ビルケンシュトック屈指の人気者。チューリッヒの魅力と今どきコーデ術

名モデルを多数擁する『ビルケンシュトック』の中でもとりわけ支持率の高い「チューリッヒ」。その魅力を解説しつつ、カラー別のコーデ術からラインアップまでご紹介!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.06.08

ファッション業界人もこぞって愛用。『ビルケンシュトック』の「チューリッヒ」とは

ファッション業界人もこぞって愛用。『ビルケンシュトック』の「チューリッヒ」とは

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ビルケンシュトック』は1774年に創業したドイツの名門シューズブランド。快適な履き心地を叶えるサンダル類が特に有名です。そのサンダルの中でもとりわけ人気の高いモデルの1つが「チューリッヒ」。アパレルの関係者にも愛用者がたくさんいます。

ワイドなストラップが最大の特徴である「チューリッヒ」は、サンダルらしからぬ上品な表情で大人のコーディネートに馴染みやすく、サンダルを履きたいけどラフ過ぎる印象になるのは避けたい、というときに最適。ワンストラップのシンプルな仕様なので、ソックスを合わせるアレンジがしやすいのも魅力です。

ファッション業界人もこぞって愛用。『ビルケンシュトック』の「チューリッヒ」とは 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ビルケンシュトック』を象徴するフットベッドは、当然「チューリッヒ」にも搭載。人間の足の形状に合わせて立体的に成形されているため、足の裏にぴったり寄り添ってくれます。また、ストラップには留め具が2か所に付いているため、サイズ感を細かく調節可能。好みや甲の高さに合わせて微調整でき、履き心地がさらに向上します。こうしてストラップとフットベッドによって足を上下からやさしく固定することで、圧倒的なフィット感を実現しているのです。

ファッション業界人もこぞって愛用。『ビルケンシュトック』の「チューリッヒ」とは 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

4層もしくは5層で構成されるフットベッドは、クッション性も抜群。さらにボーンパターンが描かれた独自のEVAアウターソールも優秀で、軽量なのに自然な歩行をサポートしてくれます。このように、「チューリッヒ」はデザイン面も機能面も優れているため、ファッションのスペシャリストたちからも高く評価されているというわけです。

ビルケンシュトックのサンダル、まず何を狙う? 新作&人気13モデルを大解剖

スニーカー・シューズ

ビルケンシュトックのサンダル、まず何を狙う? 新作&人気13モデルを大解剖

サンダルを語るうえで欠かせない存在といえる『ビルケンシュトック』。履き込むほどに快適さが増すサンダルの魅力を掘り下げつつ、定番人気のモデルを網羅的にご紹介!

那珂川廣太

2020.06.02

「チューリッヒ」といえば、やっぱりスエード。4つの定番色とコーデテク

ワイドなストラップを採用している「チューリッヒ」だからこそ、アッパーには通気性と柔軟性が求められます。そんな条件を満たす素材として定番的に採用されているのがスエード。上品な印象も備えているので、まさに大人にうってつけです。ここでは、スエードのカラバリを解説しつつ、カラー別のコーディネート例も紹介。どう履きこなすかをイメージしつつ、お好みの「チューリッヒ」を選んでみてください!

▼カラー1:上質感と軽快感を併せ持つトープ

▼カラー1:上質感と軽快感を併せ持つトープ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「チューリッヒ」を代表するカラーといえるのがトープです。明るいトーンのベージュなのでスエードならではの表情が目立ち、上品なムードを振りまいてくれます。ライトな色味ならではの軽やかな印象もあるため、春夏のコーディネートに最適です。

着こなし1

男っぽいシャツスタイルを「チューリッヒ」で爽快に

男っぽいシャツスタイルを「チューリッヒ」で爽快に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリーシャツにブラックのパンツを合わせつつ、シャツのボタンをすべて外して男らしい開放感を強調したコーディネートがベース。その魅力を損なうことなく軽快感を加味しているのが、肌に近い色味の「チューリッヒ」です。やや短いパンツの丈感が、サンダルの抜け感を増幅!

着こなし2

リラックス感溢れるムードを足元まで統一した好例

リラックス感溢れるムードを足元まで統一した好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ややオーバーサイズのTシャツにワイドなジーンズを合わせたリラクシングなスタイリング。白いTシャツに加え、ジーンズも淡いトーンで軽やかな印象に仕上がっています。そんなイメージを足元まで揃えるなら、明るいベージュのサンダルが適任!

▼カラー2:シーズンを問わず幅広く使えるミンク

▼カラー2:シーズンを問わず幅広く使えるミンク

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブラウン系のミンク。スエードの王道カラーであるため、幅広く使える色の1つです。温かみを感じさせる色なので、暑苦しくならないように履きこなすのがポイント。

着こなし1

パンツのボリュームに負けない茶色のサンダルが好相性

パンツのボリュームに負けない茶色のサンダルが好相性

WEAR

WEAR

お気に入り追加

付属のエプロンがボリューム感を強調しているワイドなパンツ。存在感では負けないブラウンの「チューリッヒ」が、パンツと同化することなく上品なアクセントとして適度に主張しています。全体としては落ち着きのある夏スタイルです。

着こなし2

温かみを生かして涼しい日にも「チューリッヒ」を活用

温かみを生かして涼しい日にも「チューリッヒ」を活用

WEAR

WEAR

お気に入り追加

涼しい季節に「チューリッヒ」を活用した好例です。「チューリッヒ」のブラウンに合わせてトップスもハットもブラウンで揃え、ウォーム感を拡大しているのがポイント。ソックスを履くことで見た目も着用感も保温性を高めています。ブラックのスキニージーンズで引き締めてクールな大人の着こなしに。

▼カラー3:シックなのにカジュアル感もあるモカ

▼カラー3:シックなのにカジュアル感もあるモカ

Qoots

Qoots

お気に入り追加

ダークなカラーを選びたいけど、ブラックではクール過ぎる……そんなときに筆頭候補に挙がるのがダークブラウンのモカです。ネーミング通りのコーヒーを連想させる色味で、履きこなしやすさも抜群です。

着こなし1

ダークトーンでまとめた洒脱なジャケットスタイル

ダークトーンでまとめた洒脱なジャケットスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

Tシャツ以外はダークトーンでまとめた上品なジャケットスタイルです。ベストを組み込むことでスリーピースのような品格を醸しつつ、足元を「チューリッヒ」にしてあえてハズしています。ソックスを合わせることで足元の肌を隠し、抜け感が出過ぎないようにバランスを調整。

着こなし2

ラフなスタイルの引き締め役として「チューリッヒ」を投入

ラフなスタイルの引き締め役として「チューリッヒ」を投入

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白い無地のTシャツ、ワイドなシルエットのジーンズ、サンダルの「チューリッヒ」を使ったコーディネートはかなりラフな印象になりがちです。それなのに大人っぽくまとまっているのは、ジーンズもサンダルもダークトーンだから。パンツのロールアップでさりげなく個性もプラスしています。

▼カラー4:足元をクールに引き締めてくれるブラック

▼カラー4:足元をクールに引き締めてくれるブラック

AFRO JACK

AFRO JACK

お気に入り追加

大人っぽく足元を引き締めたいなら、やっぱりブラック。しかもスエード製の「チューリッヒ」なら、無機質な印象になり過ぎることがなく、上質な表情もあるバランスの取れた足元に仕上がります。

着こなし1

カジュアルなコーディネートを黒で引き締めたお手本

カジュアルなコーディネートを黒で引き締めたお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

クレイジーパターンのチェック柄シャツにベージュのイージーパンツを合わせたコーディネートはカジュアルな印象。サンダルを合わせると一層カジュアルになるはずですが、ブラックの「チューリッヒ」を選ぶことで落ち着いたムードにまとめています。

着こなし2

ブラック×ホワイトをメインにしたクールな装い

ブラック×ホワイトをメインにしたクールな装い

WEAR

WEAR

お気に入り追加

サンダルとウエストポーチはブラックで、Tシャツとソックスはホワイト。上下のどちらにも黒×白の組み合わせを作ることで、クールで落ち着きのある印象を打ち出したスタイリングがお見事です。ハイウエストなジーンズがさりげなく新鮮で今どき!

▼その他のカラー:まだある。スエード素材のカラバリ

▼その他のカラー:まだある。スエード素材のカラバリ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スエード製の「チューリッヒ」は定番だからこそカラーバリエーションも豊富。例えばホワイトはライトグレーに近い色味で、軽やかなイメージや都会的な印象を足元に加味することができます。

▼その他のカラー:まだある。スエード素材のカラバリ 2枚目の画像

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

お気に入り追加

また、ブルーはネイビーに近い色調で落ち着いた印象。大人っぽさと爽やかさを兼ね備え、幅広いコーディネートにマッチします。この他にも新作、限定品、別注品などで新しいカラーが登場することもあるので、こまめにチェックすることをおすすめします!

スエード以外にもバラエティ豊か。「チューリッヒ」の多彩なラインアップ

「チューリッヒ」の王道はスエードですが、他の素材も数多くリリースされています。また、ディテール違いのバージョンもラインアップされているので、そのバリエーションをご紹介します。

素材1

ナチュラルレザー

ナチュラルレザー

ワシントン靴店 Parade

ワシントン靴店 Parade

お気に入り追加

革の内側を起毛したのがスエードですが、表側を仕上げたレザー製の「チューリッヒ」も展開されています。その1つが「ナチュラルレザー」。加工をできる限り省き、細かいキズやシワなどの表情をそのまま生かしているため、味のある仕上がりです。レザーならではの風格も魅力。

素材2

オイルドレザー

オイルドレザー

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

滑らかな表情のオイルドヌバックレザーを使用したタイプもラインアップ。スムースな質感が品格を放っているので、大人なコーディネートにも馴染みます。表革を使用した「チューリッヒ」は主流ではなく、入手しやすい状況とはいえないので、見つけたら早めに確保するのがおすすめです!

素材3

ビルコフロー

ビルコフロー

Golden State

Golden State

お気に入り追加

肌にやさしく耐裂性に優れる合成素材が「ビルコフロー」。『ビルケンシュトック』が商標登録しているオリジナル素材です。見た目はレザーに近い上質感がありながら、ケアしやすいという利点を備えています。「チューリッヒ」では男らしさが薫るカモフラージュ柄などをラインアップ。

素材4

デザートソイル

デザートソイル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アウトソールがブラックとホワイトで構成されているのが「デザートソイル」。ホワイトが映えるカラーコントラストにより、クリーンでモダンなイメージも感じさせるルックスに仕上がっています。爽やかさが欲しいときにはおすすめです。

素材5

レザーインソール

レザーインソール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ビルケンシュトック』のサンダルは足の裏が触れるインソール部分にスエードのライニングを採用していますが、限定品や別注品としてレザーを使用したタイプも販売されています。スエードと比べるとやや硬めの触感になりますが、汚れにくいのが長所。高級感も一層アップします。

素材6

ボア付き

ボア付き

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

足が触れる部分すべてにラムスキンボアを採用したモデルもあります。保温性が高いので、ソックスと組み合わせれば使えるシーズンが拡大。ただし、柔らかい極上の履き心地を楽しむなら、素足で履くのがおすすめです。

サンダルの人気ブランド完全網羅。押さえておくべき鉄板10選

スニーカー・シューズ

サンダルの人気ブランド完全網羅。押さえておくべき鉄板10選

軽快で涼しいというだけでなく、トレンドとしても盛り上がっているサンダルは今シーズンもマスト。多岐にわたるカテゴリ別に、それぞれの鉄板ブランドをご紹介します。

山崎 サトシ

2020.06.05

説明不要のロングセラー。ビルケンシュトックのボストン

スニーカー・シューズ

説明不要のロングセラー。ビルケンシュトックのボストン

1978年の誕生以来、『ビルケンシュトック』の定番モデルとして愛される「ボストン」。特徴からアッパー素材の種類、さらには着こなし方まで、魅力を掘り下げて紹介します。

近間 恭子

2020.07.08

ビルケンシュトックのアリゾナ考察。ブランド大定番モデルの粋なコーデと選び方

スニーカー・シューズ

ビルケンシュトックのアリゾナ考察。ブランド大定番モデルの粋なコーデと選び方

快適サンダルの名門『ビルケンシュトック』。ブランド随一の定番であり、大人にマッチする人気モデルがアリゾナです。その魅力や種類、履きこなし術まで徹底的に解説!

平 格彦

2020.06.11

一年中使えるビルケンといえば。モンタナならではの魅力を再確認

スニーカー・シューズ

一年中使えるビルケンといえば。モンタナならではの魅力を再確認

サンダルのイメージが強い『ビルケンシュトック』の中において、一風変わった魅力を放つ「モンタナ」。その特徴と取り入れ方を、順を追って解説しましょう。

TASCLAP編集部

2020.07.16

年中活躍してくれるビルケンシュトックのロンドン

スニーカー・シューズ

年中活躍してくれるビルケンシュトックのロンドン

リラックス感ときちんと感を両立させた大人のサンダルといえばビルケンシュトック。なかでもオールシーズン履けると人気のモデル、ロンドンの魅力を徹底解剖してみました。

ai sato

2018.05.28

着物がモチーフ。ビルケンシュトックの新顔・KYOTOを読み解く

スニーカー・シューズ

着物がモチーフ。ビルケンシュトックの新顔・KYOTOを読み解く

『ビルケンシュトック』といえば世界の都市名を冠したサンダルが有名ですが、待望の新作は日本が世界に誇る京都を着想源にした「KYOTO」。そんなNEWモデルの魅力をご紹介!

遠藤 匠

2020.08.11

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND