大人ストリートはステューシーのTシャツで。今チェックすべきはこの8枚

大人ストリートはステューシーのTシャツで。今チェックすべきはこの8枚

'80年代に鮮烈なデビューを飾り、多くのキッズを虜にした『ステューシー』。'90sブームの後押しを受け、再びシーンの主役に躍り出た同ブランドで手にしたいTシャツとは?

菊地 亮

2020.06.06

トップス
Tシャツ

あの頃夢中になった『ステューシー』のTシャツが今、新鮮

'80年代後期、カリフォルニアのサーフシーンから自然発生的に登場した『ステューシー』。シェイパーだったショーン・ステューシー氏が仲間たちにデザインしたTシャツがことのはじまりで、以降、アート的デザインやブロック体のロゴなどで一世を風靡。何より、デザイナーの世界観やスタイルが多くの著名人たちからの共感を呼び、いまだストリートのアイコンであり続けている。

『ステューシー』のTシャツは、こんな風に着るのがおしゃれ

ひと昔前であれば、サーフ系、もしくはストリート系に舵を切るのが一般的。ボトムスは、色褪せたジーンズかワークパンツ、もしくはカモ柄の軍パンが通例だった。しかし、歳を重ねた今なら、きれいめな生地やパターンで仕上げた機能的パンツを合わせながらグレードアップを図ることをおすすめしたい。キャップやローテクスニーカーで程良く抜け感を足すのもアリだろう。

『ステューシー』のTシャツ、おすすめ8選

ブランドの原点ともいえるTシャツ。それはショーンフォントやエイトボール、Sクラウン、SSリングロゴなど、数多の名デザインが広く受け入れられてきた背景からもよくわかる。それらを踏まえつつ今手にするなら、ズバリこの8枚。

アイテム1ストックロゴT

大胆にプリントされたTシャツこそ真骨頂ともいえるが、大人が袖を通すなら代名詞たる“ストックロゴ”を胸元にさりげなく落とし込んだ1枚がちょうど良い。速乾性に優れるコットンドライジャージー生地に、ガーメントダイ加工を加え、ユーズドライクな趣に。

アイテム2キングストンチャプターT

レゲエカルチャーの発信地として知られる、ジャマイカのキングストンに思いを馳せたこちら。キングストンの架空の店舗をイメージしたタイポグラフィーは、創設者であるショーン・ステューシー氏のオリジナルの字体である“ショーンフォント”にて。

アイテム3エイトボールT

ストックロゴとともに描かれているのは、オールドステューシーのシンボリック的デザインとして知られるエイトボール。ビリヤードのエイトボールをモチーフに描かれ、胸元には控えめに、そして背後には大胆にプリントされている。

アイテム4ステューシー×ジョシュ・チューズコラボT

パンクにロック、ヒップホップ、レゲエなど、数々の伝説的ミュージシャンをフレームに収めてきたフォトグラファー、ジョシュ・チューズ氏とのコラボT。トランペットを手にする黒人少年をフロントに入れ、さらにはフォトグラファー本人が寄せたメッセージも。

アイテム5ワース ザ トリップT

サンライズを表現しているかのようなスクリーンプリントは、太陽を人の顔に見立てたご機嫌なデザイン。旅をすることの価値を肯定する意志を感じさせる1枚だ。ピグメントダイ加工による味わい深い仕上がりもまた心を惹きつけられるポイント。

アイテム6ジャマイカワールドトライブT

ロゴやモチーフを大胆にあしらうことの多い『ステューシー』の中では異質に映るかもしれない。“プリンタブルTシャツ”ラインの1枚はジャマイカのパークなど、スケボーが縁となった場所のトライブリストをショーンフォントでタイポグラフィー化したモデル。

アイテム7“DON’T TAKE THE BAIT”T

フロントはお馴染みのブランドロゴを配したシンプルなデザイン。ただ、バックへと目を移せば、そこには刺激的なプリントが。山々を背景に佇むスカル。その横には、“DON’T TAKE THE BAIT(餌には食いつかない)”という反骨心とも取れるメッセージが添えられている。

アイテム8ボブ・マーレー アイランドT

ブランド創世記から常に刺激を受けてきた、ボブ・マーレー氏を讃えたコレクションより。バックには、彼とザ・ウェイラーズによって設立されたレーベル、タフ・ゴングのロゴを入れ、フロントへはジャマイカ生まれのレーベル、アイランドレコードのロゴを刻んだ。

大人にもハマる。ステューシーの定番アイテムとコーデ

大人にもハマる。ステューシーの定番アイテムとコーデ

今季も90年代テイストの流行は健在。そこで注目したいのが、当時人気を博し今なお第一線をひた走るブランドです。とくに『ステューシー』はあらためて挑戦したい筆頭候補!

山崎 サトシ

Tシャツ完全ガイド。人気27ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツ完全ガイド。人気27ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2020年の春夏も必需品。27の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

足元で“旬”を演出。大人ストリートにハマる、スケートシューズのすすめ

足元で“旬”を演出。大人ストリートにハマる、スケートシューズのすすめ

カジュアルダウンに用いられるスニーカー。なかでもスケートシューズならば、今季注目のストリートMIXに役立ちます。魅力や取り入れ方、そしておすすめを一挙ご紹介。

TASCLAP編集部

地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    エコバッグ15選。人気ブランドから探すおしゃれなマストハブ

    エコバッグ15選。人気ブランドから探すおしゃれなマストハブ

    7月からレジ袋が有料化。これに伴い、買い物袋として代用できるエコバッグのニーズが急増しています。選び方のポイントと、今買えるおすすめエコバッグをご紹介!

    山崎 サトシ

    視界くっきり。偏光サングラスを掛けるべき理由と今おすすめの10本

    視界くっきり。偏光サングラスを掛けるべき理由と今おすすめの10本

    日差しが強い季節に限らず、使うと便利な偏光サングラス。視界がクリアになるので、ぜひ活用してみましょう。レンズの構造や特徴、おすすめ品まで徹底解説します!

    平 格彦

    今夏はコロンビアのサンダルを。人気アイテムと参考コーデ

    今夏はコロンビアのサンダルを。人気アイテムと参考コーデ

    昨今絶大な人気を集めるアウトドアブランドのサンダルですが、特に“よくデキ”なのが『コロンビア』。人気の品からコーデ例まで包括的にご紹介するので、ぜひチェックを!

    山崎 サトシ

    ブロスのアンダーウェア7選。ワコールのメンズ下着ならではの魅力とは?

    ブロスのアンダーウェア7選。ワコールのメンズ下着ならではの魅力とは?

    『ブロス』は、女性向け下着で人気の『ワコール』が展開するメンズライン。その魅力を読み解きつつ、人気シリーズとおすすめのアンダーウェアを紹介します。

    近間 恭子

    おすすめを厳選! 男につけてほしい香水ブランド12選

    おすすめを厳選! 男につけてほしい香水ブランド12選

    香水はいい香りを漂わせるだけでなく、印象付けにも効果的。だからこそ、自分が演出したい雰囲気に合わせて、香水を選ぶことが重要なんです。おすすめの香水を紹介します!

    植木 麻利子

    アイテムリスト

    BACK