリーWAIPER 楽天市場店

お気に入り追加

『カーハート』の設立年や原点を込めたワードを表現したプリントをフロントとバックにあしらった1枚。そのボディは肉厚なヘビーコットンメイド。そのため、持ち前の屈強さをいかんなく発揮してくれる。トレンドのビッグサイズシルエットも堪能できる。

アイテム4

グラフィックロゴT

グラフィックロゴT

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドネームとロゴを大胆に胸元へ配置。春夏シーズンにはこれぐらいの主張が小気味良い。その姿には、どこか’90年代のストリート的空気を漂わせる。素材はお馴染みの重厚にして強固な6オンスオーバーのコットン。そのタフさも、思わずヘビロテしてしまう要因である。

アイテム5

ヘンリーネックポケットT

ヘンリーネックポケットT

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカを代表するワークウェアブランドゆえ、ヘンリーネックの佇まいはやはりしっくりくる。胸元をオープンさせることで開放感に浸れて、胸ポケットも好アクセント。オーバー気味のサイジングやしっかりとした生地感には古き良きアメリカが垣間見える。

アイテム6

ワークウェアポケットT

ワークウェアポケットT

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

肉厚な生地感や、ブランドロゴパッチをつけたささやかなワンポケットデザインがらしさを感じさせる。とはいえ、全身に細ピッチのボーダーをあしらうことで、いつもとは違う軽やかな雰囲気に。インナーとしてはもちろん、1枚でも抜群の存在感を発揮してくれる。

アイテム7

ストライプグラフィックT

ストライプグラフィックT

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

いつものさりげなくブランドアイコンを落とし込んだポケTに、いつもとは異なるブランドのボックスロゴを掛け合わせたモデル。それだけでもどこか新鮮に見える。さらに、体にうれしいリラックスフィットはこれからの季節にちょうど良い。

アイテム8

カレッジT

カレッジT

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

全体的にはシンプルな作りながら、ブランドネームをカレッジTなどでもよく目にするフォントで表現したところが楽しい。程良くのったアメカジ感がどこか目新しく、かっちりとした書体も男らしい。それだけでスタイルに新たな風をもたらしてくれる。

アイテム9

ステイトパッチTシャツ

ステイトパッチTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

武骨でたくましい佇まいがブランドの真骨頂だけに、ときおりほのめかされるツイスト感にはよけい目を奪われる。胸元に入れられたのはモノトーンで仕上げたUSA国旗。ただ、よく見ると50州を表現する星の部分が『カーハート』のロゴに変更されている。

アイテム10

カモフラT

カモフラT

HEADFOOTmixism

HEADFOOTmixism

お気に入り追加

『カーハート』にしては主張強めの総柄デザイン。中央のブランドロゴとコントラストに差をつけたことで、カモ柄の強さを程良く抑えながら調和させている。全体的に淡いトーンのデザート風と濃いトーンウッドランド風があり、好みに合わせてチョイスしてほしい。

Tシャツ完全ガイド。人気28ブランドから選ぶおすすめの1枚

ウェア・コーデ

Tシャツ完全ガイド。人気28ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2021年の春夏も必需品。28の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙にご紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

2021.08.13

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

ウェア・コーデ

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

2021.03.03

ニット帽選びはまずカーハートから。大人に最適な被り方とおすすめ8品

バッグ・ファッション小物

ニット帽選びはまずカーハートから。大人に最適な被り方とおすすめ8品

シンプルな中にロゴのアクセントが効いた『カーハート』のニット帽は、時代を超越した定番品。その魅力を掘り下げつつ、タイプ別の被り方とおすすめをご紹介します。

平 格彦

2020.11.10

カーハートの人気アイテム総まとめ。売れ筋ジャケット、リュック、WIPまで

ウェア・コーデ

カーハートの人気アイテム総まとめ。売れ筋ジャケット、リュック、WIPまで

しっかりとした作りとシンプルなデザインで人気を博している『カーハート』。ワークウェアブランドながらも大人ストリートにハマる理由を紐解きます。

山崎 サトシ

2021.04.01

スラッシャーのTシャツがストリートMIXに好適。おすすめはこの10枚

ウェア・コーデ

スラッシャーのTシャツがストリートMIXに好適。おすすめはこの10枚

ストリートMIXがトレンドとして隆盛を極める今、ハズせないのが『スラッシャー』のTシャツ。'80sスケート感満点なので、旬なムードをダイレクトに表現できるんです。

山崎 サトシ

2020.08.12

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP