色褪せない名品。レイバンのウェイファーラーについて知っておくべきこと

色褪せない名品。レイバンのウェイファーラーについて知っておくべきこと

サングラス選びに悩んでいる方がいるなら、まずは『レイバン』のウェイファーラーを試してみるべきでしょう。名品と呼ばれるのには、ちゃんとした理由があるんです。

髙須賀 哲

髙須賀 哲

SHARE
記事をお気に入り
2020.06.29

もはやサングラスの象徴。『レイバン』のウェイファーラー

もはやサングラスの象徴。『レイバン』のウェイファーラー

港町めがね工房

港町めがね工房

お気に入り追加

本記事では世界で最も有名なサングラスの1つ、ウェイファーラーの魅力を掘り下げます。その前に、ウェイファーラーを生み出した『レイバン』について解説しておきましょう。『レイバン』はアメリカのボシュロム社が創設したアイウェアブランド。1920年代に飛行中の強力な太陽光線から目を守るためのパイロット用サングラスを開発し、アメリカ軍に採用されたことからその歴史が始まります。そして、1937年には、“光を遮断する”という意味の“レイバン”の名を冠したブランドを立ち上げ、一般向けにもサングラスの販売を開始。その数ある製品の中でも、特にファッショナブルで多くの人に愛されたモデルがウェイファーラーなのです。

レイバンのサングラス。人気を支える名作3モデルと大人向け注目5モデル

バッグ・ファッション小物

レイバンのサングラス。人気を支える名作3モデルと大人向け注目5モデル

夏に限らず、春や秋にもサングラスをかける人が増えています。今年こそ挑戦したいと考えているなら、機能的にも見た目にも定番として知られる『レイバン』がおすすめです。

TASCLAP編集部

2021.05.26

なぜ『レイバン』のウェイファーラーはここまで支持されるのか

なぜ『レイバン』のウェイファーラーはここまで支持されるのか

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウェイファーラーは1952年に誕生したセルフレームのサングラスです。掛ける人を選ばないウェリントンタイプのシェイプとブラックのベーシックなカラーリングが多くの人に愛されてきました。それまで多かったメタルフレームのティアドロップ型サングラスとはまた異なるカジュアルでクールな印象を与えられることから、特にミュージシャンの間で人気が高く、ボブ・ディラン氏やマドンナ氏らが愛用していることでも知られています。他にも、『ティファニーで朝食を』や『ブルース・ブラザース』、『メン・イン・ブラック』などの映画に登場したことで知名度が高まり、不動の地位を築きました。

なぜ『レイバン』のウェイファーラーはここまで支持されるのか 2枚目の画像

グラスマニア -Tokyo Aoyama-

グラスマニア -Tokyo Aoyama-

お気に入り追加

なぜ『レイバン』のウェイファーラーはここまで支持されるのか 3枚目の画像

グラスマニア -Tokyo Aoyama-

グラスマニア -Tokyo Aoyama-

お気に入り追加

ウェイファーラーの大きな特徴として、フロントのデザインが挙げられます。実はウェイファーラーのフロント部分には傾斜角がついており、やや前傾気味になっているのです。この独特のデザインが他にはないシャープな印象を生み出す要因の1つとなっています。詳しくは後述しますが、近年では日本人の顔にフィットするように傾斜角を弱めに調整したモデルもリリースされていますが、強めの傾斜角を好むこだわり派の人も少なくありません。

購入前に知っておきたい。ウェイファーラーのフィッティングとレンズサイズについて

ウェイファーラーはデザイン性の高さも魅力ですが、フィット感やレンズサイズのバリエーションがいくつか用意されており、顔の形や大きさに合わせて最適な掛け心地とバランスのものを選ぶことができるのも大きな魅力です。どのような選択肢があるのか、ここで詳しく見ていきましょう。

フィッティング

USとJP。着用感を左右する2つのフィッティング

USとJP。着用感を左右する2つのフィッティング

メガネ・サングラスのThat’s

メガネ・サングラスのThat’s

お気に入り追加

当初は欧米人向けに作られていたウェイファーラーですが、世界中で人気が高まったために現在では、基本となる「インターナショナルフィッティング(USフィット)」に加え、アジア人向けの「アジアンフィッティング(JPフィット)」がラインアップされています。アジアンフィッティングはインターナショナルフィッティングよりもフロントのカーブがゆるやかになっており、彫りの深くないアジア人の顔にフィットします。また、テンプルは逆にカーブをきつくすることでアジア人の頭蓋骨に自然に沿うようになっているのも特徴。さらに、大きめのノーズパッドを採用することで、ずり落ちるのを防ぐという工夫も施されています。アジアンフィッティングのモデルは、テンプルの品番の末尾にアルファベットの“F”が記されているので、簡単に判別できます。

レンズサイズ

スタンダードとラージ。見た目の印象が大きく変わる2つのサイズ

スタンダードとラージ。見た目の印象が大きく変わる2つのサイズ

メガネ・サングラスのThat’s

メガネ・サングラスのThat’s

お気に入り追加

ウェイファーラーには大きく分けて2つのサイズが用意されています。52サイズの「スタンダード」と、54サイズの「ラージサイズ」の2種類。それぞれの数字はレンズの横幅を表しています。注意したいのは、単純に顔の大きさでサイズを選ぶべきではないということ。実際に掛けてみないとバランスが判断できませんし、好みもあります。両方のサイズを掛け比べてみてジャッジするのがベターでしょう。

実はこんなにあるんです。ウェイファーラーの多彩なバリエーション

ウェイファーラーは昔からその姿を大きく変えない不朽の名品ですが、フレームの色柄やレンズカラーのバリエーションがとても豊富です。そのため、好みや着こなしに合ったモデルを選ぶことができるのが大きな魅力となっています。ここではそんなウェイファーラーの魅力的なラインアップの一部をご紹介しましょう。

アイテム1

オリジナルウェイファーラー

オリジナルウェイファーラー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

まず押さえておきたいのは、やはり永遠の定番モデルであるオリジナルウェイファーラー。ウェイファーラーの魅力を余すところなく体現したモデルです。こちらの1本はフレームカラーにベーシックなブラックを採用しており、掛ける人を選びません。また薄いブルーのレンズが入っており、涼しげで洗練された目元を演出してくれるのも魅力。エントリーモデルとしても最適な1本です。

アイテム2

ウェイファーラー フォールディング

ウェイファーラー フォールディング

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

折りたたんでコンパクトに持ち運べるフォールディングタイプのウェイファーラー。本来のデザイン性を損なうことなく、機能性をプラスした技術力はさすが。専用ケースに入れておけば傷つく心配もないので、バッグなどに入れて持ち運ぶことも可能です。ブラウン系のデミ柄のフレームに同じくブラウンのレンズを合わせたこちらは、大人っぽくシックな印象に仕上がっています。

アイテム3

ニューウェイファーラー

ニューウェイファーラー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウェイファーラーのDNAを継承しつつ、よりコンパクトで洗練されたデザインのアップデートしたモデルがこちらのニューウェイファーラーです。オリジナルよりもやや小さめでレンズの天地幅が狭く設定されており、日本人の顔にもすっきりと収まるシャープなデザインとなっています。ここでピックアップした1本はチラつきを軽減する反射防止コートを施したグラディエントレンズを装着しており、色気のある目元を演出します。

アイテム4

ウェイファーラーII

ウェイファーラーII

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウェイファーラーシリーズに最近、新たに加わったのがこちらのウェイファーラーIIです。フレーム全体が細身になり、フロントシェイプは丸みを帯びて柔和な印象を与えるなど、オリジナルとは大きく印象の異なるデザインとなっています。それでいて、ウェイファーラーならではの男らしくクールな佇まいは健在。オリジナルとこちらのモデルを2本持ちして、着こなしやシーンに応じて使い分けるのもアリでしょう。

アイテム5

ウェイファーラー ダブルブリッジ

ウェイファーラー ダブルブリッジ

SUNGLASS HOUSE-サングラスハウス-

SUNGLASS HOUSE-サングラスハウス-

お気に入り追加

他の人と差をつけたいならこんなモデルを選んでみてはいかがでしょうか。一見するとベーシックなウェイファーラーですが、実はフロントの上部にメタル製のブリッジがあしらわれており、ダブルブリッジになっています。このディテールが加わるだけで武骨な印象がアップ。掛けているだけでこだわりを存分に主張できること間違いありません。

アイテム6

ウェイファーラー ライトフォース

ウェイファーラー ライトフォース

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

最新技術を導入したウェイファーラーの進化形モデルがこちらのライトフォースシリーズ。軽量で耐久性と柔軟性を兼ね備えた革新的なサーモプラスチック素材をフレームに用いることで、快適な掛け心地を実現しており、長時間使い続けても疲れにくいのが魅力となっています。写真のアイテムは、偏光レンズをセットしたことにより、水面などのギラつきや反射光を抑え、視認性を向上させると同時に目の疲れを低減。アウトドアシーンなどで特に実力を発揮してくれるでしょう。

視界くっきり。偏光サングラスを掛けるべき理由と今おすすめの10本

バッグ・ファッション小物

視界くっきり。偏光サングラスを掛けるべき理由と今おすすめの10本

日差しが強い季節に限らず、使うと便利な偏光サングラス。視界がクリアになるので、ぜひ活用してみましょう。レンズの構造や特徴、おすすめ品まで徹底解説します!

平 格彦

2021.06.23

アイテム7

ブレイズウェイファーラー

ブレイズウェイファーラー

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

オリジナルモデルのスタイリッシュな魅力を踏襲しつつ、モダンに仕上げたモデルがこちらのブレイズウェイファーラー。正面から見るとオーソドックスなサングラスですが、視点をずらすとフレームの前面に左右のつながった一枚レンズがセットされており、実に近未来的なデザインになっていることがわかります。今回セレクトした1本は、デミ柄のフレームとグラディエントレンズのツヤっぽいコンビネーションが秀逸。

ウェイファーラーでメガネ、という選択肢も

ウェイファーラーでメガネ、という選択肢も

グラスマニア -Tokyo Aoyama-

グラスマニア -Tokyo Aoyama-

お気に入り追加

ウェイファーラーは普遍的なデザインだけに、サングラスにとどまらず普段使いのメガネとしてもその魅力をいかんなく発揮してくれます。写真のようにクリアレンズをセットしても違和感なし。知的な雰囲気の中にさりげなく男らしさを漂わせてもくれます。また、ブルーライトカットレンズなどをセットすれば機能性までプラスすることが可能。ずっとウェイファーラーを掛けていたい、という熱心な愛用者には特におすすめです。

メガネフレームもレイバンが人気。6つのおすすめモデル

バッグ・ファッション小物

メガネフレームもレイバンが人気。6つのおすすめモデル

サングラスの印象が強い『レイバン』ですが、同様におしゃれで高品質なフレームを使ったメガネも人気です。1点投入で洒落感を演出できる人気モデルをご紹介!

ai sato

2021.04.17

PC作業のお供にブルーライトカットメガネを。選び方から注意点、おすすめ品まで

バッグ・ファッション小物

PC作業のお供にブルーライトカットメガネを。選び方から注意点、おすすめ品まで

PCやスマホのディスプレイが発するブルーライトは、網膜まで届いて体に悪影響を与えるといわれています。ブルーライトカット機能のあるメガネでおしゃれに対策しましょう!

平 格彦

2021.02.10

どんなコーデもお手のもの。ウェイファーラー愛用者の着こなしサンプル

1953年の誕生から半世紀以上にわたる長い歴史の中で、常にファッションアイテムとして注目を浴び、さまざまなスタイルに取り入れられてきたウェイファーラー。それだけに、幅広い着こなしに見事にフィットしてくれます。ここでは、ウェイファーラーを取り入れた多彩なコーディネートをご紹介していきます。ぜひご参考に!

着こなし1

夏らしい爽やかコーデにもマッチ

夏らしい爽やかコーデにもマッチ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブルー系のボーダーカットソーとリネンシャツでトップスをまとめ、ベージュのショートパンツを合わせて清涼感たっぷりに仕上げたコーディネート。ともすると子供っぽくなりがちな着こなしですが、目元をクールに彩るウェイファーラーが大人っぽさを加え、絶妙なバランスを取っています。

着こなし2

アメカジスタイルとも好相性

アメカジスタイルとも好相性

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カレッジアイテムのスタジアムジャンパーにワークアイテムのシャンブレーシャツ、そしてミリタリーアイテムのカモフラパンツと、アメリカンカジュアルの武骨な世界観を体現したような着こなしです。アメリカをルーツとする『レイバン』のウェイファーラーだけに、こんな男っぽいスタイリングにも自然にマッチします。

着こなし3

モノトーンコーデでロックな雰囲気に

モノトーンコーデでロックな雰囲気に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ライダースジャケットに大胆なチェック柄のシャツ、そしてブラックジーンズと、モノトーンで統一した着こなし。そこに数々のミュージシャンも愛用したウェイファーラーを合わせることでロックンロールな雰囲気がグッと強まります。タイドアップしてアクセントにしているのもポイント。

着こなし4

アウトドアスタイルの目元にも◎

アウトドアスタイルの目元にも◎

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ビビッドなオレンジのポケットTシャツにコーデュロイ素材のショートパンツを合わせたアクティブな印象のコーディネート。アウトドアサンダルやバックパックがアウトドアテイストを盛り上げます。遮光性に優れるレンズを搭載したウェイファーラーを掛ければ、実用的なうえに本物感も主張できます。

厳選! サングラスの人気ブランドとおすすめモデル一覧

バッグ・ファッション小物

厳選! サングラスの人気ブランドとおすすめモデル一覧

強い日差しから目を守るという役割のほか、ファッションアイテムとしても重宝されているサングラス。定番から人気ブランドまで、大人へのおすすめを紹介しよう。

菊地 亮

2021.03.10

サングラスはどう合わせる?コーデを格上げする4つのテクニック

バッグ・ファッション小物

サングラスはどう合わせる?コーデを格上げする4つのテクニック

紫外線対策はもちろん、夏コーデを格上げする小物としても活躍してくれるサングラス。どう取り入れるのが自然でおしゃれなのか? 参考にしたいコーデ例を紹介します。

近間 恭子

2019.07.22

オークリーのサングラスを本格スポーツで、街使いで。今人気の厳選15本

バッグ・ファッション小物

オークリーのサングラスを本格スポーツで、街使いで。今人気の厳選15本

野球やロードレースなどのあらゆるトップアスリートが絶大な信頼を寄せる『オークリー』のサングラス。世界最高レベルといわれる機能性を掘り下げ、その魅力に迫ります。

近間 恭子

2021.06.16

大人ストリートの定番。オークリーのフロッグスキンを買うならこの8本

バッグ・ファッション小物

大人ストリートの定番。オークリーのフロッグスキンを買うならこの8本

サングラスの大定番モデルとして愛され続ける『オークリー』のフロッグスキン。その魅力を深掘りしつつ、今すぐ買えるモデルやスタイル実例もフォローしてお届けします。

山崎 サトシ

2020.06.30

髙須賀 哲

モノの背景を伝える記事執筆が得意

髙須賀 哲
男性ライフスタイル誌「Free&Easy」の編集に8年間携わり、2013年にフリーランスの編集・ライターとして独立。紙媒体・WEB媒体を問わず、メンズファッション、ライフスタイルに関する記事を執筆しているほか、アパレルブランドのカタログやWEBビジュアルのディレクションも手がける。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP