夏の短パン15傑。大人っぽく見せるコーデのノウハウとタイプ別おすすめ

夏の短パン15傑。大人っぽく見せるコーデのノウハウとタイプ別おすすめ

夏に欠かせない短パンだが、コーデ次第では子供っぽく見えてしまう危険性も。そこで、大人らしく着こなすためのヒントを交えつつ、テイスト別に推薦したい逸品をご紹介。

菊地 亮

2020.06.18

ボトムス
ショートパンツ

大人の夏コーデには短パンが必要だ

気象庁の予報では、2020年もまた一段と暑くなりそうな夏。となれば、たとえ大人であっても見た目からして暑苦しさを誘うロングな1本よりは、短パンのほうが暑さ対策としては理想的だろう。最近では、海に山にとアクティブに動く大人たちが増えているため、機動力の部分でも格好のアイテムなるはず。そう、短パンは大人たちにとってまさにうれしいことばかりのアイテムなのである。

ポイントは3つ。グッドサンプルに学ぶ短パンコーデのノウハウ

自由を得る代わりに大人げない姿を露呈してしまいかねないのが短パン。しかし、だからといって手を出さないという選択は実にもったいない。なにせ、着こなし方次第でその懸念をしっかり振り払うことができるのだから。ここでは、その方法論についてご紹介したい。

ポイント1最大のポイントは丈感

これまでは、丈感がトレンドの基準になっていた。’80年代頃はモモを露わにすることが多く、ストリート全盛の’90年代は逆に膝をすっぽり覆い隠すほどの長さが幅を利かせていた。ただ、大人になった今はトレンドに流されることなく膝上丈を基本にしたい。その分、シルエットは今の空気に倣い多少ゆとりのあるものを。そこへゆったりめなトップスを合わせれば、すぐさまこなれた印象が香り立つ。

ポイント2短パンの素材はトップスとの相性も考慮して

短パンは素材によって印象が変わってくる。選びの指針となるのはトップス。例えば、品をさりげなく漂わせる生地で仕上げられたトップスならば、肩肘を張っているように見せないために程良く抜け感のあるカジュアルなアイテムが良いだろう。逆に、ラフなトップスなら、短パンには端正な顔立ちのアイテムを取り入れ、大人っぽさをフォローする必要がある。

ポイント3色と柄はバランスを考慮しよう

夏は思い切った色や柄を取り入れたい時期。短パンであれば、いつものロングパンツとは異なり面積も小さいため、そこまで悪目立ちすることもない。とはいえ、派手な色や柄を上下ともに取り入れてしまうのはいささか目に余る。となれば、トップスは落ち着いた色や柄を選ぶのが定石。総柄の短パンでもアクの強さを抑制するブラックやグレー、ネイビーといった落ち着いた色を選べば、トップスにも選択肢の幅が生まれるものだ。

3タイプ15傑。大人がはくべき短パンを指南

短パンが暑さの軽減に最適なのは承知の通り。とはいえ、昔ほど自由気ままに選ぶわけにもいかない大人にとっては、何を手に取るべきかをよく考える必要があるのも事実だ。その指針となり得るアイテムを、3つのカテゴリーに分けて選んでみた。

▼タイプ1:旬度と機能性で選ぶならアウトドアブランドの短パンを

昨今のファッションシーンのトレンドからして、アウトドア系のそれはぜひともウィッシュリストに追加しておきたいところ。機能面においても一日の長があるため、活発になりがちな季節には格好だ。とはいえ、日常に取り入れるなら、らしさを内に秘めたスタイリッシュなアイテムや、デザインにヒネりのあるアイテムがベターな選択。

ブランド1『ホワイトマウンテニアリング』×『グラミチ』

アウトドアに精通した両者のコラボは、耐久性に優れてシワにもなりにくいタスラン加工を施した特殊ナイロン製。軽量さもはいたときの心地良さを促進するポイントとなる。また、腰周りにボリュームを持たせ、丈を膝上に設定したことでより動きやすいシルエットに。

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルをお届けします。

山崎 サトシ

ブランド2『アブ・ガルシア』

スウェーデンが誇る釣具の総合メーカーは、昨今、街との親和性の高いウェアが注目されている。しなやかなポリエステル生地製のこちらは、動きやすく、立体感のあるサイドポケット、ウエストのハーネスといった“ならでは”の意匠もシーンを問わず役に立つ。

ブランド3『ザ・ノース・フェイス』

さりげなく左ウエストにロゴを入れただけのシンプルなルックスは、アウトドアブランドの短パンながらどのスタイルにもフィットする。しかも、裏側に凹凸のある肌離れの良い二重素材で、撥水性も十分。となれば、汗をかきやすいこれからの時期にもぴったり。

ショートパンツもザ・ノース・フェイスで。おすすめはこの7アイテム

ショートパンツもザ・ノース・フェイスで。おすすめはこの7アイテム

涼しくて軽快、がショートパンツの強み。さらに機能性もプラスされているならまさに言うことなし。そんな大人たちの気持ちを汲んでくれるのが『ザ・ノース・フェイス』だ。

菊地 亮

ブランド4『ダイワ』

日本屈指の釣り具メーカーが展開するウェアが、街使いにもちょうど良いと業界内で話題だ。特に、軍パン型にも似たこちらは機能性も十分で、縦横に伸縮し、復元力が高いためにシワにもなりにくい。さらに接触冷感機能を備えているため真夏でもひんやり。

ブランド5『ゴールドウィン』

アウトドアの合理性を追求したコレクションが大人たちの共感を呼んでいる『ゴールドウィン』。こちらの短パンは、大人も手を出しやすい落ち着いた佇まいでなんと水陸両用。ゆとりのあるシルエットは動きの自由を確保し、ビーチサイドでも活躍する。

▼タイプ2:セレクトショップから抜粋。シンプルなトップスが映える今っぽい短パン

国内外のブランドアイテムを豊富に取り揃えるセレクトショップは、対象年齢を問わずファッションのあらゆる要望に見事応えてくれる。なかでもショップオリジナルのアイテムは、今の空気を的確に捉えるかゆいところに手が届いたラインアップがウリ。大人も胸を張れる短パンだって当然スタンバイしている。そのどれもが、手持ちのシンプルなトップスを生かしながら今っぽさも表現できる良品ばかり。

ブランド1『ビームスライツ』

裾にかけて程良く広がりを見せるリラックスフィットながら、上品な印象を振りまけるのは微光沢を放つ生地が理由。アメリカのデュポン社が開発した植物由来の機能素材であるソロナを交えた2トーンのダブルフェイス生地は、ストレッチ性を備えた軽い着心地も強み。

ブランド2『エイチ ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』

無駄をそぎ落としたミニマルなビジュアルだからこそ、生地の独特なタッチが一層際立つ。用いたのは、パリッとした質感と繊維を密に織り込んだことで生まれるコシが特徴的なタイプライター生地。薄手かつ軽量のため涼しく快適にはくことができる。

ブランド3『シップス』

全体へあしらったボタニカル柄が季節感をあおるこちら。生地のベースがネイビーだけに、総柄でも嫌味なくスタイルに取り込める。ポリエステル100%で仕上げたストレッチ混の生地はあらゆる動きに対応。股下をやや短めに設定し、よりアクティブな印象に仕上げている。

ブランド4『トゥモローランド』

スリムなシルエット、膝上の丈感、ダブル仕上げの裾。トラッド感のある姿はまさしく大人の短パンにふさわしい。素材はスイスの名門紡績メーカー、スポエリー1866社が長年の経験を生かして開発したアイスコットン。天然素材ながら接触冷感機能を備えた優れモノ。

ブランド5『スティーブンアラン』

ヒップと腰周りにゆとりを持たせた2プリーツ仕立てでセンタークリース入り。短パンでありながらその見た目はスラックスのように美しい。ハリと光沢感を備えたトロピカル組織の生地を使っているからなおさらだ。しかも、軽量で涼感も備わっている。

ちょうど良い大人服。スティーブン・アランの魅力と“買い”リスト

ちょうど良い大人服。スティーブン・アランの魅力と“買い”リスト

ニューヨークにあるセレクトショップのオリジナルブランドとして始動し、瞬く間に大人の支持を得た『スティーブン・アラン』。その魅力とともに注目作を取り上げる。

菊地 亮

▼タイプ3:クリーンな着こなしに。こだわりブランドの短パンを

東京らしさや、ブランド独自のカラーが加えられた人気ブランドの短パンには、洗練と個をさりげなくアピールできる頼もしさがある。クリーンなスタイリングを志向しつつ、周囲への埋没も避けたい大人にとっては、まさに格好といえるだろう。今を意識した機能的な1本から、過去の作品へのオマージュも兼ねたものなど、多くの大人たちの購買意欲を触発する珠玉の5本をご覧あれ。

ブランド1『キャプテン サンシャイン』

素材は牧歌的空気が漂いそうなコーデュロイである。しかし、かなりの細畝で、無駄をそぎ落としたミニマルな佇まいにはどこか品の良さを感じさせる。ご覧のように風合いは爽やかで、コンパクトなシルエットゆえにすっきりとはきこなせるのもうれしい。

ブランド2『フィンガリン』

夏はついデニムを避けがち。しかも短パン型は時代錯誤感が出かねないためなおさら。でもこれなら諸手を挙げて迎え入れたい。落ち着いた色味にモダンなシルエット。その上、馴染みのある5ポケット型で、ウエストはゴム&ドローコード付きゆえはきやすい。

ブランド3『サージュデクレ』×『ビームス プラス』

デザイナーの千田仁寿氏が2001年に設立した『サージュデクレ』は、染めや素材、パーツへのこだわりに特徴がある。ポテンシャルの一端が垣間見えるのが水陸両用の1本で、こちらは『ビームス プラス』がサファリ系フィールドショーツをベースに型から完全別注した品。

ブランド4『ジェルマーノ』

‘52年にナポリ近郊で創業したパンツ専業の老舗。愚直なまでにイタリアメイドにこだわり長年培ってきた経験はこの1本からも。生地はドライタッチな触感のリップストップコットン。程良く入ったアタリが放つ味も大人にはちょうど良い。

ブランド5『ウィンダンシー』×『マナスタッシュ』

アメリカの実力派『マナスタッシュ』の創業当時のモデルとして知られる「チリワック」をベースに、一から作り上げたこちら。はくほどに味わいを増すリネンとコットンのブレンド生地を採用。厚みを持たせ耐久性も高めている。タイダイで染めたバージョンもおすすめだ。

ショートパンツのコーデをモノにするために。意識したい3つのトピックス

ショートパンツのコーデをモノにするために。意識したい3つのトピックス

いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

山崎 サトシ

ハーフパンツの最盛期到来。人気ブランドの別注品で周囲と差をつけよう

ハーフパンツの最盛期到来。人気ブランドの別注品で周囲と差をつけよう

今や大人カジュアルの必需品、ハーフパンツ。今夏も大活躍してくれること間違いなしです。定番とはひと味違う、こだわり満載の別注アイテムも続々登場しています!

TASCLAP編集部

地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

    近間 恭子

    首に掛けても、もう落ちない。オークリーのラッチはサングラス界の革命児

    首に掛けても、もう落ちない。オークリーのラッチはサングラス界の革命児

    Tシャツなどの首元にサングラスを掛けておきたいときって、ありますよね? そんな場面で便利なのが『オークリー』の「ラッチ」。しっかり固定できて不意の落下を防げます!

    山崎 サトシ

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。

    近間 恭子

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    アイテムリスト

    BACK